慶應スポーツ新聞会

【ラクロス(男子)】シーズンを終えて 4年生引退コメント集

「UNITE」というチームスローガンを掲げた2018年度の慶大男子ラクロス部。リーグ戦では東大相手にまさかの敗戦を喫する苦しい展開を乗り越え、FINAL4進出を決めた。しかしFINAL4では宿敵・早大との接戦を制することができず。悲願の日本一には届かなかった。今回はそんなシーズンを率いてきた4年生のインタビューをお届けする。

 

DF一瀬拓也副将(法4・慶應)

――FINAL4で敗れる結果となりましたが、振り返ってみていかがですか

自分自身が試合に出られなかったので、やるせない気持ちになった。

――今シーズンはどのような1年でしたか

シーズン途中でBチームに落ちてからモチベーションを保つことが難しかった。しかし学生コーチや後輩の姿を見てやる気をもらった。

――ラクロス部で過ごした4年間はご自身にとってどのようなものでしたか

ラクロスを通してチームプレイの素晴らしさを知ることができた。

――4年間の中で印象に残っていることはありますか

昨年のファイナル4 一橋戦

――引退後もラクロスに携わる予定はありますか

今のところはなし

――同期の存在は、ご自身にとってどのようなものでしたか

4年間苦楽を共にしてきたかけがえのない存在

――後輩たちに伝えたいことは

プレー面でも運営面でも現状維持は退化なりという精神を持ち続けてください。

 

AT小笠原圭允(商4・慶應)

――FINAL4でで敗れる結果となりましたが、振り返ってみていかがですか

個人的には怪我で出場できなかったので後悔しかないです。出ればよかったと一生後悔しそうです。笑

――今シーズンはどのような1年でしたか

うまく行かないことばかりで苦しい一年だったなという印象です。

――ラクロス部で過ごした4年間はご自身にとってどのようなものでしたか

21年間生きてた中で一番輝いていた時間だと思います。

――4年間の中で印象に残っていることはありますか

昨年度関東ファイナル

――引退後もラクロスに携わる予定はありますか

練習に顔出したりしたいです。

――同期の存在は、ご自身にとってどのようなものでしたか

曲者ばっかなんですけど、この同期ともう一度四年間ラクロスしたいです。

――後輩たちに伝えたいことは

後悔なんて引退した後いやでもたくさんできるから今できることを全力でやってほしいです。僕ら四年を支えてくれてありがとう。

 

MF松平悠希(経4・慶應)

――FINAL4で敗れる結果となりましたが、振り返ってみていかがですか

頑張った方だと思います。僕はやり切った感が強いです。こんな事言ったら怒られちゃいますね笑

――今シーズンはどのような1年でしたか

色々考えさせられたので、学ぶ事の多い1年でした。

――ラクロス部で過ごした4年間はご自身にとってどのようなものでしたか

あっという間でしたがとても充実していました。ラクロスやってなかったら自分自身、何も成長出来なかったと思います。

――4年間の中で印象に残っていることはありますか

失敗した経験全てです。

――引退後もラクロスに携わる予定はありますか

まだ考え中ですが、失敗から学んだ事は何らかの形で後輩に繋いで行きたいです。

――同期の存在は、ご自身にとってどのようなものでしたか

まだ皆んなとラクロスしてたいです。

――後輩たちに伝えたいことは

辛くなったら先輩に相談しましょう。

 

LMF雜賀健志郎(経4・慶應)

――FINAL4で敗れる結果となりましたが、振り返ってみていかがですか

悔しいです。まだ何か出来たのではないかと思うことは沢山ありましたけど、自分たちは慶應ラクロスとしてはもう何も残せない。負けた瞬間は虚無感で何も考えられなかったです。

――今シーズンはどのような1年でしたか

苦しかったです。3年生の時までは気にしてこなかったような事柄を考えなければならなくて、同時に自分自身も成長しなければならないという状況の中で、うまくいかないことだらけで辛かったです。

――ラクロス部で過ごした4年間はご自身にとってどのようなものでしたか

今の自分のほとんどを形成したと言っても過言ではないくらい、濃かったです。

――4年間の中で印象に残っていることはありますか

シーズン中旬に行った、同期の中で行ったぶっ壊し会です。ぶっ壊し会は、お互い赤裸々に思ったことを話すミーティングで、これが僕に最後のチャンスを与えてくれました。

――引退後もラクロスに携わる予定はありますか

まだわからないです。

――同期の存在は、ご自身にとってどのようなものでしたか

ぶっ壊し会など、同期の支えや働きはいつも僕を成長させてくれました。同期の皆は僕の恩人です。

――後輩たちに伝えたいことは

ラクロス人生で、失敗なんて山のようにあって、むしろ成功より失敗の方が圧倒的に多い。

それでも、最後に成功を掴むために、本当に今にしか出来ないことをしっかり考えて、恐れずに沢山の失敗を経験して欲しいです。

 

MF菊岡達(経4・慶應志木)

――FINAL4で敗れる結果となりましたが、振り返ってみていかがですか

勝てた試合だと今でも思います。あのプレーやあの時をあーしてればと考えてしまい後悔が残ります。

――今シーズンはどのような1年でしたか

四年生としてAチームとしてずっと過ごしてきた一年でしたが、怪我が多く大事な時期にチームに貢献できない事が多かった一年でした。

――ラクロス部で過ごした4年間はご自身にとってどのようなものでした

様々な経験ができ、人として成長させてくれた四年間でした。

――4年間の中で印象に残っていることはありますか

多すぎて選びきれないのですが、やっぱり自分の原点である同期との丸子の河川敷での自主練です。

――引退後もラクロスに携わる予定はありますか

分かりません。

――同期の存在は、ご自身にとってどのようなものでしたか

自分が間違ってる時には叱ってくれて共に切磋琢磨できる存在でした。また、試合に出れない人もチームを支え、行動している姿にいつもやる気を貰っていました。

――後輩たちに伝えたいことは

四年間は長くて短いです。後悔をしないように過ごしてきたつもりですが負けてしまったら後悔が残ります。後悔をしないために毎日を大切にしてください。応援してます。

 

MF山本正太(商4・慶應NY)

――FINAL4で敗れる結果となりましたが、振り返ってみていかがですか

本当に悔しかったです。でも慶早戦という大きな舞台で最後に全力で戦えたので悔いはないです。

――今シーズンはどのような1年でしたか

難しい1年でした。

5月の慶早戦で大量得点で敗退してから部員の信頼を取り戻すために必死に毎練習に取り組みました。

――ラクロス部で過ごした4年間はご自身にとってどのようなものでしたか

引退したあと、早かった、あっという間だった、と言う選手が多いですが、自分は決してそうは思いません。先輩、同期、後輩に支えられた長く、楽しく、また辛く、充実した濃い4年間でした。

――4年間の中で印象に残っていることはありますか

CRCVと枯渇系という走りメニューです。走ることが苦手すぎてめちゃめちゃ印象に残っています。

――引退後もラクロスに携わる予定はありますか

ラクロス協会公認審判員の資格を継続してラクロスに携わっていきたいと思います。

――同期の存在は、ご自身にとってどのようなものでしたか

Second Familyです。家族と変わらない安心感を感じれる連中ばかりです。

大好きです(笑)

――後輩たちに伝えたいことは

「勝ったもん勝ち」。

自分は4年間専門的なポジションだったので、一部の後輩にしか響かないかもしれないですが、とりあえず何がなんでも勝ちきること。逃げても勝ちは勝ち。

「慶應のフェイスは強い」。全大学にそう恐れられるよう勝ち続けてください。特に浅霧翔太君には期待しています。頑張ってください。

 

 

※掲載が遅くなり、申し訳ございません。ご協力頂いた4年生の皆様、ありがとうございました。

Comments are closed.