慶應スポーツ新聞会

【野球】山﨑錬逆転タイムリー!!僅差で逃げ切り慶大が先勝 法大①

7回1失点の好投を見せた竹内

9月24日(土) 慶大-法大 一回戦

東大との開幕カードを連勝で飾り、幸先の良いスタートを切って迎えた慶法一回戦。5回表に先制を許す嫌な展開も、その裏に山﨑錬(商3)のタイムリー二塁打ですぐさま逆転。このリードを竹内大(環3)、福谷(理3)の継投で守り抜き逆転勝利。開幕3連勝とした。

   
法大
慶大 ×
慶大:○竹内大、福谷-阿加多

法大:●三上朋、吉越、三嶋-原田

慶大出場選手

  ポジション 選手名(学部学年・出身高校)
[7] 影山(総3・鎌倉学園)
  [H] 鈴木裕(商3・慶應)
  [R]8 松本大(環2・桐光学園)
[4] 金田(政4・土佐)
[5] 山﨑錬(商3・慶應)
[9] 伊藤(環4・中京大中京)
[3] 伊場(政4・慶應)
  [3] 神田(経4・慶應志木)
[8]7 宮本(政4・慶應)
  [H] 渡邊暁(商2・慶應)
  [7] 藤本(環1・慶應)
[2] 阿加多(法3・慶應)
[6] 福富(商3・慶應)
[1] 竹内大(環3・中京大中京)
  [1] 福谷(理3・横須賀)
開幕カードの東大戦では2連勝を飾った慶大。打撃陣は2試合連続2ケタ安打を放ったものの、なかなかチャンスで得点を奪うことができなかった。今カードではチャンスで効率良く得点することができるかどうかが勝敗を分けるポイントになりそうだ。

慶大の先発は開幕戦で勝利投手となった竹内大(環3)。対する法大の先発は三上朋。

竹内大は抜群の立ち上がりを見せる。初回に2番岩澤に安打は許したが、その後4回二死まで一人の走者も出さない圧巻のピッチング。直球、変化球ともに低めに制球され、相手打者に的を絞らせない。

最初にチャンスをつかんだのは慶大。3回裏、この回先頭の阿加多(法3)がチーム初安打となる中前打で出塁すると、続く福富(商3)が四球。竹内大がきっちりと送り、一死二、三塁とし、ここで迎えるのは1番影山(総3)。犠飛でも1点が入る場面だったが、影山の打球は浅い左飛、三塁走者をホームに迎え入れることはできない。続く金田(政4)も二塁ゴロに倒れ、先制点は奪えなかった。

4回裏にも慶大にチャンスが訪れる。山﨑錬(商3)の安打と伊藤(環4)の四球でつくった二死一、二塁のチャンス。ここで阿加多の放った高く跳ねた打球は投手の頭上を越え、二塁手のもとへ。オールセーフとなるかに見えたが、法大・二塁手の高木悠がすかさず三塁に送球。塁を飛び出していた山﨑錬が三本間に挟まれタッチアウトとなり、自らチャンスの芽を潰してしまう。

3試合連続打点の山﨑錬

得点圏に走者を進めながらも先制点が奪えない展開で、逆に慶大はこの試合初めてのピンチを迎える。一死から土井に安打で出塁されると、次の打者の場面で暴投。走者を一気に三塁まで進められてしまう。何とか二死までこぎつけるものの、二死三塁から相手先発の三上朋に中前適時打を放たれ、慶大がチャンスをつくりながらも奪うことができなかった先制点をあっさりと許す。

反撃に転じたい慶大の5回裏の攻撃。一死から竹内大、影山の連打で一死一、二塁と再び得点圏に走者を進める。金田が三振に倒れ二死となるも、続く山﨑錬の右中間をやぶる適時二塁打で二人の走者が還り、すぐさま逆転に成功。これまでチームの窮地を何度も救ってきた男が今日も期待に応えた。

好投を続ける竹内大は7回表に再びピンチを迎える。一死二塁から土井の放った遊撃への打球が二塁走者と重なり福富が後逸、一死一、三塁とされる。しかし竹内大は落ち着いたピッチングで次の打者を三塁ゴロ併殺打に打ち取り、最高の形でピンチを切り抜けた。

慶大は逆転したあとも何度も走者を得点圏に進めるが、いい当たりが野手の正面を突く不運もあり、結局追加点を奪うことができず試合は9回へと突入する。

最後は福谷が締めた

最終回のマウンドには8回から先発・竹内大のあとを引き継いだ福谷(理3)がそのまま上がる。この回先頭の多木に安打を許したが、その後簡単に二死を取り迎える打者は原田。あわや本塁打という特大ファールを打たれたものの、福谷は冷静さを失うことは無く、きっちりと三塁フライに抑え、辛くも2-1で逃げ切った。

この試合も10安打を放ちながら11残塁と効率良く点数を重ねることはできなかったが、苦しい試合展開でも勝利できているのはチーム力が高いことの証明でもある。明日は打線爆発の大量点で気持ち良く勝ち点を取ってもらいたいところだ。

By Yui Furuya

選手のコメント

阿加多

(今日の試合を振り返って)苦しい展開だったが、勝ててよかった。(安打を2本放ったがバッティングの調子は)調子自体はそんなによくはないんですけど、なんとかヒットがでているという感じです。また最後チャンスでの打席だったがヒットを打てなかったので、チャンスでのバッティングをしっかりやっていきたい。(竹内投手とどのような打ち合わせをしたか)法大ということを意識せず、いつも通りのピッチングをすれば打たれないと思っていた。大助が投げやすいようにしました。(明日の2回戦に向けて意気込みを)どんな形でもいいので、とりあえず勝つということを一番に考えて、また明日やっていきたい。

影山

(今日の試合を振り返って)ヒットは多かったんですけど、まあ勝ててよかったです。負けゲームだったんで。(5回までは我慢の展開でしたが先制された後の打席にどんな気持ちで入ったんですか)前の2打席目ですごい力が入って凡退してしまったので、力を抜いて普通に気楽な感じで周りのことは何も考えないで自分の打撃をすることだけ考えていました。(東大2回戦に続いてスタメンですが)調子がいいから使ってもらえているんだと思うので、なるべくこの調子を維持して試合に使ってもらえるようにしたいです。(1番バッターとして意識していることは)とにかくヒットじゃなくてもエラーでもなんでも良いので塁に出ることを意識しています。(明日の意気込みをお願いします)明日も勝って2連勝で勝ち点を取りたいです。

竹内大

(法政戦を迎えるにあたって)勝つしかないと思っていた。勝ててよかった。(今日も目立つピンチがほとんどなかったが)守備陣がよかったからだと思う。(6回に牽制死、ブロックサインと投球以外のプレーが多かったが)狙い通りにランナーを殺せてよかった。ブロックサインは自分たちで考えてやった。(打撃では2本のヒット。同点のホームもふみましたが)まあそれはたまたまですよ。(次回の投球への意気込みは)次も勝つしかないので、頑張ります。

福谷

(今日の試合を振り返って)勝てて良かった。(9回、ラストバッターに特大ファールを打たれた時の心境は)観客は喜んでいたがファールはファールと思って切り替えて投げた。(法大打線相手に心がけていることは)個々の能力は高いので流れに乗せないように注意している。

福富

(今日の試合を振りかえって)チャンスはいっぱいあったが、それを決めきれなかったというのが次の試合の課題。(オフシーズンに取り組んできたことは)守備、走塁がチームのテーマだったので、エラーしないということだったが今日はやってしまった。今のところ変なエラーはないので成果は出ている。(7回の守備では)ランナーとかぶってしまって、自分は当たったと思ったが、判定は違った。(打撃に関してはヒットが出ているが)ちょっと調子は落ちていたが、いまあがってきた感じなので明日もヒットを打ちたい。(今季の目標は)チームとしては優勝して東洋大が出てくるかわからないがリベンジしたい。個人的には春よりも成長した成績を残したい。

山﨑錬

(今日は2-1というロースコアで何とか逃げ切ったが)チャンスをつくってもなかなか点が入らない厳しい展開だったんですけれども、点を取られたあとすぐに取り返せたのはよかったと思います。取られ方もあまり良くなくて、ランナー出してから自分達のミスで塁進めて、それで一本ピッチャーに打たれたので、あれは本当にもったいなかったかなと思いますね。(そのような試合展開で貴重な逆転タイムリーツーベースを打ったが)その前の金田さんが三振で、自分が何としても打たないとっていう気持ちで、絶対打てるって言い聞かせて打席に入りました。(3安打2打点という結果から試合を振り返ると)一戦目はそのカードを本当に大きく左右するので、なかなかチャンスをものに出来ない苦しい試合展開でしたけども、何とか勝ちきれたっていうのはひとつの収穫だと捉えて、次に反省をいかして明日の試合も何とか勝ちたいなと思います。(猛打賞だがバッティングの調子は)東大戦が終わって、東大戦はあまり良くなかったので、自分の中では全然調子が良くないなかでたまたまヒットになったっていう形だったんで、もう一回打撃フォームとかを考え直して、それで法政戦に挑んだんですけど、その中でしっかりと結果を残せたのは良かったです。これを継続して打撃を磨いていきたいなと思います。(明日への意気込みは)明日はとにかく連勝して、明治戦も控えているので、いい形で勝って、2連勝したいです。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.