慶應スポーツ新聞会

【男子テニス】日大に完全勝利!王座へ一歩前進

 大学王座決定試合関東予選。初戦の明大戦をダブルス全勝で折り返し、そのまま勝利して順調にスタートを切った慶大。第2戦は引き続き有明テニスの森公園にて行われた。相手は日大。もちろん負けるわけにはいかない。選手たちは口を揃えて「9-0で」と言っていた。結果はまさに有言実行。全勝で日大を撃破し、さらに勢いをつけることとなった。

9月9日(金) 関東大学テニスリーグ 慶大-日大 @有明テニスの森公園

  慶大     日大
S1 志賀正人 4-1ret 奥大賢
S2 井上悠冴 6-1,6-0 竹島駿朗
S3 長谷川祐一 7-5,6-2 松原ダニエル
S4 近藤大基 6-4,6-1 梶尾幸希
S5 加藤大地 6-4,6-2 林*倫
S6 権大亮 6-3,6-3 浜脇康人
D1 井上(悠)・長谷川 6-4,7-6 奥・竹島
D2 志賀・井上(善) 6-3,7-6 梶尾・林
D3 加藤・近藤 6-2,6-4 松原・浜脇
9     0
   明大との一戦を物にし、順風満帆の慶大。9日の第2戦では日大との一戦。第1戦では早大に全敗しているだけに、慶大も全勝で勝利したいところ。まずはダブルス。オーダーは第1戦と同じで、明大戦に続いて1年生の井上善(経1)がD2での出場。まずはD3の加藤(環3)・近藤(環1)。第1セットは最初のゲームをブレークして勢いに乗り、その後再びブレーク。サービスゲームは確実にキープし、6-2で取ると、2セット目は鉄壁の加藤のサービスゲームを落とす場面も見られたがすぐさまブレーク、最後のポイントはサービスエースで締めくくり、6-4で勝利した。D2の志賀・井上は明大戦で初勝利を治めて勢いに乗る井上(善)のガッツ溢れるプレーと、志賀(政2)の状況をよく把握した冷静なプレーが絶妙にマッチし、第1セットは順調に6-3で奪取。2セット目は相手も意地を見せ、タイブレークに突入するものの、きっちり勝利した。井上(善)のパフォーマンス力には周りを巻き込んでいくような魅力を感じる。次戦以降も期待がもてる選手だ。D1井上悠(総4)・長谷川(総4)の相手の1人の奥はインカレダブルスでベスト4。厳しい戦いが予想されたが、要所をしっかりとおさえるプレーで1セット目を奪取、2セット目はタイブレークにもつれたものの、勝ちきった。結局ダブルスは3ペアとも2-0で勝利。明大戦に続く3-0をつけた。「ダブルスの慶大」は揺るがないものとなってきている。

   ダブルスが早々に終わりシングルスに突入した。オーダーは明大戦と同じ。6人の枠のうち1つはダブルスで井上(善)を、シングルスでは権(総1)という2人の1年生を使い分ける方向で行くようである。まずS6の権。明大戦でのリーグ戦デビュー戦は惜しくも黒星を喫したためぜひ白星が欲しいところだったが、持ち前の強烈なバックハンドで相手を強襲、次々とポイントを重ね、6-3,6-3で記念すべき初勝利。S5の加藤は1セット目こそ6-4で接戦だったが2セット目は6-2と圧倒。加藤のシングルスは日々進化しているように見える。ダブルスだけでなくシングルスでも確実な勝ち星を期待できる、頼れる副将になっている。S4近藤は、第1戦同様ハイレベルな打ち合いを展開するが、大事なポイントをしっかり押さえ、6-4で取ると2セット目は更にもう1段階ギアを上げ、ついてこられなくなった相手を6-1で下した。S2の井上(悠)は明大戦では調子が上がりきらずに負けてしまったが、この日はまさに「完璧」。相手に全くと言っていいほど付け入る隙を与えずに、6-1,6-0で粉砕した。これをきっかけにどんどん上がっていく事に期待したい。その横のコートではS1志賀が日大のエース奥と対峙し、息の詰まるような攻防を繰り広げたが、途中から奥のミスが早くなると、4-1と志賀リードの場面で奥が棄権。志賀の勝利となった。そして最後に残ったのはS3長谷川。1セット目は接戦となるも、ボールに食らいつく気迫のプレーで7-5とし、2セット目は他の試合が全て終わったので両校の選手総動員で応援合戦となったが、全部員の応援を受けて6-2と圧倒した。

    結局終わってみればどの試合も1セットも落とすことなく9-0と宣言通りの「完全勝利」だった。主将曰く4年間で初めての快挙との事。これで2連勝。完全に勢い付いた慶大の次の相手は昨年の王座行きを阻まれた、因縁の法大。この戦いを制した方が王座への切符を手にするといって過言ではない。しかし乗りに乗っている慶大。きっとやってくれるはずである。

By Yuya Matsuda

コメント

坂井監督

(今日の試合を振り返って)明大戦はダブルスを取った後にシングルスでつまずいたので、今日はダブルス3つ取った後にシングルスしっかり取ろうということを掲げていたのでそれができて良かった。(ここニ戦での満足度は)チームがしっかり前進しているのがわかるので、そういった意味で手応えを感じているが、僕たちは日本一を目指しているので、次の法政戦に勝っても浮かれないし、最後日本一になって王座優勝するということなので、それをみんな意識できているので、手応えは感じている。(メンバーについて)元気のいい一年生が三人いて、まだ出ていない選手でも一人いので、本当に一年生がチームを下支えしてくれていて、今日のダブルス2のヨシ(井上善)は一年生ながら、元気を出してチームを引っ張ってくれた。四年生は緊張するし、最後だからっていう思いもあって空回りしたが、そういうフレッシュな力は四年生を後押しするし、競争力を高めるということもあるので、そういう狙いで使っている。(四年生のコンディションについては)基本的にはここを焦点に絞ってきたので、井上(悠)の足首も万全だし、長谷川もドクターのもとで治療してもらっているので大丈夫です。(法政戦に向けて)去年負けて3位になった相手だが、必勝というのは変わらなくてダブルスで2本以上しっかり取って勝負かけていきたい。今までは出来てない状態で目指していたけど、今回は目指して実現できてきているので、あとはもう選手を信じて、四年生も最後も力を振り絞ってくれると思うのでやってくれると思う。

 井上主将

 (宣言通りの9-0でしたが)4年間で初めてでした。対抗戦でも滅多にありません。前回もダブルス3-0まではつけてて、今回もそこまではやろうと意識していて、それがしっかりとできたんで、その面では良かったと思っています。(それでもまだ反省点などは)ダブルスの出だしをブレークされた事やしっかりとキープする事が出来なかったり、そういう1人1人の細かいプレーを振り返ってみればまだまだ出てくると思います。(次はとうとう法大戦だが)4年間の全部を出し切りたいです、それが出来れば勝ちというのは見えてくると思うので、とにかく勝ちたいです。

 長谷川副将

 (9-0でしたね)目標は9-0だったんでそれは良かったんですけど、まだここから一番大切な戦いが始まっていくと思うので、もう1回気を引き締めて、第1戦の緊張感を次の戦いで保てるかというのが課題だと思っています。(今日も課題はあったか)もちろん課題はそれぞれの試合であったと思うし、僕自身もダブルスのファーストサーブの確率だったり、2セット目の5-2、5-3で取れる場面がもつれてしまったりというのはあったけど、まあ結果9-0だったのは良かったです。(次は法大戦ですね)もちろん楽には勝てないと思うんですが、自分たちが1年やってきたことをコート上で表現できれば、しっかり結果はついてくると思います。サポートも含めて自分の力を100%出し切れるかっていうのが鍵になると思います。

(振り返って)初戦で僕が出て負けてしまっていたのでプレッシャーもあったが、それをうまく乗り越えて自分のプレーで勝ったので、すごく自信になった。(初のリーグ戦ですが)これまで対抗戦では団体戦を経験してきたが全然プレッシャーや雰囲気が違った。一戦目はプレッシャーに負けて、いい試合が出来ずに負けてしまったが、今日はそれを自分の力にして勝ったのでこれからも自分が出たら勝ちたい。(良かった点は)相手がどんなに攻めてきても粘って、返して返していけたことで、最終的に相手は足がつっていたので、そのしつこさが良かったと思う。(このニ試合で見えた課題は)序盤の入りで固くなってミスが出てしまったので、序盤から全開でMAXのプレーができるようにしていきたい。(法大戦に向けて)最近結果も出てきて、自信がついてきたので、次も勝てると思います。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.