慶應スポーツ新聞会

【バレーボール】第3弾 期待の星!二年生対談 柳田将洋×野口剛志郎

 

野口(左)と柳田(右)

 

 春季リーグ開幕特集第3弾は、野口剛志郎(環2)と柳田将洋(環2)の新2年生対談。昨年は1年生ながら、それぞれセッター、エースとして慶大バレー部の勝利に貢献した。プライベートでも仲の良い2人の信頼関係はゆるぎないものであり、息もピッタリ。新チーム躍進へのカギを握る2人に今春も要注目だ!

 

 

――昨季を振り返って

野口  一部6位という結果にも満足は出来なくて、インカレが終わって間宮さんの代になって、スタメンが全く変わらないという状況になった時に、今年は勝たなくてはいけないという気持ちがより一層強くなりました。

柳田  昨シーズンは僕が病気にかかってしまって、自分の中で十分なプレーをすることが出来なかったです。僕は普段からバレーボールに目を向けていたつもりだったんですけど、やっぱり体調管理という面で穴があった結果が昨シーズンの出来に繋がったと思っているので、チームのことを考えたい気持ちはもちろんあるんですけど、まずは自分が今シーズンしっかりとしたプレーが出来る様な準備をすることを1番に考えながら、リーグ戦に臨みたいと思います。

――去年1年間で得た成長と課題は

野口  去年からセッターをやり出したこともあり、いっぱいいっぱいだった部分があって、チームをどうしようということではなくて、自分のプレーしか見れてなかったので、もう少し広い視野を持って周りを見れるようになりたいなと思います。セッターの技術はもちろんなんですけど、自分の世界に入るんではなくて、周りの人に気を遣ったりだとか、そういうことを意識してやりたいなと思ってます。

柳田  昨シーズンは初めて大学バレーに触れたシーズンだったんですけど、大学のスパイカーは高さもパワーもあるというのを肌で感じることが出来たシーズンだったと思っていて、そういう所を考えると、自分はスパイクのパワーとかも自信がなかったですし、少しシャープなスパイクが打てるだけだったので、これから大学バレーの中でついていくためには高さとパワーをつけるということが課題だと思いました。なので、そういう所を意識して取り組めたらと思っています。

――冬から春にかけての練習はどのようなことに重点を置いていましたか

野口  繋ぎのいいチームを目指していこうということで、ブロックとレシーブの練習をやりました。

柳田  僕らの弱点は基本的に守備で、攻撃に偏ったチームだったので、今年はそういった偏ったバレーをするのではなくて、攻撃力はあるんだから、守備で切り返して連続で点を取れるチームにするということで守備に焦点を置いた練習をしていました。

「マサに上げれば何とかやってくれる」(野口)

 

――お互いのプレーの印象は

野口  自分はとにかく気持ち良く打たせることを意識してます。自分がきっちりと上げれば打てる選手なので。スパイクはもちろんすごいんですけど、その中でも困った時に決めてくれるという印象があります。結果はどうなるかわかんないですけど、自分の中ではマサに上げれば何とかやってくれるというのがあって、正直言うと間宮さんや岡田さんよりもそういう期待感はありますね。だから、マサがレシーブした時でも決めてくれと思って上げちゃいますね(笑)。

柳田  プレッシャーですね(笑)。

野口  同期というのもあって、信頼感はあります(笑)。

トスを上げる野口

 

柳田  僕的にプレーしていて思うのは、剛志郎は欲しい場面でトスを上げてくれるというのがあって、例えば、自分がディグを上げたら(トスが回ってくることが)ないということではなくて、ディグをしても上げるという選択肢があるのがすごく好きで、僕は攻撃的な方なので、そういう所は合うのかなと思ってます。

――お二人は春高バレーにも出場されていましたが、当時からお知り合いだったのですか

野口  一方的に知ってました(笑)。

柳田  お互い認識はしてました(笑)。僕らは負けちゃいましたけど、インターハイで試合をやったこともありますし。でもまだ知り合ってはいなかったですね。

――大学に入っての第一印象は

野口  意外としゃべる人だなぁと思って(笑)、春高とか見てるとクールキャラで何もしゃべんない感じだと思うんですけど、しゃべってみると意外としゃべりやすい人でよかったです。

柳田  絡みやすいなぁと思ってしゃべってましたね(笑)。剛志郎はしゃべりやすい雰囲気があるので、僕もすごくしゃべりやすいです。

――プライベートでのお互いの印象は

野口  彼はオシャレです。うらやましいぐらいオシャレです。

柳田  剛志郎は綺麗好きですね。部屋がめっちゃ片付いてる(笑)。彼は一人暮らしなんですけど、みんなで家に行くとひたすら片付けしてますね。

――オフの時は何をしてますか

野口  自分は基本的に家にいますね(笑)。家にいて気が付いたら一日経ってる感じです。

柳田  僕も家にいます(笑)。たまに出掛けたりしますけど、そんなにアクティブな人間ではないので。

「芽生えた自覚」

 

――話はバレーに戻りますが、今季の新入生の印象はどうですか

柳田  とりあえず舐められたくはないですね(笑)。最初はそれなりに怖い雰囲気を作っておいて、実は優しいというキャラでいこうかなと(笑)。1年生の僕の感じた印象としては、問題児みたいな子もいませんし、仕事もしっかりとやってくれるので頼りになるなと思ってます。

野口  1年生同士では話してるんですけど、僕らにはあんまり話しかけて来ないので、気まずいのかなっていう感じがあるので、こっちから絡んでいこうかなと思ってます。

――福岡や大阪に遠征に行かれたそうですが

柳田  キツかったです(笑)。

野口  彼はキツかったと思いますね(笑)。岡田さんが怪我していて、そうなるとやっぱり厳しい時は柳田頼みになっちゃうので。

柳田  頼られるのはうれしいことなんですけど、そういう状況があるということは、またリーグ戦とかでもそういうことがあり得るということなので、そういう時に打てませんというのではエースとは言えないと思うので、打ち切れるようになりたいですね。でもそういう点は、トップ6とかで克服出来た課題なのかなと思ってます。

――この春に個人的に取り組んだことはなんですか

柳田  筋トレは結構やりましたね。あとは守備練習を相当やっていたので、守備には嫌でも目が向きましたね。普段の練習からも守備を意識していました。

野口  マサとは結構言っていたんですけど、トスを上げた後で、今のトスどうだったっていうことを聞いたりして気持ち良く打ってもらうこととか、トスでのスパイカーに対しての声掛けはやってました。あとはクイックをいっぱい使うように意識してました。やっぱりセンター戦が弱いとサイド陣がきつくなってしまうので、ちょっとズレた所からもクイックを使えるチームにしたいというのがあって、合宿中からも使うようにしてました。

――柳田選手はエースとしての自覚は強いですか

サーブを打つ柳田

柳田 エースとしての自覚というよりは、上がってくるボールに対して絶対に決めたいという想いですね。チームから信頼してもらってる立場だったらなおさら決めないといけないですし、プレッシャーもありますけど、そういう状況を力に変えていきたいと思っているので、いつでも決めてやろうという気持ちを持ってやっています。

――1年目と2年目で精神面やプレーの面で変化はありますか

柳田  もうあんまり言い訳出来ない学年なので、安定感を求められて来ますし、そういう意味では去年よりも難しい1年なのかなと思います。

野口 去年からセッターを始めたこともあって、トスが合わない場面が結構あったんですけど、そんなことを言っていて勝てるチームはないと思うので、スパイカーを気持ち良く打たせたいですね。

――今年のチームの雰囲気は

柳田  去年とやることは変わらないですし、目指す所は変わらないです。チームの雰囲気としてはいい意味で厳しいと思いますし、そういう意味では本当にトップを目指していくチーム作りが出来ているなと思います。

野口  4年生がチームのためを考えてるというのが伝わってきますね。勝ちたいんだという想いが伝わってきます。

――間宮主将の印象は

野口  とりあえずあの人はバレーに対してすごく熱い人ですね。

柳田  あの人が1番負けたくないと思ってるんじゃないですかね。それくらい強い気持ちを感じます。僕らもそれについていくという気持ちじゃなくて、同じくらい強い気持ちを持ってやりたいです。主将任せにならないようにしたいですね。

――今季はどのようなバレーを目指していきますか

柳田  去年は若いチームだと言われていたんですけど、今年はそういう言い訳は出来ないので、安定感を重視しないといけないかなと思います。去年はこっちが決めたら相手にも簡単に決められてというサイドアウトで、結構崖っぷちなゲームをしていたんですけど、今年はそういうゲームにならないようにしたいですし、そうならないようなゲームの組み立てをしていたので、去年とは全然違うチームになりたいなと思ってます。

野口  やっぱり守備をずっとやってきたので、守備からの展開でしっかりと攻撃が出来るようにしたいですね。守備をしっかりとやればサーブから得点出来るので、こっちのサーブからレシーブ、トス、スパイクという流れで決めるというのを大事にしたいですね。それが安定感にも繋がると思いますし、そういうチームは強いと思うので。

――昨年からスタメンがほとんど変わらないということで、戦力的にも今季に懸ける想いは強いですか

柳田 そうですね。ただ、僕としては今年は今年で去年は去年という考え方をしてるんですけど、今年も取りたいし、来年も取りたいし、僕らの代も取りたい。でも僕らの代じゃないからといって4年生に任せるようなことはしてはいけないですし、僕らも強い想いを持っているんだということを伝えられればいいですね。前評判とかだけじゃなくて、勝ち続けることで強いと呼ばれるチームになりたいです。

――今季のキーマンは

柳田 センター陣ですかね。星谷さんを中心に、センター線で点を取ることが出来れば連続得点も増えてくると思うので。

野口 やっぱりセンター線は欲しいですね。それもあって合宿とかでも使ってきたので、リーグ戦でも厳しい所で使っていけたらいいですね。まあ監督とかは自分だと思ってるんじゃないですかね。普段からも結構言われるので。

――最後に春季リーグ戦に向けての意気込みをお願いします

野口 とりあえず今は勝ちたいという気持ちしかないです。

柳田 僕も同じ気持ちなんですけど、今まで積み上げてきたプロセスというのをちゃんと勝ちに結び付けられるようにしたいという気持ちはあります。僕らにとっては初めての春リーグなんですけど、そういう意味ではまだ体験したことのない雰囲気なんじゃないかなと予想しています。ただ、初めてだからという言い訳はせずに、チームの中心として動くという気持ちを持って頑張っていきたいと思います。

 

――お忙しい中、ありがとうございました!

(取材 岡田 洋介)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.