慶應スポーツ新聞会

【野球】主将の満塁弾で試合を決めた! 法大③

9月28日(月)東京六大学野球秋季リーグ戦 法大3回戦

4回表二死満塁、レフトへの勝ち越し満塁弾を放ち、ダイヤモンドを一周する横尾

4回表二死満塁、レフトへの勝ち越し満塁弾を放ち、ダイヤモンドを一周する横尾

打線が奮起した1回戦。打線が沈黙した2回戦。切り替えて勝ち点を取ることに集中して臨んだ3回戦は、初回から無死一・三塁のチャンスをつくるも得点に結びつけられない。その裏、先発・三宮は制球が安定せず先制を許すと、3回にも2点本塁打で追加点を与えてしまう。しかし、4回に横尾俊健(総4)の満塁弾を含む打者一巡の攻撃でスコアボードに6を刻み込むとそのまま逃げ切りに成功。勝ち点を2に伸ばした。

 

慶大

11

法大

慶大:三宮、亀井、○加藤拓(3勝1敗)―小笠原

法大:浅野、●玉熊(0勝1敗)、上條、青木勇、熊谷―森川

◆慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[6]

山本泰寛(環4・慶應義塾)

[8]

梅野魁土(環4・福岡大大濠)

[5]

横尾俊建(総4・日大三)

[9]

谷田成吾(商4・慶應義塾)

[7]

山口翔大(環3・桐光学園)

[3]

沓掛祥和(商3・慶應義塾)

 

亀井倫太朗(商2・慶應義塾)

 

加藤拓也(政3・慶應義塾)

[2]

小笠原知弘(環4・智辯和歌山)

[4]

川崎晃佑(環3・智弁和歌山)

[1]

三宮舜(商4・慶應義塾)

 

H3

清水翔太(総2・桐蔭学園)

「秋晴れ」という語がぴったりな晴天のもと行われた法大3回戦。勝ち点をかけた戦いの法大の先発は浅野。先頭・山本泰寛(環4)は昨日に引き続き初回からフェンス上部にあたる二塁打を放つと、2番・梅野魁土(環4)も右安で続く。しかし、後続のクリーンナップが飛球、見三振、飛球に打ちとられ先制のチャンスを活かせない。

4回表一死満塁、代打清水翔が中前適時打を放つ

4回表一死満塁、代打清水翔が中前適時打を放つ

慶大の先発マウンドは1回戦に続き三宮舜(商4)に託された。初回、先頭の若林を四球で出してしまうと2番・蔵桝のバントを横尾が一度落としてしまう(記録は内野安打)。3番・畔上もバントを試みるが今度は三宮が一塁へ暴投。いきなり無死満塁のピンチを背負うと続く4番・金子凌に犠飛を放たれあっさり先制を許す。しかし後続は打ち取りなんとか1失点とする。

浅野は低めに集めようとするもののコントロールが定まらないボール先行のピッチング。ヒットでも、四球でも、または心理面でもなんとか攻め立てたいところだったが、要所を締められ2回も無得点に終わる。試合が再び動いたのは3回。先頭の山本泰が法大1回戦に引き続き本塁打を放ち同点に追いつく。しかし後続が凡退。いい流れを呼び込みきれない。するとその裏、2番・蔵桝にヒットで出塁を許すと、3番・畔上には右翼席に飛び込む2ラン本塁打を放たれ勝ち越しを許してしまった。

4回表一死満塁、9球粘って同点の押し出し四球を選び、拳を握る山本泰

4回表一死満塁、9球粘って同点の押し出し四球を選び、拳を握る山本泰

「ピッチャーが点をとられてもバッターが取り返すのが慶大の持ち味」(山本泰)。その持ち味は4回に発揮された。この回から法大の投手は浅野から玉熊にチェンジ。先頭の5番・山口翔大(環3)が「なんとかくらいついて」左翼手の頭を超えフェンスに当たる二塁打を放つと、7番・小笠原知弘(環4)は死球で出塁。リーグ戦初スタメンの8番・川崎晃佑(環3)も安打でつなぐと、三宮の代打には昨日も安打を放った清水翔太(総2)。「強い気持ちを持って打席に向かった」というその気持ちは打球に乗り移ってセンターへの適時打に。続く山本泰は9球粘った末に四球を選び押し出し。同点とする。なおも満塁で3番・横尾は内寄りの直球を強振すると、打球は長い滞空時間を経て左翼席へ。この回一挙6得点で逆転に成功する。

三宮の後を託されたのは亀井倫太朗(商2)。点をとった後の守りをしっかりしめたいところだったが安打、二塁打、そして内野ゴロの間に1点を失う。ここで大久保監督は亀井に見切りをつけ加藤拓也(政3)にスイッチ。この回を最少失点で切り抜ける。

4回途中から登板し、早くも今季3勝目をあげた加藤拓

4回途中から登板し、早くも今季3勝目をあげた加藤拓

5回は玉熊に変わり上條が登板。先頭の山口は初対戦の投手にも物おじせず初球をとらえ、右中間スタンドぎりぎりに放り込みだめ押し点を奪う。

その後出てきた青木勇、熊谷から点を奪うことは出来なかったが、今季抑え投手としての活躍を見せる加藤拓には4点のリードで十分だった。7回に味方の失策やバッテリーエラーで1点を失ったものの、速球と変化球で打ち取る投球に加え、清水翔、横尾、小笠原の好守備にも助けられ今季3勝目を手にした。

昨日3安打に抑え込まれた打線は今日11安打とまた巻き返した。同じ相手でも全く違う試合運びとなることがある。野球の面白さや怖さを如実に表しているといえよう。次は東大戦。慶大ナインもスタンドから東大が法大に勝利した試合を見ており、東大の脅威を肌で感じているはずだ。どんな戦いを披露してくれるか、今から楽しみでならない。

 

【Today’s Legend】慶大の新大砲 山口翔大

4回表、左越え二塁打を放つ山口。ビッグイニングの起点となりこの一打を含む3本の長打を記録した

4回表、左越え二塁打を放つ山口。ビッグイニングの起点となったこの一打を含む3本の長打を記録した

 

初球を迷わず振りぬき秋の空にアーチをかけた。「打った瞬間入ったと思った」。会心の一打は審判のジェスチャーをみて本塁打と確信。安堵の表情は本塁を踏むと笑みとなった。オープン戦では4試合連続本塁打を記録。熾烈なスタメン争いを勝ち抜き、今季ここまで6試合すべてで5番打者を任されている。神宮での試合に初めは「緊張して焦りが出てしまった」が、立大2回戦で今季初安打を放つとその後も活躍。リーグ戦初本塁打につなげた。「自信をどんどんつけていい選手になってほしい」(大久保秀昭監督)。期待を背負ってさらなる高みを目指す。

記事:木下 恵

 

 

◆打撃成績

 

 

[6]

山本泰

左中2

 

左本①

四球①

 

空三振

 

右飛

 

[8]

梅野

右安

 

右飛

左邪飛

 

見三振

 

 

遊飛

[5]

横尾

二飛

 

右飛

左本④

 

中飛

 

 

中安

[9]

谷田

見三振

 

左飛

一ゴロ

 

 

二ゴロ

 

三邪飛

[7]

山口

遊飛

 

 

左2

右中本①

 

中2

 

四球

[3]

沓掛

 

遊ゴロ

 

遊ゴロ

 

 

 

 

一邪飛

亀井

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加藤拓

 

 

 

 

四球

 

中飛

 

 

[2]

小笠原

 

中安

 

死球

投犠野選

 

空三振

 

 

[4]

川崎晃

 

空三振

 

左安

投犠打

 

 

左飛

 

[1]

三宮

 

空三振

 

 

 

 

 

 

 

H3

清水翔

 

 

 

中安①

遊ゴロ

 

 

二ゴロ

 

 ◆投手成績

 

投球回数

打者数

球数

安打

三振

四死球

失点

自責

三宮

14

48

亀井

0 1/3

12

○加藤拓

5 2/3

22

89

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

(本日の試合を振り返って)初回にチャンスを作ったけれど点が入らなくて、相手に先に点を取られて少し嫌な流れだったのですが、山本泰の一発で少し流れが変わって、ビックイニングのところはつないでつないで、最後はキャプテンがしっかり決めて。そういう意味では今日はキャプテン・副キャプテン・エースと軸の選手がいい仕事してくれたかなと思います。(先発の三宮について)ちょっとテンポが悪かったかなぁ。いつもは投げてどんどん良くなるイメージがあるのですが、今日は立ち上がりから思うようにコントロールできていなかったのかなと。(徐々に良くなる傾向があるから打席に立たせたのですか)そうそう。あまり早く変えてしまうと後がしんどくなるので。(三宮の次は亀井が登板)あのイニングは違うピッチャーで頑張ってほしいと思っていましたが、少し早かったですね。(加藤拓を早く投入しました)加藤はロングリリーフだと初めから言っていました。(主将に満塁弾が出ました本当に効果的でしたね。前の立教戦からいいところでの長打、春には見られなかった打撃がこの秋はこういう形で出ているのかなと。昨日みたいなこともあるので打線は打ったり打たなかったり難しいのですが、その中で振れているのはいいことだと思います。(山口にも一発が出ました)むらがある選手ですが、その幅がだいぶ狭くなってきているので、自信をどんどんつけていい選手になってほしいと思います。(清水翔を起用しています)本当にいい働きをしていますね。高校の後輩だから使っているというふうに言われないようにね。あいつもそういうプレッシャーがあるかもしれないですけれども、逆にそういう選手だから厳しく指導できるというのもあります。(谷田の元気がないが)ずっと打ち続けられればいいですけれども、攻めも厳しいので仕方ないですね。(相手投手が頻繁に変わりましたが)投手云々というよりは自分たちの野球をやろうという心掛けですね。(3日連戦となりましたが体力は)僕は大丈夫ですが、選手は、春は連勝、連敗の2戦で終わることが多かったですがこれが当たり前だと思えば。逆に神宮で3試合できる、引き分けだったら4試合ということもありますし、たくさん試合をして成長のチャンスがあると思えばいいのではないでしょうか。(勝ち点2となりました)一応前半2つ山だったので2つ取れたのは非常にいいですが、ここからまた10月もう一回仕切り直して頑張りたいと思います。(次は今季早大・法大を苦しめた東大が相手です)またしっかり準備をして、疲労を取って、学校も始まっているので、時間のやりくりも選手が個々にやりくりしていい準備をしてほしいとおもいます。

横尾俊建主将(総4)

(ご自身の満塁本塁打で逆転勝ち、今の気持ちは)勝ったことが一番嬉しいです。(同点に追い付いて二死満塁、どんな心境で打席に入ったか)初回にみんながチャンスを作ってくれたのに打てなかったので、1本打ちたいなという気持ちで入りました。(打った球は)ストレートです。完璧な手応えでした。(スタンドに対してもガッツポーズをしていた)勝手に出たので特に理由はないです。(試合前はレギュラー陣で円陣)監督が戦術を話していました。(自分も)常に話しているので特に変わったことは話していないです。(2カード連続で勝ち点、ここまでのチームをどう見ているか)厳しい戦いが続いているのであと3カードも粘り強く戦っていきたいです。(個人的には)おごらず、謙虚に一球一球一生懸命やりたいと思います。(東大戦に向けて)一戦一戦やるだけです。

山本泰寛副主将(環4)

(打ち勝つ野球ができましたね)そうですね。ピッチャーが点をとられてもバッターが取り返すのが慶大の持ち味なので、本当にいい形で勝てました。(最初の二塁打のように強いライナーが増えてきました)コンパクトにしっかりと振り切ることを意識してカードを戦おうと決めていました。それが結果につながって良かったです。(本塁打はポール際伸びましたね)はい。打った感じは多少詰まっていました。どうかな、と思ったのですが角度が良かったので入ったと思います。(4回の満塁弾は山本泰選手の四球で呼び込んだように思います)ツースリーからあれだけ粘れたので、自分の中でも良かったなと思っています。(内野にはリーグ戦の経験が少ない選手も多いですが、まとめる役割はどうですか)リーグ戦に初めて出る選手や出場機会の少ない選手が守っていますが、その選手たちも心強い選手たちなので、僕がとやかく言うことはないですね。(東大戦にむけて)東大もしっかり法政に勝っているので1つ1つ集中して戦いたいと思います。

小笠原知弘(環4)

(今日の試合を振り返って)勝ててよかったと思います。(法大戦の3試合を振り返って)どの試合も大変で、3、4点差があってもワンチャンスでひっくり返されることがあるんだなと立教戦でもすごく感じたのですが、やっぱり簡単な試合はないなと思いました。(最近死球が多いですが)痛いです。警戒されているんだなと思っています。(投手陣のピッチングを振り返って)疲れが溜まってきたかなとは思うのですが、なんとかよく頑張ってくれたと思います。(東大戦に向けて)あと一週間しかないのですが立大戦と法大戦で出た課題をちゃんと見つめ直して東大戦で勝てるように頑張ります。

加藤拓也(政3)

(今日のピッチングを振り返って)リードしている状態での登板だったので、なんとかそのまま逃げ切ろうと思って投げました。(4回からの登板となったが) もともと長いイニングいくと言われていたので、5回ぐらいから投げる予定で肩をつくっていました。亀井が打ち込まれたので4回からいくことになったんですけど、落ち着いて投げられました。(変化球でカウントがとれていた)そうですね。ここ最近変化球でカウントをとれているので、投球がすごく楽になっていると思います。(フォアボールが少なかった)たまたまですね(笑)。(今日のピッチングに点数をつけると)70点ぐらいですかね。(次の試合に向けて)東大戦なんですけど、ほんとに勝つしかないので、そこに全力を注げるように準備していきたいと思います。

川崎 晃佑(環3)

(今日の試合を振り返って)勝ち点を取れてホッとしています。(第2打席の安打について)気持ちで、なんとか繋ごうと思って打ちました。(公式戦初スタメンでしたが)試合前に横尾さんや山本(泰寛)さんに気持ちを出して、気合いでいけとアドバイスをいただいたので、気持ちを出して頑張ろうと思ってやりました。(9回裏が始まる前に内野陣で集まって話していましたが)3点差あるので1個1個しっかりアウトをこっちから攻めていって、点を取られてもいいからしっかりアウトを取ろうという話をしていました。(今日の勝利で勝ち点2となりましたがチームの雰囲気は)2勝1敗でいこうという話はあるので、しっかり2勝1敗で来ていて結構いい雰囲気です。(今後に向けて一言)これからまたチャンスをいただいたら、しっかり気合いいれて頑張っていきたいので応援宜しくお願いします。

山口翔大(環3)

(今日の試合を振り返って)今までも調子悪くないと思っていたので、一本本塁打が出て安心しました。チームの流れにも乗って打てたと思います。(リーグ戦初本塁打の感触は)打った瞬間は行ったと思ったんですけど、もしもフェンスを越えなかったらのことを考えて懸命に走りました。スタンドからボールが跳ね返ってきていたので、審判の方のジェスチャーを見てやっと本塁打とわかりました。嬉しかったです。(2本の二塁打もいい当たりでした)1本目は三振したらまずい場面だったので、なんとか食らいついた結果です。あの1本で楽になって本塁打も打てたのかなと思います。2本目の二塁打もいい感触でした。(今シーズンはかなり打球が上がるようになりました)打席で力を抜いて来た球をしっかり振り抜くことを意識しています。それがちゃんと出来た結果かなと思います。(法大戦ももつれる展開でした)ここまですべて緊張感のある締まった試合で、自分のところにボールが飛んできたら気を抜かないとか、やるべきことをしっかりとやれば勝てるというのは横尾さんから言われていましたし、それを信じてやってきています。(東大戦への意気込み)この調子が上がったまま試合に臨めればなと思います。

清水翔太(総2)

(素晴らしいタイムリーでした。昨日とは違ってプレッシャーのかかる打席でしたが)やることはいつも通りだったので、しっかり準備をして、強い気持ちを持って打席に向かったことで良い結果につながったと思います。緊張よりも、満塁という願っても無い局面だったので、自分をアピールできる場面だと思って楽しむことができました。(4回という早い場面での出番でしたが準備は万全だったと)そうですね。右投手が出てきたところで(代打の)1枚目でいくぞと監督から言われていたので、その期待に応えられるよう準備はできていました。(初タイムリーとなりましたが、一塁ベース上ではどんな気持ちでしたか)やってやったぞ、と。良かったです。(あの一打で劣勢の流れが変わりましたね)今考えるとあの一打で流れを引き寄せられたのではないかなと思います。(今日の試合を受けて定位置獲りも見えてきたのでは)はい。沓掛さんも自分の中ではライバルなので、自分のできることをやってしっかりアピールしていきたいなと思います。(守備でも軽快なプレーがいくつもありました)元々は守備を買われてベンチに入っているので、いつも通りのプレーができました。(180度開脚、すごいですね)ありがとうございます。ファーストだとこれができるのは僕だけですね。(東大戦に向けて)いつも通りやることが重要になると思います。出番があれば、若い2年生らしくはつらつとしたプレーをしたいと思います。

 

Comments are closed.