慶應スポーツ新聞会

【野球】宿敵相手にまさかの連敗 リーグ最終戦を飾れず 早大②

10月28日(日)慶大―早大 2回戦

4年生にとっては最後の試合。多くの4年生が試合後に涙を流した

4年生にとっては最後の試合。多くの4年生が試合後に涙を流した

 前日の1回戦では中盤で突き放され惜しくも敗戦を喫してしまった慶大。勝ち点奪取へ負けられない伝統の一戦だったが、2回に吉永の適時打で先制されると、その後も小刻みに失点を許してしまう。慶大は藤本(環2)の本塁打、辰巳(文4)の適時二塁打などで必死に食い下がるも追いつくことはできず。2季ぶりの連敗でリーグ戦3位という結果に終わった。

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

 

早大

0

2

1

1

0

0

0

1

1

6

慶大

0

1

0

1

0

0

1

0

0

3

 

 慶大:●竹内大、只野、山田、福谷―阿加多、黒須

 早大:○吉永、髙梨、横山―地引

 

慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身校)

1

[7]

佐藤旭(商2・慶應)

 

H79

谷田(商1・慶應)

2

[8]

辰巳(文4・郡山)

3

[6]

福富(商4・慶應)

4

[4]5

山﨑錬(商4・慶應)

5

[5]

横尾(総1・日大三)

 

4

大川武(環4・済々黌)

6

[9]7

藤本(環2・慶應)

7

[2]

阿加多(法4・慶應)

 

2

黒須(理4・宇都宮)

 

H

山中(環4・土佐)

 

R

手錢(環3・大社)

8

[3]

鈴木裕(商4・慶應)

 

1

福谷(理4・横須賀)

 

H

影山(総4・鎌倉学園)

9

[1]

竹内大(環4・中京大中京)

 

1

只野(商4・慶應)

 

H

溝口(商4・慶應)

 

1

山田(環3・中京大中京)

 

3

渡邊暁(商3・慶應)

 

悔しい降板となった竹内大 この悔しさを社会人野球の舞台で晴らしてほしい

悔しい降板となった竹内大 この悔しさを社会人野球の舞台で晴らしてほしい

 暗雲立ち込める明治神宮球場にて行われた東京六大学秋季リーグ早慶戦2回戦。このカードで引退となる4年生のためにも絶対に負けられない一戦である。慶大の先発は六大学現役選手の中で最も多くの勝ち星を挙げてきた左腕エース竹内大(環4)。対する早大は若きエース吉永をマウンドに送り込む。

 初回、上々の立ち上がりを見せた両投手だったが、2回に試合が動き始める。表の早大の攻撃、1死から地引の安打などで満塁とされ、吉永にセンターへの先制打を許してしまう。続く東條には押し出しの死球を与え、竹内大はここで降板。只野(商4)を早めの継投でマウンドに上げる。後続の中村、大野大をしっかりと打ち取り、今季抜群のリリーフでチームを支えた男がこの場面を無失点で切り抜けた。その裏、対する慶大は6番に入っていた藤本(環2)がレフトスタンド中段へ1点差へと迫る特大ホームランを突き刺す。

 

大きな一発を放った藤本 来年はより主軸として期待がかかる

大きな一発を放った藤本 来年はより主軸として期待がかかる

 この日も白熱したシーソーゲームとなるかと思われたが3回、只野が先頭の髙橋に二塁打を許すと、早慶戦男・地引に適時打を浴び追加点を許してしまう。4回には只野の後を継いだ山田(環3)が先頭への死球、続く東條のバントによる打球を阿加多(法4)が悪送球し無死2、3塁のピンチ。ここで中村の三塁強襲安打で追加点を奪われその差を3点と広げられてしまう。味方のミスもあり苦しい投球となった山田だったがここで持ち直し、最少失点で切り抜ける。

 追う慶大は4回裏、先頭の福富(商4)が二塁打を放つと、自慢の脚力を生かし三盗を決め、無死3塁のチャンスをつくる。迎えるは頼れるキャプテン山﨑錬(商4)。ここでセンターへ犠牲フライを放ち、点差を2点へ縮める。その後、横尾(総1)の死球と藤本の安打で一、二塁のチャンスをつくるが後続が倒れ吉永を攻略することができない。

 5回、慶大はこれ以上の点差を広げられないためにドラフト1位指名を受けた右腕・福谷(理4)をマウンドに送る。その福谷は7回までノーヒットピッチングを見せ、早大に追加点を与えない。

 

一時は1点差に迫る適時二塁打を放った辰巳

一時は1点差に迫る適時二塁打を放った辰巳

 その後、両校ともに沈黙が続いたが7回、6回から吉永の後を受けた髙梨を攻めたてる。2死から谷田(商1)、辰巳(文4)の連続二塁打。ついに慶大が1点差に詰め寄る。

 しかし8回、ここまで快調に飛ばしていた福谷がついに早大打線につかまってしまう。先頭の横山が安打で出塁すると、東條の犠打、ワイルドピッチで2死三塁とされ、大野大に中堅へ運ばれ痛い追加点を許す。続く9回にも1点を追加され万事休す。打線も7回2死から髙梨の後を継いだ横山に無安打に抑えられ、出塁は9回、代打の山中(環4)の四球のみと攻略することができなかった。

 慶大野球部を支えた4年生たちがこの試合を最後に慶大から、そして六大学野球から去っていく。最後の早慶戦、勝利することはできなかったが、皆最後は晴れやかな顔をしていた。特別な試合――。彼らが見せてくれた一瞬一瞬の輝きは早慶戦の伝統として生き続けるだろう。これから先もずっと。

(記事 木村 駿)

トップバッターに定着した佐藤旭

トップバッターに定着した佐藤旭

 

なお、2012年秋季リーグ戦において、佐藤旭がベストナイン(外野手)に選出されました。

 

 

 

 

選手のコメント

 

山﨑 錬主将(商4)

(早慶戦を終えて)率直な感想はみんなに申し訳ないという気持ちですね。自分のミスで…。野球やらない人はこれが最後だったわけなんで、最後にもう一日みんなと仲良くやりたかったです。(最後は涙もあったが)色々と込み上げてきました。(4年間を振り返って)本当にいい経験させてもらったと思いますし、辛いこともありましたけど、最後こうやって仲間と終えられて、いいチームが作れたと思うので、それは本当に嬉しいというか言葉にできないです。(悔いはないか)そうですね。はい。(来年のチームに期待することは)ぜひ優勝してほしいです。(次の主将は決まったか)まだわからないです。(社会人で野球を続けるが今後の抱負は)たくさんの人に支えてもらってここまで来たので、その方々の応援を今後も力に変えて頑張っていきます。

 

影山 史貴(総4)

(4年間を振り返って)ほとんどがつらいことだったんですが、でも同期をはじめ学校でも部活が一緒じゃない人たちも含めていろんな人たちに励ましてもらえたので、多くの人に支えられた4年間だったなと思います。

 

倉橋 法志(総4)

(最後の早慶戦だったが)悔いのないプレーができた良かったです。(4年間を振り返って)僕はメンバーに入ったのが4年生からだったので、試合に出る感じではないのかなとも思ったんですが、最後出られて運もあったのかなと思います。周りには試合に出られない4年生もいて、応援してくれたりしてすごくうれしかったです。

 

黒須 啓史(理4)

(最後の早慶戦を振り返って)野球人生でも最後の試合だったんで自分の学んできたことを出し切ろうと思ってやりました。(4年間の大学野球生活を振り返って)僕は入った時もあまりうまくはなくて、みんなのように2年生とか3年生のうちに試合に出られるような選手ではなかったので、4年生からメンバーに入って楽しいというよりは辛い4年間だったのかなと思いました。(来年のチームに望むことは)僕たちの代で優勝できなかったので3年生には優勝してほしいですし、日本一になってほしいです。

 

鈴木 裕司(商4)

(慶應での7年間を振り返って)本当に感謝ですね。あのユニホームを着させてもらって本当にいい思い出ばっかりだし、辛いこともありましたけど総括していえば本当に楽しかったなというか野球をやってよかったなと思います。そこに関してはすごく感謝してます。

 

竹内 大助(環4)

(4年間を振り返って)終わり方がちょっとよくなかったので満足できるわけではないですけど、一言では何とも言えないですね。感慨深いというか。今はいろんな思いがいっぱいありすぎてまとめきれないです。(今後の抱負を)ここでダメだったのでもっと頑張れと言われているようなものなので、しっかりトヨタで社会人野球を頑張りたいと思います。

 

只野 尚彦(商4) 

 (2試合連続で満塁の場面での登板となったが)春の早慶戦がよぎったんですけど、何とか抑えられて良かったです。(4年間を振り返って)僕は良い思いをさせてもらったなというのが正直なところなので、思うところはいろいろありますけど良かったなと、良い仲間に恵まれたなと思います(下級生へのメッセージは)やっぱり悔しい思いをして終わるのは辛いんで、最後の秋しっかり勝ってもらいたいな、そのために練習頑張ってくださいということです。

 

渡邊 暁眞(商3)

  (早慶戦を振り返って)個人的にはもの足りないというか悔しかったですけど、正直あんまり自分の状態が上がってなかったので、仕方ないかなと思った部分と最後1本が出たので来年につながるのかなと思いました。(来年のキャプテンは決まったか)まだ決まってないです。(来年に向けての抱負は)やっと自分たちの代なので春秋必ず優勝して日本一になりたいと思います。

 

藤本 知輝(環2)

(試合を振り返って)4年生が最後の試合となってしまったので、なんとしてでも勝ちたかったです。そこが心残りです。(チーム初得点となる本塁打について)今まで調子が悪くても我慢して使ってくれたことへの恩返しと、最後となった4年生への感謝の気持ちを表すことができたので良かったです。(新人戦に向けて)初戦が早大ということもあるので、それを意識してとにかく勝つことだけを目標に頑張りたいです。

 

佐藤 旭(商2)

(試合を振り返って)4年生が最後となってしまったので、勝って終わらせたかったです。個人的にも結果が残せず残念でした。(自身初となるベストナインに選出されたが)毎試合、自分のやることは変わりませんでしたし、出来ることを積み重ねた結果として選んでもらえたと思うので嬉しいです。(シーズンを振り返って)春の早慶戦で活躍できたことから、やっていける手応えを掴むことができました。大きな自信を持って挑めたシーズンでした。(新人戦に向けて)この先あと2年間やっていくチームなので、先を見据えて戦っていきたいです。目標としてはもちろん優勝を狙っていきたいです。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.