慶應スポーツ新聞会

【野球】福谷の投打にわたる活躍で3回戦に持ち込む 立大②

福谷のタイムリーで生還した伊場、阿加多

10月16日(日)慶大―立大2回戦

1つでも上の順位を目指すべく臨んだ今日の試合、福谷(理3)の適時打を皮切りに小刻みに得点を重ねる。投げても福谷が終盤まで安定した投球を見せゲームメーク。終盤に2点差まで追い上げられるものの、リリーフの踏ん張りで逃げ切った。

 
立大
慶大 X
慶大:○福谷、山形-阿加多

立大:●岡部賢、大澤、川端翔、斎藤隼-山田

慶大出場選手

  ポジション 選手名(学部学年・出身高校)
[7] 影山(総3・鎌倉学園)
  [7] 宮本(政4・慶應)
[8] 松本大(環2・桐光学園)
  [8] 辰巳 (文3・郡山)
[5] 山﨑錬(商3・慶應)
[9] 伊藤 (環4・中京大中京)
[3] 伊場 (政4・慶應)
  [3] 鈴木裕(商3・慶應)
[2] 阿加多(法3・慶應)
[1] 福谷 (理3・横須賀)
  [1] 山形 (政2・土佐)
[6] 斎藤雄(政3・慶應)
[4] 大川武(環3・濟々黌)


投打に渡って大活躍の福谷

福谷は立ち上がりから威力のあるストレートを中心に立大打線を封じ込めていく。2回には那賀に2塁打を許し、得点圏に走者を背負うピンチを迎えるも、動じることなく後続を打ち取り、先制を許さない。一方の慶大打線も立大の先発・岡部賢から得点を奪うことができず、序盤は投手戦の様相を呈する。

その均衡を破ったのは慶大。4回、2死から伊場(政4)、阿加多(法3)の連打で一打先制のチャンスを演出すると、続く福谷が放った打球は左中間を破っていく3塁打。2人が生還し先制に成功。さらに相手の暴投でもう1点加え、この回一挙3点を挙げる。

スタメンに抜擢された大川武

さらに直後の5回、今季初めてスタメンに抜擢された大川武(環3)が四球で出塁、影山(総3)の犠打で手堅く走者を進め、追加点のチャンスを迎える。すると伊藤(環4)の今季初となる適時打で1点を追加し4点差。さらに6回、今日初めてスタメンに名を連ねた齊藤雄(政3)と大川武の連打で一死1,3塁とすると、影山がきっちりと犠飛を放ち、5対0。試合の主導権を完全に握り、優位に試合を進めていく。

大きな援護点をもらった福谷は、中盤も安定した投球を披露し立大打線に付け入る隙すら与えない好投を見せる。しかし、完封も見えてきたかに思えた8回、小尾、那賀の適時打、岡崎の犠飛で3点を失い、ここでマウンドを降り、後をリリーフ陣に託す。福谷からバトンを受け取ったのは山形(政2)。スコアリングポジションに走者を背負う苦しい展開からの登板ながら、後続を冷静に打ち取り、立大の反撃を食いとめる。9回もマウンドに上がった山形は、四球を1つ許したものの最後のバッターを見逃し三振で打ち取り試合終了。5対3でこのカードの成績を1勝1敗のタイとした。

残念ながら連覇の夢は潰えてしまったが、立大の次に戦うのはライバルである早大。早慶戦で春の王者らしい戦いを見せるためにも、明日の試合に勝利し弾みをつけてもらいたいところだ。

By Katsuya Shiizu

選手コメント

伊藤主将

(今日のゲームを振り返って)勝って明日に繋げられてよかったが、終盤の失点などまだまだ防げるところがあったと思う。(1安打に、初打点。自身の結果については)初打点については正直ほっとしている。(難しいシーズンだが、今日の勝利でチームの雰囲気は)明日に繋がったので、明日やってやるぞという気持ちをぶつけたい。(明日への意気込みを)勝って勝ち点を取りに行く。

阿加多

(今日の試合を振り返って)今日は勝たなきゃいけない試合だったので、勝てて良かった。(先発の福谷投手の調子は)真っ直ぐが良かった。真っ直ぐが中心だった。途中威力も落ちてきて、球が浮いてしまったが、調子は良かったと思います。(その真っ直ぐを中心にリードを組み立てたのか)変化球を投げさせると腕が振れなくなる。ストレートあっての変化球だと思うので、腕を触れるようにと。福谷はやはりストレートがいいので。(立大打線の印象は)初球から振ってくるし、甘い球を逃さない。追い込んでも注意を払ってリードした。(5回の盗塁阻止について)ワンバウンドしてしまったが、ランナーが走っているのが見えて、ランナーのスタートも良くなかったので。(盗塁のことは頭にはあったか)あったが、低めのボールだったので投げにくかった。(次に向けて)守って、チャンスをモノにして、今日の試合をしていきたいです。

大川武

(今日の試合を振り返って一言を)春の東大戦でスタメンで出たんですけど、今日で2回目ということで落ち着いてやれたというか、とにかく思い切ってやろうと思っていました。(監督からはどのような言葉をかけらたか)思い切ってやれと言われました。(ショートの齊藤雄選手とグラブトスをしたが、どのような打ち合わせをしていたか)練習でたまにやっていて、機会があればやろうかなと思っていました。特に打ち合わせはなかったんですけど、その場でショートの声が聞こえたので、トスして、うまくできるかなと思ったんですけど、僕の方がミスってトスがうまくできなくて、失敗しちゃいました。(今日は齊藤選手との相性を買われてのスタメンだったのか)どうですかね。福富の調子があまり良くなくて、齊藤が結構調子がよかったので、たまたま一緒になったのだと思います。相性は普通じゃないですか。(バッティングでもヒットを1本放ったが)後ろにつなぐことだけを考えていて、そしたらうまくいいところに飛んでくれたという感じですね。(バッティングの調子は)ぼちぼちですかね(笑)。(明日の3回戦に向けて意気込みを)出たら全力を尽くして頑張るということだけですね。

齊藤雄

(今日の試合を振り返って)初スタメンだったので、緊張しました。(初スタメン、どのような気持ちでプレーしたか)チームの状況が悪かったので、僕みたいな新顔が新しい風を吹かせることができれば、と思ってやった。(2安打だったが、調子は)たまたまです(笑)。塁に出ることは考えていた。(特に6回、7球粘ってからの安打だったが)8番と下位打順なので、ピッチャーに対していやらしいことをして出塁するのが良い形だと思っていた。(明日に向けて一言)どういう状況で出るか分からないが、自分の持ち場でしっかりとしたプレーをするのみです。

山形

(今日はピンチでの登板だったが)福谷さんが点を取られたらいくということだったので準備はしていた。慌てることはなかった。(福谷投手が点差を詰められた後でしたが)2点差をあったし、2アウトだったので、1点ならいいと心に余裕を持たして投げました。(最終回もまかされましたが)春は福谷さんがずっと抑えをしていたのですが、秋は福谷さんは先発に回っているので控えの僕たちが後ろをしっかり抑えなければと思います。(明日は早慶戦前の最終戦になると思うが)まだ勝ち点がわずか1なので、明日勝って勝ち点を挙げて早慶戦に挑みたい。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.