慶應スポーツ新聞会

【テニス(女子)】ルーキー平田、ベスト4に輝く大健闘!/全日本学生テニス選手権大会8日目

ついに迎えた本戦8日目、インカレ準決勝。この大舞台まで勝ち残り決勝への挑戦権を得た慶大の選手は、なんとルーキーの平田歩(総1・岡山学芸館)のみ。予選から勝ち上がり大躍進を続けるルーキーが、慶大の誇りとプライドを懸け準決勝に臨んだ。

全日本学生テニス選手権大会 シングルス準決勝

2018年8月20日@岐阜メモリアルセンター

 

◇女子シングルス準決勝

 

●平田歩(総1)

0{4-6,0-6}2

牛島里咲(筑波大)

ここまで安定したサービスゲームを展開していた平田だが、この日は1ゲーム目でいきなり躓く。相手選手の高い守備力を前にストロークを決めきることができずブレイクを許してしまう。その後、6ゲーム目にブレイクに成功するが、続くサービスゲームを再びブレイクされなかなか流れを掴むことができない。なんとかブレイクを試みる平田だったが、相手選手の安定したストロークを崩せず4―6でこのセットを落とす。続く第2セット、予選から戦い抜いてきた影響からか足を痛めてしまい思うようなテニスを展開できない。結局、一度もセットを取ることはできず無念のストレート負けを喫した。

 

今回のインカレでは、ルーキーの平田がベスト4という大健闘を見せた一方、シングルスでは主将の押野紗穂(環4・つくば国際大東風)がベスト16、末野聡子(総1・芦屋学園)、ケガで棄権した向井マリア(環3・城南学園)がベスト32、ダブルスでは西田奈生(総4・済美)・城間安美(総3・九州文化学園)のベスト32が最高と、なかなか満足とは言えない結果となった。「今回は良い結果を出せなかったですが、リーグ戦に向けてしっかりと準備して優勝し、目標である日本一へ向けて王座に繋げたいと思います」――。主将のこの言葉を信じ、まずはリーグ戦での奮起に期待したい。

 

(記事・写真:内田貴啓)

 

平田歩(総1・岡山学芸館)

――今日の試合振り返って

第1セットから、相手の守備力の高さに圧倒されて最後まで攻め切れませんでした。第2セットも最初足を痛めてから調子を戻すことができなくて自分の中でも全体を通して1番悔しいというか、集中できていなかったと思います。

――ベスト4という素晴らしい結果となりましたが、大会通していかがでしたか

予選からの出場で、最初は本戦上がれるかなという感じだったのですが、試合をやっていくうちに自分が苦手だった同じレベルの人との対戦も苦手意識がなくなって、自信になった試合が多かったかなと思います。

――本戦では大差の勝利が多かったですが調子は良かったですか

そうですね。全試合チャレンジャーの気持ちで向かえたので、調子は全体的に良かったです。

――手応えを感じた部分は

フォアが自分の中で課題だったのですが、しっかり振り切ってフォアでポイントが結構取れたので、そこを克服できた点がすごく良かったです。

――見つかった課題はありますか

最後の試合で、相手が今まで戦ってきた選手とはレベルが高くて、一歩引いてしまってどうしても上手くいかない自分を立て直すことができなかったので、メンタル面を強化していきたいです。

――次回のインカレの目標は

優勝です。

――リーグ戦に向けて

やっぱり1年ということもあって勢いが大事だと思うので、1年らしい勢いをもって一本取っていきたいです。

 

こちらの記事もあわせてどうぞ!!

Comments are closed.