【野球】一発攻勢と中盤の集中攻撃で突き放し、勝ち点を2に伸ばす 立大③

2022年度 野球

4月25日(月)東京六大学野球春季リーグ戦 立大3回戦 @明治神宮野球場

3安打2打点の活躍で打線を牽引した

昨日の2回戦では、3時間近い激戦の末引き分けた慶大。この日は初回から4番・下山悠介(商4・慶應)の先制打で流れを作ると、2点差の3回には2番・朝日晴人(環4・彦根東)、3番・廣瀬隆太(商3・慶應)の連続本塁打が飛び出し同点に追いつく。5回には相手守備陣の乱れから3点を勝ち越し、試合を有利に進めた。投げては先発の増居翔太(総4・彦根東)がピンチを作りながらも6回4失点で凌ぎ、7回からは橋本達弥(環4・長田)が無失点の救援を見せた。この結果、慶大はリーグ唯一の無敗を守り抜き、勝ち点を2とした。

 
立大
慶大

慶大バッテリー:増居、橋本達-善波

立大バッテリー:荘司、宮、石元、沖-黒岩

 

慶大本塁打:朝日1号ソロ(3回)、廣瀬3号ソロ(3回)

立大本塁打:宮﨑1号3ラン(3回)

 

◆慶大出場選手

打順守備位置名前(学部学年・出身校)
[8]萩尾匡也(環4・文徳)
[6]朝日晴人(環4・彦根東)
[3]4廣瀬隆太(商3・慶應)
[5]下山悠介(商4・慶應)
[7]栗林泰三(環3・桐蔭学園)
吉川海斗(法3・慶應)
[4]7宮尾将(商4・慶應)
[9]山本晃大(総4・浦和学院)
[2]善波力(商3・慶應)
[1]増居翔太(総4・彦根東)
本間颯太朗(総2・慶應)
橋本達弥(環3・長田)

雨中の熱戦から一夜明け強い日差しが注ぎ込む中、慶大は立大との第3戦に臨んだ。3年前までは当然のように行われていた第3戦では、第1戦に先発した投手が先発を務めることが多く、この日も慶大・増居、立大・荘司康誠(社会4・新潟明訓)の両エースが先発のマウンドに上がった。初回、中1日の増居は立大の上位打線を三者凡退に抑える立ち上がりを見せる。するとその裏、3連投となった荘司に対して慶大打線が襲いかかる。先頭の萩尾匡也(環4・文徳)が二塁打で出塁すると、2死三塁から4番・下山が浮いたフォークを引っ張り、慶大は先制に成功する。

開幕から5戦連続で安打を記録した下山

しかし3回、ここまで完璧に抑えていた増居が2四球でピンチを招くと、立大2番・宮﨑仁斗(コミ4・大阪桐蔭)に初球の直球を左翼席中段に運ばれ、逆転を許してしまう。だがその裏、慶大は2番・朝日がリーグ戦初本塁打となるソロ本塁打を右翼席に運ぶと、続く3番・廣瀬も3球目の直球を左翼席に運び、一発攻勢ですぐに同点とする。試合は同点のまま中盤に差しかかり、次の1点が勝敗を大きく左右する展開となったが、その1点を先に奪ったのは慶大だった。5回裏、先頭の8番・善波力(商3・慶應)が四球を選び、送りバントで1死二塁の好機を迎える。ここで1番・萩尾が外寄りのカーブを捉えて左中間に運び、貴重な勝ち越し点を奪う。その後捕逸と内野ゴロ失策の間に走者が生還し、3点リードのまま試合を折り返す。

リーグ戦初本塁打は反撃の狼煙となった

6回、先発の増居が立大打線につかまり無死満塁の大ピンチを招くと、立大5番・斎藤大智(コミ2・東北)に犠飛を打たれ1点を返される。なおも1死満塁と一打逆転の場面だったが、7番・吉岡広貴(コミ4・広陵)、8番・佐藤元(コミ4・福岡大大濠)を打ち取り、追加点を与えなかった。その裏、2死から8番・善波、代打・本間颯太朗(総2・慶應)の連打で2死一、二塁とすると、1番・萩尾がこの日2本目となる適時二塁打を放ち、点差を3点に広げる。7回からは橋本達が3連投となるマウンドに上がると、3回を投げ無失点に抑え、立大から勝ち点を奪うと同時に、対立大戦は2つの引き分けを挟んで13連勝となった。

要所で低めに集め、リードを保って降板した

慶大は一発攻勢ですぐに同点とし、立大守備陣の乱れに助けられた部分もありながら、中盤以降効果的に得点を重ね、そのリードを守り切った。先発の増居は時折投げる抜け球が目立つも、要所を締める投球でリードを守ったまま降板した。後を受けた橋本達も無失点リリーフで強打の立大打線を断ち切った。同日第2試合では明大が早大を破り、勝ち点2で慶大と並んでいるものの、勝率の差で慶大が上回り単独首位に立っている。次週の相手は法大。第1戦では、早大から14奪三振を奪い完投勝利を挙げた剛腕・篠木健太郎(営2・木更津総合)の先発が予想されるだけに、今まで以上に打線のつながりと投手陣の安定感が鍵を握る試合となりそうだ。

 

(記事:宮崎秀太、写真:北村可奈、長沢美伸、畠山里菜子)

◆選手コメント

橋本達弥選手(環4・長田)

チーム全員が繋いできた思いを感じながらただひたすら腕を振りました。
残りのリーグ戦もチームの勝利のために任された役割で全力を尽くします。

3回無失点の好救援で反撃を許さなかった

廣瀬隆太選手(商3・慶應)

なんとか同点に追いつこうとした結果ホームランを打つことが出来ました。
残りの試合も頑張ります。

通算本塁打数でリーグ2位に浮上した

萩尾匡也選手(環4・文徳)

後ろのいいバッターにつなげるという意識がいい結果に繋がったと思います。
これからも厳しい戦いが続くと思いますが、粘り強く戦っていきます。

◆打撃成績

   
[8]萩尾左2空三振中安①左2①空三振
[6]朝日投犠打右本①空三振二ゴロ
[3]4廣瀬空三振左本①四球中安
[5]下山右2①見三振一失①捕邪飛
[7]栗林捕邪飛左飛空三振
吉川中安
[4]7宮尾二ゴロ二ゴロ見三振二ゴロ
[9]山本遊飛空三振三邪飛空三振
[2]善波見三振四球左安三ゴロ
[1]増居二飛一犠打
本間左安
橋本達空三振

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
増居62610634544
橋本達3125022100

タイトルとURLをコピーしました