慶應スポーツ新聞会

【ホッケー(女子)】早慶戦直前!主将副将対談

今日11月23日(月)に第97回(女子は第28回)早慶ホッケー定期戦が開催される。宿敵・早大は関東リーグ上位の常連校という手強い相手だが、今季慶大はリーグ戦で早稲田を相手に勝利しており、どのような試合が繰り広げられるかが注目だ。リーグ戦の勢いそのままに、チームの集大成を見せられるか。今回は、この一年間チームをけん引し、この早慶戦で引退となる主将・副将の3人(森田×伊藤×花田)に、早慶戦への意気込みを語ってもらった。

主将・森田

――まずは他己紹介をお願いします

森田花田):ともみはSFCサッカー部出身で今はホッケー部でプレーヤーとして中盤のポジションを務めています。チームのエース的存在で、戦術的な面とか、試合中も含めてすごくチームを引っ張ってもらっています。試合中だったら司令塔になって、前と後ろとのコミュニケーションだったり、指示を出してくれています。試合以外の面では、どんなメニューをこなせばいいかとか、チームに何が足りないかとかも考えてくれているような頼もしい存在です。

花田伊藤):最近選手からスタッフに移行して、選手だったからこその視点を生かして他のマネージャーとかとは違った角度からチームを支えてくれている存在です。普段は一人一人のことをすごくよく見てくれていて、後輩とか同期とか、良いプレーとかはすごい褒めてくれますし、ホッケー以外の所でも、コーチがだれだれのこと褒めてたよとか、間接的に伝えてくれて、一人一人のモチベーションを上げるとか、そういうところでも気を配ってチームを支えてくれている存在だなと思っています。選手をやっていたので、キーパーの練習相手になったりだとか、そういうところでも貢献してくれています。

伊藤森田):チームの大黒柱なんですけど、体は小さいながらも背中は本当にすごい大きくて、チームに絶対に必要な存在です。チームをよく見ていて、その優しさでみんなを包み込んでくれるような場面もあれば、プレーで引っ張ってくれることもあって、両方の面でチームを引っ張てくれる大きな存在です。

 

――新体制が始まってすぐにコロナ禍に直面されたと思います。自粛期間はどのように過ごしていましたか。

花田:自粛期間中は、ほぼ毎日4年生を中心にトレーニングメニューを組んで、筋トレとラントレを普段の練習があった曜日に毎日結構ハードなメニューを組んでやって、あとはオンラインでミーティングとかも結構やってりして、全体でやったり、少人数で集まってやったり、いろんな組み合わせでミーティングとかもやっていました。

伊藤:かなり大変でした。会ってコミュニケーションが取れれば一番いいと思うんですけど、チームとして統制をとるのがなかなか難しかった時期でもありました。

森田:本当に結構つらい練習をしてきていて、ラントレ筋トレも午前と午後に分けて本当に一日中みんなでやっていたりして、そういう時期があったからこそ、これだけ頑張ってきたんだからという思いで再開してからは練習に臨むことができたなと思いますし、今になってもあの時期を振り返ると、「みんなであそこを乗り越えたから」みたいな、チームが一つになる上で良かったことではあるのかなと思っています。あとは、コミュニケーションが増えて学年間の仲の良さみたいなものが増したのかなと思っていて、会えない期間は長かったんですけど、同期も相当なミーティングをしてきたし、一日中ミーティングみたいな日が何日もあって、同期がまとまれたからチームもまとまれたかなと振り返ってみると思います。

――秋のリーグ戦を振り返って

花田:リーグ戦はずっと関東リーグ三位というところを目指してやってきたので、結果としては目標達成には至らなかったので、農大にあと一歩勝てなかったというところがチームとしてはすごく悔しかったです。でも、上位の舞台まで来れたってこととか、やってるホッケーの内容とかはチームが始まった時よりも大きく成長した部分なのかなと思っているので、そういった意味での手応えも感じられたシーズンだったかなと思っています。

 

――一番印象に残っている試合は

森田:難しいな……

花田:一人ずつ言っていこう!

森田農大戦です。早稲田戦と悩んだけど…。農大戦のことは1Qから4Qまですごく鮮明に覚えていて、どんな情景だったかとかどんな気持ちだったかとか今でも覚えていて、悔しさだったり、でも試合中負ける気はしなかったなとか、勝てるって思いながら試合できたことは嬉しかったし、そういう気持ちが思い出せる試合は農大戦だなと思って選びました。

花田:私も農大戦ですかね。やっぱり。農大に対してどれだけやれるチームになったんだろうというところがあって、試合の中で最初先制されてしまったんですけど、それでももう一点全然取れるなっていう、追いついて逆転できるなっていう気持ちになれたのは農大に対しては初めてだったので、そういった意味では印象深い試合でした。

伊藤:私も農大戦で、正直いうと農大に対しては格上のイメージをずっと持っていたんですけど、この試合では本当に勝てると思ったし、本当に勝ちたい試合でもあったので、この試合にかける思いの強さが印象に残っています。最後SO戦になったんですけど、5人の中で真衣とともみが決め切ってくれて、それが本当に嬉しかったというのもあります。

SO戦でゴールを決めた花田

――リーグ戦でのMVPは

森田:実はチームとしてはMVPを発表していて、コーチの方々が選出してくださったんですけど、プレー面では上口(華=経4・慶應湘南藤沢)で、練習とかも含めてトータルではともみが挙がりました。

花田:けど個人的に選ぶとしたら……いっぱいいるな…

森田:いっぱいいる…

伊藤:いっぱいいる!(笑)

(一同笑い)

森田:(かなり悩んでから)……齋藤可奈子(経4・慶應女子)ですかね。可奈子はディフェンスなんですけど、このシーズンで私から言うのもなんですけど成長したんだなっていうのを感じていて、3年生のときから試合に出てましたし勢いのあるプレーヤーだったんですけど、4年生になって本当に安定したプレーをしてくれていてかつですけど、DF陣を引っ張っていってくれたところも大きいなと思っていて、慶應の強みにはやっぱり守備力が挙げらると思うんですけど、そこの土台を築いてくれた一人だと思うので選びました。

花田:加藤ひより(環2・学芸大附属)です。今年からディフェンスになったんですけど、そうとは思えないぐらい安定していて、攻守の要になる存在で、ひよりがいなかったらここまでチームもこれなかったなっていうくらいです。みんなからもすごく信頼されていて、いろんなプレッシャーもあると思うんですけど、全然安定していつもいいプレーをしてくれていたのでこの秋のMVPかなと思いました。

伊藤:中村愛咲(商4・晃華学園)です。愛咲は4年生からスタメンになって、それまではコーチに怒られたりもしていて、その中でも着実に努力を重ねて、その姿は部員全員が見てるし、それが結果として表れたというのが一番の理由です。これは個人的なことになってしまうんですけど、私はもともとディフェンスで、あさとはライバル関係だったので、そのあさがスタメンとして活躍してくれているっていうのは本当に嬉しいことです。

スタッフ陣のサポートは大きい

――今年のチーム強みは

森田:プレー面だと、そう簡単に崩れない守備力だと思うんですけど、守備が緩怠に崩れないからこそ攻撃できるっていうところが大きいので、そういうところかなと思います。あとは、「全員戦力」というのをスローガンに掲げているんですけど、他のホッケー部に比べても私たちは部員数が多い分、それが力になっていると思うし、あとはコーチの方々にも本当にたくさん来ていただいていて、10名ほどの方々に教えていただく機会があって、本当にチームが大きくて、いろんな方々に支えてもらって、お互い支え合いながらやっているのは強みかなと思います。

 

――早慶戦での勝利のカギは

花田:チームとしても個人としても変に力まずに緊張しないでどれだけ自信を持ってやれるかというところに尽きるかなと思います。ここまでくると気持ちの強いほうが勝つのかなと思うので、ホッケーの内容というよりはそういうところかなと思います。

森田:私もそう思います。焦らないというか、チームとしても個人としてもこの場面にもっていけば勝てるという自信を持った状態で望めればあとはそれを本番で力に変えるだけだし、どんな状況になってもそういう自信があれば焦らず戦えると思うので、そこかなと思います。

 

――果たすべきご自身の役割は

森田:私はフォワードなので、ひとつはしっかりと点を取って結果を残すことは大事かなと思います。そこに加えて、私は早慶戦は自分のプレーでこれまでの感謝の気持ちを体現したいなという思いでいるので、そういった姿を見せられるように、本当にがむしゃらに走って食らいついているような姿を見せて後輩だったり今までの先輩方やコーチの方々に何か感じてもらえたらなという気持ちでいるので、そういうところの役割を果たしたいと思っています。

伊藤:まずは私は直接かかわることはできないので、本当にみんなを信じること、皆をずっと近くで見てきたので誰よりもみんなのことを分かっている自信はあるので皆を信じるというのが一つと、みんなのかけ橋として、「全員戦力」というスローガンのもとでチームの一体感を作るというのが二つ目です。最後に勝って、勝ちの景色を後輩たちに見せて監督コーチ陣にも感謝の気持ちを伝えたいし、後輩にもついてきてくれた感謝と今後へのエールを送れたらいいなと思います。

花田:プレーに関しては失敗を恐れずに練習通り強い気持ちで行きたいです。あとは二人とも被るんですけど、結果で恩返しというところで、私たちと直接かかわりがないところでも各方面から応援していただいてることをこの一年間で感じたので、今のチームのメンバーもそうだし監督コーチ陣は特にkwっかで恩返しして最後に何か残していけたらいいなと思います。

 

――最後に意気込みをお願いします

森田 6-0で勝つという目標を掲げているので、14年ぶりの勝利をつかみ取りたいなと思います!

伊藤 全員戦力、絶対勝利に尽きます!

花田 皆で何点も取って、最後は嬉し涙を残してこのチームを終わりたいなと思います。

 

(取材:澤田夏美)

(この試合は11月14日(土)にオンラインで実施しました。)

 

《早慶ホッケー定期戦》
11月23日(月) 現役女子戦 12時20分試合開始
          現役男子戦 14時10分試合開始
@駒沢オリンピック公園総合運動場第一球技場

ライブ配信はこちらから!

 

◆プロフィール
森田真衣(もりた・まい)
主将。FW。経済学部4年。東京・慶應義塾女子高校出身。
 
伊藤沙らら(いとう・さらら)
副将。法学部政治学科4年。東京・慶應義塾女子高校出身。
 
花田ともみ(はなだ・ともみ)
経済学部4年。MF。神奈川・慶應湘南藤沢高校出身。

Tagged as: , , , , , ,

Comments are closed.