慶應スポーツ新聞会

【テニス(女子)】リーグ戦はまさかの黒星スタート/関東大学テニスリーグ 筑波大戦

閉会式で厳しい表情を浮かべる選手たち

 

インカレで目を見張る結果を収めた慶大は、リーグ戦初戦に臨んだ。雨の影響で2日に渡って開催された試合は思わぬ苦戦を強いられることとなる。慶大は筑波大の粘り強いテニスの前にダブルス・シングルスそれぞれ1勝ずつに終わり、終始ペースを掴むことができなかった。結果、2-5で筑波大に悔しい敗戦を喫した。

 

慶大

 

筑波大

D1 ○佐藤・永田

2{6-0、7-6(2)}0

阿部・草野

D2 ●大村・望月

1{6-4,2-6,4-6}2

吉岡

S1 ○佐藤

2{7-5,7-6(5)}0

阿部

S2 ●永田

1{6-2,5-7,5-7}2

岩井

S3 ●平田

0{1-6,6(3)-7}2

千村

S4 ●末野

1{7-5,4-6,2-6}2

我那覇

S5 ●向井

1{6-3,5-7,2-6}2

伊達

合計2

 

 

関東大学テニスリーグ vs筑波大

 

2019年9月3日・4日@明治大学西調布合宿所

 

※試合が終わった順に戦評を掲載しています

 

ダブルス(9月3日)

慶大1-1筑波大

 

単複で2勝を上げたS1佐藤

 

8月のインカレでダブルス優勝を果たした佐藤南帆(環1・日出)・永田杏里(総1・南山)ペアは、強烈なサーブや相手の逆をつくボレー、ライン際を攻めるストロークなど積極的なプレーで相手を圧倒し6-0のスコアで第1セットを先取した。続く第2セットでは4-1まで第1セットの勢いのまま試合を進めたものの相手の巻き返しにリズムを崩されゲームカウントは6-6に。タイブレークに突入したがコンビネーションを生かして正確にポイントを先取し勝利を収めた。

 

3時間を超える熱戦を制したのは筑波大の千村もも花・我那覇真子ペアだった。試合は第1セットから熱戦を予感させるものとなった。慶大の大村千乃(総3・九州文化学園)・望月菜々子(環3・白鵬女子)組は第1ゲームをブレークされるなど、序盤は苦しい展開となる。しかし、第3ゲームでブレークを奪取し、相手のミスに上手くつけこみ第7ゲームもブレークを奪った。そのまま流れをつかんだ慶大は、第1セットを先取。続く第2セットはミスが目立ち、徐々に流れは相手へ傾いた。嫌な流れを断ち切ることが出来ず、勝負は最終セットまでもつれる。大村・望月ペアは相手の力強いストロークに苦戦をしながらも、第3ゲームでこの試合初めてデュースとなったゲームを奪い、ブレークに成功。そこからは両ペアの意地のぶつかり合いだった。激しいラリーに観客の歓声も大きくなる。大村・望月ペアも大いに粘りを見せたが、それをさらに上回ったのは筑波大だった。結果、最終セットを慶大は落とし、悔しい敗戦となった。

 

シングルス(9月3日、4日)

慶大1-4筑波大

 

S2永田。シングルスもフルセットまでもつれ込む試合が多かった

最後のリーグ戦を迎えるS5向井マリア(環4・城南学園)。試合開始からサービスゲームのキープが続く。安定したストロークで相手のミスを誘い、第7ゲームでブレイクに成功すると、2ゲームを連取し、このセットを獲得。続く第2セットは、5-5までもつれる大接戦に。だが、第11ゲームでブレイクを許すと、直後のゲームも落とし、5-7でこのセットを落とす。巻き返したい最終セットだったが、相手の勢いのあるプレーに押され、悔しい敗戦を喫した。

 

S2永田は、春関で負けを喫した岩井真優と対戦。序盤から力強いストロークがさく裂し、6-2で第1セットを奪取。主導権は完全に永田に渡ったと思われたが、第2セット終盤の勝負所で力を発揮できず。5-7でこのセットを落とし、勝負は最終セットへ。最終セットも大接戦となるが、第11ゲームでキープに失敗すると、直後のゲームも落とし、春関のリベンジとはならなかった。

 

S4末野聡子(総2・芦屋学園)は、強力なストロークで接戦となった第1セットを7-5で取る。直後の第2セットは、サービスゲームのキープが続くが、第9ゲームでキープに失敗。4-6でこのセットを落とす。最終セットで踏ん張りたいところだったが、相手に突き放され、慶大の負けが決定した。

 

S3平田歩(総2・岡山学芸館)は、相手のスピンの効いた正確無比なショットに対応できず、ミスを連発。主導権を掴めず、1-6で第1セットを先取される。切り替えたい平田は、第2セットに入ると、相手のストロークを捉えはじめ、勝負をタイブレークまで持ち込む。しかし、要所でポイントを取れず、ストレート負けを喫した。

 

大学入学して以来圧倒的な実力を見せているS1佐藤南帆(環1・日出)。しかし、この日は普段の佐藤と違った。第7ゲームまで5-2と相手を圧倒するも、その後ミスが少しずつ増え、5-5と追いつかれる。だが、第11ゲームでブレイクに成功すると、直後のゲームをキープし、第1セットを先取。第2セットもミスが出るなど、苦しい展開が続く。タイブレークまでもつれ込むが、粘り強いテニスを披露し、リーグ戦初勝利を飾った。

 

 

(記事:萬代理人、菊池輝、菅原千尋 写真:萬代理人)

 

◆選手コメント

 

中村礼主将(総4・須坂)

 

――今日の試合を振り返って

個人戦で結果が出ている中で悔しい負けです。団体戦と個人戦は別で、団体戦は難しいと感じました。

 

――どういうところで難しさを感じましたか

団体戦は流れがあるので、どれかの試合が劣勢であった場合、別の試合に入った選手が高いパフォーマンスを出せるわけではなく、他のコートの結果に左右されてしまうところがあります。

 

――インカレが終わってからどういうことを意識して初戦に臨んだか

私たちはチャレンジャーです。王座も取ったことがありませんし、ここ3年王座に出場していないのが現状です。強気では行きますが、自分たちはチャレンジャーであるということを話してました。

 

――順延の影響はありましたか

全て流れだったと思います。昨日やっていて、気が変わったという可能性はありますけど、それも全て自分たちの実力だと思います。特に順延しなければ良かったというのはないです。

 

――どういう思いでこのリーグ戦に臨んでいますか

本当にチャンスだと思います。巡ってきたチャンスを今年取れなかったら来年以降も難しいと思います。まわってきたチャンスを一回で取り切るというのが大事だと思います。あとはここからやるしかないとチームは前向きに活動しているので、自分も前向きです。必ず王座に進めるように頑張っていきたいです。

Comments are closed.