@慶應スポーツ新聞会HP

【ラクロス(男子)】早慶戦企画第4弾!下級生対談!(中居×江原)

5月21日(日)に日吉陸上競技場で行われる第25回早慶ラクロス定期戦。昨年はラスト1分での劇的な勝利で、会場を大いに盛り上げてくれた。毎回接戦となるこの早慶戦だが、今年はどんな熱いプレーを見せてくれるのだろうか。ケイスポではより早慶戦を楽しむため、選手たちから今シーズンのチームや早慶戦の見どころなどについてうかがった記事を5回にわたって掲載していく。

左から中居、江原

 

第4弾はチームの中では下級生の、江原健(経2)と中居諒介(経2)による対談。普通部入学当初からの付き合いである二人ということで、ラクロスだけでなく学校生活や内面にも踏み込んだ回となった。

 

 

「先輩たちが努力してきた道を実感しました」(中居)

 

――他己紹介をお願いします

中居江原江原健。普通部出身で、塾高へ上がって今は大学2年生。経済学部の…。

江原そこまで言うの(笑)

中居僕はこいつと中一から同じ部活で、もう8年目なのでよく分かっていると自負しているんですが、江原は笑顔が爽やかで、僕が女の子だったら一番付き合いたいと思える紳士です。

 

――それを受けて江原選手はいかがですか

江原なんか、ありがとうございます。恋愛対象にしていただいて(笑)

中居:(爆笑)

 

――プレー面ではどんな選手と見ていますか

中居:「自分が」というよりは全体の流れを見て、チームで点を取ることを考えられる選手だと思っています。

 

――昨シーズンは個性的なATが揃っていたが、それとはまた違ったタイプの選手ということでしょうか

江原:結構無個性なんですよ。強みが無いって怒られているので…。強みを作らないと生き残れないですね。

江原中居中居はシャイなんですよ(笑)。シャイなんですけど中身は結構しっかりしていて、自分の人生観とかも持っていますね。色々と深い話をしたことがあるんですが、将来のことをしっかりと考えて今を生きています。女の子は見逃して欲しくないですね。

中居ありがとね。

江原プレー面は僕と違って個の力が強いタイプで、1対1とかシュートとかがすごい上手い選手です。一人で試合の流れを変えてくれます。試合の流れが悪い時でも、こいつが突っ込んで行ってくれて、バコーンと点を決めてワーっと盛り上げてくれるというような。

 

――昨シーズンを振り返って

中居高校からラクロスを始めてはいたんですが、戦術についてはあまり気にしたことが無かったんですよ。でも、大学に入るとスタッフさんがビデオとかをたくさん撮ってくれて、ミーティングもしっかりとやるので、ラクロスの戦術面に特化した一年だったと思います。

江原僕も中居と同じです。ラクロス部ってかなり組織化された部活で、そこが個人的にすごいなと思っています。塾高ラクロス部は大学に比べてなんとなくフニャフニャとやっている感じでしたね(笑)そこでは僕が幹部として仕切っていたつもりだったんですけど、大学ではコーチのように指導してくれる方がちゃんといるので、上手い人たちと触れ合って刺激を受けながら「頑張らなきゃ」と思える一年でした。

 

――春の六大学戦は全勝でした。内容的にはいかがでしたか

江原内容はすごい微妙じゃなかった?

中居そうだよね。

江原自分たちのやりたいラクロスで勝ち切れたというような爽快な感じではなく、なかなか上手くやらせてもらえない中で一応点が取れて勝てたという試合が何個かありました。僕たちとしてはちょっと悔しかったです。

 

――その中でも印象に残った試合はありますか

中居:最後の立教戦ですね。2部なんですけど。

江原そこが一番苦戦しました。チーム全体でも「立教上手いな」という雰囲気になって、士気が下がってしまっていました。

中居立教のグラウンドでやったんですけど、向こうは親御さんとかが来ていて完全にアウェーでしたね。

江原立教ラクロス部の新歓試合で人をたくさん呼んでいたので、やりづらかったです。そういった雰囲気に飲まれてしまったというのもあったと思います。

 

――学年が上がり先輩という立場になりました。自身の中で変化はありますか

江原:ATでは一個下に立石(真也・政1)が入ってきたので、すごく焦らせられる気持ちがあります。後輩にかっこいい姿を見せなくてはという気持ちがありつつ、やりづらさも正直感じています。僕よりも彼の方が上手いので、居づらいです(笑)

中居僕は今までトレーニングで出し尽くすタイプでは無かったんですけど…。

江原抜いてたよな。

中居抜いてはいない(笑)。自分がここで頑張らなかったら、それを見た後輩もダレてくるんじゃないかと思うようになりました。そこで先輩たちが努力してきた道を実感しました。

江原ダサい先輩になりたくないよね。

 

「一つ突出したものを持ってATのスターティングメンバ―に入り込みたいです」(江原)

 

――中居選手は初めてのAチーム入りとなりました。選ばれた時の気持ちは

中居結構入れるかどうかギリギリのラインだったと思うんですよ。そういった中で選ばれて、こっからが大変だなと思いました。

 

――Aチームで存在感を出していくために、強みにしたいポイントはありますか

中居1対1での勝負。自分の中ではそれが一番頑張ってきたことだと思うので、そこでは負けちゃいけないかなと感じています。

 

――ライバル視している選手はいますか

江原難しいねこれ(笑)

中居26番の川崎選手(川崎元照・政3)です。塾高時代からの一個上の先輩なんですけど、1対1がすごく上手くて常に自分の一つ先を行っているような感じですね。何回かやっているうちにディフェンスで止められたり1対1で勝てたりするとすごく嬉しいので、川崎さんを越えられるような一年にしたいです。

 

――江原選手は昨シーズンにAチームに昇格した時期がありました。あの経験はご自身の中で生きていますか

江原はい。あれ以降、「頑張らないと」という気持ちがいっそう強くなりました。というのも1部の選手たちはやっぱり上手くて、これじゃあ自分は2年に上がっても通用しないと当時は感じました。なので、それからは以前よりも努力を重ねるようになったと思います。2部と1部では全然レベルが違いました。

 

――改めて、今シーズンはどんな一年にしたいですか

中居やっぱり試合に出て、活躍できるような一年にしたいです。自分は8番という良い番号(昨季はMD大坪厚介選手の番号)を継いだのですが、まだそれを認めてくれない方もいて、その人たちを見返してやりたいと思います。

江原自分は強みが無いので、色々と模索して一つ突出したものを持ってATのスターティングメンバ―に入り込みたいです。

 

――中居選手から見て江原選手の強みだと思う部分はありますか

中居体を当てながらパスを出せるというのが強みだったんですけど、最近は相手DFも強くなってきているので、それが上手く生きていないという印象がありますね。

江原:強みだった部分が消え去ってしまいました。

 

――選手の中では身長は大きい方ですよね

江原178cmあります。ですが、まだ細いので大きくしなければいけないです。今年は筋トレを頑張ります。

 

「早稲田戦となると気合の入り方が違います」(江原)

 

――ここからプライベートな話に移っていきますが、学業との両立は

中居大変です。

江原僕は去年マクロ一個落としましたね。ちなみにスペイン語も落としましたね。

 

――中居選手はフル単ですか

中居なんとか…。

江原こいつ頭良いんですよ。

中居まあまあくらいです。

 

――体育会では留年も珍しくないと聞きますが

江原結構えぐってる人は多いですね。ラクロスに尽くして勉強がおろそかになっているのか、本当に勉強ができないのかは分からないですけど(笑)

中居(笑)

江原:去年は大学の授業をナメてた部分があるので、今年はちゃんとフル単取れるように頑張ります。

 

――2年全体としては仲が良いと思いますか

江原まあまあ良いかなと思うんですが、学年皆で集まって何かするというのはあまりないですね。オフがずれちゃうってのはあるんですが、企画者がいないんですよ(笑)

中居そうですね(笑)

江原面倒くさがりが多いんです。どちらかというと「まあ、誘われれば行くけど…」ってタイプばっかりですね。

 

――では練習後などにご飯を食べに行くという付き合いが多いのでしょうか

江原そうですね。練習場所が遠いので、その近辺の美味しいお店を調べて食べに行くことはあります。最近も戸田の辺りで行きました。

 

――最近は戸田で練習をしているんですか

江原はい。今日もしてきました。近くでは多摩川が使えなくなってしまって、日吉も使える時間が短いのでA・Bチームは長く使える人工芝の戸田や小石川で練習をしています。

 

――学年全体はどのような雰囲気なのでしょうか

江原昨年に比べてすごく良くなったと思います。自主練ラインというものを作ったんですが、各々自主練をしたら写真をアップするなどして互いに高め合えていると感じます。

中居全然良いですね。

 

――目標としている選手はいますか

江原(中居は)川崎さんでしょ。

中居そうですね。目標として越えたいです。

江原僕は裕太さん(井上裕太・経4)です。塾高時代では番号をもらいましたし、プライベートでも結構仲良くしてもらっています。もちろんプレー面ですごく尊敬しているので、裕太さんみたいになりたいです。

 

――井上主将は「観客を楽しませるラクロス」ということをよくおっしゃっていますね

江原良いですね。「enjoy ラクロス」ということを裕太さんはずっと言っているんですけど、良い言葉だと思います。

 

――オフの日はどのように過ごしていますか

江原オフは週に二回あって日曜日は全員休みなんですが、あとの一日は水曜か木曜に来るようになっています。僕は友達ドライブによく行きます。部活でも備品を運ぶ車を出していて、車は多用しているかもしれません。

中居僕も車は結構乗ります。運転が好きな友達がいて、そいつに色々なところに連れて行ってもらっています。

 

――では、お二人ともどちらかというとアウトドア派なんですね

江原僕はアクティブな方です。

中居僕はたまにしか外には出ないですね(笑)。基本は家でダラダラしているかもしれないです。

江原家でダラダラしていると、「何やっているんだろう自分は」って気持ちになっちゃいます。

 

――オフの日は自主練もされているのでしょうか

江原:今はAチームのATだけなんですけど、毎日壁当てをしなければいけないというのがあって、僕も一応オフの日も毎日やっています。毎日ラクロスに触れていますね。

中居:MDは特にそういった決まりは無いんですけど、僕はウエイトトレーニングを特に頑張っていますね。

江原こいつは努力しているのを人に隠すんですよ。シャイなんで。実はめっちゃ頑張ってるんですよ。こういうこと言うと怒るんですけど(笑)

 

――中学時代から同じ部活とおっしゃっていたが、何部だったんですか

中居サッカー部でした。

江原同じ部活8年目です。

 

――なぜ高校からラクロスを始めようと思ったんでしょうか

江原サッカー部がきつ過ぎて嫌だったという不純な気持ちと、日本代表になれるかもという気持ちとがありました。結構ありがちな新歓文句ではあるんですが(笑)。でも、体験会に行った時から純粋に面白いと感じていました。

 

――お二人で示し合わせてラクロス部に入部したんですか

江原どうだったっけ。

中居そんな気持ちも少しありました。「江原とかも入るし、俺もやってみようかな…」みたいな。

江原お前小学校からサッカーやってたっしょ。

中居いや、やってないよ。

江原あれ、そうだっけ。

中居なんか、やらせてもらえなかった。受験とかで。

 

――江原さんはずっとサッカーを続けていたんですか

江原そうですね。小学校1年から4年まで。そのあとは受験でやめちゃったんですけど、もう一回中学から始めました。

 

――早慶戦の話に移ります。リーグ戦でも当たることもある早大ですが、やはり特別なライバルという意識はありますか

江原昨シーズンはBリーグで二回戦いましたね。ライバル視はやっぱりします。部活全体でも、早稲田戦となると気合の入り方が違います。

 

――早慶戦に出場したら、自分のここを見てほしい!というポイントを教えてください

中居点を取るところですね。

江原僕もです。出たからには1点は決めて帰って来たいです。

 

――応援して下さる皆さまへ一言お願いします。

中居去年より絶対面白い試合をするので、是非見に来て下さい。応援、よろしくお願いします。

江原試合に出たら、恥ずかしくないような全力のプレーを絶対にするので、応援よろしくお願いします。

 

――ありがとうございました!

 

(取材、写真・下川薫)

 

第25回早慶ラクロス定期戦

5月21日(日)@日吉陸上競技場

〇タイムテーブル〇

9:05 開会宣言

9:30〜10:10 男子高戦

10:30~11:10 女子高戦

11:30~11:50 開会式

12:30~13:40 女子大学戦

14:10~15:50 男子大学戦

16:05~16:30 閉会式

 

Comments are closed.