慶應スポーツ新聞会

【準硬式野球】盤石の投手リレーで価値ある1勝 早大

9月29日(火)東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 早大戦 @明治大学府中第一球場

勝ち越しのホームを踏む魚崎

慶大の先発は3戦連続で杉山功樹(経2・慶應志木)。毎回走者を背負う苦しい展開の中、4回裏に味方の失策で1点を先制される。好投する杉山を援護したい打線は6回表、相手の捕逸で同点に追いつくと、4番・小倉圭悟(経3・市川)が犠飛を放ち勝ち越しに成功。その後はリリーフした沼龍太(法2・慶應)、古澤礼朗(経4・渋谷教育学園幕張)が相手打線を封じ込め、宿敵・早大から大きな1勝を掴み取った。

 123456789   
慶大0000020002
早大0001000001

慶大バッテリー:○杉山、沼、古澤—髙野

早大バッテリー:●安在、金田、清水、田中—中村

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校) 
[4]服部智大(理工3・平塚江南)
[5]魚崎仁潔(法2・慶應)
古澤礼朗(経4・渋谷教育学園幕張)
[7]山田泰生(法2・慶應)
[3]小倉圭悟(経3・市川)
[2]髙野佑樹(商4・慶應湘南藤沢)
[9]川合駿介(法3・慶應)
[8]嶋内崇介(法2・桐蔭学園)
諏訪内啓吾(商4・慶應)
長谷川太一(商1・国立)
[6]酒井俊樹(経4・桐朋)
[1]杉山功樹(経2・慶應志木)
井上玲(商4・大阪明星学園明星)
沼龍太(法2・慶應)
鈴木雅功(経4・桐朋)

新型コロナウイルスの影響を受けて各1試合の総当たり戦へと変更された秋季リーグ戦。どの大学にも優勝するチャンスがある一方、1試合の重みが増したとも捉えられるだろう。優勝を目標に戦う慶大ナインが早大との大一番に臨んだ。今季主戦として躍動する先発・杉山だったが早大打線を警戒するあまり四球を与えるなど、序盤から毎回走者を背負う苦しい投球となった。4回裏、先頭に右中間を破られる二塁打を浴びると、捕逸で無死三塁のピンチを迎える。続く打者を打ち取ったかに思えたが、二塁手が落球。思わぬ形で先制を許してしまう。それでも後続をしっかりと抑え、最小失点で切り抜けた杉山は5回1失点と試合を作り、先発投手としての役割を果たした。

杉山の粘投が光った

一方で打線は早大先発・安在悠真(人科2・早稲田佐賀)を攻略できない展開が続いた。制球力の高い左腕を相手に次々とアウトを重ねられ、4回まで無安打。5回表には酒井俊樹(経4・桐朋)の捉えた打球が中直となり、二塁走者が戻りきれず不運な形で併殺となるなど流れを掴みきれない。しかし、6回表に服部智大(理工3・平塚江南)が相手の失策で出塁すると投手が交代。変わった金田歩(商4・早稲田実業)から魚崎仁潔(法2・慶應)が安打を放ち1死一、三塁とすると、相手の捕逸で同点。続く山田泰生(法2・慶應)が安打を放ち再び一、三塁のチャンスを迎えると、小倉の放った打球は中堅へ。タッチアップした三塁走者がホームを駆け抜け、勝ち越しの犠飛となった。

小倉の犠飛が決勝点となった

杉山をリリーフした沼は6回裏こそ2本の安打で走者を背負うも、このピンチを無失点で切り抜けると7回裏は危なげのない投球を見せた。8回裏からは古澤が登板。直球と変化球のコンビネーションを武器に三振を奪うなど2イニングを完璧に抑え、早大打線に反撃の隙を与えなかった。3人による継投の末、2-1とロースコアの接戦を制した。

2イニングを完璧に抑えた古澤

終盤には度々好守が飛び出すなど、投手野手全員で1点を守り抜いて勝ち取った大きな1勝。早大を相手に勝ち点を獲得するのは2018年春季リーグ戦以来だ。試合終了の瞬間にはスタメン、ベンチともに喜びを爆発させたが、球場を出るとすぐにミーティングを行い気を引き締めた。見据えるものはまだ先にあるからだ。東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦。もうひとつの六大学野球が今、熱を帯びている。

(記事:林亮佑、写真:國本葉月)

選手コメント

杉山功樹(経2・慶應志木)

ーー今日の試合を振り返って

今日の試合は序盤からピンチを迎えることが多く結構ランナーも出してしまって、相手もいいバッターが多く早稲田はすごく強いチームだったんですけど、ツーアウトのピンチを気持ちで抑えに行って、序盤を抑えることができてよかったです。6回は相手のミスからなんですけど打線がつながって得点できて、ロースコアになりましたけど良い試合でした。

 

ーー試合に臨む前の意識

初回は本当に大事で、今日は先制点を取られてはしまったんですけど、先制点はすごく大事だと思うので特に1、2、3回はエラーでもヒット打たれても絶対に点をやらないということは自分の中で強く思っていました。

 

ーー今日の調子

球自体は全然悪くはなくて、相手はいいバッターが多かったので厳しく厳しくといった結果のフォアボールはあったんですけど、調子は悪くはなかったと思います。

 

ーー打線が苦しむ中での投球でした

自分は基本的に5回か6回を投げるという役割なんですけど、立教戦も明治戦も野手のみんなが結構点を取ってくれていたので、今日も絶対に取ってくれると信じて自分のピッチングをするだけでした。

 

ーーライバルの早大に勝利しました

カードを勝つというのは2年ぶりくらいのことだったと思うので、その点ではすごく嬉しかったです。

 

ーー今季の目標

もちろん優勝です!次の法政、東大も勝って優勝します!

 

小倉 圭悟(経3・市川)

ーー接戦を制しました。試合を振り返って

早慶戦に勝ったことによって、優勝争いに望みを繋げたことが一番嬉しいです。

 

ーー同点とし、チャンスの場面で打席が回ってきました。どんな気持ちで打席に入りましたか

自分は四番なので、ランナーを返すことが仕事だと思うので。その仕事が果たせてよかったです。

 

ーー打った時の感触は

少しフライになってしまったのですが、ランナーが三塁にいたので犠牲フライになるのかなと思いました。

 

ーー今日の投手陣の粘投は守っていてどのように感じていましたか

頼もしい背中だなと思いました。

 

ーー法政戦に向けて

最近投手陣に頼りっぱなしなので、来週は打者がもう少し楽をさせてあげたいと思います。

Tagged as: , , , ,

Comments are closed.