慶應スポーツ新聞会

【ソッカー男子】開幕特集第三弾・岩田修平副将

開幕までいよいよ3日となった関東大学サッカーリーグ戦。開幕特集第三弾は岩田修平副将(総4)だ。岩田は昨年、レギュラーに定着すると不動のサイドバックとしてシーズンを通して活躍した。今年は副将にも就任し、ますますの活躍が期待される。

岩田修平副将(総4)

「運動量であったり、攻撃参加というところが自分の持ち味だと思っているので、そこはしっかりと出していけたらいいなと思います。」

この男のサイドから攻撃が始まる

この男のサイドから攻撃が始まる

―昨年は残留争いも経験されました。昨年を振り返っていかがでしたか。

「そうですね、昨年は前期後期ほとんどの試合に出させて頂くことが出来ました。前期は、好不調の波が激しくて、活躍できる時と、活躍出来ない時の差がとても大きかったですね。結果としても、得点に絡むこともあまりできず、0得点0アシストでした。後期は入ってからは、安定してきたのかなと。結果としても得点に絡むこともできましたし、チームは中々難しい戦いが続いたんですけど、その中で自分の良さというものを前期よりは出せるようになったのかなと思っています。」

―1,2年生の間は中々出番がない中で、昨年シーズンを通してフル稼働しましたが、そのことについてはいかがですか。

「1,2年の間は、ボランチなど違うポジションをやらせてもらっていて、もちろん試合に出れない悔しさもたくさんありました。僕らの代で、試合に出ている人も少なかったので、学年のためにも自分がやらないとなという気持ちは強かったです。試合に出れない中でも、腐らずに常に努力をし続けてきたので、去年出場機会を得ることにつながったのではないかなと思います。」

―黄大城、田中奏一選手というプロにも進んだ、不動のサイドバックの後継者になることも対して、プレッシャーは無かったですか。

「プレッシャーはあまり感じなかったですね。二人と比較されることに対してですね。やっぱり、あの二人はプロへ行ったし、慶應でも絶対的な存在だったので、あの二人の存在を超えていきたいというモチベーションにはなっていましたね。」

―昨年、ディフェンスラインのメンバーが大きく入れ替わっていましたが難しさはありましたか。

「メンバーも中々固定されていなくて、安定しない部分もやはりありましたね。」

―試合を見ている中で、岩田選手のサイドから攻撃が始まることが多かったように思います。やはり、攻撃参加は岩田選手の持ち味の一つですか。

「運動量であったり、攻撃参加というところが自分の持ち味だと思っているので、そこはしっかりと出していけたらいいなと思います。」

―ディフェンスラインにも、1,2年生の若い血が入ってきているようですが、下級生はいかがですか。

「今の段階では、メンバーを固定せず練習をしていますね。久保であったりと下級生も力がある選手も多くいるので、昨年試合に出ていたという自分の経験を生かして、そういう選手たちに声を掛けながら、良さを出せるようにしていきたいです。」

―新一年生全体の印象はいかがででょう。

「練習をあまり一緒にできてはいなんですけど、すごく元気というかフレッシュですね。勢いがありますね。(笑)」

「このチームで一番信頼される選手になりたい」

―今年から副将に就任されますが、経緯について教えてください

「僕らの代は、松下と僕しか試合に出ていなかったので、学年から主将と副将を出す時点で、選択肢が2つしかなかったんですね。それぞれ良いところがあって、松下であれば先頭に立って、意思がはっきりしていて、すごい統率力を持っている部分があって、自分はいろんな人に対して、アプローチしたり、視野を広く持ってチームの良いところ、悪いところを見つけるという評価を同期からもらいました。なので、主将が松下、副将が僕ということで、お互い良いところを出し合ってやっていこうという経緯ですね。」

副将にも就任した岩田は、松下とともにチームを引っ張っていく

副将にも就任した岩田は、松下とともにチームを引っ張っていく

―3年生から増田選手も副将に選ばれましたが、そのことについてはいかがですか。

「ピッチ面での信頼は学年問わず抜群にあって、今年は3年生からトップチームに多くいるということで、3年生も自覚を持つということで大きな存在だと思います。」

―4年生がトップチームに少ない中で、4年生の役割はどういったものになると思いますか。

「4年生が少ないとはいえ、チームの中心であるし、4年生でチームが決まると言っても過言ではないと思っていますね。なので、練習一つ一つを盛り上げていくのも4年生ですし、規律であったり厳しさを出すのも4年生ですし。4年生次第でチームが決まってくると思うので、一人一人が下級生の模範であるべき存在であるべきだと思っています。」

―今までの主将、副将はどちらかというと、堅いというか真面目なイメージがありましたが、お二人は少し違う印象を受けます。

「そうですね(笑)。松下は、タイプが盛り上げ役というかそういうタイプで、どんどん雰囲気を作っていっていける対応だと思うんですよね。自分もそういうタイプだとは思ってはいるので、まあ松下よりは真面目かなと思っているんですけど(笑)。そこは、上手く皆で盛り上げていければと思いますね。」

―副将として、4年生として今年のチームをどのようなチームにしていきたいですか。

「オンオフの切り替えははっきりさせたいですね。やるときに、100パーセントの力を出せる状態にしていきたいですね。常に、100パーセントの状態でいるのも難しいと思うので、リラックスする部分もあっていいとは思うんですけど、試合のときになったら皆で日本一に向かって全力で取り組める、そんな環境づくりをしていきたいですね。」

―どういった副将になっていきたいですか。

「学年で副将に出るときに、このチームで一番信頼される選手になりたいというのは言っていて、ピッチで戦っている姿を見せるというのは当たり前で、ピッチ外でも自分が模範となって積極的にコミュニケーションを取っていくということをやっていって、信頼を得ていけたらなと思っています。」

―後輩が多くメンバー入りしていますが、後輩たちとのコミュニケーションはどう取っていきたいですか。

「トップチームに入っている選手たちは当たり前なんですけど、そうでないBチームCチームの選手たちとも積極的コミュニケーションを取っていきたいなと思っていますね。練習が終わった後に、少しで話しかけることが大事かなと思っていて、実践していますね。」

―副将ということで、今までとは違う責任感はありますか。

「4年生だし、副将ということで、今まで3年間とは違う勝利への責任というものは感じていますね。」

―最後に今年の個人の目標とチームの目標について教えてください。

「チームとしての目標は日本一です。個人としては、全試合フル出場と、去年は2得点2アシストだったので、今年は…そうだな、5得点10 アシストくらい?(笑)決めたいですね」

お忙しいところありがとうございました!

(取材・石塚大樹)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.