慶應スポーツ新聞会

【野球】目の前で胴上げ許す リーグ制覇の夢は来季へ 早大②

11月1日(日)東京六大学野球秋季リーグ戦 早大2回戦

試合終了後、スタンドのファンに挨拶する慶大ナイン

慶應劇場、終演―

初戦で優勝への望みが絶たれ、目の前の胴上げ阻止に向け臨んだ2回戦。先発の加嶋宏毅(商4)が6回途中を自責点1の好投を見せるも、打線が大竹の前に空回り。シーズン序盤はつながりを見せた打線が沈黙してしまった。結果、春に続いて目の前で早大の優勝を見届けることとなり、慶大は7勝6敗の勝ち点3、春と同じく3位で今季全日程を終了した。

 

×

慶大:●加嶋(1勝2敗)、加藤拓、三宮―小笠原

早大:○大竹(1勝1敗)―道端

◆慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[6]

山本泰寛(環4・慶應義塾)

[8]

梅野魁土(環4・福岡大大濠)

[5]

横尾俊建(総4・日大三)

[9]

谷田成吾(商4・慶應義塾)

[7]

山口翔大(環3・桐光学園)

[3]

沓掛祥和(商3・慶應義塾)

 

藤枝政晴(商4・慶應義塾)

 [2]

小笠原知弘(環4・智辯和歌山)

[4]

川崎晃佑(環3・智辯和歌山)

 

岩見雅紀(総2・比叡山)

 

北村祐樹(商4・丸亀)

[1]

加嶋宏毅(商4・慶應志木)

 

加藤拓也(政3・慶應義塾)

 

山本瑛大(商3・South Torrance)

 

三宮舜(商4・慶應義塾)

 

早大の胴上げ阻止へ、そして何より昨年秋から4連敗中の早慶戦を盛り上げ、この試合を今季ラストゲームとしないためにも、気持ちの入る一戦となった。

先攻の慶大。春の早大1回戦で3安打完封負けを喫した大竹と対した。初回、梅野魁土(環4)が四球で出塁すると、次打者横尾俊建(総4)の2球目に二盗。今季7盗塁は、早大の重信と並んでリーグトップの成績となった。しかし横尾は外野フライに倒れ、4番の谷田成吾(商4)の打球はバットの芯で捉えたもののセカンドの正面をつき、先制はならなかった。

先発の加嶋

先発の加嶋

その裏、慶大の先発マウンドに上がったのは加嶋宏毅(商4)。今季ここまで6試合で防御率1.89と、ラストシーズンに抜群の安定感を見せている左腕がこの日も魅せてくれた。初回はボール先行が続くものの、勢いのある球で飛球3つに打ち取る上々の立ち上がり。2回以降はカットボール、スライダー、カーブ、そして決め球のチェンジアップを織り交ぜ、テンポよく早大打線を料理していく。

しかし、今季序盤は火を噴き続けた頼みの強力打線がなかなか点火しない。最速142キロの大竹の直球は、この日は130キロ前後であったが、直球との球速差30キロのカーブやスローボールに手こずり、4回までノーヒットに抑え込まれた。

すると4回裏、加嶋が茂木への四球と丸子のヒットで無死一、二塁のピンチを迎える。ここで石井に、昨日に続いて完璧な三塁線へのバントを決められると、加嶋が一塁へ悪送球。二塁から茂木が還り、早大に先制点を献上してしまった。それでも、なおも続く一、三塁の局面は、飛球2つと小笠原知弘(環4)の見事なセカンドスローによる盗塁阻止で切り抜けた。

防御率1.19を記録し、見事昨年春以来2度目の最優秀防御率を獲得した加藤拓

防御率1.19を記録し、見事昨年春以来2度目の最優秀防御率を獲得した加藤拓

5回、遂に慶大にチャンス到来。今季クリーンアップに定着し、2本塁打とブレイクした山口翔大(環3)がセンターへのクリーンヒットを放ち出塁すると、二死後、川崎晃佑(環3)の四球、加嶋の打撃妨害で満塁の好機を演出。ここで打席に入るは山本泰寛(環4)。1ボールからの2球目を強振すると、勢いよく舞い上がった打球はライトへ。しかし、フェンスまであと1メートルのところで失速し、三塁側スタンドの歓声はため息に変わった。

6回裏、加嶋が2つの四球を与えたところで降板。ベンチへ戻る際は、加嶋の熱投をたたえるスタンドから惜しみない拍手が送られた。しかし後を受けた加藤拓也(政3)は二死までこぎ着けたものの、バッテリーミスで追加点を許し、2点を追う展開となった。

7回は沓掛祥和(商3)が痛烈なレフト前を放つものの、今季の代打の打率.714を誇る岩見雅紀(総2)らが倒れスタンドは若き血を歌うことができない。

9回表無死、右前安打を放つ谷田。打っては2安打、守ってはダイビングキャッチで観客をわかせた

9回表無死、右前安打を放つ谷田。打っては2安打、守ってはダイビングキャッチで観客をわかせた

8回裏、7回から登板し好投していた三番手の三宮舜(商4)が、二死から四球と道端のライト前ヒットで一、三塁のピンチを迎える。追加点を与えれば、ダメ押し点となることは明らかな場面。ここで中澤の打球の鋭い打球が右中間へ。これを、ライト谷田が落下点まで一直線に走り込み、最後は横っ飛びのスーパーキャッチ。慶大スタンドはこの日一番の盛り上がりを見せた。

最終回の攻撃はその谷田から。追い込まれながらもライト前へ運び、一塁ベース上で大きくガッツポーズ。しかし、打線は大竹の緩急を最後まで攻略することはできず、最後は今季バットでもチームを引っ張り続けてきた小笠原がライトフライに倒れ、ゲームセット。春に続いて、マウンド上に早大の歓喜の輪が広がった。

 

開幕戦の谷田のサヨナラ本塁打で勢いづいた秋の慶大。投手陣が粘り、観ている側をわくわくさせる破壊力満点の打線による試合展開は、今季の優勝を期待させるに十分だった。しかし、「秋はチーム力は確実に上がっていたが、ミスや打線のスタミナ切れもあった」(大久保秀昭監督)ことにより、あと一歩のところで優勝に手が届かなかった。

その大久保監督が今年常々口にしてきた「4年生の力」。昨年までに多くの出場機会を得て実績十分の4年が多かった今年は、その力の大きさを実感するシーンが多かった。主将の横尾をはじめとして、残した数字や記録を見ても、実に華々しい面々であった。「横尾さん、山本泰さん、谷田さんといったすごい選手が抜ける」(川崎晃)、「小笠原さんの配球はかなり勉強になった」(須藤隆成・環3)、「三宮さんと加嶋さんに頼ってしまった」(小原大樹・環3)といった下級生の言葉からも、彼らの存在感の大きさがうかがえる。一つの時代は終わった。だが、次を託された3年生以下の選手たちも、彼らに負けず劣らず魅力あるプレーヤーがずらりと並ぶ。試合中も常に笑顔で生き生きとプレーする4年生と共に戦った今年1年は、彼らの大きな財産だ。来年は「ミスをせず、攻撃的な野球は継承して観ていて楽しい野球を」と語る大久保監督とともに、今年の忘れものを取りに行く。

〝常笑〟軍団でありながら、〝常勝〟軍団へ。2016年のシーズンに向け、4年生が残した優勝への道しるべを手に歩み始める。

記事:菅谷 滉

◆打撃成績

 

 

[6]

山本泰

空三振

 

空三振

 

右飛

 

 

遊ゴロ

 

[8]

梅野

四球

 

 

一ゴロ

 

一ゴロ

 

二ゴロ

 

[5]

横尾

中飛

 

 

空三振

 

遊ゴロ

 

左飛

 

[9]

谷田

二ゴロ

 

 

一ゴロ

 

右安

 

 

右安

[7]

山口

 

一ゴロ

 

 

中安

二ゴロ

 

 

空三振

[3]

沓掛

 

二ゴロ

 

 

遊ゴロ

 

左安

 

一ゴロ

藤枝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[2]

小笠原

 

バ捕邪飛

 

 

空三振

 

空三振

 

右飛

[4]

川崎晃

 

 

見三振

 

四球

 

 

 

 

岩見

 

 

 

 

 

 

中飛

 

 

北村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[1]

加嶋

 

 

一ゴロ

 

打撃妨害

 

 

 

 

加藤拓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山本瑛

 

 

 

 

 

 

中飛

 

 

三宮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆投手成績

 

投球回数

打者数

球数

安打

三振

四死球

失点

自責

●加嶋

51/3

23

81

加藤拓

02/3

13

三宮

34

 

◆監督・選手コメントは、別途掲載致します。

Comments are closed.