慶應スポーツ新聞会

【野球】6投手による継投の末、3時間半の激闘を制す 法大①

10月24日(土)東京六大学野球秋季リーグ戦 法大1回戦 @明治神宮野球場

適時三塁打を放ちガッツポーズをする瀬戸西

ここまで5勝1分と優勝争いをリードする慶大が法大1回戦に臨んだ。先発・木澤尚文(商4・慶應)は4回裏に先制適時打を許すも、5回1失点と試合を作る。6回表、1死一、二塁の場面に木澤の代打・植田響介(総4・高松商)の打球が相手の失策を誘い同点に追いつくと、7回表は無死満塁のチャンスに下山悠介(商2・慶應)が左犠飛を放ち勝ち越しに成功。9回表には瀬戸西純(政4・慶應)がダメ押しの2点適時三塁打を放ち、試合を決めた。投げては6投手による継投で法大打線をかわし、勝ち点1を積み上げた。

 123456789
慶大0000011024
法大0001000001

慶大バッテリー:木澤、渡部淳、長谷川、長谷部、関根、生井-福井

法大バッテリー:鈴木、●山下輝、落合、水澤-大柿、渡邉

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[4]宮尾将(商2・慶應)
2[8]渡部遼人(環3・桐光学園)
3[3]廣瀬隆太(商1・慶應)
4[9]正木智也(政3・慶應)
5[2]福井章吾(環3・大阪桐蔭)
6[5]下山悠介(商2・慶應)
7[7]若林将平(環3・履正社)
1長谷部銀次(総4・中京大中京)
1関根智輝(環4・城東)
1生井惇己(総2・慶應)
8[6]瀬戸西純(政4・慶應)
9[1]木澤尚文(商4・慶應)
H植田響介(総4・高松商)
R萩尾匡也(環2・文徳)
1渡部淳一(政2・慶應)
1長谷川聡太(経3・慶應)
7水久保佳幸(総4・慶應)

明治神宮球場には大勢の観客が訪れていた。ドラフト会議を2日後に控え、最後のアピールチャンスとなる大切な土日。優勝を目指すために、そして春のリベンジを果たすためにも負けられない法大との1戦を迎えた。共にドラフト1位での指名が予想される慶大・木澤、法大・鈴木昭汰(キャ4・常総学院)の先発とあって息の詰まる投手戦が予想されたが、意外にも互いに走者を許す展開となる。

5回1失点に抑えた木澤

2回裏、瀬戸西が好守備で木澤を助けると、4回表には法大の二塁手・高田桐利(経営2・広陵)が負けじと好守備で鈴木を救う。両投手の投球を内野手の気迫の守備が盛り立てる中、試合を動かしたのもまた、高田桐だった。4回裏、木澤が二塁打を許しピンチを招くと、打席に立った高田桐が甘い球を一閃。遊撃手の横を鋭く破る一打で二塁走者が生還し、先制を許してしまう。

植田は今後も勝負所での代打起用が予想される

1点を返したい慶大打線は6回表、2つの四球で2死一、二塁のチャンスを迎えると、堀井監督は木澤に代打・植田を告げる。植田の放った打球は深めの三ゴロとなるも、二塁封殺を狙った送球が逸れた間に、下山が本塁生還。思わぬ形で同点とする。直後の6回裏、無死一、二塁のピンチにリリーフしたのは明大2回戦で大活躍を見せた長谷川聡太(経3・慶應)。犠打で二、三塁とされた場面で福井章吾(環3・大阪桐蔭)が変化球を後ろに逸らし、三塁走者が本塁を狙う。間一髪のタイミングで福井が走者にタッチし難を逃れると、長谷川は打者を見三振に抑え、このピンチを切り抜けた。

明大2回戦に引き続き好投した長谷川

7回表、ピンチを凌いだ慶大にチャンスが訪れる。法大・山下輝(経営3・木更津総合)を攻め立て無死満塁とすると、下山の放った打球は飛距離十分の左犠飛。この試合初めてリードを奪うと、8回裏からは関根智輝(環4・城東)が今季初登板。春の法大戦で悔しい思いをした男が3三振を奪い、屈辱を晴らした。9回表には瀬戸西が点差を3点に広げる貴重な適時三塁打を放ち、最後は関根をリリーフした生井惇己(総2・慶應)がしっかりと抑え、3時間半を超える一戦を制した。

下山の犠飛で勝ち越した

大方の予想に反して継投勝負となった法大1回戦。勝敗を分けたのは四死球だろう。法大が11個の四死球を与えたのに対し、慶大はわずか3個。相手の強力投手陣に苦しめられながらも、四死球を足掛かりに得点を重ねた。また、粘り強く投げた投手陣の中でも長谷川の活躍が光った。リリーフで立て続けに2勝目を掴むなど、ブルペンに欠かせない存在になりつつある。明日の2回戦も苦戦が予想されるが、少ないチャンスをものにする集中力を発揮し、早慶戦へ弾みをつけてくれることだろう。

(記事:林亮佑、写真:澤田夏美)

 

◆打撃成績

   123456789
1[4]宮尾一直見三振中安四球中安併殺打
2[8]渡部遼一ゴロ遊ゴロ四球遊ゴロ四球
3[3]廣瀬空三振空三振四球四球捕邪飛
4[9]正木中安四球空三振左安右飛
5[2]福井一犠打一失遊ゴロ三安空三振
6[5]下山死球一ゴロ四球左犠飛①左安
7[7]若林空三振二飛空三振空三振
1長谷部
1関根四球
1生井
8[6]瀬戸西投ゴロ見三振四球空三振右中3②
9[1]木澤見三振空三振
植田三失
萩尾
1渡部淳
1長谷川
7水久保空三振四球

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
木澤5217854011
渡部淳0 0/32810100
◯長谷川12801000
長谷部131400000
関根1 0/352313100
生井141601100

◆選手コメント

瀬戸西純主将(政4・慶應)

3年生以下に頼りきりのリーグ戦だったのでここぞという場面で一本出て良かったです。
試合を通してチームの安打は少なかったですが、チームとして良い攻撃ができていたので、それがあのヒットに繋がったと思います。

東京六大学野球秋季リーグ戦順位表(10月24日時点)

 勝点勝率
1慶大76016.51.000
2早大750261.000
3明大84225.667
4法大72412.5.333
5立大71511.5.167
6東大80710.5.000

Tagged as: , , , , , ,

Comments are closed.