慶應スポーツ新聞会

【女子テニス】昨年二位の強豪撃破で上位進出に弾み!関東学生リーグ・亜大戦

インカレのリベンジを果たした池田(左)と西本(右)

9月6日に行われたリーグ戦第二戦で、慶大女子庭球部が昨年全国準優勝の亜大から勝利をもぎ取った。初戦で強豪校・専大から4-3の僅差で勝利を収めた慶大。その第二戦の相手は昨年同大会で専大と熾烈な二位争いを繰り広げ、全国大会の王座決定試合でも女王早大に次いで準優勝に輝いた実力者集団、亜大だ。厳しい戦いが予想されたが、慶大は自信をもつダブルスでまず二勝。さらに下位シングルスの藤岡(総2=福島市立高)、坂元(政1=湘南工科大付属高)の激闘により計四勝をあげ、王座進出に向けさらなる前進を果たした。

 

9月6日 関東学生テニスリーグ@有明テニスの森公園

第2戦 

大4-3亜大

 
D1 池田・西本 ○6-4,6-3 伊波・山本
D2 宇田川・藤岡 ○6-1,6-1 伊藤・松本
S1 西本恵 ●2-6,4-6 山本翔子
S2 池田玲 ●4-6,3-6 伊波佳苗
S3 宇田川彩 ●7-6(4)、3-6,5-7 伊藤優花
S4 藤岡莉子 ○6-0,6-2 安野聡美
S5 坂元君佳 ○6-3,5-7、6-2 松本千広
 

池田(左)は意表を突くストレートでエースを連発 

 

8月25日に行われた全日本学生選手権では慶大擁する最強ルーキーペアの池田(環1=富士見丘高)・西本(総1=岡山学芸館高)が、亜大の山本・伊波組に敗れており、厳しい力の差をどう越えるかが課題であった。しかしプレッシャーのかかるD1の場面で、チームの声援が若い二人の背中を押す。苦しみながらも6-4で第一セットを競り勝つと、続く第二セットでは二人らしい勢いあるプレーが炸裂。セットカウント2-0でストレート勝ちを収めチームに勢いを還元する。また、D2でもベテランの宇田川(政4=国府台女子学院高)・藤岡が第一戦での敗北を払拭する大健闘。ミスも少なくまとめ、6-1,6-1のストレートで勝利した。

ここで波に乗った藤岡はシングルスでも見せ場を作った。S4で登場すると巧みなコートカバーと打点の高いストロークで相手の追随を許さず、6-0で先取。さらに続く第二セットでも強打と球足の長いロブを織り交ぜて多彩な攻撃パターンを展開し、終始主導権を握ったまま6-2でこの日二勝目を挙げた。

初出場の坂元がこの日の勝敗を決定づける大健闘

 

S6にはリーグ戦初出場の一年生、坂元が登場。第一セット序盤は競ったポイントを落とし、さらにリターンでも苦戦を強いられ、2ゲームのビハインドを負う。しかしその後堂々とした振り抜きでラリーの主導権を握ると、サービスゲームから流れを掴み6-3で先取した。続く第二セットでも軽やかなフットワークでコートを支配し、球足の長いボールで相手を走らせたが、次第にミスが出て相手に挽回のチャンスを献上。シーソーゲームの展開で競り負け、5-7でファイナルセットへと突入した。体力的に両者とも厳しい状況に置かれた第三セット、より粘り強くプレーしたのは坂元だった。6-3で相手を突き放し勝利を勝ち取ったが、これがこの日の勝敗を決定づける一勝となる。

 

 

 

驚異の巻き返しを見せた宇田川

S3の宇田川は男子のようにパワフルなショットを繰り出す伊藤と対戦。互いに一ゲームずつ取り合って進んだ第一セットはタイブレークに突入する。リードを奪ってチェンジコートを迎えると、そのままこのセットを奪取。しかしその後は相手の角度のある揺さぶりに対応しきれず1-4と大きく離されてしまう。なんとかサービスキープで3ゲームを奪ったが、3-6となってこの試合もファイナルセットへもつれこんだ。ここで宇田川はロブなどを多用する緩急あるラリーで相手を崩しにかかるが、要所で決めきれず相手にポイントを許す。リターンでも苦戦し、相手を追う展開が続くと5-5と追いついた場面でもチャンスで力み、その後の2ゲームを奪われて敗れた。

 

 

 

 

追い上げを見せるも、要所で焦りが出た池田

S2の池田は攻撃的なプレースタイルの伊波に挑んだ。池田はダブルスでも見せる前がかりなショットに加え、辛抱強いラリーでもポイントを狙う。しかし攻撃を仕掛けるタイミングが合わず、逆に隙をつかれて4-6,3-6で敗れてしまった。

S1西本はインカレシングルス準決勝と同じ、山本と対戦。ダブルスではインカレでの勝敗を覆しており、ここでも雪辱を期して臨んだが、今ひとついつもの冷静さを欠いて3-6で第一セットをおとす。第二セットではやや調子を取り戻し、サービスゲームではラブゲームキープする場面も。お互いにミスが見られ、どちらに転ぶかわからない展開となったが、ここで山本がインカレ準優勝の勝負強さを見せ、4-6でゲームセット。リベンジは果たせなかった。

好調に滑り出した対亜大戦だったが、それでもシングルス上位組では亜大が地力を見せつけ三勝。ダブルスでの勝利や今大会好調の藤岡、そして死闘を制した坂元のもたらした勝利がチームを王座へと一歩近づけた結果となった。次なる一戦は永遠のライバルであり大学女王の早大だ。専大、亜大と強豪校を続けて下し波に乗る慶大庭球部がどこまで通用するか。選手たち一人一人の戦いから目が離せない。

(文・写真 伊藤明日香)

 

◆フォトギャラリー

 

前掛かりな攻撃を見せた池田

高い打点からたたきつけた藤岡

バックハンドでは体全体で回転をかけたロブで相手を走らせた藤岡

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.