慶應スポーツ新聞会

【男子テニス】宿敵・法大戦に敗れ王座進出に危険信号、背水の陣で最終戦へ。関東学生リーグ・法大戦

厳しい表情で試合を終える選手たち

大学王座決定試合へとつながる関東リーグ戦。慶大は1戦の日大、2戦の明大をそれぞれ8-1というスコアで順調に破ってきた。そして迎えた第3戦の相手は最大のライバルである法大だった。勝った方が王座に大きく近づくという昨年と全く同じ展開である。昨年は一歩も譲らず4-4で最後S1の志賀(政3)と笹井のエース対決にもつれ込み、志賀が笹井に勝利、そのまま王座への切符を手にしたのだった。星野を中心にまとまり昨年のリベンジに燃える法大、昨年に続き王座へ行こうとする慶大。絶対に負けられないのはどちらも同じだった。

 

 

 

9月8日 関東学生リーグ@有明テニスの森公園

第3戦

慶大4-5早大

D1加藤・近藤○  2-6、6-3、6-2       星野・山田

D2志賀・井上●  2-6、2-6           西尾・前田

D3谷本・渡邊●  7-5、2-6、4-6       竹下・戸田

S1志賀正人○   6-4、6-2           星野武蔵

S2谷本真人●   0-6,6-7           西尾一馬

S3近藤大基○   6-4,6-2           戸田義人

S4矢野隆志●   7-6、5-7、1-6       山田貴裕

S5渡邊将司●   3-6,2-6           小村拓也

S6高田航輝●   6-4、4-6、2-6       大塚拳之助

 

 

辛くもダブルス一勝をもぎ取ったS1加藤主将(右)・近藤(左)

慶大のダブルスのオーダーは明大戦と同じでD2に志賀・井上(経2)が入った。D1は春関王者の加藤(環4)・近藤(環2)とインカレ準優勝の星野・山田のマッチアップとなった。こちらはインカレ中に加藤が負傷、あちらはインカレで並み居る強豪を撃破し波に乗っている。苦戦が予想された。1セット目、最初の加藤のサービスゲームをブレークされて出鼻を挫かれると一気に1-5まで押し込められた。強力なサービスを打ち込んでも絶妙な位置にリターンされ攻撃の形を崩され、逆にリターンゲームではバックボレーをいい角度に決められる等苦しんだ。2-6で落とし2ndセットも立ち上がりブレークされたところで雨で中断。その1時間で切り替えが出来たのであろう、再開後は流れが変わった。第6ゲームをブレークし追いつくと完全に流れを握った。加藤の雄たけびと共に放たれたリターンエースも見られ、6-3で奪取。ファイナルセットも流れを渡さなかった。焦る相手を尻目に強力なサービスやリターンを打ち込み6-2で逆転勝利を挙げ、「ダブルスの慶大」のD1を見せ付けた。

 

 

 

相手の気迫に呑まれ、力を出し切れなかった志賀

元気な咆哮を響かせたが、勝利には届かなかった井上

D2志賀(政3)・井上(経2)は西尾・前田ペアと対戦。第2戦の勢いのままに快勝したいところだったがそう簡単にはいかなかった。1stセットは最初からブレークされ重い立ち上がりとなる。ブレークバックを試みるも2人の強力なサービスに苦戦し崩すことが出来ない。ポーチに出るも西尾のコントロール抜群なストロークでかわされ、ボレー力にも差が見られたようであり、ボレー対ボレーの展開でも失点を重ね、2-6で落としてしまう。2ndセットで挽回を狙うもペースを掴む事が出来ずそのまま押し切られてしまった。

 

粘るも逆転負けとなった谷本(右)・渡邉(左)。試合を終えた選手たちも応援に駆け付けた。

D3谷本(環1)・渡邊(総1)は昨年の同大会で志賀・井上ペアに勝利している竹下・戸田ペアとの対戦となった。竹下の体格を活かしたパワフルなサービスやストローク、戸田の器用なボレーが厄介なペアである。1stセットは第3ゲームをブレークされるもののその後追いつくことに成功、第12ゲームをブレークし7-5とした。しかし2ndセットは流れを持っていかれ、落としてしまう。勝負の第3セットも最初のサービスゲームをブレークされて苦しい展開。相手の積極的なダブルポーチに2人のストロークで真っ向から向かうも浅くて厳しい角度にボレーを決められてしまう場面が見られた。谷本のプレーに勢いが増し始めるものの、勝利が見えている相手の猛攻に押されてしまう。2-5からのマッチポイントは凌いだものの、最後は幾度も苦しめられた戸田のボレーを決められた。

 

「ダブルスの慶大」として常にダブルスでは全勝を目指していただけに、1-2というスコアは重くのしかかって来た。逆転を信じて、運命のシングルスが始まった。

 

疲労が色濃い渡邉 

 

S5渡邊(総1)の相手は同じく1年生で昨年のインターハイでベスト4に入っている小村。どんどん打ち込んで来る攻撃的なプレースタイルであり、試合は両者コート中を走り回りながらの激しい打ち合いになった。渡邊は一歩も引かず、互角のラリーを見せたが、決定力に差が出てしまった。要所で競り負ける展開が続き3-6で1stセットを落とすと2ndセットも流れは変わらず2-6での敗戦となった。

 

 

つかみかけた勝利を逃した高田

S6高田(環1)は2年生の大塚と対戦。熱いハートを持って向かってくる相手に対し高田は普段通りの冷静で丁寧なテニスを展開。1stセットは途中までキープし合い進んだものの、第9ゲームをブレーク、そのまま6-4で奪う。2ndセットは立ち上がりからこちらペースであり、相手にも疲れが見え4-0まで一気に押し込む。そのまま終わるかと思われたが、ここで高田の体に異変が起きる。動きが悪くなった高田を見て相手も奮起、盛り返してきた。足が完全に痙攣した高田は4-6で落としてしまった。トレーナーに治療を受けて臨んだファイナルセットも思うようなプレーが出来ず、2-6での黒星となってしまった。勝利が目前だったために何とも悔しい1戦となった。

 

好機をつくるも、相手の挽回に押し切られた矢野

S4矢野(環2)の相手は、昨年近藤を破っている山田。とにかく粘り強いのが要注意な相手である。1stセットは序盤相手の強力なサービスに苦戦し追いかける展開になるものの、徐々に流れを掴み始める。持ち前の積極的な攻めの姿勢でまくし立て、浅くなったボールを叩いて追いついた。タイブレークに突入するものの終始リードしそのまま奪う。2ndセットはブレーク合戦となり一進一退の攻防が続いた。しかし前のセットで少しボールが浅かったことを自覚したのか、山田のボールが深くなり始めた。何とか前に出ようとする所で横を抜かれる展開が見られるようになり、徐々に主導権を握られる。5-7で落としてしまうと、ファイナルセットは完全に山田ペースとなった。どこに打ち込んでも食らいついて返してくる山田を相手にハードヒットを続けてきた矢野に少し疲れも見え始め、決められずにミスが出てしまった。1-6での敗戦となった。

 

ここで慶大は5敗、敗退が決まってしまった。法大サイドは歓喜の渦に包まれる。昨年とは対照的な光景が広がっていたが、そんな中でも最後まで全力を出し切ろうとシングルス上位陣がコート入りした。

 

S3近藤(環2)は戸田と対戦。序盤、気合の入った掛け声と共に繰り出されるサーブやフォアハンドに苦戦し流れを掴めなかったが、ブレークバックに成功して追いつくと第9ゲームもブレーク、そのまま6-4で奪った。続く2ndセットも厳しいコースにボールを集め、相手に自分のテニスをさせずに6-2での快勝。今大会近藤はダブルス、シングルス共に安定して高いパフォーマンスを見せている。

 

S2谷本(環1)は西尾との対戦。実力者同士、ネットすれすれの低い弾道での速いラリーの応酬が繰り広げられた。ただ1stセットではトップギアの相手に合わせられず、打ち負けて失点を重ねてしまった。0-6で奪われ2ndセットも0-3まで押されるが、徐々にこちらもストロークの精度が上がり互角の展開に。2-5からなんとタイブレークまで持ち込んだ。結果、惜しくもタイブレークを落としてしまい、負けとなったが中盤以降は互角以上の戦いを見せていただけに悔しい黒星となった。

 

日が落ちるまで続いた熱戦は志賀に軍配

S1は志賀(政3)とインカレではシングルス、ダブルス準優勝と大ブレーク中の星野のマッチアップ。正統派同士の対決となった。星野はしっかりとしたゲームメークを行い決め所ではラインぎりぎりにウイングショットを放ってくる。序盤は星野ペースに見えたが志賀にはコート全体がしっかり見えており、冷静に1球1球積み重ねていった。チャンスではしっかりと決め、1ブレーク差で1stセットを奪うと2ndセットも2-2からは試合を完全に支配した志賀の完勝となった。毎年、リーグ戦での志賀の力には鬼気迫るものを感じる。その背中には自分がチームを背負っているのだという確固たる想いを感じることが出来る。

 

全ての試合が終了し、結果はダブルス1-2、シングルス2-4の計3-6での黒星となった。この1試合が王座への道の分かれ目だっただけに、王座への道が遠のいたのも確かである。接戦も多かったためとても悔しい試合となってしまった。しかし完全に王座の道が消えたわけではない。残り2戦に勝利すれば可能性は残されている。慶大の選手たちはまだ誰一人諦めてはいない。目の前の1戦を全力で戦っていけば光は必ず見えるはずである。

(文・松田裕也、写真・伊藤明日香)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.