慶應スポーツ新聞会

【アイスホッケー】序盤の健闘も実らず……最後は力尽きる 中大戦

 

野崎のゴールで一時は同点に

野崎のゴールで一時は同点に

 ここまでリーグ戦で勝ち星を挙げられていない慶大。中大に2点を先行されるも、小池玲央(環3) と野崎大希(商1)がゴールを奪い、同点で第1ピリオドを終えた。だが、その後は相手の猛攻を受ける展開に。喫した失点は二桁となり、大差での敗戦を喫してしまった。

 

 

平成27年度関東大学アイスホッケーリーグ戦

2015年10月3日(土)14:30F.O. @DyDoドリンコアイスアリーナ

慶應義塾大学2-12中央大学

 

Period

1P

2P

3P

Score

慶大

2(11)

0(7)

0(6)

2(24)

中大

2(8)

3(9)

7(15)

12(32)

※()内はシュート数

 

欠場が続く江口大輔(環4) に加え、今節は鈴木啓介(環4)もメンバー外。初勝利に向け、チームの真価が問われる一戦となった。

 

得点を挙げた野崎(右)を味方が祝福

得点を挙げた野崎(右)を味方が祝福

開始早々に安藤直哉(政2)が反則を取られ、キルプレーとなった第1ピリオド。シュートを立て続けに打たれるも、ポストに当たるなど運も味方に付けてしのいでいく。5分にはこぼれたパックを拾った金村知紀(政4)がシュートを放つが、これは枠の外へ。すると危ない場面を作られるようになり、9分と10分に連続で失点。だが、慶大は粘りを見せる。小池玲央(環3)のゴールで追いすがると、13分には下村悠介(法3)のアシストから野崎大希(商1)が決めて同点に。攻守が目まぐるしく入れ替わる中、17分には金村が鮮やかにDFをかわしてシュート。ネットを揺らすことはできなかったものの、堂々たる戦いぶりを披露した。

 

個人技で見せ場を作る滝

個人技で見せ場を作る滝

第2ピリオドはディフェンスに回る時間が多くなるが、在家秀虎(総1)が身を挺してブロックするなど懸命なプレーで応戦。一方のオフェンス面では、パワープレーを三回迎えるも、ゴール前を固める中大を攻略することができない。逆に前掛かりになった隙をつかれて得点を奪われるなど、攻守の歯車がかみ合わないままインターバルに突入した。

 

その歯車は、第3ピリオドでも修正し切れず。3分に失点を喫すると、その後の主導権は完全に中大へと渡ってしまう。相手のゴールが決まるたびに精神的なダメージが重くのしかかり、終わってみれば10点差を付けられての大敗。苦しいチーム状況を打開するきっかけを、この試合でもつかむことができなかった。

 

相手の攻撃を耐え切れなかった

相手の攻撃を耐え切れなかった

一勝が遠いものの、格上を相手にしても割り切った戦い方ができると、互角の展開に持ち込める。それを第1ピリオドで証明することができた。今後のポイントとしては、集中力の持続が挙げられるだろう。来週は勝負の2連戦。最高の準備をし、勝ち点を積み重ねてほしい。

(記事 木下彰)

 

 

 

次節予定

1010() 19:30F.O. vs日体大 DyDoドリンコアイスアリーナ

Comments are closed.