関東大学バレーボール

バレー戦評

【バレーボール】有言実行で1部復帰!フルセットに及ぶ接戦を制す/秋季関東大学男子バレーボールリーグ戦 1部2部入替戦vs国際武道大

待ち望んだ入替戦――。奇しくも相手は、悔し涙を飲んだ日と同じ国際武道大。慶大は春の入替戦で負けたリベンジを果たすべく、序盤から気合十分で試合に臨んだ。意識せずとも必要以上に力が入る第1セットだが、その幕開けはなんと2連続サービスエース。好調...
バレー戦評

【バレーボール】安定の試合運びで快勝!2部優勝を決めた/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第11戦vs立正大

9月から始まった秋季リーグ戦もついに最終戦を迎えた。前日の青山学院大との大一番に勝利し上り調子の慶大は、今試合も勝って笑顔で終わりたい。第1セットは連続サービスエースも飛び出すなど、序盤から気迫に満ちた好プレーが多く見られた。第2セットに入...
バレー戦評

【バレーボール】慶大らしいプレーで、順位を左右する大一番を勝ち切った!/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第10戦vs青山学院大

この日、慶大は同じくこれまで一敗同士の青山学院大との一戦に臨んだ。順位を左右する大一番ということで序盤から両校ともに気迫のこもったプレーが見られた。慶大らしい攻撃的なバレーで第1・第2セットを連取するも、ここで終われない青山学院大も意地を見...
バレー戦評

【バレーボール】実力伯仲の好勝負も悔しさ募るフルセット負け/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第8戦vs国士館大

前日の法大戦に勝利し勢いに乗る慶大は、この日国士館大との一戦に臨んだ。第1セットは終始相手に押されるかたちで、こちらのミスも響き大差で落としてしまう。しかし、そこから切り替えて徐々に慶大らしい攻撃を展開し、第2・第3セットを連取。そのまま勝...
バレー戦評

【バレーボール】セットを取られるも、対応力の高さを見せつけ勝ち星をあげる!/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第7戦vs法大

リーグ戦は後半戦に突入。これまで負けなしと順調に勝利を重ねる慶大は、この日未だ一敗と上位チームである法大との一戦に臨んだ。相手が本領を発揮する前に取り切った第1セットだったが、徐々に調子をあげてきた相手に大差で第2セットを落としてしまう。し...
バレー戦評

【バレーボール】サーブで魅せた!開幕6連勝でリーグを折り返す/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第6戦vs亜細亜大

秋季リーグ戦も早いもので半分が終了。前半戦のひとつの山場と捉えていた亜細亜大との一戦もチーム一丸となって、力の差を見せつけ勝利した。第1セットの入りから雰囲気良好で試合は進み、第2・第3とセットを重ねるごとに攻撃と守備の連携も強固なものにな...
バレー戦評

【バレーボール】ブロックが要所で機能し、ストレートで勝ち切った!/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第5戦vs山梨学院大

これまで負けなし4勝と波に乗る慶大は、この日山梨学院大との一戦に臨んだ。第1セットは押さえるべき点を取り切り、僅差ながらも逃げ切った。第2・第3セットはリードを許す場面はありつつも、慶大の武器である高さのあるブロックが要所で機能し得点を重ね...
バレー戦評

【バレーボール】慶大らしい攻めのバレーで、見事ストレート勝利!/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第4戦vs大東文化大

前日に選手たちが語った意気込みどおり、序盤から慶大らしいプレーを仕掛けていった。第1セットからコート内もベンチも一体となって盛り上がり、雰囲気良好で試合は進んだ。続く第2セット・第3セットにおいても、全員が攻めの姿勢を崩さず慶大の流れを作り...
バレー戦評

【バレーボール】ミスもうまく修正し、ストレート勝利を飾る!/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第3戦vs平成国際大

2022FISUビーチバレーボール世界大学選手権に出場していた安達龍一(環4・洲本)がチームに合流し、攻撃面においても守備面においても更に強化された慶大。第1セットはタッチネットなどのミスも見られ、思うように攻められずデュースにもつれ込むも...
バレー戦評

【バレーボール】フルセットの辛勝で、開幕2連勝!/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第2戦vs中央学院大

前日の試合後のインタビューで選手から苦戦が予想されるとの声があった今試合。果敢にサーブやスパイクで攻めてくる中央学院大に対し、慶大もサーブ&ブロックで自分たちのバレーボールを展開するも、終始流れを奪い合う展開に。フルセットに及ぶ接戦を制した...
バレー戦評

【バレーボール】流れを引き寄せ、開幕戦ストレート勝利!/秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 第1戦vs明治学院大

勝負の秋。全勝優勝・1部復帰という目標を掲げた慶大の負けられない戦いがついに幕を開けた――。初戦の相手は明治学院大。序盤から新戦力の1年生・入来晃徳(環1・佐世保南)が躍動し、危なげなく第1セットを先取。第2・第3セットも自分たちらしいバレ...
タイトルとURLをコピーしました