慶應スポーツ新聞会

【女子テニス】女王・早大に惨敗も、藤岡の一勝で一矢報いる!関東大学リーグ・早大戦

早大ペアから1セット奪うも、防戦一方に追い込まれた宇田川(右)・藤岡(左)

9月4日から有明テニスの森公園で開幕した全日本大学対抗戦関東地区予選、関東大学リーグも第三戦を迎えた。この日慶大女子庭球部は、昨年の関東を制し全日本女王に輝いた早大に挑むも、結果は1-8で敗北。ここまで二勝で王座進出を狙える位置につけてきた慶大だったが、やはり女王を前に力の差を痛感させられる結果となった。

 

9月8日 関東学生テニスリーグ@有明テニスの森公園

第3戦

慶大1-6早大

 
D1 池田・西本 ●1-6,2-6 桑田・大竹
D2 宇田川・藤岡 ●2-6,6-2,1-6 岩崎・伊藤
S1 西本恵 ●0-6,3-6 桑田寛子
S2 池田玲 ●1-6,1-6 大竹志歩
S3 宇田川彩 ●1-6,1-6 伊従智子
S4 藤岡莉子 ○6-1,6-4 加藤ゆい
S5 坂元君佳 ●0-6,0-6 吉冨愛子
 

 

今大会好調の西本のサーブでも流れを作れなかった

得意とするダブルスでは普段の粘り強いプレーがなりを潜めた。D1の池田(環1=富士見丘高)・西本(総1=岡山学芸館高)はインカレチャンピオンの桑田・大竹組と対戦。相手の強力なサービスには手が出せないものの、西本のロブを織り交ぜたラリーや、池田のストレートエースで対等な試合運びを展開する。しかし肝心の決めどころで力が入りミスを連発、競ったポイントを奪取できず最初のサービスゲーム以外相手に譲ってしまった。春関準優勝やインカレ三位の実力を最後まで発揮できないまま、1-6,2-6という完敗を喫した。

 

D2の宇田川(政4=国府台女子学院高)・藤岡(総2=徳島市立高)も二人の要であるストローク戦で押され気味。こちらもミスでチャンスを決めきれず、2-6で第一セットを落とした。続く第二セットでは慶大に流れが到来。6-2で取り返し、最終セットに望みをつないだ。このまま流れに乗って押し切りたい慶大だったが、序盤リードを許すと思い切って飛び出したボレーが甘くなり、逆に叩かれてしまう。最後まで相手ペースで進み、2-6で二つ目のダブルスを落とした。

 

シングルスでも終始劣勢に立たされる慶大陣。しかしS4の藤岡だけはこの日も自分らしい攻めの粘りを見せる。早い段階から攻撃を仕掛けようとする相手に対し、藤岡は大きな振り抜きでロブラリーに持ち込み、相手のミスを誘う。さらにペースチェンジも積極的に仕掛け、機を見極めたアプローチショットで仕留め、6-1,6-4のストレート勝ちを収めた。

 

しかし、この日S4以外は精彩を欠いていた。S6坂元(政1=湘南工科大附属高)は互角なラリーで食い下がるも、左右の揺さぶりに耐えきれず、徐々に差が拡大。0-6,0-6で早大のルーキー吉冨に敗れた。

 

大黒柱の宇田川もこの日は2ゲームしか奪えず敗北

その他S3宇田川、S2池田、S1西本はそれぞれストレートで早大に敗れ、春の早慶戦に続き1-8で早大の勝利が決定。藤岡の早慶団体戦初勝利という快挙はあったものの、全体での勝利には遠く手が届かなかった。

 

快進撃を続けていた慶大に初めて泥をつけた第三戦の早慶戦。リーグ戦を越えて両校の誇りと意地がぶつかり合う歴史的一戦で、慶大にとっては早大勢との戦い方を再考する必要が見えた結果となった。しかしまだ若い慶大チームはこの苦い敗戦も今後の成長を促す良き経験となるに違いない。不変の目的地である日本一に向けて、慶大女子庭球部は歩みを止めない。

(文・写真 伊藤明日香)

 

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.