慶應スポーツ新聞会

【野球】初回の失点が響き今季初黒星 法大①

9月22日(土) 慶大―法大 一回戦

 

辰巳は2安打1打点とスタメン起用に応えた

辰巳は2安打1打点とスタメン起用に応えた

 

3季ぶりの優勝に向け、立大から連勝で勝ち点を獲得した慶大。この勢いのまま法大との第一戦に臨んだ。しかし試合は、先発の竹内大(環4)が初回にまさかの3失点。その後は3投手による継投で追加点を許さなかったが、慶大打線もチャンスであと一本が出ない。結果的に、初回の3点が重くのしかかるかたちで今季初黒星を喫した。

 

 

 









 
法大










慶大










 

慶大:●竹内大、只野、白村、福谷-阿加多

法大:○船本、三嶋-木下

 

慶大出場選手

 

 
ポジション
選手名(学部学年・出身高校)

[7]
佐藤旭(商2・慶應)

[6]
福富(商4・慶應)

[4]
山﨑錬(商4・慶應)

[5]
横尾(総1・日大三)

[2]
阿加多(法4・慶應)

[9]
谷田(商1・慶應)

[3]
植田(商3・慶應)
 

白村(商3・慶應)
 

福谷(理4・横須賀)
 
H
松本大(環3・桐光学園)

[1]
竹内大(環4・中京大中京)
 
H
影山(総4・鎌倉学園)
 

只野(商4・慶應)
 
H3
渡邊暁(商3・慶應)
 
[8]
辰巳(文4・郡山)
 

 

竹内大は悔しいピッチングとなった

竹内大は悔しいピッチングとなった

 慶大の先発マウンドを託されたのは、エースの竹内大(環4)。しかし試合は初球から動いた。立ち上がりの「いまいちコントロールが定まっていない」(阿加多・法4)ところを狙われ、先頭打者にヒットを許してしまう。その後もヒットと四球でピンチを広げると、立大の5番・大城戸、7番・畔上にタイムリーを浴び3失点。いきなりビハインドの展開となってしまう。

 慶大の初回の攻撃では、新・切り込み隊長の佐藤旭(商2)がライト前ヒットで出塁するも、後続が凡退し得点には至らない。竹内大は2回表は持ち直し、法大打線を三者凡退に仕留めた。

 すると2回裏、再び慶大にチャンスが訪れる。この回先頭の阿加多が二塁打で出塁し、続く谷田(商1)も四球で出塁。さらに相手の暴投の間に進塁し一死二、三塁とした。この場面で、江藤監督は先発の竹内大に早くも代打・影山(総4)を起用し勝負に出る。影山は内野ゴロを放つも、相手の前進守備に阻まれ本塁はアウト。しかしなお二死一、三塁の場面で、今季初スタメンの辰巳(文4)がタイムリーを放ち、なんとか1点をもぎ取った。

 竹内大の次に登場したのは只野(商4)。四死球でランナーを出しながらも、打たせて取るピッチングで追加点を許さない。しかし慶大打線も船本の前に3回、4回と三者凡退に倒れ、反撃の糸口をつかめないまま試合は中盤へ。

 

横尾が押し出し死球を受け1点差に迫る

横尾が押し出し死球を受け1点差に迫る

 5回裏の攻撃、只野の代打・渡邊暁(商3)がヒットで出塁すると、続く辰巳は持ち前の俊足を活かしセーフティバントを決める。その後なかなかヒットが飛び出さないものの、山﨑錬(商4)が死球を受けて満塁に。すると続く横尾(総1)も死球で、慶大が押し出しで1点を返した。

 6回からは白村(商3)がマウンドへ。150kmに迫る直球を武器に6回、7回と連続で三者凡退に切って取る。8回以降は、立大一回戦で負傷退場した福谷が登板。いきなり死球を出すなど、まだ万全の状態ではなかったが、9回には2奪三振を含む三者凡退で無失点に抑えた。

 

ケガから復帰し2回を無失点に抑えた福谷

ケガから復帰し2回を無失点に抑えた福谷

 対する法大のマウンドには、7回以降はエース三嶋が登場。投手陣の好投に応えたい打線だったが、三嶋の前にランナーを一人も出せず、完璧に封じ込まれてしまった。終盤は両校互角の投手戦となり、あと1本、あと1点が遠かった慶大。2―3での敗戦となった。

 3季ぶりの優勝のため、次は負けられない試合となる。春にも苦杯をなめた相手に再び屈するのでは陸の王者の名が廃る。立大との二連戦で見せてくれたような、逆境で真価を発揮する慶大の姿に期待したい。

(記事 大貫心明)

 

 

 

 

手のコメント

 

山﨑 錬主将(商4)

(今日は追いつけそうで追いつけない展開だったが)あと一歩のところで自分たちの力が及ばなかったです。相手投手が良かったというのもあります。(結果的に初回の3点が大きく響いた)投手の立ち上がりが大事だと思いましたし、今度からは自分たちも相手投手の立ち上がりを叩けるようにやっていかなければいけませんね。(その後の只野、白村は好投して試合をつくったが)何とか踏ん張って追いつけそうな展開に持って行けそうでしたが残念です。そこは今後の課題ですね。(最終回の攻撃前に円陣でどのように声をかけたか)秘密です。(自身の打撃を振り返って)今日は相手のスライダーにやられてしまったと思います。(今季初黒星だが明日からどう持ち直すか)勝ち点を取れれば良いと思っているので、気持ちを切り替えて明日からひとつずつやっていきます。(明日への意気込み)明日負けたら話にならないので、先発は石田投手だと思いますが、チーム総動員で叩けるように頑張っていきます。

 

阿加多 直樹(法4)

(今日の試合を振り返って)勝てる試合だったんですけど、初回だけですね。いつも入りは集中と言っているんですけど、初回に点を取られてしまって、キャッチャーとして反省だなと思います。(先発の竹内大投手の出来は)球は結構良かったんですけど、いまいちコントロールが定まっていないというか、思ったところに来ていないなと感じたので、僕ももうちょっとはっきり構えれば良かったんですけど、甘いところを全部打たれてしまったという印象です。(白村投手は2回を完全に抑えたが)白村はいつも通りよく投げていました。いつも通りのできですね。(自身の打撃内容について)調子はまあまあ良いので、このままいきたいです。ただ、やっぱりチャンスで一本打てるかどうかが大事なので、ここをもっと…。満塁の場面で、惜しいではだめなので、何でもいいので一本打つことができていればなと思います。(明日以降の意気込みは)明日明後日勝つしかないと思うので、何としても、どういう形であれ勝てればいいなと思うので、切り替えて明日頑張りたいです。

 

只野 尚彦(商4)

(春に敗れた法大が相手だったが、今日の意気込みは)秋優勝するには今日勝たないと、今日勝ち点取らないといけなかったので、皆モチベーション高かったです。2番手、ビハインドでのリリーフで無失点の自身の投球を振り返って)ランナーを出しすぎたかな、というか攻撃にリズムを作れなかったのは反省点です。ただ、0点で抑えられたのは良かったかなと。半々かな、という感じです。(ランナーを背負った場面はどのような気持ちで臨んだか)出してしまったのは仕方ないので、あとはかえさないことだけ考えて、低く低く、自分をどれだけ信じられるかなと思ったので、その点では0点で抑えられたのは良かったと思います。(明日に向けて一言)もう負けられないので、とりあえず明日は絶対に勝って、あさって(試合を)やれるようにしたいです。

 

辰巳 智大(文4)

(今シーズン初スタメンだったが調子はどうか)調子は少し上向きですね。(外野手の定位置争いが激しくなっているが)そうですね。下級生が活躍しているので、負けてられないです。2回のタイムリーヒットは)何を打ったかあんまり覚えてないんで、無我夢中な感じです。5回にはセーフティバントを決めたが)あれはランナー1塁だったんで、自分がアウトになっても進塁できればいいかなって感じですね。(夏の間の課題は)自分はバッティングが良くないので、いままでのフォームのどこが良くないのかっていうのが課題でしたね。(明日への意気込みを)もう絶対に負けるわけにはいかないので、明日にかけて絶対に勝ちたいと思います。

 

福谷 浩司(理4)

(今日の試合を振り返って)負けちゃったんで切り替えていきたいです。(今日のピッチングを振り返って)内容も良くなかったですし、僕個人としても明日は切り替えていきたいと思います。(この前の試合の怪我の影響は)ないとは言えないですけどそんなこと言っている場合じゃないので、しっかりやっていこうと思います。(明日への抱負は)絶対勝ちます。明後日も勝ちます。

 

福富 裕(商4)

(試合を振り返って)初回に相手にリズムに乗られてしまって、粘りという部分では良かったと思うんですけど、勝ち切れなかったので残念です。(5回の同点のチャンスの場面での打席について)いけるかなと思ってたんですけど、ピッチャーが良かったです。(法大投手陣の印象は)今日特に調子良かったんじゃないですかね。コントロールも良かったんで、キツかったです。(次戦に向けて)とりあえず勝って、明後日も勝って、勝ち点取りたいと思います。

 

白村 明弘(商3)

(今日の試合をふりかえって)投げると思ってなかったんですけど気持ちでは準備していて、普通に投げれば抑えられると思っていました。いって普通に投げただけです。(結果2回をパーフェクトでした)そうですね、まあでも前の立教戦より全然よかったですね。背中けがしていたんでその心配もあってやっていたんですけど、今回は万全だったので普通に投げて抑えられたんでよかったと思います。(グラブが青になっていたが)高校の時に青使えなくて、大学に入ったら使おうと思っていたんで、やっと使えるという感じです。青は好きな色なんで。(明日にむけて)明日も投げると思うんですが、普通に投げれば抑えられると思うんで、それだけを考えていきたいです。

 

渡邊 暁眞(商3)

(試合を振り返って)いい試合だったんですけど、なんとか勝ちたかったというのが本音です。あと一歩という感じです。(ランナー無しの場面で代打に送り出されたが)ここで一本出せば流れに乗れるかなと思ったので、うまく打ててよかったです。(法大の船本、三嶋両投手の印象は)どちらもいい投手だと思います。三嶋投手は特に、短いイニングだと球も速いので打ち崩すのは難しいなという印象を受けましたけど、なんとかそこを打ち崩さないと勝てないので。(一塁手のポジション争いも激しいが、自身の調子は)リーグ戦が始まるまではずっと調子が悪くて、どれだけ調子悪いんだと自分でも悩んでいたんですけど、リーグ戦入って少し上向いているので、このまま最後までいければヒットも増えてくるんじゃないかと思います。(明日に向けて)何が何でも勝たないといけないので、明日勝って、明後日も勝って、勝ち点を取りたいも思います。

 

横尾 俊建(総1)

(どのような意気込みで試合に臨んだか)春季に負けていた相手だったので勝ちに行こうと思っていました。(今日の試合を終えて)負けてしまって残念です。(今季から4番を任されていることについて)プレッシャーは感じないです。前後によく打つ先輩方がいらっしゃるので、打順に関係なく伸び伸びとプレーしています。(死球を受けたことについて)自分のタイミングが合っていなかった中で、粘って死球に持っていけたので、自分としては満足しています。(明日へ向けた意気込み)今日予想していた先発は三嶋投手だったのですが、明日は石田投手だと思うので、今日はそれに向けて準備して、結果はどうあれ一発を狙っていきたいと思います。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.