慶應スポーツ新聞会

【テニス】今村、初のベスト8も敗退/関東学生テニストーナメント大会 6日目

本戦5日目で、今村昌倫(環2・清風)を残し敗退が決まった慶大。来週の早慶戦に向けて、なんとか弾みをつけたい。慶大の意地を背負い、今村が本戦6日目に臨んだ。

平成30年度関東学生テニストーナメント大会

2018年5月5日

◇男子シングルス準々決勝

●今村昌倫(環2)

0{2-6,3-6}2

小林雅哉(早大)

4日、今大会で初のベスト8に進出した今村は、早大の小林との一戦に臨んだ。第1セット、「全体的に相手にはめられた」と話すように、消極的に受け身に回ってしまい2―6でこのセットを落とす。続く第2セット、2―2まで試合が進んだところで試合が一時中断。5日に持ち越されることとなった。再開後、第6ゲームで相手にブレイクを許し窮地に立たされた今村だが、続くゲームをブレイクし返し意地を見せる。しかし、再度ブレイクを許すと第9ゲームをキープされ、3―6で敗戦。今村はベスト8で敗退となった。

 

(記事:内田貴啓、写真:萬代理人)

 

 

今村昌倫(環2・清風)

――この5ラウンドの試合を振り返って

全体的に相手にはめられたなという感じがあって、正直相手が何かをしてくるというよりかは、ただ返してみてそのボールに対して僕がミスをするというのが多かったので、そこは積極的に色々なパターンで攻めていかないといけないなと感じました。

――中断試合ということで、昨日から今日に臨むにあたり

2-6,2-2の中断で、あまりいい流れではなかったのでその中断は自分的には良くて、気持ちの整理もできて、何をやるべきかというのも考えられたんですけど、正直思っているようにはプレーできなくて、相手も一日空いた分考えて来ますし、あまりプレーがかみ合わなかったというのはありますね。

――今大会を振り返って

ベスト8に入ることは初めてのことで、前の田中凛選手(中大)とのタフなマッチを勝って、成長できている部分もあるなと感じているんですけど、今日の小林雅哉選手(早大)は勝っておきたい相手で、早慶戦でも絶対に出て来ますし、潰しておかないとなとは思っていたんですけど、まだまだ自分の実力不足だと感じました。

――ダブルスを振り返って

ダブルスも日体大の選手にチャレンジャーの気持ちでガンガン来られて、自分たちがそこで引いて勢いで持っていかれたという感じがあります。ダブルスに関してはまだコンソレもあって試合も続くので、もう一回気持ちを切り替えて自分たちからチャレンジの気持ちでやっていきたいと思います。

――早慶戦へ向けて

早慶戦はここ何年か全然勝っていなくて、早大の選手も秀でて強い選手が年々少なくなってきていると思うので、今年勝てるチャンスだと思って、自分の役割を果たせられるように頑張っていきたいと思います。

 

こちらの記事もあわせてどうぞ!!

Comments are closed.