早慶戦

庭球女子

【庭球(女子)】課題の残る結果に/早慶対抗庭球試合

2日間にわたって行われた早慶対校試合庭球試合。全国に返り咲きたい慶大は、早大を前にシングルス・大橋麗美華(総4・光明学園相模原)の1勝に終わり1-6で敗戦。課題が残る結果となったが、夏以降に向けて大きな収穫になったとも言えるだろう。
庭球男子

【庭球(男子)】主将が決めた!早慶戦2連覇達成!/早慶対抗庭球試合

昨年26年ぶりの優勝を掴み取った慶大。その栄冠を手放さないために戦う慶大はダブルスでは1ー2と劣勢を強いられるが、2日目のシングルスでは勝利を重ね、最後は主将下村亮太朗が部員やOBに見守られる中勝利し、2連覇を達成した。
男子ラクロス

【ラクロス(男子)】早慶戦3連覇に「思い残すことはない!」 藤岡・田代ら4年の躍動で六大戦の雪辱果たす 岩城&大類は鮮烈早慶戦デビュー/第32回早慶ラクロス定期戦

早慶ラクロス定期戦(以下、ラクロス早慶戦)。その観客動員数の多さと注目度の高さゆえに、国内最大規模とも呼び声高い伝統の一戦が、今年も日吉陸上競技場で開催された。勝負の行方を一目見ようと大勢の観客が集まり、会場は立ち見が続出するほどの超満員。...
女子ラクロス

【ラクロス(女子)】秋山・澤田・三好・藤岡、計4人のハットトリックで大逆転勝ち!早慶戦4連覇を果たす/第32回早慶ラクロス定期戦  

慶大は序盤、攻撃の流れを作れずまさかの4連続失点。悪い流れが続く第1Q残り30秒、慶大の絶対的エース・秋山美里(環3・日本大学)のゴールで1―4とする。続く第2Qでは、5点目を許すも、秋山美が10分にゴールを決めるとドローから澤田彩子(文3...
端艇

【端艇】序盤抜けるも追いつけず 3連覇ならず/第93回早慶レガッタ 対校エイト

空一面に雲が覆い、雨の予感がする中行われた早慶レガッタ・対校エイト。第二エイトでの勝利に沸き、連覇に向けて早大に挑んだ慶大は桜橋手前で追い上げを見せるも、早大に一歩及ばず。1秒の差で惜敗した。
端艇

【端艇】女子エイト・勝利ならず、第二エイト・3連覇達成!/第93回早慶レガッタ

夏の訪れを感じさせるような暑さの中行われた第93回早慶レガッタ。今年の女子対校は3年ぶりにエイトで行われ、35年ぶりの勝利を目指すも早大の壁は高く敗退。一方、第二エイトは序盤からのリードを終盤突き放す形で3年連続の勝利を飾った。
端艇

【端艇】早慶レガッタ直前!対校エイト選手コメント集/第93回早慶レガッタ

4月21日に今年も開催される早慶レガッタ。今年の慶大は連覇をかけて戦う。今回は早慶レガッタ当日に配布予定の新聞に載せきれなかった対校エイト出場選手のコメント全文と第二・女子エイト出場選手のコメントを2日に分けて掲載。1日目は対校エイト選手の...
空手

【空手】4年生の背中を追い一体となり掴んだ勝利 連勝を果たす/第82回早慶空手定期戦

昨年の勝利から早くも1年が過ぎ、慶大は連覇を懸けて1年の集大成ともなる早慶戦に臨んだ。例にもれず最後まで拮抗した展開を見せた大学組手だったが、見事な集中力で最後は勝ち切り4年生は有終の美を飾った。12月5日(日)第82回早慶空手定期戦 @早...
バスケ男子

【バスケ(男子)】前半競るも後半に離され敗戦 それでも1部早大相手に熱戦を繰り広げる/第81回早慶バスケットボール定期戦

今年も代々木で熱い一戦が行われた。多くの観客が集まり、声援を送る中、早慶戦が幕を開けた。慶大は前半、強豪早大に一歩も譲らない熱戦を繰り広げ、35-37で折り返す。このまま食らい付き、逆転したいところだったが、後半、早大の前に徐々に点差を付け...
バスケ男子

【早慶戦前 9部門横断対談①】期待の下級生 アイスホッケー×バスケ×水球

6月17日のスケート部ホッケー部門の早慶戦にはじまり、7月7日の早慶クラシコまで華の早慶戦が毎週行われる。早慶戦を控えた5部活9部門の選手たちに今の思いをインタビュー!かつてない規模での横断対談をお届けする。
應援指導部

【應援指導部】すべては「打倒早稲田」のために 企画に応援、執念の4時間/早慶戦前 総合練習

いよいよ週末に控える早慶戦。応援席が完全に復活し、期待と不安を抱え、吹奏楽団・チアリーディング部の全部員が参加する総合練習が行われた。今回の総合練習から1年生も参加。これまでとは規模の違う絶対に負けられない一戦に備え、当日の試合前後の企画や...
應援指導部

【應援指導部】応援企画責任者対談 ~蘇る本来の早慶戦!応援とは「感情を揺さぶるもの」~

来たる早慶戦に向けて、応援全体をマネジメントする役割を担う応援企画責任者の3人にお話を伺った。今までと違い、観客と一緒に盛り上がれる早慶戦に向けた難しさや期待感をありまま対談してくださった。現在は「切り替え時で転換点」であり、新しいことに取...
應援指導部

【應援指導部】キャンパスを熱気に包む応援合戦!慶早戦の訪れを感じる/慶早合同デモンストレーション

真夏日を観測した東京。その暑さに負けないくらい熱い慶早合同デモンストレーションが三田キャンパスで行われた。2限が終わり校舎から出てきた学生が徐々に集まり、應援指導部、早大応援部を取り囲むように参加。先週末に明大の優勝が決まってしまったが、早...
男子ラクロス

【ラクロス(男子)】雨にも負けず、大量得点で勝利!早慶戦2年連続完全優勝/第31回早慶ラクロス定期戦

第1クオーターは藤岡凜太(法3・慶應)の先制点から始まった。その後も主将塩原健司(法4・慶應)などの活躍もあり、第3クオーターまでに7−3まで突き放す。最終クオーターでは当初から懸念されていた雨が降り始めたが、慶大はそれに惑わされることなく...
女子ラクロス

【ラクロス(女子)】宿敵相手に2桁得点!今年も早慶戦連覇/第31回早慶ラクロス定期戦

連覇を狙う慶大は先制点を決めると勢いをつけていく。第二クオーターには秋山美里(環2・日本大学)の活躍で一挙5点を奪い4点リードで前半を終える。後半は両者激しい衝突が続き、同じ4点リードで迎えた最終クオーター、ここから早大の猛攻を受け4点を奪...
庭球男子

【庭球(男子)】王者を圧倒!26年ぶりの快挙達成/早慶対抗庭球試合

慶大は昨年の全日本大学対抗テニス王座決定試合(王座)の決勝でも早大と対戦し敗戦。その時のリベンジを果たすべく臨み、ダブルス・シングルス共に王者を圧倒し、7-2で勝利した。春の早慶対抗庭球試合での勝利は26年ぶりの快挙。主将の藤原智也(環4・...
庭球女子

【庭球(女子)】熱戦を繰り広げるも結果は1-6で敗戦/早慶対抗庭球試合

2日間にわたって行われた早慶対校試合庭球試合。全国王者・慶大は、早大の前にシングルス・大川美佐(環4・法政二)の1勝に終わって1-6で敗戦。課題が残る結果となったが、同時に大きな収穫を得た2日間となった。
端艇

【端艇】圧勝で昨年の雪辱果たす/第92回早慶レガッタ 対校エイト

晴天の霹靂(へきれき)、急な雷雨が隅田川を襲うも対校エイトの開始時刻が近づくと雨脚は弱まり晴天が戻った。対校エイト終了後には再び雨が降り、まさに両校クルーのためともいえる一時の晴天のもとで行われた早慶レガッタ。慶大はプラン通り序盤から優位に...
應援指導部

【神宮塾生動員プロジェクト】野球部×應援指導部 「早慶戦文化」を取り戻すために(後編)

コロナ禍での無観客開催などの影響で、早慶戦を知ってはいるが実際には行かない。そんな塾生が増えてきている。「慶應らしさ」が最も感じられる場所である早慶戦にみんなで行き、一緒に応援するという文化を取り戻すために、野球部と應援指導部が「神宮塾生動...
野球イベント・その他

【神宮塾生動員プロジェクト】野球部×應援指導部 「早慶戦文化」を取り戻すために(前編)

神宮球場への塾生の動員を増やすため、野球部と應援指導部が「神宮塾生動員プロジェクト」を立ち上げた。早慶戦という文化を肌で感じている両部員の取り組みや理想像に迫る。
タイトルとURLをコピーしました