慶應スポーツ新聞会

【野球】第6週 投打で圧倒。優勝めざし、慶早戦を最高の舞台に。 明大④

4勝は野村と並んでリーグ2位の成績

5月17日(火) 慶大-明大 四回戦

昨日の勝利で自力優勝の望みをつなげ、春季連覇にむけて大事な一戦となった慶明4回戦。辰巳(文3)の先頭打者本塁打を筆頭に上位打線の好調で5得点と明大を圧倒し、竹内大(環3)、福谷(理3)の完封リレーで快勝、勝ち点を奪取した。これにより優勝校は慶大と立大に絞られ、慶大が慶早戦で勝ち点を挙げれば完全優勝となる。

   
明大
慶大 X
慶大:○竹内大、福谷-阿加多

明大:●難波、森田、関谷-川辺

慶大出場選手

  ポジション 選手名(学部学年・出身高校)
[8] 辰巳(文3・郡山)
[4] 金田(政4・土佐)
[5] 山﨑錬(商3・慶應)
[9] 伊藤(環4・中京大中京)
[2] 阿加多(法3・慶應)
[7] 影山(総3・鎌倉学園)
  [7] 宮本真(政4・慶應)
[6] 福富(商3・慶應)
[3] 渡邊暁(商2・慶應)
[1] 竹内大(環3・中京大中京)
  [H] 千々和(商4・慶應)
  [1] 福谷(理3・横須賀)


チームに試合の主導権をもたらした辰巳の先頭打者HR

曇天のなか始まった慶明4回戦。両校とも優勝をかけた一戦となり、慶大にとってはリーグ戦完全優勝がかかった絶対に負けられない試合。慶大、この大一番のマウンドを任されたのは4試合連続登板となるエース竹内大。対する明大の先発は2回戦で慶大相手に調子が良かった難波。

1回裏、慶大の攻撃は快音とともに始まった。先頭打者の辰巳が放った打球はそのまま右翼席に吸い込まれ、慶大がいきなり1点を先制する。続く3番山﨑錬(商3)が中堅越えの二塁打でチャンスを作ると、5番阿加多(法3)、6番影山(総3)の連打であっさりと1点を追加。2回戦で苦戦をした明大・難波を慶大打線が早々と攻略した形となった。さらに3回裏の攻撃で、5番阿加多の2点適時打を含む4連打で打線が爆発すると、明大・難波はあえなく降板。代わった明大・森田に対しても、5回に好調を取り戻した3番山﨑錬が右翼への本塁打で1点を追加し、試合を決定づけた。

試合を決定づけた山﨑錬のHR

慶大先発・竹内大は落ち着いたマウンドさばきで、明大打線を散発3安打に抑え、本来の実力をいかんなく発揮した。5回表、先頭打者への四球と6番阿部寿の二塁打で招いた1死2、3塁のピンチも、気迫のこもった投球で内野ゴロ、空振り三振で打ちとり無失点で切り抜けた。7回からリリーフのマウンドに上がった福谷は無四球、被安打1と、二塁を踏ませない素晴らしい投球で明大打線を無失点に抑えた。竹内大、福谷の完封リレーで明大を圧倒し、慶大のモットーである「守備から流れを作る」野球をまさに体現する試合運びとなった。

ここ2試合スタメン起用されている阿加多

慶大は今日の勝利で勝ち点4となり、慶早戦で勝ち点を挙げれば優勝という有利な展開になった。

慶明2回戦、9回裏2死から始まった逆転劇。慶大の勢いは4回戦にして最高潮に達した。春季連覇、完全優勝へのシナリオは全て整った。華の慶早戦を最高の舞台に。慶大の快進撃は止まらない。

By Yasuyuki Suzuki

選手のコメント

山﨑錬

(今日の試合を振り返って)勝てて良かったです。あと、こういう優勝がかかった大事な試合で自分が貢献できたというのが何よりもうれしいです。(先日野村選手を攻略したのもプラス要因であるか)野村選手もバテていたのでそれを最初に叩けたというのが大きかったと思います。今日の難波投手も最初にたたこうというのがチームの方針だったので。今日も辰巳のホームランっていう最高の入りでしたし(笑)(今日は4打数3安打だが調子は)東大戦と目明治の1、2回戦で迷惑かけたので復調してきて本当に良かったです。(本塁打もありましたが)あれはたまたまですね(笑)(球種は)真っ直ぐです。(今日は本当に大事な試合だったが)はい、とりあえず大事な試合で勝ったというのが本当に大きいですね。これで早慶戦で勝ち点が挙げられれば最高ですね。(早慶戦に向けての対策は)早慶戦の雰囲気はたぶん今までとは違いますし、早稲田側も優勝はないですけど、早慶戦というのは別物という感覚でくると思うので。自分たちが変に今までと違うことをするのではなくて、優勝を意識せずに今まで通りやっていければと思います。(意気込みは)意識せずに野球を楽しんで、勝ち点をとりたいと思います。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.