慶應スポーツ新聞会

【テニス(男子)】中大に快勝!次戦の法大戦に弾みをつける/関東大学テニスリーグ 中大戦

初戦で明大相手に辛勝した慶大。2戦目は中大と対戦した。ダブルスで2勝を上げると、流れが慶大に。シングルスでS2今村昌倫(環3・清風)、S4福田真大(商4・慶應湘南藤沢)、S3甲斐直登(環4・日出)が勝利を収め、慶大の勝利を確定させた。終わってみれば、7-2と中大に圧勝し、山場となる法大戦に弾みをつけた。

 

慶大

スコア

中大

D1 ○福田・今村

2{6-4,6-4}0

望月・清水

D2 ○川島・羽澤

2{6-4,6-2}0

杉山・小峰

D3 ●小清水・田中

0{4-6,3-6}2

岡村・井上

S1 ○羽澤

2{7-6,4-6,6-4}1

望月

S2 ○今村

2{6-2,6-3}0

星木

S3 ○甲斐

2{2-6,6-3,6-3}1

清水

S4 ○福田

2{6-0,1-6,6-4}1

池田

S5 ○伊藤

2{6-2,2-6,6-2}1

杉山

S6 ●佐々木

1{7-5,1-6,2-6}2

小峰

合計7

 

関東大学テニスリーグ 中大戦

 

2019年9月5日@明治大学西調布合宿所

 

※試合が終わった順に戦評を掲載しています

 

ダブルス

慶大2-1中大

 D1福田・今村組が今日も安定した力を見せた。しかし第1セットの序盤では、相手ペアに3ゲーム連続で取られてしまう。そこで相手に流されないのが、福田・今村ペアだ。「自分たちのプレーに集中する」ことを意識した2人は、その後5ゲームを連取。第1セットを6-4でものにする。続く第2セットでは、お互いにキープし合う展開に。その中でも、第1ゲームのブレイクで慶大が優勢に立っていたためこのセットを奪取する。慶大を勢いづける、初勝利をもたらした。

D2川島颯(総3・名古屋)・羽澤慎治(環2・西宮甲英)組は先日の明大戦に続き安定したプレーで主導権を握り、一時は5−1と大差でリードする。そこから相手に粘られ5−4まで詰め寄られるも最後はきっちりゲームをキープし第1セットを先取。この試合では安定したレシーブに加えて両選手の強烈なサーブからの攻撃も効果的だった。続く第2セットでは1ゲーム目からブレイクし勢いのまま相手を圧倒。特に2ゲーム目では2度ゲームポイントを握られながら逆転し、ゲームをキープ。ストレート勝ちを収めD1の福田・今村組に続きダブルス2勝目となった。

 

この日の慶大のD3はリーグ戦初出場の小清水拓生(総3・清風)・田中隆輔(環3・秀明英光)組。第1ゲームからダブル前衛で攻撃的なテニスを展開するも、ボレーが浮くなど、ミスが目立ち、0-3と立ち上がりに躓く。だが、直後ゲームから積極的なテニスがはまり、3ゲームを連取。3-3と追いつく。その後はサービスゲームのキープが続くが、第10ゲームでブレイクを許し、第1セット4-6で落とす。続く第2セットを落とせない小清水・田中組だったが、終盤で意地を見せるも、主導権を掴めず、ストレート負けを喫した。

 

シングルス

慶大5-1中大

 

S2に登場したのは今村。第1セット、第4ゲームでは相手にブレイクを許すものの、順調にゲームを取っていく。長いラリーをしっかりと決めるなど力を見せ、このセットを取る。第2セットでも、第4ゲームでキープに失敗するも、続く第5ゲームでブレイクに成功。そして5ゲームを連取。6-3でこのセットを取り、ストレート勝ち。フォアの調子が良くなかったというが、それを感じさせない試合を展開した。

S4で出場した福田。スライスと強力なフォアハンドを織り交ぜたテニスで相手を翻弄。6-0で第1セットを先取する。しかし、第2セットではミスが増え、苦しい展開に。1ゲームしか取れず、このセットを落とす。最終セットを落とせない福田は、強力なフォアハンド、積極的なネットプレーで幸先良く3・名古屋)3ゲームを連取。このまま福田のペースで進むと思われたが、相手も調子を上げ、一時4-4と追いつかれる。だが、福田は落ち着いていた。ここから2ゲームを連取し、相手を振り切った。6-4で最終セットを取り、この試合を制した。

 

S3甲斐の試合は2時間に及ぶ熱戦となった。第1ゲームからブレイクを許し、波乱の幕開けとなる。その後もなかなかペースを掴めず2−6で第1セットを落とす。しかし第2セットに入るとコースを突いた強烈なフォアが決まりだし、流れを引き寄せる。第8ゲームではブレイクしこのセットを6−3で取る。第3セットに入ると疲れの見え始めた相手に対し、粘り強いストロークでミスを誘い6−3で逆転勝利を収める。4年生の意地を見せつけ、チームに勢いをもたらした。

先日の明大戦でリーグ戦初勝利を上げた伊藤竹秋(法2・慶應)。この日も安定したストロークを披露し、6-2で第1セットを先取。だが、続く第2セットでは、ストロークが安定せず、ミスを連発。セットスコアをイーブンに戻される。勝負の最終セット。安定感が戻ったストロークと、調子が上がったサーブでポイントを重ね、相手を圧倒。慶大の6勝目を上げた。

 

S6には、佐々木健吾(環2・高松北)が登場。第1セットは、序盤から長いラリーが続く、両者譲らない展開となった。5-5で迎えた第11ゲームで、ブレイクに成功すると第12ゲームをしっかりキープし、このセットを取り切る。第2セットでは、序盤から4ゲーム連取され相手のプレーに流されてしまう。1-5という不利な状況で迎えた第7ゲームでは、デュースが続く展開に。佐々木の思いの強さが見えたが、このゲームを落としてしまい、勝負は第3セットへ。疲労と痛みのせいか、2度も足をほぐしてもらっている場面があった。その中でも、粘りのテニスをみせたが2-6でこのセットを落とし、敗戦を喫した。

 

S1の試合はエース対決となり今日の試合で1番の盛り上がりを見せた。「明治戦で負けて、もう一回自分のテニスを見つめ直した」という羽澤。第1ゲームから3ゲーム連取され苦しい展開が続くものの、サービスエースから徐々に自分のリズムを掴んでいく。第1セットは相手にセットポイントを握られながら、そのセットをキープしタイブレークに持ち込む。タイブレークでは強烈なフォアも決まり第1セットを先取。このまま勢いに乗りたいところだったが、第2セットでは長いラリーの応酬からミスが目立ち、このセットを落としてしまう。迎えた第3セット。他コートの試合は終わりポイントが決まるたび両選手に対する声援が大きくなっていく。第1ゲームから長いラリーを制し、いきなりブレイクするとその後も勝負どころでのコースを突いたフォアが冴えわたりリードを広げる。最後はきっちりゲームをキープし試合終了。エース対決を制し、シングルス5勝目を挙げた。

 

(記事・写真:萬代理人、高井真衣、小林由和)

 

 

◆選手コメント        

 

今村昌倫(環2・清風)

 

――今日のダブルスとシングルスの試合をそれぞれ振り返っていかがですか。

ダブルスは最初1-4スタートで出だしはあまりよくなかったのですが、そこからしっかり修正して自分たちの形でプレーができたので、すごいよかったなっていうのがあります。シングルスに関しては、あまりフォアの調子が良くなかったのですが、その中で今できることで、しっかり組み立ててできたので、内容的にはどっちもまあ良かったかなと思います。

 

――ダブルスの第1セットでは、相手に3ゲーム連取される場面がありましたが、そこからどのように持ち直しましたか。

2人で自分たちがやることっていうのをしっかり話し合って、確認して、自分たちのプレーに集中するっていうのを心がけてやったのが良かったかなと思います。

 

――シングルスでは、第1・2セット共に後半になるにつれて勢いにのってプレーしていたように見受けられましたが。

僕の悪い癖なのですが、序盤は相手に合わせながらやってしまう癖があるので、本当は団体戦なので序盤から突き放してやっていきたいのですが、次からは気を付けます。

 

――次の法政戦に向けて

相手のすごく強いと思うのですが、しっかり自分たちの今までやってきたことを出せば、勝てると思うので、出せるようにしっかり準備して頑張っていきたいと思います。

 

川島颯(総3・名古屋)

 

――今日の試合を振り返って

相手がインカレベスト8の4年の選手で取りに来るオーダーでした。リーグ戦から羽澤と組んでいて、結構前にボレーで勝負するというプレーがはまっていました。初戦から比べても質の高いプレーができて、成長できた試合だと思います。

 

――リーグ戦では羽澤選手と組まれていますが

彼はサーブが武器で彼のサービスゲームのときは安心感があります。一つ一つのプレーのミスが少ないです。それから独特の雰囲気を持っていて、周りを自然に引っ張ることができる選手ですごい選手だなと改めて実感しています。

 

――リーグ戦に出場してみて

個人戦のときよりも自分を表現する力というのが問われますね。応援もありますし、自分も盛り上がってるので、自分をどのように相手に強く見せられるか、慶大が強いという雰囲気作りをどう作るかが大変です。もちろんプレーの質も大事ですが、メンタル部分や、表現の部分が個人戦より左右すると思います。

 

――どういう思いでリーグ戦に臨まれていますか

僕は3年で上級生ですが、初めてのリーグ戦です。思い切ってプレーする気持ちと上級生として一本取る責任を両方あります。今まで出られなかった分、ここで暴れてやるぞという気持ちもありますが、先輩としての姿を見せないといけません。結構難しいですが、自分の役割はダブルスで一本を取って、チームの流れを作ることだと思うので、その後のシングルスで思い切って託せるようなプレーをすればいいと思います。

 

――法大戦に向けての意気込み

法大戦は山場になると思います。相手もダブルスに力をいれているチームなので、そこでお互い取りたいところで取れるかどうかというのが大事になると思います。相手は第1戦、第2戦よりタフで強いですが、自分たちを信じて一球一球に魂を込めればいいと思います。

 

羽澤慎治(環2・西宮甲英)

 

ーー今日の中大戦どのような意気込みで臨みましたか

チームとしてはシングルスもダブルスも全勝で勝つというのが目標でした。もちろん僕も単複出るのでそこをしっかり勝ち切ろうと思いました。

 

ーーまずダブルスから伺います。川島選手とのコンビはいかがですか

川島選手とはリーグに入ってから組み始めたのですが、すごく相性が良いです。

 

ーー今日の試合はサーブで崩してからの攻撃が効果的でした

明大戦ではシングルス負けてしまったのですが、それで反省してやはりサービスは自分の武器なのでもっといかないといけないと思いました。今日の試合ではサービスをしっかりやり、自分のパターンにはめることができたのでそれはすごく良くなったと思います。

 

ーー次にシングルスについて伺います。熱戦を制しましたが、今の率直な気持ちをお願いします

嬉しいですね。明大戦負けてしまって内容も良くなかったので、自分のテニスをもう1回見つめ直しました。短い期間ですけど課題と向き合っていけたらと思うので、本当に次につながるいい試合だったなと思います。

 

ーー今日の相手の望月選手インカレ等で何度も対戦されています。特別な思いなどは

インカレ決勝で負けたのが去年なのですが、去年もリーグ戦で戦ってその時はすごくリベンジしたい気持ちがありました。今回はエースとして絶対に負けられないなと思いました。

 

ーー勝負どころのサービスエースやコースを突いた強烈なフォアが印象的でしたが手応えは

自分の良さが出てきている結果だと思うので嬉しいです。

 

ーー次戦の法政戦に向けて意気込みを

法政は王座に行くためであったり、リーグ戦で優勝するために絶対に勝たないといけない相手なので法政戦も全勝できるように頑張ります。

Comments are closed.