慶應スポーツ新聞会

【ソッカー(女子)】開幕前特集第1弾! 慶大攻守の要、工藤真子副将インタビュー

昨季、関東女子サッカーリーグ、関東大学女子サッカーリーグの両リーグで1部昇格を成し遂げた慶大ソッカー部女子。今季は念願の1部の舞台でさらなる高みを目指す。今回、ケイスポではチームの中心を担う主将、副将、監督に新シーズンの意気込みを語ってもらった。

 

第1弾である今回は工藤真子(総3・日テレ・メニーナ)副将の単独インタビューをお届けする。1年生からチームの主力として活躍した工藤は、昨季も自慢の運動量とテクニックを武器に相手チームを翻弄。慶大の“W昇格”に貢献した。そんな慶大の心臓ともいえる新副将に今季に向けた様々な思いなどを聞いた。

(取材日:3月6日)

――まず、昨季を振り返っていただけますか?

昨シーズンは、関東リーグと大学リーグのどっちも2部からのスタートで、もう(1部に)上がるしかないという年だったのですごくプレッシャーもあったんですけど、まあ苦しい試合もあったけどチーム一丸となって戦って両リーグで1部昇格できたのは本当に良かったなって思います。

 

――個人としての出来はいかがでしたか?

個人としては、結構守備にも攻撃にも関わるプレーが多くなったなというのは実感していて、自分も点を決めることもできたしアシストをすることもできたし、あとはディフェンスの面でもピンチを防げたところもあったので、そういった面では少しでもチームに貢献はできたのかなと思います。

 

昨季はチームの中心として活躍した

――個人的に成長したと感じるところはありますか?

私が1年生の時は、自分で何とかしようという思いがあってあんまり味方を生かすプレーだったりとかそういうプレーがあんまりできていなかったんですけど、でも去年は味方の良さを引き出すプレーというのはできたのかなっていうのがあって、それこそ上手い1年生が入ってきてそういった1年生がのびのびプレーできるような試合作りをできたのは個人として成長したのかなって思います。

 

――昨季、チームとして成長した部分はどこですか?

去年は結構パスでボールを回すポゼッションサッカーを極めていたので、そういった面では一昨年以上にパスを繋ぐようになったし、攻撃のシュートシーンとかもたくさんのパターンがあってそういう面ではやっぱり成長したなという部分もあるし、あとはセットプレーでの得点も増えたりしていたのでそれは成長かなと思っています。

 

常に自覚と責任をもって

 

――ここからは今季についてお聞きします。まず、新チームの印象を教えてください

新チームの雰囲気は、この間シーズンインしてまだ間もないんですけど、だいぶみんなハキハキしていて楽しい雰囲気でサッカーをしている感じです。

 

――今季は副将ということですが、その経緯をできる限りで良いので教えてください

1年生の時から試合に出させてもらっていて、そういった試合に出ているという経験というのは他の人よりもあるのかなって思ったし、あとは中・高とメニーナというレベルの高いところでやってきた環境もあるし、そういったサッカーの面で考えたときにやっぱり自分が引っ張らなきゃなという思いもあってそういった経緯で副将をやろうと思いました。

 

――立候補をしたということですか?

まあ、そうですね。ある程度絞られていって最終的には自分がやりますって言いました。

 

副将になり責任感も強くなった

――副将という立場についてはどのように考えていますか?

やっぱり役職に立つことで周りから今まで以上に自分の行動がピッチ内外ですごく見られるので、常に自覚と責任をもって行動して、良いお手本といいますか、ちゃんとしなきゃいけないなというのは感じています。

 

――主将の中島選手との関係はどうですか?

菜々子さん(中島菜々子=総4・十文字高)は去年ボランチで一緒にやっていて、本当に心強いしピッチの外でもすごくおしゃべりな方なので(笑)。そういった面で話したり、サッカー面でも「今のこうだった」とかちゃんと要求もしてくれるしすごく話してくれるので、引き続きそういった関係性を築いていきたいなと思っています。

 

――その中島選手が昨季は副将でしたが、その時の振る舞いを見て感じたことや参考にしようと思っていることはありますか?

やっぱり副将は主将を支える立場だと思うので、去年の菜々子さんは智美さん(野村智美=総卒・現スフィーダ世田谷FC)を支えていたなと思うので、私も菜々子さんを陰ながらといいますか、少しでも支えになれるような存在になりたいなと思います。

 

――理想の副将像などがあったら教えて下さい

私自身はそんなに声をバリバリ出して引っ張って行くぞという感じのキャラじゃないので、それよりはもうサッカーとか自分の行動で引っ張っていきたいなという方が理想なので、それを頑張りたいなと思っています。

 

――今季は3年生になり後輩の方が多くなるわけですが、振舞い方などで変わったことはありますか?

後輩との関わり方というのはすごく大事だと思っていて、私は結構後輩と話したりするんですけど、新1年生がまだ何人か来ていなくて話していないんですけど、やっぱり新1年生との壁をうまく取り除けるように私からも積極的に話しかけていきたいなって思っています。

 

――今季に入って選手として意識していることはありますか?

やっぱり副将としてもそうですし上級生としても、さっきも言った通り常に責任感を持って行動をしなければいけないなと感じていて、私が何かミスをしてしまうとやっぱり後輩たちも「真子さんがミスしたんだ…」みたいな悪い雰囲気になってしまうので、良い雰囲気を作るためにもそういうところはしっかりしなきゃなとは思っています。

 

今年も目標を達成できるか

――今季のチーム目標が「インカレベスト4」、「早慶戦勝利」ということですが、具体的に教えていただけますか?

まず「インカレベスト4」というのは、去年私たちは西が丘(味の素フィールド西が丘)で(インカレの)準決勝、決勝の試合を見たんですけど、そこで感じたのはやっぱり「あのピッチに出たい」という思いが強くあって、そこでまずはインカレベスト4というのをマストの目標というか、行かなければいけない、絶対にそこには到達しなければいけない目標として掲げて、でもインカレのベスト4に行ったら目指すべきところは優勝しかないし、まずそれまでにインカレベスト4を目指してこれから日々の練習とかを大切にやっていきたいと思っています。「早慶戦勝利」は、去年は負けてしまったんですけど結構手ごたえのある試合ができたというのはすごく感じているので、だからこそ今年はまずは早稲田に初勝利というところを目標に頑張っていきたいと思っています。

 

――その目標はチームで話し合って決めたのですか?

いや、4年生が決めてみんながそれに賛成しました。

 

――今季から1部での戦いになりますが、1年生の時に1部の舞台を経験している工藤選手はどのような印象を持っていますか?

1部はパスのスピードも速いし相手の寄せも速いし、対人の強さだったりフィジカルも2部より全然ありますし、強くて上手いという印象しかないですね。

 

――今季から1部で戦うにあたって、チームとしてさらに良くしていくべきところはどこだと思いますか?

やっぱり相手が強くなっていく中で、自分がそれこそ球際の強さだったりフィジカル面の強さだったり、そういった一つ一つのプレーにこだわりを持ってミスを少なくしていきたいなって思っています。

 

チームに欠かせないような存在になりたい

 

――工藤選手は昨季、全日本大学選抜での活動もありましたが大変な部分もありましたか?

でも選抜の方でも上手い選手はたくさんいるので、そこでいろいろなものを吸収できるし、また慶應に帰って来た時にはそこで吸収したものを還元できると思っていたので、スケジュール的には全然大丈夫でした。

 

――選抜と慶大ではポジションも違いましたが

でもやっぱり違うポジションをやることでその人の気持ちも分かるし、やりにくさというのもあまり無かったですし、メニーナ時代にもいろいろなポジションをやらせてもらっていたので。

 

――選抜の経験を経て成長したと感じた部分はありますか?

一人ひとりみんな意識が高いというのはすごく感じていて、練習前に体幹をしたりする人や練習後にもボールを蹴っている人とかも普通にいて、やっぱり意識が高いんだなというのはすごく感じたし、あとはフィジカルも強いですし止める蹴るというところの基本の技術というのもやっぱりしっかりしているなって感じました。

全日本大学選抜も経験し、着実に成長している

 

――工藤選手の理想的なプレーや注目してほしいプレーなどはありますか?

守備もできるし攻撃もできるプレーをしたいなって思っています。得点もですしアシストもですし、もうチームに欠かせないような存在になりたいなって思っています。

 

――工藤選手は運動量の多さも特徴の一つだと思いますが、以前から体力に自信はありましたか?

メニーナってすごく走るんですよ。それで6年間そこでやっていたので、少しは鍛えられたのかなって思います。

 

――それでは、今季の個人としての目標を教えて下さい

うーん…個人としては、チームの絶対的に欠かせない存在になります。

 

――チームとして、目標とは別に目指すことは何かありますか?

一人ひとりが受け身になるのではなくて、主体的に行動できるようなチームになっていければいいなって思っています。

 

――最後に、応援してくださっているファンの皆様にメッセージをお願いします

今シーズンは、大学リーグ、関東リーグどちらも1部なので厳しい試合や苦しい試合が続くことが予想されるのですが、でも軸はブラさず今まで通り頑張っていきたいなって思っているので、これからも応援よろしくお願いします。

(取材:岩見拓哉 写真:高橋春乃)

Tagged as:

Comments are closed.