慶應スポーツ新聞会

【ソッカー(男子)】途中投入の古川が値千金のゴール!待望の後期初勝利! 第18節 Vs筑大

 
後期に入って未だ勝利なしで降格圏との差も縮んできた中で今節は筑大と対戦した。慶大は風が吹く環境の中でロングボールで相手ゴールをうかがうものの決定機を作れない。後半になると杉本崇太朗(政4・名古屋グランパスユース)のシュートなど試合は徐々に慶大ペースに。そして86分、途中出場の古川紘平(政2・学習院) がゴールネットを突き刺すシュートを放ち先制に成功する。そして残り時間をしっかり守りきり、試合終了。渇望していた後期初勝利で勝ち点3を積み上げた。
 
2020/11/21(土)11:00ko @流通経済大学龍ケ崎フィールド
 
【スコア】
 慶應義塾大学  1-0 筑波大学  
 
【得点者】 
1ー0 86分 古川紘平(慶應義塾大学) 
 
◇慶大出場選手
GK田原智司(環4・静岡学園) 
DF小林誉貴(商3・清水東) 
DF谷本竜一(総3・FCトリプレッタユース)
DF酒井綜一郎(政3・慶應義塾)
MF内桶峻(政4・國學院久我山) 
MF勝俣昂亮(商4・清水東)
MF木南諒(経4・國學院久我山)
MF橋本健人(総3・横浜FCユース)
MF杉本崇太朗(政4・名古屋グランパスユース)→84分 古川紘平(政2・学習院) 
MF松岡瑠夢(総4・FC東京ユース) →90+5分 中畝楓流(法4・桐蔭学園)
FW飯塚亮貴(法3・慶應義塾)→63分 宮本稜大(商2・國學院久我山)
前節はゴールを奪えず惜敗した慶大は飯塚亮貴(法3・慶應義塾)を起用し苦境の打開を図った。そして守備ではこれまで全試合出場を続けた日川優太(商3・高崎)を下げ、また杉本を久しぶりの先発起用をするなどスタメンにテコ入れをして一戦に臨んだ。
 
風が強く吹く中、慶大はロングボールを利用した組み立てを展開する。両チームともに落ち着いた入りの中、12分には自陣でボールを奪われ、ピンチを迎えるが守護神田原智司(環4・静岡学園) がセーブする。ともに攻めあぐねる中、31分には中盤のFKから駆け上がる内桶峻(政4・國學院久我山) にボールが放り込まれるもうまく合わせられず。41分には左サイドを橋本健人(総3・横浜FCユース)と松岡瑠夢(総4・FC東京ユース)が展開した、松岡のクロスを飯塚亮貴(法3・慶應義塾)がダイビングで合わせようとするもののこちらも合わせられない。両者譲らず無得点のまま前半を折り返す。

先発に抜擢された飯塚

 
後半になるとプレスに積極性が増し、ボールを展開する機会が増えていく。ゴールが欲しい慶大は49分に中盤のボール奪取から松岡が、54分と56分には杉本が立て続けにシュートを放つも相手守備に阻まれてしまう。

シュートを放つ松岡

攻める時間帯が続く中で慶大ペースで試合を進めるものの、中々ゴールネットを揺らすことが出来ない。何としても勝ち点3が欲しい慶大は本稜大(商2・國學院久我山)と古川を投入すると遂に待望の瞬間を迎える。86分、勝俣昂亮(商4・清水東)からの浮き玉のボールを受けた内桶からのクロスを宮本がスルー、そして最後は古川が右足を振り抜きゴール。

古川は出場後少ない時間でゴールを決めた

その後は相手の猛攻を受けるものの、チーム全員で守りきり試合終了。前期の最終節以来の勝ち星を挙げた。
 
後期に入ってずっと苦しい状況だった。前節で松岡主将も「本当にあとがない」と言ったように、降格圏が近づいてきた中で迎えた今節で、しかも前期では3失点を喫して敗れた相手との一戦。その中で試合の主導権を握り、なおかつ終盤に一点をもぎ取り勝利となった。試合を通して足を止めず走り続ける選手たちの姿からも勝利への執念を見ることができた。
ようやく長いトンネルを抜けた。次節は同じく昇格組である国士大が相手だ。対戦数も多くまさに手を知り尽くしているだけに、楽しみな一戦だ。次の一戦で勝ちを収め今季初の連勝を決めて、12月5日の早慶戦に弾みをつけたい。
 (記事・写真:室留裕介)   
 
 
淺海友峰監督
ーー後期初勝利を挙げました
後期はずっと苦しい状況が続いていて、この試合では改めて役割をピッチ上で整理して、その役割を学生たちが果たしてくれたかなと思っています。
 
ーー飯塚選手を起用しましたが狙いは
頭でっかちで繋ぐサッカーにならないように、シンプルに彼に良さを生かせるようなサッカーをしようということで思い切って起用しました。
 
ーー全試合出場の日川選手(商3・高崎)がスタメンから外れましたが理由は
よく今まで頑張ってくれたと思うのですけど、彼の戦うレベルが去年までと格段に上がって、去年まではCチームにいた選手なんですね。今年に入って本当に体を張ってくれましたけど、僕から見ると精神面も含めた疲れがあるように見えたので一回休ませて来週からまたフラットにしっかり評価したいと思います。
 
ーー交代した選手がゴールを決めました
ファーストタッチだったのでよく蹴り込んでくれたなと思います。
 
ーー最後に次節の国士大戦に向けて意気込みをお願いします
去年一緒に戦っていて手の内は知り尽くした相手なので、しっかりとリスペクトして一致団結して取り組みたいと思います。
 
 
 
 
古川紘平選手(政2・学習院) 
ーーどのような監督の指示で投入されましたか
守備は前提として、しっかり前で動くこととフォワードとしての役割である得点を取ることを強調されたので役目を果たせて良かったと思います。
 
--試合を決めるゴールを振り返って
内桶からいいクロスが上がって、中にいた宮本がうまく潰してくれて。宮本とは日頃からツートップを組んでいて連携はいいと思っているので、スルーっていう声がしっかり通ってフリーの自分のところにボールが来て落ち着いて(シュートを)放てました。
 
--4ゴール目ですが、今季を振り返って
後期中々ゴールが遠くて、前期3ゴールといいスタートをしたにもかかわらず、後期は試合に出ていて得点できていないという状況でやっと1点という感じです。あと残り4節しかないので継続的に点を取れるようにしたいです。
 
ーー最後に次節以降の意気込みをお願いします
残り4節ということで、自分の掲げている目標が関東リーグ5得点なのでまずは次の試合で1得点、そしてどんどんゴールを積み上げることで来年再来年繋がると思うのでまずはゴールという形で頑張っていきたいです。
Tagged as: , , , , ,

Comments are closed.