慶應スポーツ新聞会

【女子テニス】早慶戦を二倍楽しむための直前特集第二弾・宇田川選手

早慶戦を二倍楽しむための直前特集 第二弾

 
 

 

明るい笑顔でチームに活気をもたらす宇田川

来る3月18日(土)、早稲田大学東伏見テニスコートにて行われる第86回女子早慶対抗庭球試合。今回は早慶戦直前特集第二弾として、エースとして慶大庭球部を引っ張る宇田川彩(政3)にお話を伺った。

 

今季の春関を振り返って

今年からルールが変わってインカレに出るのが難しくなったんですけど、自分としては絶対に出場したいという風に思っていて、ベスト32までいって次は勝てずにコンソレも負けてしまって後がない状況で、インカレに出たいと思う気持ちから次に勝てたのでシングルスは出場を決められました。

ダブルスも初めて関東学生に選ばれて、出るからには一個でも多く勝ちたいと思ってた中で二回戦で負けてしまったんですけど、インカレ予選があるってことでそこに向けて頑張っていきたいと思っています。

チームの印象は

一年生から四年生までホントに仲が良くて、チーム一丸となって戦っていくことをモットーに皆が16人分の1という自覚をもってチームを作っていけてる感じですね。

ご自身のプレースタイルは

私はあまり思いきったプレーは出来ないんですけど、ベースラインでラリーを続けてカウンターを狙っていくのが得意で、粘って粘ってネット際でポイントをとるっていう、後ろもやって前でもとれるのを目指しています。

シングルスとダブルスどちらがお好きですか

今まではシングルスしか出来ないみたいな感じだったんですけど、ダブルスで勝っていくことで自信にもなって、シングルスにも活かせるようになったので、両方良い所があると思います。

やりやすいダブルスのペアは

私はパートナーが盛り上がってくれると自分も便乗することが出来るんで、ガッツあるプレーをしてくれる人が良いですね!先輩として引っ張っていかなければいけないんですけど、下級生とも同じ立場で頑張ろうという形でやっていますね。

テニスを始めたキッカケは

休日に家族で遊べる程度に出来ればいいなという感じで始めました。小2からスクールに入ったんですけど、鉄棒から落ちて鎖骨を折ったこともあってテニスが出来ない時もあったんですけど、続けていくうちに選手としてスカウトされて競技テニスの道を歩んでいった感じですね(笑)

テニスの魅力は

自分がポイントをとった時とか、強い相手とやっている時に、自分のテニスがどこまで通用するんだろうってワクワクしますね。

得意なショットは

強いて言えばフォアハンドですね!回り込んでのフォアで打って、ネットに出るっていうのが一つのパターンになってますね。

尊敬する選手は

プロで活躍されている3つ上の代にいた渡辺先輩ですね。実力もあって、自分が一年生の時の憧れの四年生だったので、こういう選手になれたらいいなと思います。

試合前のルーティーンは

実家にいる時は毎日うどんを食べていましたね。一人暮らしを始めてから難しくなったんですけど、出来るだけうどんを食べてから試合に行くようにしてましたね。

庭球部でなかったら大学で何をしていましたか

体育会のマネージャーに憧れますね(笑)  実際あまり出来ないと思うんですけど、小中高女子高だったのでマネージャーって良いなぁみたいな感じでした。

早慶戦の位置付けは

このまま行けば自分が一年生のS1、D1で出るので、そこはプライドをもってやっていきたいと思っています。去年は直前で怪我をしてしまって、満足の行くプレーをすることができなくて悔しい思いをしたので、今年はその思いを糧にやっていきたいと思います。

早稲田にライバルはいますか

強いて言えば同学年の選手はジュニアの時もいっしょにやっていて、今は向こうの方が戦績は出してるんですけど、同じ学年であるからには負けたくないなと思います。

最後に早慶戦に向けてアツい一言!

皆の気持ち背負って頑張るので、見ていてください!

◆宇田川 彩(ウダガワ アヤ)

 1990年8月29日生まれ。国府台女子学院高等部出身。法学部政治学科3年。身長162cm。ダブルスでは初めて関東学生に選ばれる。回り込んで打つフォアハンドはチーム随一であり、エースとして慶大庭球部を引っ張っていくことが期待される。

 

By Yuki Kawashima

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.