慶應スポーツ新聞会

【剣道】白熱の展開を制し優勝を飾る! 早慶対抗剣道試合

大将戦の末、若松主将(左)が試合を決めた

今年度で77回目を数える早慶剣道対抗試合が日吉記念館にて行われた。試合は、両校の意地と誇りがぶつかり合う白熱の展開に。この一進一退の攻防を慶大が見事に制し、2年ぶりの早慶戦優勝を果たした。

 

第77回早慶剣道対抗試合 2012/ 11/ 25/ (日)12:00 @日吉記念館

試合結果

慶大                早大

先鋒  ●東海林智宏(総4)   ―コ   諏訪稜介

次鋒  ●畑勇樹(経2)     ―メ   立野純一

十八将 ●御子柴拓也(政2) メ ―ドメ  松宮大樹

十七将 ○齋藤雄基(商4)  コ ―    小田寛人

十六将 ○宮井啓多(総3)  メ ―    佐々木祐輔

十五将 ○吉谷信紀(総2)  ココ―    淀谷瑞木

十四将 ○木浪佑(総4)   コ ―    北島泰洋

十三将 ●豊島健嗣(政2)    ―メメ  勇佑多

十二将 ○井手俊宏(政1)  メ ―    小林大祐

十一将 ●吉村拓馬(医5)    ―メ   山村勇歩

中堅  ●胡谷俊樹(医5)    ―ド   大浦彰一郎

九将  ●藤野元規(商2)    ―コ   上垣悠

八将  ○古田真平(環2)  ド ―    嘉数卓

七将  ○山田研司(政2)  ド ―    出口卓弥

六将  ○久保佳一郎(環3) メ ―    西川哲平

五将  ○鶴海翔太(環3)  メメ―メ   越智泰介

四将  ●川﨑拓真(総3)    ―コメ  青木祐喜

三将  ○寺内良知(環3)  メ ―    西村慶士郎

副将  ●中雅宏(環4)     ―ド   平田圭

大将  ○若松光(総4)   コ ―    甲斐勇太

 

慶大11勝9敗(有効本数14本)

 

 

来年度の活躍にも期待が懸かる寺内

多くの観客が見守る中行われた早慶剣道対抗試合。昨年、あと一歩のところで敗北し、悔しい思いをした慶大剣道部。早慶戦は1年間の締めくくりともなる、絶対に負けられない特別な戦いであるのだ。序盤、慶大は3連敗からのスタートとなるも、立て直し十二将戦終了時点で5勝4敗とする。その後早大に勝ち越しを許すが、鶴見、寺内らの活躍で逆転に成功。10勝9敗で迎えた大将戦、主将・若松が延長戦に及ぶ熱戦を繰り広げる。そして、若松の籠手が決まった瞬間、この日一番の歓声が日吉記念館に鳴り響いた。結果、11勝9敗で慶大が早慶戦優勝という栄冠を勝ち取った。全20試合のうち11試合が延長戦に突入し、一本が決まるごとに会場が沸き返るなど、早慶戦の名にふさわしい白熱の展開となった。また、慶大からは、鶴見、寺内、若松が優秀選手賞に選ばれた。

 

(記事 山内貴矢)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.