慶應スポーツ新聞会

【野球】投手陣の好投で、勝ち点0.5をつかみ取る!早慶戦へ、舞台は整った 法大②

10月25日(日)東京六大学野球秋季リーグ戦 法大2回戦 @明治神宮野球場

先週から調子を立て直した森田

緊張感あふれる投手戦だった。昨日、勝利を収めた慶大は連勝を目指して2回戦を迎えた。先発・森田晃介(商3・慶應)は初回から多彩な変化球が冴えわたり、6回途中までを1失点に抑える。森田の後を受けた長谷部銀次(総4・中京大中京)、長谷川聡太(経3・慶應)は無失点で、エース・木澤尚文(商4・慶應)へとバトンを託す。木澤は最速151キロの直球と鋭い変化球を駆使し、圧巻の投球で相手打線を寄せ付けなかった。投手陣の力投に応えたい打線だったが、2回に若林将平(環3・履正社)の適時打で1点を取って以降、チャンスを作りながらもあと一本が出ず、1-1の引き分けに終わった。

 123456789
法大0100000001
慶大0100000001

法大バッテリー:高田孝、鈴木-大柿

慶大バッテリー:森田、長谷部、長谷川、木澤-福井

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[4]宮尾将(商2・慶應)
2[8]渡部遼人(環3・桐光学園)
3[3]廣瀬隆太(商1・慶應)
R水久保佳幸(総4・慶應)
4[9]正木智也(政3・慶應)
5[2]福井章吾(環3・大阪桐蔭)
H植田響介(総4・高松商)
6[5]下山悠介(商2・慶應)
7[7]若林将平(環3・履正社)
8[6]瀬戸西純(政4・慶應)
9[1]森田晃介(商3・慶應)
1長谷部銀次(総4・中京大中京)
1長谷川聡太(経3・慶應)
H新美貫太(政3・慶應)
1木澤尚文(商4・慶應)

雲一つない秋晴れの中、色とりどりの風船が飛び交う。慶大が連勝で早慶戦へ弾みをつけるか、はたまた春季リーグ優勝の法大が意地を見せるか。穏やかな空の下、神宮球場では熾烈な戦いが繰り広げられた。

 

慶大の先発・森田は、多彩な変化球が冴え渡り初回を三者凡退で抑える上々の立ち上がり。しかし、2回に2死から安打を許すと、甘く入った変化球を打たれ、右中間への適時二塁打で先制される。

 

反撃したい打線はその裏、法大先発のドラフト注目右腕・高田孝一(法4・平塚学園)から2本の安打と失策で無死満塁のチャンスを作ると、打席には7番・若林。真ん中に入った直球を叩き目の覚めるような打球が遊撃手の横を抜け、すぐさま同点に追いつく。なおも無死満塁とチャンスが続き一気に畳み掛けたい慶大は、ここまで9打点とリーグ2位の打点を記録している瀬戸西純(政4・慶應)が打席へ。しかし、一ゴロを放ち本塁封殺。ここで二塁走者・下山悠介(商2・慶應)が三塁を飛び出し挟殺。さらに、一塁走者・若林が二塁を飛び出し挟殺。まさかの三重殺(トリプルプレー)でチャンスを潰してしまう。

若林の適時打で引き分けとした

だが、ここで流れを簡単に引き渡さないのが今季の慶大の強さだろう。攻守の入れ替わりの際にはすぐさま選手たちから「切り替えよう」といった声が響き、森田もその声に応えるようにその後の法大打線を三者凡退に抑えた。

 

試合はその後、投手戦の様相を見せる。慶大は6回途中に1死二塁のピンチを迎えると得意の継投策へ。長谷部、長谷川と1死ずつ抑え、相手に得点を与えない。投手陣の好投に応えたい打線だったが、3回以降立ち直りを見せた法大・高田孝を打ち崩すことができず、6回まで1人の走者も出すことができない。

 

7回、慶大はエース・木澤をマウンドへ送る。連投の疲れを感じさせない力強い直球と鋭い変化球で相手打線を封じ込める。木澤の登板に勇気をもらった打線はその裏、安打と四球で2死一、二塁のチャンスを作り、打席には第1打席に適時打を放った若林。芯を食った打球はレフト正面を突き、無得点に終わった。

2日連続の登板となった木澤

しかし、その後も木澤は相手打線を寄せ付けない投球を披露する。3回で4つの三振を奪う力投。まさに木澤の投球が神宮球場を支配したようだった。何とか木澤の投球に応えたい打線は、9回裏に四球と内野ゴロで2死二塁とサヨナラのチャンスを作る。ベンチは植田響介(総4・高松商)を代打に送る。3球目を振り抜き、安打性の打球がライトへ。サヨナラかと思われたがまたもや正面を突いて試合終了。惜しかった慶大、引き分けで勝ち点0.5を獲得した。

 

引き分けには終わったものの、これ以上ない素晴らしい試合だった。もちろん打線は投手陣の力投に応えたかったが、今日の高田孝、鈴木昭汰(キャリア4・常総学院)を打ち崩すのは容易ではなかっただろう。しかし、好投手を前にしても幾度もチャンスを作り、ヒット性の当たりが出ている。スタメンに復帰した若林の打撃の調子も良さそうで、早慶戦に向けて期待ができそうだ。早大エース・早川隆久(スポ4・木更津総合)を打ち崩すためにも最善の準備を整え、第1戦で勝利して優勝を決めたい。

(記事:菊池輝、写真:青木満智子)

 

◆打撃成績

   123456789
1[4]宮尾空三振中飛二ゴロ遊ゴロ
2[8]渡部遼左飛投ゴロ中飛二ゴロ
3[3]廣瀬遊ゴロ二飛中安四球
水久保
4[9]正木中安左飛三ゴロ遊ゴロ
5[2]福井左安投ゴロ空三振
植田右飛
6[5]下山一失一ゴロ振逃
7[7]若林左安①一ゴロ左飛
8[6]瀬戸西三重殺見三振空三振
9[1]森田空三振
1長谷部
1長谷川
新美空三振
1木澤投ゴロ

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
森田5 1/3208023311
長谷部0 1/32600100
長谷川0 1/32800100
木澤3103524000

◆選手コメント

 若林将平(環3・履正社)

犠牲フライでもいいと思って打席に立ち、ストレートを狙って思い切って打つことができました。前の試合で良いところがなかったので、貢献できてよかったです。

東京六大学野球秋季リーグ戦順位表(10月25日時点)

 勝点勝率
1慶大860271.000
2早大85036.51.000
3明大84225.667
4法大82423.333
5立大81522.167
6東大80710.5.000

Tagged as: , , , , , ,

Comments are closed.