慶應スポーツ新聞会

【テニス(女子)】強敵相手に粘りを見せるも惜敗/関東学生テニスリーグ 筑波大戦

第3戦の相手は筑波大。流れに乗るためにもまずはダブルスで1勝を挙げた慶大だったが、またしてもダブルスを落としてしまう。シングルスでは、S1押野紗穂(環4・つくば国際大東風)、S5平田歩(総1・岡山学芸館)がストレートで勝利を収めるも悔しい敗戦となった。

慶大

 

筑波大

D1 ●押野・西田

0{1-6,2-6}2

森崎・牛島

D2 ●末野・平田

1{6-2,6(6)-7,6(4)-7}2

千村・我那覇

S1 ○押野

2{6-4,6-4}0

森崎

S2 ●黒須

0{2-6,4-6}2

牛島

S3 ●末野

1{5-7,6-4,6(6)-7}2

千村

S4 ●向井

1{7-6(8),3-6,2-6}2

岩井

S5 ○平田

2{6-3,7-5}0

我那覇

合計2

 

5

関東学生テニスリーグ 筑波大戦

2018年9月11,12日@早稲田大学東伏見テニスコート

 

D2●末野/平田

1{6-2,6(6)-7,6(4)-7}2

千村/我那覇

D2は末野聡子(総1・芦屋学園)・平田の新規ペアを投入。強気なストロークを打ち込み好機に繋げる2人は、2度のブレークに成功し第1セットを先取する。しかし、続くセットは相手にポーチの先手攻撃を許し、体勢を崩される。第2セットのタイブレークをあと一歩のところで落とすと、ファイナルセットを懸けて両者はヒートアップ。再びタイブレークへ突入したこの試合は、ラリー中の決め手に欠いた慶大が惜しくも敗れ、女子部のダブルス初勝利はまたもおあずけとなった。

 

D1●押野/西田

0{1-6,2-6}2

西里/安部

D1の押野と西田奈生(総4・済美)のペアは、先月のインカレで優勝したペアとの対戦。第1セット序盤から相手の強いショットに押し込まれ、なかなか自分たちのプレーをすることができない。第6ゲームでようやくキープに成功したものの、わずか1ゲームしか奪えずセットを落としてしまう。第2セットに入ると、随所でコースへの厳しいショットが決まり始める。しかし、最後まで精度の高い相手のショットを攻略することはできず。ストレートでの敗戦となった。

 

S5○平田歩

2{6-3,7-5}0

我那覇真子

S5の平田は1ゲーム目を自身のミスでいきなりブレイクされる苦しい展開となったが、すぐさまゲームを取り返すと威力のあるストロークで試合を優位に進め第1セットを獲得する。第2セットは、序盤相手の緩急に苦しめられるも徐々に対応力を見せ、9ゲーム目にブレイクしタイに戻すと、12ゲーム目のブレイクに成功しストレート勝ちを収めた。

 

S4●向井マリア

1{7-6(8),3-6,2-6}2

岩井真優

向井マリア(環3・城南学園)は繋ぎと攻撃のボールを正確に打ち分け、ゲームの主導権を握る。5-2まで優位に進めるが、挽回を図る相手にミスを連発。タイブレークまでもつれ込むも、最後は長いラリー戦を制しセットを奪い取った。雨天中断により翌日に持ち越された第2セット、向井はなかなか調子が上がらず相手に振られ、ファイナルセットへ突入。果敢に前へ攻める向井だが、最後はラブゲームで試合終了。貴重な白星を逃した。

 

S3●末野聡子

1{5-7,6-4,6(6)-7}2

千村もも花

自慢のストローク力を持って打ち合う末野。2-5からイーブンまで返す粘り強さを見せるも、相手のドロップショットに走らされるなどして、5-7で第1セットを落とす。しかし末野もここでは終わらない。シーソーゲームのなか迎えた9ゲーム目、相手のサーブミスからチャンスをつかんだ末野がブレイクに成功し、勢いそのままにこのセットを勝ち取る。緊張の最終セット、またしてもタイブレークまでもつれる大接戦となったが、勝負どころでの踏ん張りが効かず。悔しい敗戦となった。

 

S2●黒須万里奈

0{2-6,4-6}2

牛島里咲

S2の黒須万里奈(環1・山村学園)は、夏のインカレ女王との対戦。序盤から相手の強烈なストロークに押し込まれ、なかなか得点を重ねられない。自らのサービスゲームも厳しいコースへのリターンで返されてブレークを許し、第1セットを2-6で落とす。第2セットも、先に3ゲームを連取される展開。しかし、第4ゲームで相手のミスを誘発させブレークに成功し、徐々に自分のペースを取り戻してウィナーの数も増やしていく。だがそれでもインカレ女王の実力には及ばず。4-6でこのセットを落とし、ストレート負けを喫した。

 

S1○押野紗穂

2{6-4,6-4}0

森崎可南子

連勝が続く筑波大に一矢報いるべく、主将の押野はS1に臨んだ。互いに渾身のストロークを打ち合う強打合戦が続くなか、相手のミスが重なり流れは押野に傾く。そのまま第1セットを6-4で先取すると、第2ゲームはデュースを勝ち抜いて5ゲーム目にブレイク。順調にキープを続ける押野は、最後までチャンスボールから逃げない強気な姿勢を見せ、慶大に1勝をもたらした。

 

(記事:内田貴啓、重川航太朗、堀口綾乃)

Comments are closed.