慶應スポーツ新聞会

【バレーボール】インカレ直前特集③益田×七條×前田 ~悔しさ胸に4年間の集大成を~

 

益田×七條×前田

 

インカレ直前特集第3弾は、4年生インタビュー。これまで慶大を支えてきた副将の益田万太郎(政4)、七條真理(環4)、前田滉介(環4)の御三方にお話を伺った。4年間目標にし続けてきたタイトル獲得への、強い想いを語っていただいた。

――インカレを間近に控えた今の気持ちは

七條 もうすぐ引退だなと思います。

益田 いよいよこの季節かって思います。

前田 4年間本当に短かったなって感じて、まだインカレが始まってもいないんですけど、なんか不思議な感覚ですね。

 

――リーグ戦を振り返って

益田 僕は秋は出場機会が少なくて、チームとして練習してきたこと、目指してきたことというのはある程度結果として出たリーグでもあったのかなと思います。

前田 僕は今までベンチには入っていたのですが、夏合宿で大ポカをしてしまってからベンチを外されてしまって悔しい秋リーグとなって、チームとしても勝ちきれなかったというのはあるので、全カレではこの悔しさを晴らすというか、自分自身も試合に出れるように頑張りたいなと思います。

七條 悔しい秋リーグでした。チームとして優勝争いをしていたのですが、最後にはずれてしまったというのは悔しいですね。

 

リベロとして春リーグに出場した前田

リベロとして春リーグに出場した前田

――4年間振り返って印象に残ったプレーなどは

前田 僕はちょいちょいあって、大学2年生の時にピンチサーバーで試合に出ていたのですが、その時に秋リーグの法政大戦で試合に出て、その時緊張のあまりチャンスボールをミスるという関東1部のプレーヤーとしてはありえないミスをしてしまって、それがもう頭から離れないというか、それが一番印象に残ったプレーですね。

七條 僕は毎日の練習ですね。どのプレーと言うよりかも毎日毎日目標を持ってやっているので4年間印象に残ったプレーと言うよりかは毎日の練習を一生懸命やってきたかなという感じですね。

益田 ワンプレーで印象に残っているというのは僕も滉介(前田選手)と同じなんですけれど、2年生の時に東日本インカレの対筑波大戦で、ピンチサーバーでサービスエースを取ったというのは結果がよかったからだと思うのですが、ワンプレーで覚えていて印象的だなと思うのはそのプレーですね。

 

――個人として大学バレーの4年間で学んだこと、成長したことは

益田 周りが見えるようになったなというのはすごい思いました。今までは中学、高校とバレーをしてきたのですけど、あんまり周りがレベルが高くなくて一人だけやる気が浮いてたりといった感じだったのですが、慶應の体育会のバレー部はレベルが高く、1部でもやっているのでみんなで巻き込んで頑張れるというのを学んだというか、全員で1つの目標に向かうっていう組織に所属することができて、組織全体で1つの目標に向かって突き進むという強さや素晴らしさを学ぶことができたなと思います。

前田 結構僕も万太郎(益田選手)と似ているんですけど、組織で勝とうといった一丸となる実感ができたかなと思うのですが、高校や中学の時と比べるとチームでバレーはしているのですが、形だけどいうか、みんなで勝とうというような下級生を思いやるとか、とにかく自分のプレーができて勝てばよしというか結果主義といった感じだったのですが、大学に入ってからチームでみんな何ができるかとか一人一人考えて、自分にできることをやってみんなで勝とう意識というか、組織の良さを実感できたかなと思います。

七條 僕は「人のために」という枕詞をつけていろいろできるようになったかなと思います。今まで自分のためにっていうことが中心だったのですが、人のために組織のためにっていう風に動くことができるようになったことが4年間通じての成長だったと思います。

 

「人のために」動くことができるようになったと語る七條

「人のために」動くことができるようになったと語る七條

――益田選手は副将、七條選手は体育会本部の常任委員として役職についていらっしゃいましたが、その仕事を振り返って

益田 副将っていうのは実際仕事として何をするというのはあまり明確ではないかなというのは自分の中でもわかっていたことで、実際にやってみてその仕事が明確化されていて副将はこれをやらなければならないということは伝統的にあるもののではなかったので、そういう意味では難しかったのですが、振り返ってみると主将である岡田をもっとサポートできたのかなと思うので、そういう悔いが残らないようにもあと二週間短いですけれどそういう面で頑張っていきたいなと思います。

七條 僕は本部っていうのはバレー部の時にはほとんど考えないようにしていました。バレー部以外の時間の時に本部員の七條としてできることを考えていて、バレーの時には考えていなかったですね。

 

――4年生同士で何か一緒に遊んだりはしているのですか?

前田 たまにちょくちょくというか年に1・2回程度は全員で何かしようというのはあったんですけど、4年生同士っていうのはあまりないですかね。

七條 1つエピソードをあげるとしたら今年の夏に同期全員で那須高原に行って釣り堀とサファリパークに行ってピザ食べて、ロバに襲われて、バーベキューしてといった感じでしたね。(笑)

益田 いつも真理(七條選手)が誕生日会と言うのを企画してくれるので、それのおかげで4年生全員が集まる機会ができるというのはあるのでありがたいです。たぶんそれがなかったら、8人いるので全員で飯食いに行こうとはあまりならないので、そういうきっかけを作ってくれているなというのはありますね。

 

――七條選手がムードメーカー的な存在と言った感じ

七條 そういう感じに持っていきましたね(笑)

 

「後輩全員に期待している」と語る益田(写真中央)

「後輩全員に期待している」と語る益田(写真中央)

――来年期待している後輩は

前田 僕は野瀬(環2)ですかね。普段彼リベロとしてレギュラーで出ているのですけど、僕もリベロとして2年間ですけど一緒にやってきて、僕はレギュラーではなかったので穴を埋めるとかいうわけではないのですが、結構練習してきた時間だったら彼と僕が一番長いのではないかなと。リベロ練で隅っこの方でやる小さい練習なんですけれど、そこでいろいろ話し合ったりとか、あとは一緒にご飯に行ったりしたので、思い入れのある後輩というか、プレー面でも頑張ってほしいというのはあります。

七條 僕は1年生の犬塚くん(環1)ですね。一般受験で入ってきてあまりバレー部に一般受験で入ってくるのはいないのですが頭も良くて学業でも頑張っている。プレー面でもうまくはないのですが何かチームのためにというのは行動で、プレーで感じられるのでそれは本当に期待しているし、1年生の時の自分と重ねているのはありますけど。

益田 特定に誰かと言うのはいっぱいいるので難しいのですが、それぞれ後輩全員に期待しているのはあって、副将という立場があるのかもしれないですけど、こいつがこういうところが伸びてくれたらいいのにというのは4年生になって副将になってからすごい見るようになっていて、そういうのはご飯に行くときとか練習中とか伝えるようにはしているのですけど、期待している後輩を特定というかは一人一人が伸びてもらって、より良い組織になってもらいたいというのはありますね。

 

――インカレの組み合わせについてについてのご感想を

七條 厳しいパートに入ったというのが客観的な事実だと思います。ベスト16で関西の甲南大学、そしてベスト8で秋リーグ優勝した早稲田、ベスト4で準優勝の明治、決勝で3位の日体大で秋リーグ4位だった慶應にとっては苦しいパートに入ったのかというのはありますね。

益田 とにかく6日じゃない?まずは。インカレの試合的に土曜が準決勝で日曜が3位決定戦と決勝があって、ヤマはやっぱり秋リーグ優勝した早稲田とやって勝つというところが。

前田 勝てばその勢いで次も勝てる感じというか。

益田 逆に先を見すぎても、たぶんその前で負けちゃうというのはあるかもしれなくて。

前田 西日本のチームに対してうちは苦戦する傾向があって。

益田 テクニックで翻弄されるみたいな。

前田 それに足元をすくわれないようにして。

益田 5日ももちろんそうなのですけど、6日にいかに西のチームとまず一つしっかり勝ってそのあと万全の態勢で早稲田に臨んで勝って勢いをつけたいといった感じですね。

 

「やられたらやり返す。倍返しだ!」

「やられたらやり返す。倍返しだ!」

――最後に全日本インカレにむけて意気込みをよろしくお願いします。

前田 絶対に勝ちたいなと。去年は決勝で負けてしまったという思いはみんなあると思うのですけど、その分今年も優勝を狙える位置にいるというのは素晴らしいことだと思うし、やっぱり狙える力があるなら優勝して有終の美を飾りたいです。

七條 優勝しかないですね。1年生の時に入って目標と聞かれたら常に日本一と言っていて、同期からバカにされたこともあったのですが、夢を実現するために日本一を決めるステージに毎年、岩本と通い続けてほかの大学の試合を見て、これが日本一になるチームだと見続けて今年のチームはそれを超えるチームになったと思うので、自信を持って日本一になる、優勝するって言えますね。

益田 1年生のころからタイトルを取ろうというのでやり続けてきて、ずっと悔しい思いをし続けてきて、みんな優勝しかないって考えているので、やっぱり“やられたらやり返す。倍返しだ!”っていう言葉に全部含まれていますね(笑)

前田 カットカット(笑)

 

――お忙しい中、ありがとうございました!

(取材 岩井邦夫)

 

 

【第66回秩父宮賜杯全日本大学男子選手権大会 全日本インカレ2013】

慶大の試合予定

<12月5日(木)>

▼2回戦 @墨田区総合体育館

【Eコート第1試合】10:00〜

vs<グループ29の1位 対 グループ4の2位の勝者>

▼3回戦 @墨田区総合体育館

【Eコート第3試合】12:00頃〜

vs<グループ34の2位 対 グループ10の1位の勝者>

<12月6日(金)>

▼4回戦 @大田区総合体育館

【Bコート第3試合】13:30頃〜

vs<甲南大学を含む山の勝者>

▼準々決勝 @大田区総合体育館

【Bコート第4試合】15:30頃〜

vs<筑波大学、早稲田大学を含む山の勝者>

<12月7日(土)>

▼準決勝 @大田区総合体育館

【特設コート第2試合】13:00頃〜

vs<明治大学、龍谷大学、東海大学、専修大学を含む山の勝者>

<12月8日(日)>

▼3位決定戦 @大田区総合体育館

【特設コート第1試合】11:00〜

▼決勝戦 @大田区総合体育館

【特設コート第2試合】13:00頃〜

 

 

 

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.