慶應スポーツ新聞会

【ソッカー男子】早慶サッカー定期戦 インタビュ― 山田融 

他の選手たちのインタビューはこちらから→http://keispo.org/wordpress/?p=21926

(自身のプレーについて)インサイドキックとかトラップだったりとかそういう基礎部分が他の人よりは長けているのかなと思います

サイドバックからハーフまで、高いレベルでこなす山田

サイドバックからハーフまで、高いレベルでこなす山田

―今シーズンここまでを振り返って

「そうですね。自分は試合に絡ませていただいたのが、5節の明治戦だったと思うんですけど、その前に4連敗していたので。そこで初めて勝ち点が取れて、そこから試合に出させてもらって、そこからは3勝1敗1分で。自分としては試合を外から見ていた立場として、何とかしなきゃという気持ちはあって、それで5節目から出していただいて、そこで勝ち点が取れたのが本当に(大きかった)。」

―アミノバイタルカップではサイドバックとして出場する機会が多かったが

「本当に試合に出させていただいてる立場なので、別に前、後ろ、サイドハーフをやらせていただくこともあるし、そこは監督がどういう意図で使いたいかは自分で考えて、考えながらプレーしているので。やっぱりサイドハーフもサイドバックもできるというのは強みだと思うので、自分のプレーを精一杯やるだけです。」

―今季ここまでの自分のプレーそのものを振り返って

「どちらかというと、攻撃が得意なので、守備の方で例えば中央大とか強いチームになると、少しボロが出ちゃったなという感じですけど、攻撃の方では上手くやっているかなと思います。」

―ここまでの自分に点数をつけたとしたら何点か

「まだ慣れてきた段階なので、50、60点くらいですかね。調子が悪いわけではないんですけど、まだまだ細かいミスも多いですし。そうですね、まだ全然満足できないですね。」

―印象に残っている試合はやはり明治戦か

「そうですね。今年のデビュー戦だったので。それでやっぱり形はどうであれ、点が取れたというのが。僕としてはあれがきっかけで試合に出させてもらったので、印象的ですね。」

―山田選手自身、一言でいうとどういった選手か

「『基礎モンスター』。周りから言われているのもあるんですけど。インサイドキックとかトラップだったりとかそういう基礎部分が他の人よりは長けているのかなと思いますし、周りからも言われます。」

―となるとやっぱり自身の強みというのは基礎技術となるか

「そうですね。相手が近くにいてもちゃんといいところにボールを止めれば、大丈夫です。そういう面ではパスを受けたくないとかそういうのはないですし、まあそこは強みだと思います。」

―チーム・監督から求められていることは

「そうですね。やっぱりDFで使われているときは、DFである以上、守備がメインになると思うので、失点を0にするということで。また、ハーフで使われているときは、裏への動きだしがちょっと自分が出る前までは少なかったという課題があったので、そういう面で自分がいいアクセントとして武藤選手とか個で強いと思うのでそこのスペースを空けられるように、自分が敵を引っ張っていけるようなプレーを心掛けていました。」

―目標とする選手、理想とする選手は

「サイドバックだったら、ポルトガル代表のコエントラン選手。攻撃に目がいくと思うんですけど、守備も上手いですし。ハーフだったら、岡崎選手が。足があまり速くないので、自分とけっこう似ているのでその中で裏へ飛び出せるというのはすごいと思うし、献身的ですし、そういう面ではけっこう似ている部分もあるのではないかと。」

―サッカーを始めたきっかけ

「今、兄も慶應のサッカー部の4年でリサーチをやっているんですけど。2人兄がいて、それで小さいころから自然とボールを蹴っていて、それで兄が入っていた小学校のチームにそのまま入った感じでしたね。」

派手ではないですけれども、頑張っているところを見ていただけたら

―早慶定期戦とはどういうものか

「やっぱり国立競技場でやれるということもありますし、お客さんもたくさん来てくれますし、自分の仲間も来てくれると思うので、一言でいうと憧れですね。去年、初めて見てみて想像以上だったので、出たいなという気持ちは非常にあります。」

―国立競技場では改修前最後の早慶戦となると思うが

「そうですね。自分が4年になるまではないと思うので、だから自分にとっては最後だと思うのでやっぱりピッチに立ちたいという気持ちは強いですね。」

―大勢の観客の前でプレーすることについて

「1万人入っていたかは分からないんですけど、僕、マリノスのジュニアユースだったんですけど、そのときにプロの前座試合で試合をさせてもらったことがあって、そのときけっこうあがっちゃっていたと思うので。関東リーグでも出てて、規模は違うと思うんですけど、だいぶ落ち着いてやれると思います。」

―当日はどんなプレーを見てほしいか

「自分は個人技でいくとか、きれいなパスが出せるとかではなくて、しっかり献身的に走って。サイドバックならしっかり0で失点を抑えて、そのときには武藤選手のサポートができるようにオーバーラップができればなと。サイドハーフであればしっかり守備して、裏への飛び出しとか相手の嫌なプレーができたらなと思いますので、そういうプレーを見てほしいです。まあ派手ではないですけれども、頑張っているところを見ていただけたらなと思います。」

―早慶定期戦に向けての意気込みを一言

「もう走り切ります。」

山田選手お忙しいところありがとうございました!

(取材・慶應スポーツ新聞会 ソッカー班 櫻井悠平)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.