慶應スポーツ新聞会

【野球】フレッシュリーグ 強敵相手に価値ある引き分け 対明大

5月15日(月)東京六大学野球春季フレッシュリーグ 明大戦

同点打を放ちガッツポーズの田中凌

 

明大

慶大

明大:伊勢、長江―橋本

慶大:杉原、岡野、石井、髙橋伶―嶋田

 

明大:北本1号ソロ(1回)

「選手の成長をすごい感じました」――1勝1敗で迎えたフレッシュリーグ第3戦は初回先頭打者ホームランで先行を許すも投手陣が粘り強く7回を2失点でまとめる。打っては田中凌馬(商2)の3安打など計9安打を浴びせた。引き分けという結果にはなったが強豪相手に互角の戦いを見せた。

最終回を守り抜いた髙橋伶

月曜開催となったフレッシュリーグ。今度の相手は実力選手の揃う明大。日曜日に先勝したリーグ戦の勢いに乗って「親子勝利」を目指した。慶大の先発は1年の杉原寛哉(総1)。いきなり先頭打者にホームランを浴びたがその後は140キロの速球と変化球を投げ分けて4イニングで許したランナーはホームランのバッターのみ。毎回の5三振を奪う好投だった。5回からマウンドに上がった岡野新二(商2)は1イニングで3本のヒットを浴びたが宮田皓(商2)の三遊間のゴロに飛びつく好プレーもあり1失点で食い止める。続く石井雄也(商2)、髙橋伶介(政2)も長打を許しながらなんとか無失点で凌いだ。

神宮初ヒットでタイムリーを打った大西健

一方慶大打線は1回に新人戦主将の亀川泰輝(商2)と嶋田翔(環1)に、2回には田中凌に、4回には宮田に、とヒットこそ出るものの、リーグ戦での登板も経験している相手先発・伊勢の前になかなか得点できない。5回に先頭の田中凌が右中間への二塁打でチャンスメイクすると大西健斗(環1)がセンター前へ運んでまず1点を返す。さらに6回は2死から宮田が粘って10球目を弾き返すと打球は三塁線を破ってツーベース。さらに死球をもらってチャンスを広げると田中凌が本日3本目のヒットをライト前に放ちついに同点に追いつく。規定の時間も迫る中最後の攻撃となるであろう7回裏は1死から亀川がセンターの頭を超える二塁打で勝ち越しの好機を作る。そしてクリーンナップの打順というところだったが、ここではあと一本が出ず連盟規定により7回打ち切りの引き分けとなった。

記事:尾崎崚登

 

◆監督・選手コメント

黒田奨貴新人監督(環4)

(今日の試合を振り返って)勝ちきりたかったですけど、6回に2アウトから1点取れたので、選手はよくやってくれたと思いますし、選手の成長をすごい感じました。(杉原投手が好投しました)東大戦で少し打ち込まれてしまって、紅白戦の結果を見て今日思い切って先発で使ってみようと思ったんですけど、気持ちの入ったピッチングをしてくれたなと思います。キャッチャーの嶋田もしっかりうまく連携を取りながら二人で4回1失点とよく抑えてくれたと思います。(投手陣が粘投を見せました)今日は投手陣が全員すごく頑張ってくれました。ただ長打を打たれているので、そこは直してもらえたらと思います。

(打線も9安打と活発でした)よく打ってくれたと思います。最後あと一本が出なかったんですけど、今後は常にそういう場面を想定して練習していこうかなと思います。

(田中凌選手が3安打と活躍しました)もともとすごく能力の高い選手なんですけど、なかなか春のオープン戦とかではあまり当たってなくて、紅白戦でいい当たりを打っていて、練習でもいいバッティングをしていたので今回起用しました。声でチームを引っ張ってくれる選手なのですごく盛り上げ役としてチームに貢献してくれてるなと思います。(粘り強い野球ができています)リーグ戦でも点数を取られても焦らないというか、自分たちはやることをやっていれば逆転できるというのがあると思うので、そこをフレッシュリーグでも今日はできたんじゃないかなと思います。(次戦の早慶戦に向けて)まず下級生はすごく頑張っているので、僕の力じゃ足りないかもしれないですけど、勝たせてあげたいなというのと、そのあとにリーグ戦でも早慶戦があるのでうまく勢いをつけられたらいいなと思っています。

 

田中凌馬(商2)

(今日の試合を振り返って)勝ちきれなかったのが残念ですけど、フレッシュリーグで勝ったところがリーグ戦でも大体勝ち点を取っていて、その点では引き分けでも負けなかったのは大きかったかなと思います。(初スタメンはいかがでしたか)緊張していたんですけど、楽しむしかないなと思って準備してきたので、実際楽しんでできてよかったです。(初ヒットから3打席連続ヒットでした)いつも打席の中で声を出すというのが僕のルーティンなんですけど、この前の打席ではそれができなくて、今日は声を出していつも通り入れたので、楽しむことができましたし、良かったなと思います。(ご自身のバッティングの持ち味は)僕は勢いを大切に、野球をやっているので、思い切りの良さじゃないかなと思います。(次戦に向けて)僕がまた打って勝てるように頑張りたいです。

 

杉原寛哉(総1)

(今日の試合を振り返って)負けなかったことは良かったと思います。でも、けっこう押していたとは思うので勝てたかな、という悔しさもあります。(東大戦ぶりの当番だったが)東大戦では不甲斐ないピッチングをしてしまい、自分の中で悔しい思いがあったので、今日の試合は絶対気持ちで投げ切ってやるという気持ちでマウンドに上がりました。(4回を1安打1失点のパーフェクトでした)トータルで見たらまあまあかなと思いますが、先頭のバッターにホームランを打たれて、先制させてしまったので。内容が悪くてもゼロで抑えるのが一番だと思うので、打たれたことには悔いが残ります。(4イニング全てで奪三振。決め球はありますか)基本的に相手バッターに合わせて投球してます。今日はまっすぐが走っていたので、(捕手の)嶋田と相談しながら、まっすぐで押しながら相手バッターに合わせて決め球を決めていこうと話していました。(自身の持ち味は)けっこう打たれることも多いんですけど、ランナーを出してからの粘りが僕の持ち味です。(次の早大戦に向けて)先発するかはわからないですけど、常に準備をして、早稲田には負けたくないので頑張りたいと思います。

Comments are closed.