慶應スポーツ新聞会

【野球】投打の柱が活躍し快勝 勝ち点2に伸ばす 東大③

10月1日(月) 慶大-東大 3回戦

 

1失点完投で今季初勝利を挙げた竹内大

1失点完投で今季初勝利を挙げた竹内大

 慶大の1勝1分けで迎えた東大3回戦。序盤は得点圏に走者を進めるも、あと一本が出ずに得点を挙げられない重苦しい展開となる。しかし、5回に相手のミスにつけ込み一挙6得点。その後も山﨑錬(商4)、阿加多(法4)のタイムリーなどで得点を重ねた。投げては、先発・竹内大(環4)が無四球完投で今季初白星を挙げる好投。投打の柱が躍動した慶大が、連勝で勝ち点を2に伸ばした。

 

 

 

慶大

12

東大

 

 慶大:○竹内大-阿加多

 東大:●初馬、香取、白砂、関-岩瀬、北村

 

 慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[7]8

佐藤旭(商2・慶應)

 

H8

溝口(政4・慶應)

[6]

福富(商4・慶應)

 

H3

植田(商3・慶應)

 

山中(環4・土佐)

[5]4

山﨑錬(商4・慶應)

 

R4

大川武(環4・済々黌)

[2]

阿加多(法4・慶應)

[9]

谷田(商1・慶應)

 

松本大(環3・桐光学園)

[3]

鈴木裕(商4・慶應)

 

渡邊暁(商3・慶應)

 

影山(総4・鎌倉学園)

 

倉橋(総4・済々黌)

[4]

堀野(理3・掛川西)

 

H5

横尾(総1・日大三)

 

R56

山本泰(環1・慶應)

[1]

竹内大(環4・中京大中京)

[8]

辰巳(文4・郡山)

 

H7

藤本(環2・慶應)

 

 

竹内大らしいピッチングが戻ってきた

竹内大らしいピッチングが戻ってきた

「台風一過」という言葉を象徴するかのように、快晴に恵まれた神宮球場。慶大が1勝1分けとして迎えた3回戦の先発は、慶大・竹内大、東大・初馬と、1回戦と同じ顔合わせに。また、打線の起爆剤として、クリーンアップの一角に一昨日2安打と復調気配の谷田(商1)を、7番に初スタメンとなる堀野(理3)を起用し、活性化を図った。

 慶大は初回、佐藤旭(商2)がライトへのヒットを放ち出塁すると、福富(商4)がきっちり犠打を決める。ここまでの全試合で1、2番コンビを組む二人でチャンスメイクをすると、山﨑錬が放った一塁へのファールフライの間に、佐藤旭が好判断を見せて三進。ここで迎える打者は、このカードから4番に座る阿加多。しかし、あえなくピッチャーゴロに倒れ先制とはならない。2回にも鈴木裕(商4)の四球と盗塁で得点圏にランナーを進めるも、得点までたどり着くことができない。

 東大1回戦、6回途中降板と悔しい投球となり、雪辱に燃える先発・竹内大は、「ストレートに強く、振れている」(阿加多)東大打線に対し、直球と変化球を織り交ぜ、緩急をうまく駆使した打たせて取る投球を披露。3回までをパーフェクトに抑え、最高の立ち上がりを見せる。

 4回表、慶大はヒットと四球で2死ながら一、二塁と再び先制のチャンス到来。ここで、東大1回戦でリーグ戦初ヒットを放ち、スタメンを掴み取った堀野を打席に迎える。試合の主導権を握るために何としても先制点が欲しい場面で、勢いに乗っているうってつけの打者であったが、セカンドゴロに倒れ、またしてもあと一本が出ない。その裏、竹内大が、東大2番の笠原に左中間を破られる二塁打を打たれ、この試合初めてのランナーを背負う。しかし、成瀬を山﨑錬の背走キャッチによる三塁ファールフライに打ち取ると、続く舘は、追い込んでから竹内大が投じた渾身の内角ストレートで空振り三振。初めてのピンチにも全く動じない強さを見せる。

 

先制点となる犠牲フライを放った福富

先制点となる犠牲フライを放った福富

 序盤まで両チーム無得点と、投手戦の様相を呈してきた試合が5回表にとうとう動く。この回先頭打者の竹内大が四球を選んで出塁すると、次打者の辰巳(文4)が三塁への絶妙なセーフティバントを試みる。これが東大三塁手・成瀬の一塁悪送球を誘い、無死二、三塁に。そして、満塁となって迎える打者は前日勝ち越し打の福富。初球を叩いたセンターへの打球は、犠牲フライには十分。喉から手が出るほど欲しかった先制点を奪うと、さらに初馬の失策で追加点を挙げる。その後も浮足立つ東大ナインを前に、決して攻撃の手を緩めない慶大打線。阿加多、谷田、鈴木裕の3連続適時打で東大を一気に引き離す。この回慶大は、打者12人の猛攻で6得点を奪い、完全に試合の主導権を掌握した。6回以降も、昨日、一昨日の鬱憤を晴らすかのように打線が爆発。ここまで当たりが出ていなかった山﨑錬の2本の適時打に加え、9回には阿加多の適時打や途中出場となった松本大(環3)の犠牲フライで着実に得点を重ねた。

 「小さくならないように大胆に投げる」(竹内大)ことを意識した竹内大は、8回まで被安打3、三塁すら踏ませない完璧なピッチング。牽制で走者を刺すなど、貫録のマウンドさばきでピンチらしいピンチを作らない。9回にヒット3本を浴びて1失点を喫して完封こそ逃すも、無四球完投勝利。慶大が誇る左のエースが今季の1勝目を手にした。

 

2試合ヒットの無かった山﨑錬も2安打4打点の活躍

2試合ヒットの無かった山﨑錬も2安打4打点の活躍

 序盤こそ得点を挙げられず、これまでの悪い流れを受け継いでいるかのような重苦しい試合展開であったが、終わってみれば12-1と、今季初の二桁得点での快勝と、いい形で次戦につなげた。「打つべき人が打てばつながって点は入る」(山﨑錬)という言葉の通りに、中軸に当たりが出たことは今後の戦いに向けて明るい兆しだ。また、これまで本調子とは言えなかった竹内大が、この試合のような投球を見せれば、これまで2勝の白村(商3)との先発二本柱で、連勝での勝ち点奪取も狙っていける。投打の柱となる主力のさらなる奮起が不可欠だろう。このカードに入るまで、連敗記録を更新していた東大相手に、1回戦、2回戦とまさかの苦戦を強いられた慶大。何が起こるかわからない野球の怖さを、身を以て体感したカードとなった。それは、「どこかに隙があった」(谷田)ことで、野球の神様が与えた試練だったのかもしれない。次の試合は1週空いての明大戦、さらには早慶戦が控えている。六大学制覇に向け、一つの敗戦が命取りになりかねない厳しい戦いが続く。しかし、結果を受け止め、しっかりと調整し、「目の前の試合に全力で当たっていく」(山﨑錬)ことができれば、次に野球の神様は慶大ナインに微笑む。      

 

                                                        (記事 山内貴矢)

 

 

 

選手のコメント

 

山﨑 錬主将(商4)

戦目、戦目と違い今日は大量点での勝利だったが)打つべき人が打てばつながって点は入るんだなと思います。(ひさしぶりにスカッとしたのではないか)そうですね。でも最初の方は苦しめられたので、最初の入りというものをもっと大事にしていかないといけないなと思います。(大量点の要因は打つべき人である山﨑さんの活躍があったからでは)いやちょっとわからないですけど()、打つべき人が打てばしっかりつながるということです。(先発の竹内大投手も好投したが)大助もすごく力が抜けていて、今日は大助のおかげです。(長打も出たが打撃の調子は)いや、でもまだまだですよ。(いい形で明大戦にのぞめると思うが抱負は)無事に東大に勝てて、しっかりと東大から勝ち点取れて、最初を考えれば無事いけたという感じで、よかったです。目の前の明治戦に全力で当たっていくだけです。

 

阿加多 直樹(法4)

(今日の試合を振り返って)大助がいいピッチングをしてくれたので、それでバッターもなかなか点は取れなかったですけど、大助が本当に粘ってくれていたので、いい結果になりました。普通にやればこういう感じでできたと思うんですけども、それがやっと3試合目で出せました。(東大戦3試合を通じて、東大打線の印象は)結構ストレートには強く、振れているなと思ったので、球を散らして、変化球を混ぜてタイミングを合わせないように、という風に考えていたんですけど、それを大助がしっかり投げてくれたので、結果的に抑えられたんだと思います。(竹内大投手の出来は良かったということか)ストレートは調子がいいという訳ではなかったですけど、それでもていねいに投げてくれていたので、一人一人ていねいに、雑な投球がなかったという点が良かったと思います。(4番としてタイムリー2本という結果について)3打点という結果は出たんですけど、内容が良くなかったので、あんまり…。明治戦まで2週間あるので、しっかり修正して頑張りたいです。

 

鈴木  裕司(商4)

(今日の試合を振り返って)いい形で勝てたのでよかったと思います。(今日は2安打だが、自身の調子は)調子は上向きです。いい感じです。(盗塁も決めたが、自分から積極的に狙ったのか)そうですね。(次の明大戦に向けて)正直、東大戦はチームとしてはあまりよくなかったので、ここから1週間空くのでしっかり調整して、振り込んで、もう一回みんなで調子を上げたところで明治に勝ちたいと思います。

 

竹内 大助(環4)

(今日の試合を振り返って)途中までは良かったですけど、最後1点取られたのは、反省しないといけない所なので、そこしっかり修正して再来週の明治戦に備えたいと思います。(今日は何を意識して投球したか)小さくならないように大胆に投げようと思って、それだけですね。(バッティングの方では先制のホームを踏んだが)あれはたまたまです。(次の明治戦に向けて)勝つしかないので、しっかり勝ちにつながるピッチングしたいと思います。

 

福富 裕(商4)

(今日の試合を振り返って)スカッと勝てて良かったです。(先制の犠牲フライについて)何をやっても1点入る場面でした。タイムリーを打ちたかったですが、最低限自分の役割を果たせて良かったです。(次戦に向けて)しっかりと2週間練習して明大に2連勝したいです。

 

佐藤 旭 (商2)

(今日の試合を振りかえって)2試合打てなかっただけに悔しい思いを晴らしたいという気持ちで望みました。序盤はあまりチャンス作れなかったんですけど、後半はみんな良い感じで打ててチャンスも作りながら点も入っていったので良かったかなと思います。(5回に大量得点となったがきっかけは)辰己さんのセーフティで向こうのエラーもあって、そういうところから隙を突くことが出来たんじゃないかなと思います。(次の明大戦に向けて)正直、今回のような戦い方では厳しいと思うので、もう一回明治に向けて仕切り直して調子も上げて、チーム全体で勝てるように修正出来るところは修正して明治に挑みたいと思います。

 

谷田 成吾(商1)

(今日の試合を終えて)1戦目は引き分けで2戦目も厳しい戦いになってしまったので、「今日は勝ち切ろう」という話を監督はじめ山﨑主将としていたので、そのような展開になって良かったです。(一昨日、昨日と苦しい戦いが続いたが)野球は何が起こるかわからないものだと当然思っていましたが、どこかに隙があったと感じています。(5回には出塁する場面もあったが)前の打席が不甲斐ない結果だったので、しっかり打とうと思っていました。良い結果が出て打点も入ったので良かったです。(次の試合に向けて)自分も調子が良くないし今のままではいけないので、しっかりここから調子を上げて明治戦に備えて準備したいと思っています。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.