慶應スポーツ新聞会

【野球】接戦を制し、陸の王者の意地見せる 早大③

5月29日(月)東京六大学春季リーグ戦 早大3回戦

5回までを無失点に抑えた

 

あと一歩のところで優勝を逃し、悔しさを噛みしめた慶大。何としてでも早大から勝ち点をもぎ取ろうと3回戦に臨んだ。2回に四死球をもらいチャンスを作ると瀬尾翼(理4)の適時打で2点を先制。5回にも瀬尾が作ったチャンスが得点につながる。7回には菊地恭志郎(政3)、河合大樹(総3)で1点を追加し、合計4得点を挙げた慶大。一方、先発の菊地は7回3失点で切り抜け、見事宿敵ワセダから勝ち点を奪取した。

 

 

早大

慶大

×

 

早大:●早川、大竹、小島、柳澤―小藤、岸本

慶大:○菊地、津留崎、髙橋佑―郡司

 

早大:佐藤晋4号ソロ(6回)

 

◆慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[9]

天野康大(環4・智辯和歌山)

 

河合大樹(総3・関西学院)

[5]

瀬尾翼(理4・早稲田佐賀)

[8]

柳町達(商2・慶應義塾)

[7]

岩見雅紀(総4・比叡山)

 

津留崎大成(商2・慶應義塾)

 

髙橋佑樹(環2・川越東)

[2]

郡司裕也(環2・仙台育英)

[3]

清水翔太(総4・桐蔭学園)

[4]

倉田直幸(法4・浜松西)

[6]

照屋塁(環4・沖縄尚学)

[1]

菊地恭志郎(政3・慶應志木)

 

中村健人(環2・中京大中京)

 

前日で優勝を逃し、プライドを懸けた戦いとなった第3戦。月曜にもかかわらず、慶大応援席は満席になるほどたくさんの観客がかけつけた。

慶大先発は菊地。先頭打者に対し四球を出し立ち上がりは不安であったが、初回を無失点に抑えると、2回でもランナーを出しながら見事にピンチを切り抜ける。その裏、相手投手から四死球で無死一、二塁のチャンスをもらった慶大打線。8番照屋塁(環4)のバントでチャンスを広げると、瀬尾がレフト前に運んだ適時打で2点の先制に成功した。その後マウンドでは菊地が粘り強い投球を続け、5回までランナーを本塁に帰さず試合の流れを作る。すると5回裏、瀬尾がレフトにツーベースを放つと、柳町のバントヒットで無死二、三塁のチャンスを作る。そこへ相手投手が暴投をし、1点を追加した。

バントがヒットとなり得点に繋がった

菊地は6回にソロホームランを浴びたものの、その裏自らのバットでチャンスを作り追加点を挙げる。7回には制球を乱す場面も見られ失点し、スコアは3−4。8回、継投に入ったのは津留崎大成(商2)。待望のリーグ戦初登板となったが、ヒットを許しわずか4球で降板。髙橋佑樹(環2)がマウンドを引き継いだ。髙橋佑は危なげない投球で残りのイニングを無失点に抑え、見事1点差を守り抜いた慶大が早慶戦の勝ち点を獲得した。

宿敵ワセダから勝ち点を奪いガッツポーズの髙橋佑

優勝を逃し、計り知れない悔しさを味わった慶大。だが、宿敵ワセダから勝ち点をもぎ取り意地を見せてくれた。あんなに悔しかった気持ちを切り替えて試合に臨み、勝利できたことは、これから先もリーグ戦を戦っていく上でメンタル面での大きな自信につながることだろう。

今回の試合では、随所に粘り強さを見せた慶大。それは常に勝利だけを見据えて戦ってきたからこそ発揮できた力だろう。チームの大黒柱であった加藤拓也の卒業後、戦力に不安があったが、だからこそ昨年よりも全員で戦うという意識が高まったように思える。部員全員で優勝に向かって戦い抜き、勝ち点4のリーグ2位という結果を残した今季。決して満足できる結果ではないが、チーム全体が大きく成長できたことは確かであろう。この夏、全員で実力の向上に力を尽くし、秋季リーグでは他大学を圧倒するような戦いで、悲願の優勝を果たしてほしい。

 

This is YOUR day!!粘りの投球で先発投手の役割果たす 菊地恭志郎

エースの意地を見せた菊地

2試合連続で早慶戦の先発を任された菊地。前日は納得のいくピッチングができなかったが、「早大に勝つためには落ち込んでいる暇はない」と気持ちを切り替え、微調整をしてこの試合に臨んだ。各回ランナーを背負いながらも、粘り強い投球で早大打線の流れを断ち切り、5回まで無失点。6回、7回では失点してしまったものの、先発投手として試合を作った菊地が慶大の勝利に大きく貢献したことは間違いない。投手陣の柱となる選手がまだ出てきていない慶大だが、背番号18を受け継いだ菊地はしっかりとその自覚を持っている。勝てる投手になるため、この夏は球の威力や制球に磨きをかけるという菊地。秋季リーグでは一回りも二回りも成長したこの男が、絶対的エースとして慶大を優勝に導く。

 記事:鈴木 優子

 

 

◆打撃成績

 

 

[9]

天野

遊ゴロ

四球

 

一ゴロ

 

 

 

 

 

河合

 

 

 

 

 

中安①

 

二ゴロ

 

[5]

瀬尾

一飛

左安②

 

 

左2

空三振

 

四球

 

[8]

柳町

中安

二ゴロ

 

 

投安

 

二ゴロ

中飛

 

[7]

岩見

四球

 

二ゴロ

 

三ゴロ

 

左飛

 

 

津留崎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髙橋佑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[2]

郡司

空三振

 

左安

 

右飛

 

四球

 

 

[3]

清水翔

 

四球

投ゴロ

 

右飛

 

二ゴロ

 

 

[4]

倉田

 

死球

三ゴロ

 

 

二ゴロ

 

空三振

 

[6]

照屋

 

三犠打

 

遊飛

 

遊ゴロ

 

二安

 

[1]

菊地

 

一邪飛

 

三ゴロ

 

右2

 

 

 

中村

 

 

 

 

 

 

 

死球

 

 

◆投手成績

 

打者

球数

安打

三振

四死球

失点

自責

菊地

31

123

 

津留崎

 1/3

 

髙橋佑

11/3

23

 

 

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

(今日の試合を振り返って)昨日ああいう負け方をして、選手は気持ちの持って行き方が難しかったと思うんですけど、早大に勝つというのが一つのチーム目標でもあるので、「チームの真価が問われる試合になるぞ」と声を掛けて準備させました。しんどかったですけど、ちゃんと試合を作ってくれたので良かったなという部分と、やっぱり昨日勝ちたかったなというところで、ちょっと複雑な気持ちですね。(勝因は)早大に勝つんだという強い気持ちを持ってやってくれたことです。菊地が苦労しながらもしっかりゲームを作ってくれたという点で、やっぱりピッチャーがゲームを作れば今のうちの打線ならいい勝負ができるんだなということを改めて感じることができました。秋に向けて、勝ち点4の2位で満足するのか、もっとやれたんじゃないかと思って取り組むのかでは大きく変わってくると思うので、苦しい戦いが多いとは思いますが、その中で優勝できるチームにしていければなと思います。(今季全体を振り返って)投手を中心にリーグ戦未経験者が多い中、出場経験のある野手が支えながら、自信をつけながら粘り強く戦うことができたんじゃないかなと思います。チーム全体の雰囲気として、全員で戦うんだという空気を出してくれているので、いいチームになってきたなという手応えは感じています。(来季に向けてどんなチーム作りをしていきたいですか)先発完投できるようなピッチャーの柱となる選手が出てきてほしいですね。野手の方は、これで相手も研究してくるでしょうから、それに負けないようにしてほしいです。4年生は最後のシーズンですし、早大に勝って優勝という最大の目標を達成したいです。

 

照屋塁主将(環4)

(今日の試合を振り返って)今日優勝はなかったんですけど、本当に勝ちたかったので、勝ってよかったです。(昨日からベンチの雰囲気は変わりましたか)昨日はちょっと負けて落ち込む部分もあったんですけど、すぐに切り替えて今日はただの消化試合ではないという話をして、早慶戦は勝たないといけないという気持ちはあったので全員元気を出してやっていました。(先行して逃げ切りましたが勝因は)菊地は今日は良く粘っていて、打線もつながって点が入ったので良かったと思います。(今日はヒットも打ちました)あんまり良くはなかったんですけど、記録上ヒットになってくれたし、出塁できたことが良かったと思います。(2季連続で早慶戦を制しました)早慶戦というのは絶対負けられないので、去年の秋に続いて早稲田から勝ち点を取れたというのはよかったです。(リーグ2位という結果は)最下位もあるぞと言われた中で始まったチームで、優勝決定戦まで持ってこられたというのはプラスに考えればいい方向に進んでいるということだと思うし、秋に向けてまた全員が一つになっていい取り組みをしていければまた秋もいい結果につながるんじゃないかなと思うので、しっかり取り組みたいと思います。(優勝へ足りなかった部分は)単純に守りの面でも攻めの部分でも力が足りなかったと思います。その部分を埋めていきたいと思います。(自身の成績はどう思われますか)最初の東大戦では全然良くはなかったんですけど、リーグ戦通して徐々に良くなってきたのと、どういう方向性でいけばいいかというのが見えてきたので、その部分をしっかり取り組んで、よりいいプレーができるようにしていきたいです。(秋に向けてどんなチームにしたいですか)この春のリーグ戦、結果が出た人もいると思うんですけど、秋になるとどうなるかわからないので、油断することなく優勝するための練習をしていきたいなと思います。(ファンの方に向けて一言)優勝できなかったというのは申し訳ないですけど、また秋頑張っていくので、またよろしくお願いします。

 

天野康大(環4)

(個人として今季を振り返って一言)勝ち点を4つとって2位という結果ですが、この2位というのをどう捉えるかで今後が変わってくると思います。このリーグ戦で個人としてもチームとしても課題が見えてきたので、秋季リーグが始まるまでの期間でどう克服していくかが秋の結果にもつながってくると思います。(リードオフマンとして1番を打ち、打率も3割を超えました。この結果についてはどう思いますか?)やっぱりうちのクリーンアップは強力なので、打率より出塁率を意識して、僕がしっかりランナーで出ようという意識がこの打率という結果になったのではないかと思います。(秋に向けて夏取り組みたいことなどあれば教えてください。)しっかり打力をあげないといけないのと、後半戦で疲労が見えた部分もあるので、夏の期間にしっかり振り込みをして、ばてない体づくりに取り組みたいと思います。

 

岩見雅紀(総4)

(ベストナインを獲得。今の気持ちを)本当に僕でいいのかな、という感じです。(今シーズンを振り返って)本当に残念です。優勝しきれなかったところで、僕の責任もかなりあるので、悔しいし、情けないです。(本塁打王を獲得したことについて)嬉しいことですが、それが優勝に繋がらなくて残念です。(早慶戦を終えて三戦含めてどうでしたか)個人的に全く打ててないので、個人的な話をすると、悔しいですし、情けないですし、4番として責任を果たせなかったことは、チームにも監督にも申し訳ないです。ただ、早慶戦自体を振り返ると、本当に勝てて良かった。優勝のかかる試合で負けてしまって、残念でしたけど、勝ち点を取って最後終われたのは本当に良かった。いろんな課題が見えましたから、秋に向けて頑張りたいと思います。(その秋に向けて)時間がないので、すぐに切り替えて準備して、秋は優勝できるように頑張ります。

 

倉田直幸(法4)

(今日の試合振り返って)勝ててよかったです(今季振り返っていかがですか)加藤(拓也)さんがいなくなった分、4年が頑張れたんじゃないかなと思います。(ベストナインに選ばれました)1番は優勝したかったですけど、これはこれで嬉しいです。(選ばれた理由はなんだと思いますか)早慶戦抜きにして、打率はまあまあで守備はいい感じにできたかなとは思います。(今季の課題は)コンスタントにヒットを打てるようにしたいです。チームとしては、投手陣は頑張っていたけれど大一番で点を取られたことが課題で、打撃陣は乱打戦で勝てるくらい打撃を磨かないと、と思いました。(夏のキャンプはどのような練習を)もっとバットを振り込んで、守備の質を上げていきたいです。(秋のリーグ戦に向けて)秋こそは絶対優勝できるように頑張りたいです。

 

清水翔太(総4)

(早慶戦、早稲田から勝ち点を取った今の気持ちを教えて下さい)ホッとしていますね。昨日優勝かかった試合に負けて、やっぱりかなりみんな気持ちも落ち込んでいたと思うんですけど、そこから立て直して今日勝てたことはすごく大きいと思います。(今日の試合を振り返って)まあ試合内容としては良い試合ではなかったかもしれないんですけど、本当に全員が粘って粘ってチームで勝つことが出来たのではないかなと思います。(昨日の試合の結果を受けて、今日どのように試合に臨みましたか)まあ良い意味で割り切るというか、今日は今日、明日は明日っていう感じで切り替えて。やっぱり早慶戦に勝つことが慶應の使命でもあると助監督の方もおっしゃっていて、そこはチーム目標として持っているところなので、そこをぶらさず、絶対早稲田に勝つという気持ちで臨みました。(今シーズンを振り返って)初めてレギュラーとして出させていただいてそれなりに、まあ確かに良い結果は出たとは思うんですけど、やっぱりまだまだ詰められるところ詰めていなくて。守りの面でも記録に残らないミスを結構していたりして、バッティングの方もまだまだ課題はあるし。その分、秋、成長出来た姿を見せられると思うので、今シーズンを糧にして秋頑張っていきたいなと思います。(ベストナインに選ばれた感想をお願いします)ホッとしたというか、良かったなと。一応歴史に名を刻むことが出来たかなと思うので。でもこれに甘んじることなくまた更に頑張りたいと思います。(秋リーグに向けて意気込みをお願いします)秋は完全優勝を目指して。まずは優勝ですね。自分がどんな結果を出そうとチームが勝てば良いので、まずは優勝目指して頑張っていきたいと思います。

 

瀬尾翼(理4)

(昨日から今日、どのように気持ちを切り替えましたか)優勝はできなかったのですが、沢山の人に応援していただいていましたし、負けてもなお応援してくださっている方がたくさんいらしたので、それに応えるには今日勝って早大から勝ち点を取るしかなかったので、早大から勝ち点を取りたいという一心で頑張りました。(今日の試合を振り返って)今日の試合もいつも通り苦しい試合でしたが、個人的にも良いところで打てましたし、ピッチャーもよく粘ってくれました。チーム目標が早慶戦勝利なので、勝ち点が取れて本当に良かったです。(今日マルチヒット。タイムリーを振り返って)本当に後ろに繋ごうという意識だけで、フォアボールでも良いなと思っていたのですが、うまく打てたので良かったです。(早慶戦全試合ヒット、意識していたことは)意識していることは特にないですが、一試合1本ずつヒットを打つことと、フォアボール等で出塁して、出塁率4割というのを目標にしていたので、それが結果的にヒットになって良かったです。(今季全体を振り返って)苦しい試合が多かったのですが、チーム力でなんとか戦って、優勝はできませんでしたが、秋につながるような試合ができたのは良かったのではないかと思います。(秋に向けての意気込み)さらにレベルアップして、優勝できるように頑張ります。

 

菊地恭志郎(政3)

(今日の試合を振り返って)今日のピッチングがベストとは言えませんが、今日ぐらいのピッチングを昨日したかったなという気持ちです。(優勝をかけた早慶戦だったが、この3日間を通して)昨日と一昨日は僕自身すごく悔しい内容でしたし、昨日負けてしまってみんなもとても悔しがって落ち込んでいました。昨日の夜に僕が今日の先発だと伝えられたのですが、早大に勝つというチーム目標のためにも落ち込んでいる暇はないと思って臨んだので、今日勝てて良かったです。(昨日から今日にかけて何か変えたことは)大きく変えたことはありませんが、帰ってからシャドーピッチングをして投球フォームを微調整したり、監督と話したりしました。昨日も、佐藤選手に対して投げたフォークが抜けてしまい、あの一球の失投が負けに繋がってしまったので、今日は良いところで調整の効果が出たかなという感じです。(今季のリーグ戦全体を振り返って)僕自身はコンスタントに結果を出すことができなかったなと思っていますし、大久保監督から見ても使いづらい選手だろうなと自分でも思っていました。秋では毎試合良いピッチングをして、絶対に勝てるようなピッチャーにならないといけないなと強く思います。(秋のリーグ戦に向けて夏はどのような練習をしていきたいか)決して今までの練習で力を抜いていたわけではないのですが、結局2位という結果に終わって優勝できていないので、なにかを変えなければいけないとは思っています。まだまだ課題はたくさんあるので、体を鍛えてボールの威力をつけたり、コントロールを良くしたりと秋の優勝のためにまた一日一日練習していきたいと思います。

 

郡司裕也(環2)

(今日の試合を振り返って)先発の菊地さんが昨日一昨日と悔しい思いをしていたので、今日はなんとか7回まで粘ってくれたことがよかったです。(菊地投手は2日連続での先発でした)みんな今日は菊地さんだと思ってました。たとえダメだったとしても、それが今のチーム現状なので。ギリギリでしたけど、なんとか粘ってくれたので菊地さんの意地を見せてくれたかなという感じです。(因縁のワセダから2季連続で勝ち点をとりました)今日負けてしまっていたら秋に繋がらなかったと思うので、今日勝ったことで秋に望みを繋げられたと思います。(今シーズンを振り返って)下馬評では最下位だの言われてましたが、よく粘った結果の2位だと思っています。優勝まであと1歩でしたが、よく頑張ったと思います。でも悔しさも大きいのでもっと練習して秋に臨みたいです。(目標としていたベストナイン獲得おめでとうございます)ありがたいことに満票だったそうです。(立大の)藤野選手かなとも思ったんですけど、よかったです。今季はよく打ったのでベストナイン獲れたと思うんですけど、秋は捕手としても含めたベストナインを獲りたいです。(今シーズンの自分自身に点数をつけるとしたら)83点ですかね(笑)17点は何に?)打撃面ではほぼ満点あげたいです(笑)。もっと投手陣をもっと粘らせられたな、と思います。失点が多すぎたところですかね。少なからず僕にも責任はあります。失点を減らさないと、打てていても勝てないので。(来シーズンに向けた意気込みを)秋も僕がベストナインをとって、首位打者も狙う勢いで活躍したいです。ピッチャー陣も僕がもっとレベルアップをさせて、秋は優勝したいと思います!

 

髙橋佑樹(環2)

(早慶戦3連投となりました。振り返っていかがですか)昨日勝ちたかったという思いが強いです。(今日は早大に勝って、勝ち点をとりました。今日の投球を振り返っていかがですか)何が良かったかはわからないですが、気持ちを込めて投げました。結果的に、ノーヒットに抑えられたのは良かったです。(来季に向けて自身の課題は)体を鍛えて、ストレートを速くしないといけないと感じました。毎年言っているのですが、それを本当にしっかりやらないといけないなと思います。(投手陣全体の課題は)安定して試合を作れるようにしないといけないと思います。今季は大事な試合で投手陣が試合を壊してしまうことも多かったので、安定して抑えられるように、投手陣みんなで頑張っていきたいです。

 

柳町達(商2)

(今日の試合を振り返って)今日は優勝逃した次の日だったんですけど、みんな切り替えて早稲田に勝てたということは良かったです。(切り替えの部分は難しかったのでは)優勝を目指していたので、優勝したかった分辛かったです。(今季の成績を振り返って)まだまだレベルアップしなきゃダメだなと思います。全てにおいて一回りも二回りも大きくならなきゃリーグ戦では活躍できないのかなと思います。(夏への課題と、秋への意気込みを)夏はもっと追い込んで、大事なところで打てるバッター、ピンチの時でもしっかり守れる、そんな大事な場面で活躍できる選手になりたいです。夏頑張って秋優勝したいです。

Comments are closed.