慶應スポーツ新聞会

【フィギュアスケート】鈴木、会心の演技でフリー進出を決めた!/第92回日本学生氷上選手権大会①

学生日本一を決める日本学生氷上選手権大会、通称インカレが北海道釧路市で開幕した。世界選手権代表選手なども出場したハイレベルな今大会。大会2日目、女子7・8級には慶大から鈴木星佳(総4・慶應湘南藤沢)が出場。ほぼノーミスの演技を披露し、見事フリー進出を決めた。

1月5~7日 第92回日本学生氷上選手権大会

@日本製紙アイスアリーナ

 

☆大会結果

クラス

選手名

学部学年・出身校

点数

順位

女子7・8級

鈴木星佳

総4・慶應湘南藤沢

46.58点

19位

 

第2グループ第1滑走で登場した鈴木。4年連続の出場となったインカレも今回で最後だ。「自分のスケートを自分で表現しよう」と心に決め出場した。演技前、コーチに「最後まで上を向いて」と送り出され、大歓声の中、最初の位置へ。まず、冒頭のダブルアクセルを成功させる。続いて、トリプルサルコウ、ダブルトーループのコンビネーションジャンプも決めた。最後のジャンプのトリプルトーループも着氷。「今の自分を見てもらおう」と気持ちを込めて踏んだステップは、多くの観客の心をつかんだだろう。演技終了後、最後のインカレでというプレッシャーもかかる中で、今まで練習してきたことを発揮できた嬉しさからガッツポーズも飛び出した。

ミスの少ないハイレベルな大会の中で、35人中24人が出場できるフリーに進出を決めた。フリーでは、ショートプログラムの楽曲「My Way」の歌詞のように、今までやってきたことを信じて演技する鈴木の姿に期待したい。

(記事:高井真衣、写真:相川環)

 

以下、選手インタビュー

 

鈴木星佳(総4・慶應湘南藤沢)

――今日の演技を振り返って

最初のジャンプに行くときに、すごく緊張したのですが、今自分の練習してきたことが出し切れたので、それはすごくよかったなと思っています。

 

――今回のショートプログラムはどのような気持ちで臨みましたか

「My Way」の歌詞がすごく好きなので、それを表現したいと思っていました。今までやるべきことをやってきたのだから、自分のスケートをみんなに見てもらいたいと思って、今の自分を見てもらおうと思って、演技しようと決めていました。

 

――演技前、コーチとはどのようなお話をされていたのですか

「やるしかないよ」と言われて。自分の中で気持ちが焦ったり緊張したりすると、下向いちゃう癖があるので、「最後まで上向いて演技しなさい」という風に言われました。

 

――最後ガッツポーズされていましたが

最後のインカレって、上手くやりたいとかみんなに見てもらっているとかで、気持ちが余計緊張したりとか、空回りしたりとか、多分いろんなことがあると思うのですが、上手くやりたいとか、今までやってきたとか、できるかなとか、いろんな気持ちの中で、やってきたことをしっかり出せたのが嬉しかったのでガッツポーズしちゃいました。

 

――4年連続インカレ出場ですが、今回はどのような気持ちでインカレに出場していますか

最後ではあるのですが、それなりにみんな期待して見てくれているとは思うのですが、あくまで自分のスケートを自分で表現しよう、自分にできることを1つずつやろうっていう気持ちを持つようにして、あんまり最後だ、最後だ、と思わないように意識していました。

 

――明日のフリーに向けて

去年インカレはショートを目標にしすぎてフリーで何やっていいか分からなくなって失敗した、っていう経験から学んできたつもりなので、フリーもいっぱい練習してきたので、それを出すだけだと思って、思い切りやりたいと思います。

Tagged as: ,

Comments are closed.