慶應スポーツ新聞会

【ホッケー(女子)】まさかの苦戦。格下相手に1-0の辛勝/関東学生ホッケー春季リーグ VS横浜市立大

得点を決めた山崎

TEAM2018初めての勝利は、満足のいくものとはならなかった。今季1部に昇格してきた横浜市立大との一戦は、慶大が終始主導権を握るも得点を奪うことができない。最終4Q2分に、山崎ほのか(商4・慶應女子)のフィールドゴールでようやく得点を奪うと、その1点を守りきりなんとか勝利。上位進出をかけた次の早大戦に向けて、課題の見えたゲームとなった。

平成30年関東学生ホッケー春季リーグ Aプール

 

4/14(土) 11:15試合開始 @慶大日吉ホッケー場

 

 

1Q

2Q

3Q

4Q

合計

慶大

横浜市立大

 

 

スタメン

GK 杉山留菜(経4・慶應女子)

DF 冨田里沙(政4・東洋英和女学院)、三宅美紅(経4・慶應湘南藤沢)、西本明日美(政3・慶應湘南藤沢)、木崎渚早(経4・日比谷)

MF 児島沙也佳(経3・渋谷教育学園渋谷)、荒川理佳子(経4・慶應女子)、山崎ほのか(商4・慶應女子)

FW 雑賀水紀(経4・慶應女子)、内藤梓(政3・立川)、花田ともみ(政2・慶應湘南藤沢)

 

 

 初戦を落とし、上位進出へ後がない慶大。プール2戦目は、今季1部に昇格してきた横浜市立大と激突した。

 

DFとして出場する木崎

 1Q。試合開始早々からボールを支配する慶大は、相手陣でボールを回しながら好機を伺う。サークル内へ侵入するチャンスも見られたが、シュートまでは持ち込めず、なかなかいい流れを作れない。14分には、PCを獲得。主将三宅美紅(経4・慶應湘南藤沢)がシュートを打ち込んだが、ここは相手DFに阻まれ、先制とはならなかった。

 

 2Qと3Qも、主導権を握りながらも、得点に結びつけられない時間が続く。2Q5分には、花田ともみ(政2・慶應湘南藤沢)からのパスを起点にサークル内へ侵入すると、相手のファールを誘いPCを獲得。しかし、このチャンスでも三宅のシュートは枠外へと外れた。その後もサークル内へMFから打ち込みが入るも、なかなか相手ゴールを割ることができない。

 

新戦力として期待される西本

 3Qに入ると、徐々に慶大の攻撃のテンポが落ち始める。左サイドを起点に隙を伺うも、相手の粘り強いディフェンスを前にシュートまで持ち込めない。14分に荒川理佳子(経4・慶應女子)がサークル内へドリブルで切り込み2度シュート放ったが、ここでもネットを揺らすことはできず。互いに無得点のまま、最終クォーターへ向かう。

 

 迎えた4Q。2分、山崎が左サイドからサークル内へ切り込んで放ったシュートがゴールネットを揺らした。ようやく慶大がリードを奪う。続けて追加点が欲しい慶大だったが、終了間際は相手のペースに。立て続けにPCを2度与えるも、DF陣がなんとか粘りきり、リードを守りきった。

 

 まさに辛勝だった。手嶋聖奈監督が「どちらかというと持たされている状態」と振り返るように、ボールを長く持ちながらも、攻撃への組み立てが上手くいかない場面が目立った。致命的なミスこそ無かったものの、DF陣のボール回しでのミスなどが散見。スムーズに攻撃への流れを作ることができなかった。「ずっと流れが悪いままだったので、次に向けて修正しなければならない」(荒川)。格下の相手であっただけに、大量得点を奪うことができなかったことに、選手たちからも反省の声が聞かれた。

今年は副将を務める荒川

 次に控えるは、プール最終戦となる早大との一戦。チーム目標として掲げる「打倒早稲田」だけでなく、「関東リーグ上位」への進出をかけた重要な戦いとなる。今回のゲームで満足いく内容を残せなかっただけに、次戦の早慶戦で充実した結果を収めたい。

 

 

(記事:重川航太朗/写真:新池航平、髙橋春乃)

 

 

次戦 4/29(日) VS早大

 

13:00 試合開始 @早大東伏見グラウンド

 

◎関東学生ホッケー秋季リーグ Aプール 星取表・日程表(4月14日時点)

 

 

慶大

山梨学院大

横浜市立大

早大

勝ち点

得失点差

慶大

×

●0-9

○1-0

4/29

-8

山梨学院大

○9-0

×

4/28

5/4

横浜市立大

●0-1

4/28

×

5/13

早大

4/29

5/4

5/13

×

 

 

以下、コメント

 

手嶋聖奈監督

 

――今日の試合を振り返って

今日の相手の横市は今年2部から上がってきたチームでしたけど、油断をせずにやりきろうということでやってきました。1クォーターで1点という目標で望んだんですけど、結果的に1-0で、しかもその点もギリギリで取れた点だったので、結構厳しい試合だったなと思います。

 

――攻撃面ではどういった作戦で望みましたか

自分たちと同等のチームだとボールを持ちすぎてしまうことがあるんですけど、テンポ良く攻めることと前線でのプレスをしっかりとして前から攻めることを意識するようにしていきました。しかし、あまりテンポも良くなく試合が進んでしまったなと思います。

 

――テンポが上がらなかったのは、どういった原因だと思われますか

向こうの戦術もあったと思うんですけど、ボールのキープ率は高かった中で、どちらかというと持たされている状態でした。まだ自分たちは、持たされている中から組み立てていく経験が少ないので、そういった試合運びでテンポが上がらなかったと思います。

 

――なかなか得点が奪えなかったのも、テンポといったところが要因でしょうか

そうですね。必要以上にボールを後ろで回しすぎてしまって、前に繋がらなかったりして、リズムが悪くなったというところだと思います。

 

――今季注目している選手は

一人あげるのは難しいですね。FWで下級生は出ていても、MFやDFに下級生を出すのは難しかったりしていました。ただ、下級生もかなり力がついてきていて、学年関係なくどのポジションにも入って活躍しているので、そういった意味では、若い力に注目かなと思います。

 

――今年はどういったチームを目指したいですか

応援してもらえるチームにしたいです。慶應らしく、泥臭く試合をして勝って、応援してもらえるといいかなと思います。

 

――次の早大戦に向けて

上位に行くために落とさない試合になるので、もう一度、今回見えた課題を2週間で克服して望みたいと思います。

 

 

荒川理佳子(経4・慶應女子)

 

――今日の試合を振り返って

苦しい試合だったというのが正直なところです。クォーターに1点以上というのが目標だったんですけど、出だしが悪くて、悪い流れで最後まで行ってしまいました。最後に(山崎)ほのかが決めてくれから良かったですけど、ずっと流れが悪いままだったので、次に向けて修正しなければならないと思います。

 

――流れが悪くなってしまった要因は

前回の山学とは力の差があって、最初から「いけるっしょ」というような感じで入ってしまったというのが、全員に少しずつあったのかなと思います。

 

――パスが通らなかったり、なかなか得点が入らない時間が続きましたが

アウトレットのところはミスしてはいけない部分なんですけど、そこで焦ってしまってトラップミスが多くて、攻めの起点の部分から、自分たちで崩してしまって、得点できなかったと思います。

 

――終盤はかなり攻め込まれましたが

最後のところで気持ちが焦ってしまって、ディフェンスのミスでサークル内まで持ち込まれてしまったと思うので、足が動いていなかったというよりは一人一人の少しのミスが最後の危ないシーンに繋がってしまいました。

 

――けがの状態はいかがですか

医者にやっていいよと言われたので、やってます。休んでいたので、体力の部分は心配ですけど、痛みはそこまでではないです。

 

――今年副将を務めますが、チームの中でどういった役割を果たしたいですか

私はプレーが誰よりも上手いわけではないので、コミュニケーションだったり、みんなのことを視野広く見れるというところで副将になったと思うので、主将と連係を取って、後ろから支えられるような存在になれればと思います。

 

――次の早大戦に向けて

早稲田を目標にずっとやってきたので、今日の結果を受けて厳しい部分はありますけど、2週間でできることをやって、望みたいと思います。

 

 

山崎ほのか(商4・慶應女子)

 

――試合を振り返って

今日の目標としては、4点以上で圧勝するっていう目標だったので、結果としてはやっぱり1対0ということで、しかもそれが決まったのが最後だったのですごい苦しい試合でした。多分みんなが焦っていてあまり良くなかった試合だとは思うんですけど、勝てて良かったかなというふうに思います。

 

――攻撃の狙いは

全員で攻めるっていうことで、DFから展開をしっかりして、MFに落としてしっかりFWに、全員で攻めるっていうふうにやりたかったんですけど、うまくハマらなかったかなという感じがして、DFも焦ってしまっていつもできてることができていなくて、MFもうまくFWにつなげることもできず、FWもあまり攻められなかったと思います。

 

――自身の得点シーンを振り返って

あまり良くなかった試合ではあったんですけど、自分自身あのシュートは本当に最高に気持ち良かったかなと思います。

 

――今季の個人としての目標は

私自身昨シーズンからMFになっていて、もともとFWをずっとやっていたんですけど、たまにFWとして出ることもあるんですけど、今はMFとしてチームの中盤として後ろと前をつなぐっていう面で、次の試合が早稲田戦ということで絶対に勝たなければいけない試合なので、MFとしては後ろからのボールを前につなぐであったり、攻撃でも守備でもMFが要としてできればいいかなと思います。もしFWで出ることがあればもちろん得点ができたらいいなというふうに思います。

 

――次の試合に向けて

本当に絶対に勝たなければいけない試合であるし、私たちTEAM2018の目標のひとつである「関東リーグ1部上位」という面で、やっぱり勝たなければいけない試合なので、今日と前回の山学戦で出た反省をしっかり2週間後までに調整して合わせていかなければいけないと思うので、しっかり明日からまた練習始まるので、厳しく詰めていかなきゃなと思います。

Comments are closed.