慶應スポーツ新聞会

【野球】劇的な展開となった真夏の早慶戦に勝利!無傷の4連勝を飾る 早大

8月15日(土)東京六大学野球春季リーグ戦 早大戦 @明治神宮野球場

代打・橋本典が試合を決めた

新型コロナウイルスの影響によって、今までとは異なり、真夏に行われている東京六大学野球春季リーグ戦。ここまで3連勝と波に乗る慶大は、永遠のライバル・早大との一戦に臨んだ。3回表、2死三塁の場面で1番・新美貫太(政3・慶應)が早大エース・早川隆久(スポ4・木更津総合)の150キロの直球を完璧に捉え左翼席へと運び、2点を先制する。直後の3回裏、ここまで好投を続けていた慶大先発・増居翔太(総2・彦根東)が早大ルーキー・熊田任洋(スポ1・東邦)に真ん中高めの球を本塁打にされ、1点を失ってしまう。6回裏、内野ゴロの間に同点に追い付かれてしまい、嫌な雰囲気が流れたが、7回表、代打の藤元雄太(商4・慶應)がリーグ戦初安打となる本塁打を放ち、勝ち越しに成功する。7回裏からは慶大エース・木澤尚文(商4・慶應)を投入し、7回、8回と無失点で切り抜けるが、9回裏に痛恨の左前適時打を浴び、試合が振り出しに戻ってしまう。しかし、今季の慶大打線はここで終わらない。今季導入されているタイブレークによって無死一、二塁から始まる10回表。捕逸で無死二、三塁とすると、打席には、代打の代打・橋本典之(環3・出雲)。変化球をしっかりと引きつけて、右中間へ適時三塁打を放ち、慶大に勝利をもたらした。やはりどんな時でも簡単には終わらない早慶戦。この試合を勝ち切れたことは、明日の法大戦だけでなく、秋のリーグ戦にもつながるのではないだろうか。

 12345678910
慶大00200010025
早大00100100103

慶大バッテリー:増居、関谷、長谷部、○木澤、生井-福井

早大バッテリー:早川、柴田、●山下-岩本

慶大本塁打:新美1号2ラン(3回)、藤元1号ソロ(7回)

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[8]7新美貫太(政3・慶應)
1生井惇己(総2・慶應)
2[6]瀬戸西純(政4・慶應)
3[5]下山悠介(商2・慶應)
4[9]正木智也(政3・慶應)
5[7]萩尾匡也(環2・文徳)
4古川智也(環2・広島新庄)
6[4]宮尾将(商2・慶應)
H藤元雄太(商4・慶應)
8渡部遼人(環3・桐光学園)
7[3]嶋田翔(環4・樹徳)
H田口巧(政4・慶應)
H7橋本典之(環3・出雲)
8[2]福井章吾(環3・大阪桐蔭)
9[1]増居翔太(総2・彦根東)
1関谷航平(総4・川越東)
1長谷部銀次(総4・中京大中京)
1木澤尚文(商4・慶應)
H3廣瀬隆太(商1・慶應)

慶大ベンチは、リーグ戦初先発となる増居をマウンドに送った。初回、2死から安打を浴びるも無失点で切り抜ける。3回表、増居の好投に応えたい慶大打線は、7番・嶋田翔(環4・樹徳)のラッキーな投前内野安打と早大エース・早川の悪送球などで2死三塁の好機を作ると、打席には1番・新美。4球目の外角高めの150キロの直球を完璧に捉え左翼席に叩き込み、先制点を挙げる。勢いに乗りたい慶大であったが、直後の3回裏、先発の増居がルーキー・熊田に甘く入った直球を右翼席に運ばれ、早慶両校とも主導権をなかなか握れない展開が続く。

リーグ戦初先発となった増居

増居・早川の両先発左腕が好投を見せ、4回、5回はスコアボードに0が並んだ。この均衡を破ったのは早大だった。6回裏、先発の増居は先頭の瀧澤虎太朗(スポ4・山梨学院)に二塁へ内野安打を許すと、犠打で走者きっちりと送られてしまう。ここで、慶大ベンチは増居に代え、関谷航平(総4・川越東)をマウンドに送る。しかし、牽制悪送球によって走者の進塁を許し、内野ゴロの間に同点に追い付かれてしまう。

新美が先制の本塁打を放った

7回表、3回の新美の本塁打以降好機を作れていない慶大は、代打・藤元を打席に送る。すると、この堀井采配が的中し、藤元は2球目の甘く入った変化球を左翼席へと運ぶ。藤元のリーグ戦初安打となったこの本塁打は、試合の流れを引き寄せる価値ある一本となった。3対2と勝ち越して迎えた7回裏、慶大マウンドにはエース・木澤が登った。失策により走者を許すも、直球と変化球のコンビネーションを駆使して無失点に抑える。8回裏も味方野手の失策により走者を許してしまうが、エース・木澤は落ち着いていた。犠打を試みる5番・蛭間拓哉(スポ2・浦和学院)に簡単に犠打を決めさせず、2-1と追い込み迎えた3球目。気持ちのこもった球で一ゴロに仕留め、早大に得点を許さない。

代打起用に応えた藤元

このまま慶大が勝つかと思われた9回裏。野球の神様はそう簡単に慶大に勝利をもたらさない。ここまで好リリーフを見せていた慶大エース・木澤は、四球と犠打で2死二塁としてしまうと、打席には1番・金子銀佑(教4・早実)。4年同士の意地と意地がぶつかりあった対戦となったこの打席。勝ったのは、早大・金子だった。2球目を左翼前に運ぶと、二塁走者が本塁に滑り込み、3対3と同点に追いつかれてしまう。なんとか後続を断ち、今季特別に設けられたタイブレークを用いた延長戦へと試合は進んでいく。

※新型コロナウイルスの影響により、試合時間の短縮を余儀なくされた東京六大学野球春季リーグ戦では、今季のみの特別ルールとして、9回を終えて同点の場合、10回以降は無死一、二塁から始まるタイブレークが導入された。

10回表、捕逸により無死二、三塁の場面で打席には、代打の代打・橋本典。前の打者から合わせて9球目の変化球を上手く打ち、値千金の2点適時三塁打を放つ。この流れに乗りたい慶大だったが、後続が抑えられ、2点リードで10回裏を迎える。10回裏、慶大マウンドには生井惇己(総2・慶應)が登り、四球で1死満塁のピンチを招くも、続く打者を三振、投ゴロに抑え、試合終了。慶大は無傷の4連勝を収めた。

リーグ戦初先発となった増居、関谷、長谷部銀次(総4・中京大中京)、木澤、生井と必死の投手リレーを見せ、早大打線を3点に抑えた投手陣。最速155キロ左腕・早川から2本の本塁打を放つなど効果的に得点を挙げた野手陣。今日は投打が噛み合った勝利と言ってもいいだろう。もう、初戦の東大戦で苦しんだ慶大ナインではない。強い慶大ナインが神宮で輝きを放っている。明日の法大戦にも勝利し、昨年果たせなかった全勝優勝を決めてくれることは間違いないだろう。

試合を締めた生井

(記事:隅田一、写真:左近美月)

 

◆打撃成績

   12345678910
1[8]7新美中飛左本②二ゴロ中安三飛
1生井
2[6]瀬戸西見三振右飛三飛一ゴロ
3[5]下山二ゴロ遊ゴロ遊ゴロ遊ゴロ
4[9]正木右飛左飛二飛空三振
5[7]萩尾見三振遊失空三振
4古川二ゴロ
6[4]宮尾空三振空三振
H藤元左本①
8渡部遼三邪飛
7[3]嶋田投安遊ゴロ三ゴロ
H田口巧
H7橋本典右中3②
8[2]福井遊ゴロ遊ゴロ右安遊ゴロ
9[1]増居空三振空三振
1関谷
1長谷部
1木澤投ゴロ
H3廣瀬空三振

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
増居5 1/3227641221
関谷0 1/32900100
長谷部0 1/321110100
◯木澤3123712111
生井141401100

(新型コロナウイルス感染症対策のため、監督・選手コメントはありません)

Tagged as: , , , , , , ,

Comments are closed.