慶應スポーツ新聞会

【テニス(女子)】課題残るも白星発進! 関東学生テニスリーグ 亜大戦

村瀬・押野組の勝利で流れを作った(写真:慶應義塾體育會庭球部提供)

昨年はリーグ3位となった慶大。今年も王座出場に向け始まったリーグ戦、初戦の相手は亜大。 D1村瀬早香(環4・京都外大西高)・押野紗穂(環3・つくば国際大東風高)組が1勝を挙げると、シングルスではS3江代純菜(総4・九州文化学園高)、S4向井マリア(環3・城南学園高)、S5城間安実(総2・九州文化学園高)の3人が勝利し4−3でリーグ初戦をものにした。

関東学生テニスリーグ 亜大戦

2017年9月4日@有明テニスの森、6日@早大東伏見キャンパステニスコート

 

慶大

 

亜大

○D1村瀬・押野

2{6-3,6-4}0

田中・朝倉

 ●D2江代・山藤0 {4-6,4-6}2 高橋・中沢
 ●S1押野紗穂 1{3-6,6-1,1-6}2高橋玲奈
 ●S2西田奈生 0{1-6,3-6}2 田中文彩
 ○S3E江代純菜 2{6-0,6-2}0 山口真琴

○S4向井マリア

 2{6-3,6-4}0中沢夏帆
 ○S5城間安実 1{3-6,6-1,6-1}2 大西沙依
 3 

 

今年のインカレ準優勝したD1の村瀬・押野のリーグ戦最初の対戦相手は亜大の中沢・高橋ペアであった。試合開始早々から力強いショットが次々と決まり、最初の4ゲームを連取する。終盤に相手が調子を上げ、粘りをみせるものの、6-3とファーストセットを奪取する。セカンドセットに入ると、序盤からゲームを獲られ、取り返す展開が続く。相手のショットに力強さが増す中、要所でポイントを重ねる。結果的に6-4でセカンドセットを奪い、ストレート勝ちを収めた。

 

悔しい結果となった江代・山藤組(写真:慶應義塾體育會庭球部提供)

続くD2の江代・山藤真帆(環1・野田学園高)ペアも勝ちに続きたいところであったが、無念のストレート負けを喫してしまった。ファーストセット、互いのサービスゲームのキープが続く。しかし、10ゲーム目にブレイクされ、4-6とこのセットを落としてしまう。次のセットを獲りたいところであったが、1-4となり、重苦しい試合展開に。5ゲーム目を終えたところ、男子のダブルスが終わり、男子部員たちが応援に駆け付けた。応援に後押しされたのか、江代・山藤ペアは怒涛の追い上げを見せ、4-4と追いつく。このまま江代・山藤ペアのペースで進むかと思われたが、追い上げ虚しく、4-6でこのセットも落とした。

 

慶大のシングルスの先陣を切ったのはS5の城間であった。最初のセットは相手のストロークに左右に揺さぶられ、ラリー戦で主導権を握ることができず、3-6でこのセットを落としてしまう。セカンドセットでは、ラリーでフォーハンドを軸に左右に厳しいコースを攻め、ロブとショットを使い分けて緩急をつけ、ラリー戦で主導権を取り戻す。このセットを6-1と取り、最終セットへ。最終セット、セカンドセットと同様の攻撃でラリー戦を制し、6-1でこのセットを獲得し、勝利を収めた。

 

S1を務めた押野は、ファーストセットを3−6で落とし、セカンドセットでは巻き返したものの、ファイナルセットで勝ち切ることができなかった。 

 

S2の西田奈生(総3・済美高)は亜大の山口と対戦した。ファーストセットの序盤、ファーハンドで厳しいコースを攻め、順調な滑り出しで2-1とリードする。しかし、4ゲーム目でブレイクを許してしまう。それ以降、相手が調子を上げ、巧みに向井の逆を突くなど多彩な攻撃を仕掛け、1-6でこのセットを落としてしまう。次のセットではミスが目立ちはじめ、結局3-6と落とし、ストレート負けで終わった。

 

S4の向井はシングルスでストレート勝ちを収めた。ラリーで相手のミスを誘い、ポイントを重ねていく。6-3でファーストセットを奪う。セカンドセット、スコアが2-2のところで雨により試合が中断し、6日に試合が持ち越された。それにも動じず、6-4でセカンドセットも奪った。

 

S3を務めたのは主将の江代。ラリーを続ける中で鋭いショットが光り、試合序盤から相手を圧倒する。6−0で危なげなくファーストセットを終えると、セカンドセットも試合の主導権を握り続ける。第2ゲームでブレークバックを許したものの、実力を見せつけ6−2でこのセットも獲得し勝利を収めた。

 

結果、亜大に4−3で勝利した慶大。「全体的に初戦ということで緊張していた」(江代)と、決して万全な状態ではなかったが、次につながる大切な1勝を挙げた。2戦目以降は硬さがとれ、王座出場に向け突き進むことだろう。

 

記事 萬代理人 鈴木優子

 

江代純菜(総4・九州文化学園高)

(女子の試合について)ダブルスで2勝を目指していたところ、自分と山藤が落としてしまいました。全体的に初戦ということで緊張していた部分があったと思うのでそれほどいい試合ではありませんでしたが、次につながる試合をそれぞれが出来たと思っているにで、それほどネガティブにとらえることないと思います。(ご自身のダブルスを振り返って)自分自身も初戦ということで緊張し、普段通りのプレーが出来なかったです。その中で初出場の山藤を引っ張らないといけないという意識から相手と勝負するということに徹することができずに悔しい負けをしてしまい、この負けをシングルスや他の残っている4戦で取り返すしかないと思っています。実力で負けたというより自分たちの力を出し切れずに負けました。(ダブルスの相手の印象)相手のペアは正規ペアではなかったのですが、それなりに実力がありました。

Comments are closed.