慶應スポーツ新聞会

【野球】秋季リーグ戦開幕直前特集③ 柳町達×宮田皓×小原和樹×髙橋佑樹

開幕直前特集第3弾は1年生対談。昨季は終盤まで優勝争いを演じながらも、惜しくも4位に終わったが、1年生が何人もリーグ戦デビューを飾るなど、ポジティブな要素も数多く見られた。そんな晴れてデビューを飾ったニュースター候補の中から、4人(柳町達(商1)、宮田皓(商1)、小原和樹(環1)、髙橋佑樹(環1))に話を伺った。

 

 

柳町達選手

柳町達選手

――高校から大学に上がられて、はじめて迎えられたシーズン。振り返っていかがでしたか

 

柳町達(以下柳町):高校とは違って大学生のレベルは高いなと思いました。特に球のキレとか打者陣のスイングのスピードとかですね。

 

 

――大学で三塁手から中堅手にコンバートされましたが、そのことについては

 

柳町:外野も何度かやったことはあったので、多少は何とかなったのかなと思います。内野も特に得意というわけではなくて、外野でむしろうまくいったところもあるので、それは良かったですね。

 

 

――では続いて髙橋投手、お願いします

 

髙橋佑樹(以下髙橋):大学野球はレベルが高いですし、特に東京六大学野球は全国から注目されます。特に早慶戦なんかはお客さんが満杯なので、その中で野球できるのは幸せだなと思いました。

 

 

――初先発は早慶戦でしたね

 

髙橋:緊張しましたね(笑)。試合始まるまでは本当に緊張していましたが、お客さんもいっぱいいて、実際投げてみるととても楽しかったです。でも早稲田の応援が脅威に感じました(笑)。

 

 

――宮田選手はいかがでしたか

 

宮田晧(以下宮田):レベルが高いので、その中で自分が出てどうなるのかという不安がありながらも、出場機会をいただきました。あとは、今までの人生でトーナメントしか経験したことがなくて、リーグ戦というのは初だったので、負けたあとの気持ちの切り替えがすごく大事だなと思いました。

 

 

小原和樹選手

小原和樹選手

――では最後に小原選手

 

小原和樹(以下小原):みんなと同じでレベルが高いと思いました。あと4年生が大人だなと。早慶戦とか、あんなにいっぱい人がいる中で試合に出るのは、プレーするだけでいっぱいいっぱいで、その他の余裕がなかったです。そういう意味では春のリーグ戦はいい経験になったと思います。

 

 

――初ヒットや、お兄さん(小原大樹(環4))との同時共演もありました。その思い出などは

 

小原:(初ヒットは)ただひたすら緊張していたので、何を打ったとかは覚えていませんが、嬉しかったです。兄と一緒に出れるのは今年だけなので・・・(貴重な思い出と言えば)そうですね。

 

 

――では、続いて、夏はどのようにして過ごされましたか

 

柳町:左手を怪我していたので、よく病院に通っていました。なので遊んだりとかはあまりできなかったですね(笑)あと前半は試験勉強がメインでした。

 

髙橋:僕は新潟のサマーリーグや伊豆のキャンプといった遠征にも連れて行ってもらいました。色々な人と触れ合えたので、レベルの高い人たちから色々なことが学べたかなと思います。

 

宮田:僕も前半は試験勉強をして、あと塾高野球部が県大会の決勝まで行ったのでそれを見に行ったりしていました。

 

小原:神奈川の高校野球が見に行きたかったので県大会の決勝は僕も行きました。あとは1年生なので、先輩に追いつくためにも筋トレとかも結構してました。

 

 

――自分の長所と短所は

 

柳町:バッティングは結構自信があります。短所はたまに集中力がかけてしまうことです。あと走塁もあまり得意じゃないですね。

 

 

――比較的細身ですが、ホームランも2本打たれましたね

 

柳町 なんで打てるのかはわからないです。あんなに飛んだことはなかったので、まぐれです(笑)

 

一同:センス、センスですよ(笑)

 

 

髙橋佑樹選手

髙橋佑樹選手

――金属から木製バットへの対応も見事でした

 

柳町:金属の方が飛ぶには飛ぶんですけど、実際のところそんなに飛距離は変わらないですし、違和感はそれほど感じませんでした。

 

髙橋:長所はいろいろな球種で勝負できることと、気持ちを前面に出して投げることです。短所は、球速が遅いことです。球速を伸ばして武器のスライダーを磨いて松井祐樹選手(現楽天)のようになりたいです。

 

宮田:長所は守備です。リーグ戦でも守備固めででることが多かったです。短所はバッティングがお話にならないことです。バッティングを磨いて、秋のリーグ戦で活躍できるようになりたいです。

 

小原:長所は元気があることです。短所は足が遅くて守備が下手でバッティングもダメなところです。守備はカンで動いてますし、バッティングは当たればいい打球は行くのですけど・・・

 

髙橋:それ選手としてダメじゃん(笑)

 

宮田:でも高校通算52本ホームラン打ってますけれどね。

 

小原:それはまぐれですね。多分ホームランは柳町がもっと打ってくれると思うので、自分はチャンスメイクする側に回ります(笑)

 

 

宮田晧選手

宮田晧選手

――目標とする選手は

 

柳町:あまりプロ野球をテレビなどでみないのですが、動画を観て前田智徳さん(元広島東洋カープ)を参考にしてます。

 

髙橋:プロ野球大好きなので好きな選手を絞れないのですが、松井裕樹選手ということにしておきます(笑)本当は右のサイドスローの選手が好きで、元ヤクルトのイム・チャンヨン選手が好きです。でも流石に(目標とするのは)厳しいので、松井裕樹選手か菊池雄星選手(現西武)あたりでお願いします。

 

宮田:長所が守備なので、井端弘和さん(巨人内野守備走塁コーチ)のようになりたいです。バッティングを磨いて粘っていきたいです。

 

小原:目標の選手は宮本慎也さん(元ヤクルト)です。自分とはタイプの違う選手ですが、追いつけるように頑張ります。

 

 

――オフはどのようにすごしてますか

 

柳町:ゲームが好きで、暇なときはずっとゲームをやってます。スマブラや、最近ではコールオブデューティーなどをやっています。あとスマホでパワプロをやってます。毎日ログインしてます。

 

髙橋:野球がすきなので、プロスピをよくやってます。ゲーム内で自分を作って、現実ではできないくらい無双してます。

 

宮田:予定がないときは、よく映画に行ってます。インドアよりアウトドア派です。

 

小原:僕もアウトドア派で映画とかカラオケによく行きます。グラウンドに行って練習することもあります。

 

一同:嘘ですね(笑)

 

 

――話を戻しまして、秋季リーグにむけての意気込みは

 

柳町:春季は4位だったので、秋季は絶対優勝したいです。個人的な目標は、打点をたくさんあげることです。

 

髙橋:とにかく多く投げて初勝利を挙げたいです。

 

%ef%bc%91%e5%b9%b4%e7%94%9f宮田:ベンチで先輩たちが活躍できるように、いい雰囲気づくりをしたいです。守備固めなどで出るときも与えられた仕事をしっかりできるように頑張ります。

 

小原:出る機会が限られていると思うので、出たらチームのために頑張りたいです。(出番がないときも)先輩たちがいいプレーをできるように声出していきたいです。

 

 

――お忙しい中ありがとうございました!

 

取材:天野 拓真・内田 貴哲、写真:村上 慶太

Comments are closed.