@慶應スポーツ新聞会HP

【野球】初先発の菊地が完封勝利。連勝で勝ち点奪取。 明大②

5月15日(月)東京六大学野球春季リーグ 明大2回戦

先制のホームランを放った郡司

 

快勝とはまさにこのことだろう。昨日逆転勝利を飾った慶大は、序盤から試合の主導権を握る。2回に郡司裕也(環2)の本塁打で1点を先制。4回には倉田直幸(法4)の適時打で1点、6回には清水翔太(総4)の適時打2塁打で1点と、小刻みな加点に成功した。投げてはリーグ戦初先発の菊地恭志郎(政3)が、序盤から走者を背負うも、味方の好守もあり得点を許さず自身初の完封勝利。投打が噛み合った慶大は、昨季王者に連勝で早慶戦に向けて弾みをつけた。

 

慶大

明大

慶大:○菊地―郡司

法大:●森下暢、齊藤―西野、清水風

 

慶大:郡司3号ソロ(2回)

◆慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[9]

天野康大(環4・智辯和歌山)

[5]

瀬尾翼(理4・早稲田佐賀)

[8]

柳町達(商2・慶應義塾)

[7]

岩見雅紀(総4・比叡山)

 

中村健人(環2・中京大中京)

[2]

郡司裕也(環2・仙台育英)

[3]

清水翔太(総4・桐蔭学園)

[4]

倉田直幸(法4・浜松西)

[6]

照屋塁(環4・沖縄尚学)

[1]

菊地恭志郎(政3・慶應志木)

 

昨日、逆転で鮮やかな勝利を飾った慶大。勢いそのままに序盤から慶大ペースで試合は進んだ。初回、先頭の天野康大(環4)が明大先発・森下暢の2球目をセンターに運び、無死一塁といきなりチャンスを作る。バント失敗もありこの回は無得点に終わったが、続く2回に先手を奪う。無死走者無しから、5番・郡司が初球のストレートを振り抜くと、打球は左翼スタンドへ一直線。先制のソロアーチとなり、幸先良く先手を奪うことに成功する。

得点に絡んだヒットを放った清水翔

一方で慶大先発は菊地。ここまで救援陣の柱としての活躍が印象的だが、実はリーグ戦初先発。救援とは勝手の違う先発に戸惑ったのか、立ち上がりから走者を背負う。だが、初回無死一塁の場面では郡司が盗塁を阻止、二回1死一塁の場面では併殺打とバックの好守もあり、序盤を無失点で切り抜ける。すると打線が菊地の好投に応える。4回、一死から先制弾の郡司が四球を選ぶと、清水翔も中前打でつなぎ、1死一、二塁とチャンスを作り、打席には倉田。追い込まれながらもしぶとく打球をセンターに運び、郡司が生還。貴重な追加点を奪う。

さらなる援護をもらった菊地だが、相変わらず走者を背負ったピッチングが続く。だが、四回2死一、二塁の場面ではフォークで見逃し三振を奪い粘りを見せる。続く5回は無死一塁の場面で、郡司が再び盗塁を試みた走者を刺し、結果無失点。バッテリーでピンチを乗り越え、スコアボードにゼロを並べる。すると6回、その郡司が内野安打で出塁し、1死一塁とする。ここで慶大ベンチはヒットエンドランを仕掛けると、清水翔の当たりは左中間へ。スタートきっていた一塁走者郡司は一気にホームまで生還。適時2塁打となり、点差をさらに広げた。

初完封にガッツポーズをする菊地

3点のリードをもらった菊地は6回裏、この試合で初めて三者凡退で切り抜ける。7回以降も走者こそ背負うものの、直球、変化球ともに精度良く得点は許さない。そして最終回、マウンドには完封まであと一歩の菊地の姿があった。いきなり連打を浴び無死一、二塁とされたが、続く打者は併殺打に打ち取り2死三塁。勝利まであと一人となった。しかし、ここから連続で四球を与え2死満塁。1本が出れば逆転のピンチを迎えてしまう。迎えた明大7番・渡辺の捉えた打球はライトへ。しかし、これは天野の守備範囲内に収まりゲームセット。菊地はリーグ戦初先発にして完封勝利の快挙を成し遂げた。

前カードで法大にまさかの連敗を喫し、後が無くなった慶大だが、今カードでは意地を見せた。昨季王者相手に連勝したことで、勢いを取り戻すことが出来たと言えるだろう。また、この連戦の価値はスコア以上のものと考えられる。今までの慶大は打線頼みの要素が強く、勝つときも負けるときも大味な試合が多い印象だった。だが、明大戦はしっかり接戦に持ち込み連勝した。このことが示していることはチームの更なる進化であろう。打撃戦だけではなく投手戦も制することが出来る。つまり、より隙の無いチームになったということだ。立大次第だが、次カードの早慶戦が優勝決定戦となるかもしれない。だが、今のチームなら向かうところに敵は無しと言えるだろう

 

【This is YOUR day!!】快勝を呼んだ黄金バッテリー 菊地恭志郎&郡司裕也

今日の勝利の主役のバッテリー

優勝に向けて是が非でも取りたいこの一戦。勝利の立役者となったのは間違いなくこの二人であろう。急遽リリーフから先発に転向した菊地は、高い順応性を見せ9回を投げ抜きり完封。だが、その裏では好リードや盗塁阻止、そして自身の先制弾を含む全ての得点に絡んだ郡司の貢献も同時に不可欠だった。今日、阿吽の呼吸を見せた二人の活躍にこれからも注目だ。

記事:天野 拓真

 

◆打撃成績

 

 

[9]

天野

中安

 

投ゴロ

 

右安

 

空三振

 

遊安

[5]

瀬尾

投ゴロ

 

空三振

 

遊飛

 

四球

 

空三振

[8]

柳町

二ゴロ

 

中飛

 

三邪直

 

四球

 

空三振

[7]

岩見

遊ゴロ

 

 

空三振

 

空三振

右飛

 

 

中村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[2]

郡司

 

左本①

 

四球

 

二安

 

遊ゴロ

 

[3]

清水翔

 

中飛

 

中安

 

左中2①

 

左飛

 

[4]

倉田

 

一ゴロ

 

中安①

 

遊飛

 

二ゴロ

 

[6]

照屋

 

四球

 

二併

 

三ゴロ

 

 

遊安

[1]

菊地

 

空三振

 

 

左飛

 

左飛

 

捕犠打

 

◆投手成績

 

投球回数

打者数

球数

安打

三振

四死球

失点

自責

○菊地

34

118

 

 

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

(試合を振り返って)しんどかったです。最後まで気が抜けなくて、どうなるかもわからなかったので、疲れました。菊地の先発は林助監督と話して、このカードが始まる前からシミュレーションをしていました。最終的には昨日の夜に決めました。よく頑張ってくれたと思います。今までいいピッチングをするときもあれば、長打を打たれることもあるなかで、初先発初完封ですからね。でもまだまだ四球の数とか、最後ヒヤヒヤする場面もあったので、これからもっと練習していいピッチャーになって欲しいですね。(最終回のピンチについて)点を取られたらピッチャーを代えようと思いました。確かに迷いましたが、続投を決断しましたね。(よく粘っていた印象だが)郡司のリードが菊地の良さを引き出してくれたと思います。今日の郡司は攻守に渡ってよく引っ張ってくれました。(森下暢投手の攻略について)やっぱりいいピッチャーから点を取るのは大変なので、それなりに考えてはいました。今日は打線が効率よく打ってくれたと思います。(早慶戦に向けて)立大次第なところもありますが、早稲田に頑張ってもらって、早慶で優勝争いがしたいと思います。

 

照屋塁主将(環4)
2連勝で勝ち点をとりました。今日の試合を振り返って)菊池が粘ってくれて、郡司も盗塁を刺したり先制ホームランを打ってくれたりしたので、バッテリーが頑張ってくれました。(投手陣が踏ん張っています)今年は誰が投げても試合が作れるように投手陣が頑張っています。野手も総出でなんとかその頑張りに応えようという思いが伝わってきます。そういう意味でつながりが出てきていると思います。(早大チームの印象は)今年はよく打っている印象があるのですが、やはり投手陣が良いので、投手をどう攻略するかがかなり大事になってくると思います。(優勝の可能性を残して早慶戦を迎えますが意気込みは)早慶戦に優勝の可能性を残しているのは大きいのですが、やはり早大に勝って優勝したいので、絶対に早大を倒したいです。

 

天野康大(環4)

(今の率直な感想を)ここで勝ち点とらないと早慶戦での優勝決定に繋がらなかったので、なんとか勝ち点を、しかも明治から取ることができてよかったです。(今日の試合を振り返ると)しっかり先制点が取れた中で、明治はいつも粘ってくるイメージだったので常に1点1点中押しの追加点が取れたのが大きかったと思います。(自身も猛打賞の活躍でした)毎試合思ってることですけど、うちにはしっかりとしたクリンナップがいるのでその前に僕が塁にでることで得点に繋がればと思って打席に立っています。それがいい結果に繋がってるのではないかと思います。(3カード連続で月曜に試合をしています)みんな疲れてきてるとは思いますけど、やっぱり試合になると勝つために必死なので。ここから早慶戦前で1週空くのでしっかり調整していけたらなと思います。(2試合で終わるのは東大戦以来です)そうですね。やっぱり負けがつくのは勝率にもチームの士気にも繋がってくるので、ここで明治相手に2つで終われたというのは大きいと思います。(優勝可能性を残して、次は早慶戦です)六大学のメインである早慶戦です。立教次第ではありますけど、歴史ある戦いの中でしっかりといいゲームができればな、と思います。応援よろしくお願いします。

 

清水翔太(総4)

(今日の試合を振り返って)勝って何よりです。勝ち点取れて本当に嬉しいです。(第2打席にセンター前ヒット)2回バントを失敗してもう開き直ろうと思いました。どんな球でも対応できるような形で打ったので、結果的にああなったのはよかったですけど、修正して早慶戦に活かしていきたいなと思っています。(第3打席はタイムリーツーベース)運があったかなという感じです。打ったところに誰もいなかったので、今日はツイているなと打った時に思いましたね(笑)結果的に1点入ってよかったです。(相手の投手への対策は)真っ直ぐに振り負けないというのが大前提としてあったんですけど、今日は今まで出ていない相手捕手で、カットボールが多かったり、配球がいろいろ変わった中でその球も狙って打っていこうという気持ちでした。うまいこと攻略できたのかなと思います。(守備では2回に難しい送球を好捕)いい意味で信用しない、悪いボールを待つという感じでいつもやっているので取って当たり前ですけど取れて良かったと思います。(ノーエラーで菊地投手の完封を援護)ゲッツーが取れたのが大きいですね。最後もダブルプレーでしたし、要所で倉田も照屋も瀬尾もちゃんと守れたというのはすごく大きいと思います。(早慶戦を前にした気持ちは)優勝は変に考えずに、ただの早慶戦だと思って1戦1戦取り組んでいけば自ずといい結果になるかなと思います。チームの雰囲気もいいので、普通に頑張りたいと思います。(早稲田というチームの印象は)ソツがなく、投手が小島・早川と脅威になっていると思うので、そこを打者陣がどう崩していくかなと、バッターは加藤の前にランナーを出さないということが重要になってくると思います。(早慶戦に向けて意気込みを)優勝がかかる試合ということでプレッシャーもかかると思うんですけど、あの場に立てることが幸せだと感じて思い切ってプレーしたいと思います。

 

菊地恭志郎(政3)

(今の気持ちは)勝ててホッとしたのが1番です。(リーグ戦初先発でした)ずっとリリーフでやっていたので、試合の1回の初球から全力出さなきゃと思って、前日の夜と今日の朝からちゃんも気持ちを入れていきました。(リリーフとの違いは)先発でもリリーフでも力の入れ方は基本的には一緒です。ストライク先行で投げれました。(完封はいつ以来)高校以来です。最後の夏大以来ですかね。あんまり覚えてないです。(良かった球は)これが良かったというよりはストレート、ツーシーム、カーブ、フォークがいい感じに郡司の配球で投げきれたのが良かったと思います。(郡司選手が2度盗塁を刺しました)本当にありがとうっていう気持ちです。(最終回は苦しい場面でした)野球は簡単には勝たしてくれないなっていう気持ちとすごいヒヤヒヤした気持ちでした。本当に天野さんが取った瞬間はホッとしました。(疲れはありましたか)9回は大学で投げたことが無かったのでやっぱり相当腕も下半身もきてたので、9回投げるのは大変だなと思いました。(早慶戦にむけて)早慶戦ってだけでも人が多いのに、そこに優勝決定戦があればものすごい舞台だと思うので、そこでプレーできる幸せを噛み締めて全力で一球一球投げたいなと思います。

 

郡司裕也(環2)

(今日の試合を振り返って)今日は菊地さんの頑張りに尽きます。ナイスピッチングだったと思います。(1打席目のホームランを振り返って)ホームランを狙っていたわけではないですが、結果的に先制ホームランとなりました。昨日チャンスで凡退してしまって悔しい思いをしたので、良かったなと思います。(バッティングの調子は上がっていますか)そうですね。下がりかけていたんですけど、また上がってきました。(菊地投手のリード面ではどのようなことを意識しましたか)試合の序盤で結構ボールが荒れてしまって、今日やばいんじゃないかなと思ったんですけど、もっと腕を振るように菊地さんに伝えたら、まっすぐもどんどん速くなりましたし、フォークもどんどん落ちるようになりました。でも、僕が言ったからというよりは、菊地さんが自分の中で修正できたのが良かったんじゃないかなと思います。(盗塁を2つ刺しましたが)送球には自信があるので、刺せて良かったです。(優勝の可能性を残したまま早慶戦に向かいますが)僕自身そういう経験は初めてなので、満員になる神宮球場が本当に楽しみですし、何としてでも勝って、今まで収めた勝利を意味のあるものにしたいなと思います。

Comments are closed.