慶應スポーツ新聞会

【野球】天敵澤田圭攻略ならず 秋も立大初戦は黒星 立大①

9月27日(土) 立大1回戦

山本泰のランニング本塁打で反撃するも・・・

山本泰のランニング本塁打で反撃するも・・・

昨季唯一勝ち点を落としている立大との1回戦は初回に岡部の適時二塁打で先制されると、その後も田中和の本塁打などがあり先発・加藤拓(政2)が5回を4失点。打線は山本泰(環3)にランニングホームランが飛び出すも、苦手とする相手先発・澤田圭を攻めあぐね、それ以上の得点は奪えず。1-4で今季も立大戦の初戦を落とした。

 









 
慶大










立大








×

 慶大:●加藤拓、佐伯、亀井―小笠原

 立大:○澤田圭―鈴木

◆慶大出場選手

ポジション
選手名(学部学年・出身高校)

[7]
佐藤旭(商4・慶應)

[6]
山本泰寛(環3・慶應)

[9]
谷田成吾(商3・慶應)

[5]
横尾俊建(総3・日大三)

[8]
藤本知輝(環4・慶應)

[4]
竹内惇(商4・慶應)

[3]
齋藤大輝(商2・慶應)

[2]
小笠原知弘(環3・智弁和歌山)

[1]
加藤拓也(政2・慶應)
 

原田直道(商3・慶應)
 

佐伯瞭太(商4・慶應)
 

山口翔大(環2・桐光学園)
 

亀井倫太朗(商1・慶應)
 

先発・加藤拓は制球が定まらなかった

先発・加藤拓は制球が定まらなかった

連覇を目指す慶大の今季2つめのカードは、春季唯一勝ち点を落とした立大が相手。その春の対戦で1回戦と3回戦をいずれも1人で投げ切り白星を挙げ、慶大に苦汁を味あわせた澤田圭が立大の先発。これに対するは、同じく2年生のエース・加藤拓だ。

 

その加藤拓は初回、先頭打者に四球を与えるとその後二死二塁となって迎えた4番岡部に初球を叩かれライト線へタイムリー二塁打。あっさり先制を許すと、3回にも四球で出したランナーを得点圏に置き、再び岡部にライト線タイムリー二塁打を浴び追加点を奪われてしまう。

続く4回裏には昨季1本も打たれることのなかった本塁打を伏兵・田中和に左翼席へ運ばれ、試合は完全に立大のペースに。5回裏も先頭打者に二塁打を浴びピンチを招くと、三たび岡部のタイムリー。効果的に得点を重ねられ、加藤拓は5回4失点と「らしくない」投球内容でマウンドを降りた。

好機に一本が出ず。バットを折られ惜しくも凡退の山口

好機に一本が出ず。バットを折られ惜しくも凡退の山口

一方の打線は澤田圭の緩急巧みな投球術にかわされ、点を取る気配さえ与えてもらえないでいた。しかし6回表、この男が打線の沈黙を破く。山本泰(環3)の放った強烈なライナーはレフトの頭上を越える長打性の当たり。そのままフェンスに直撃すると打球はセンター方向へ跳ね返り、左中間を転々とする。このボールの処理に外野手が手間取るのを見た山本泰は一気に二塁を蹴って、三塁も蹴って、ホームまで――。キャッチャーのタッチも絶妙なヘッドスライディングでかいくぐり、ベースを一周。ランニングホームランに球場は大いに沸いた。

 

これを機に盛り返していきたい慶大。6回は佐伯(商4)、7回からは神宮初登板の亀井(商1)がそれぞれ0に抑えて、打線の奮起を待つ。しかし最後まで澤田圭に隙はなかった。幾度もヒットで出塁するも、「状況に応じたピッチング」(髙多助監督)で後続を続かせない。四球からリズムを崩すということもなく、無四球で完投。1-4からスコアは動かなかった。

 

チーム一丸全力プレーで勝利をつかみ取る

チーム一丸全力プレーで勝利をつかみ取る

またもや慶大の前に澤田圭が立ちはだかった結果になるが、完全に封じ込まれたわけではない。いい当たりは何本も出ており、髙多助監督も次は「今日以上に点を取れる」と語る。そのために絶対に落とすことのできない明日の試合は「総力戦で、ピッチャーも全員動員するくらいのつもり」(髙多助監督)と気合十分だ。投手陣は佐伯や亀井が台頭、野手陣は昨季不振だった山本泰や齋藤(商2)が復調し、戦力は厚みを増していると言っていい。春唯一取り損ねた立大からの勝ち点。秋にその借りは必ず返し、完全優勝へ態勢を整えていく。

 

【Keispo pick up】期待を背に負うNo.20 亀井倫太朗

リーグ戦初登板、期待の新星・亀井

リーグ戦初登板、期待の新星・亀井

期待の1年生投手がこの日神宮初マウンドを踏んだ。右のサイドハンドから低めに投げ込む制球が持ち味の右腕。今季はオープン戦から登板機会を多く与えられ、ついに迎えたリーグ戦デビューは、緊張がありながらも2回をきっちり零封で、「通用するんだなということは分かった」。慶應高の先輩でもあり、同じく昨秋1年生で背番号20を着け大ブレイクを果たした加藤拓に続き、慶大投手陣の新たなる顔の一人へと成長していきたい。

 

(記事 脇田直樹)

 

◆打撃成績

 
 









[7]
佐藤旭
遊ゴ
 
右安
 
 
二ゴ
 
三失
 
[6]
山本泰
二飛
 
空三振
 
 
左本①
 
空三振
 
[9]
谷田
遊ゴ
 
 
遊飛
 
右安
 
空三振
 
[5]
横尾
 
三ゴ
 
空三振
 
三ゴ
 
左飛
 
[8]
藤本知
 
二ゴ
 
遊ゴ
 
 
右安
 
捕邪飛
[4]
竹内惇
 
二ゴ
 
 
左安
 
一ゴ
 
右邪飛
[3]
齋藤
 
 
右飛
 
二併打
 
一邪飛
 
右安
[2]
小笠原
 
 
空三振
 
遊ゴ
 
右安
 
遊ゴ
[1]
加藤拓
 
 
左安
 
 
 
 
 
 
H
原田
 
 
 
 
 
二ゴ
 
 
 
1
佐伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
H
山口
 
 
 
 
 
 
投直
 
 
1
亀井
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆投手成績
 
投球回数
打者数
球数
安打
三振
四死球
失点
自責
加藤拓

23
95





佐伯


10





亀井


28





◆監督、選手コメント

髙多倫正助監督

(今日の試合を振り返って)今日はもう打てませんでしたね。ヒットがまとまらなかったから、チャンスに1本出なかったので、点が取れなかったです。(相手は昨季唯一勝ち点を落としている立大)選手も春の負けがあったので、なんとか勝ってやろうと一生懸命やっていたんですけど、それを相手の澤田君に上手くかわされたという感じですね。(その澤田投手について)状況に応じたピッチングができますよね。だから打ち崩すのはなかなか難しいとは思いますけども、それでも今日はそれぞれいい当たりしてましたので、もし3回戦があるとすれば、今日以上に点を取れると思います。(今日の加藤拓について)球威はあったんですけども、狙い打たれましたね。加藤自身はそれほどいつもと変わったところはなかったと思いますけども、速いボールでストライクを取りにいったところを向こうは思い切って振ってきましたんで、それに捕まったという感じですね。(1年生の亀井が初登板)緊張してたと思いますけども、まあ自分の力が十分出せたと思います。(明日はどのように戦っていくか)明日負けたら非常に苦しくなりますので、明日はもう総力戦で、ピッチャーも全員動員するくらいのつもりで頑張ります。

 

佐藤旭主将(商4)

(今日の試合の感想を)こっちもヒットは出ましたけどチャンスで一本が出なかったなと思います。特にミスが出たから負けてしまったというわけではないですね。(相手先発の澤田について)全く打ち崩せなかったという感じではないです。明日しっかり勝ってまた3戦目に澤田がくると思うので、そこで今日の打撃というものを踏まえて勝ちにいきたいと思います。(安打数は上回ったものの、やはり四死球が痛かった)加藤はよく投げてくれましたけど、やはり打線であと一本打てなかったので。向こうが得点機をしっかりものにしたところが今日の勝敗を分けたかなと思います。(勝ち点獲得へ負けられない戦いとなるが)もう負けられないので、明日どんな形であれ勝って明後日につなげて、連勝で勝ち点を取って次に向かっていきたいと思います。

 

竹内惇(商4)

(今日の試合をふりかえって)ヒットも8本出てチャンスはつくったと思うんですが、ノーアウト一塁からの攻撃があまりよくできませんでした。明日もそうした場面が来ると思うのでそこでよく考えて攻撃できたらと思います。(澤田投手の対策は)ストレートが伸びてくるので高めは振らないようにして。低めを打ち返そうと狙っていました。(スローカーブを多く投げられていた)打っても打ち損じると思うので、あれはあまり考えずに次はストレートだけ狙っていきたいですね。(打線の調子そのものは)ヒットは8本も出ているのであとはつながりが大切だと思います。(明日へ向けて)明日は本当に初回からどんどんいけたらなと思います。

 

藤本知輝(環4)

(今日の試合を振り返って)負けてしまったので、別に何もないです。(7回に先頭で出塁したことについて)自分が決めるというより、次に繋げる意識でやりました。(澤田投手への対策は)対策というよりは、今までやってきたことをやるという気持ちでした。(明日に向けて)明日、明後日勝てば勝ち点がとれるので、勝つことだけを考えて頑張ります。

 

小笠原知弘(環3)

(今日の試合を振り返って)先取点が取れず長い間相手に主導権を持たしてしまったということが敗因で、特に加藤が悪かったというわけではなくうまく攻め切れなかったという感じです。(先発の加藤投手について、いつもと違うと感じる部分はあったか)調子が悪い中でよく投げてくれたと思うのですが、うまく投げれてないというか、もう少し頑張らないといけないと思います。(亀井投手は神宮初登板となったが、どのようにリードしようと思ったか)負けている中での登板で、これからがある投手なので思い切り投げて来いとだけ言って、ピンチの場面も抑えてくれて良かったです。(明日の試合に向けて)明日は勝たないといけないので総力戦になると思うし、どのピッチャーでもバッテリーを組めるように準備し、バッティング面では先取点を取っていい感じでゲームに入れるようにしたいです。

 

原田 直道(商3)

(今日を振り返って)春に負けている立教ということで、澤田からは打ちたいという思いがありました。代打で出させてもらったのに結果が残せなくて悔しいです。夏の練習ではまだ不十分なんだと実感しました。(今季初出場となったが)僕の強みは元気だと思うので、自分の元気さで勝利へ導けたらと思います。ベンチの空気作りなどには気を配るようにしています。(今季アピールしていきたいところは)やはりそういった元気さでチームに貢献していきたいです。元気さならチーム1だと思います。(明日以降の意気込み)出られるチャンスがあるときにはしっかりアピールして、チームに貢献していきたいと思います。

 

谷田成吾(商3)

(今日の試合を振り返って)先制されて、そのまま流れを持っていくことができずにズルズルいってしまったな、という感じです。(前回の東大戦から一週間日程が空いた)(今日は)そんなに打つことはできませんでしたけど、個人的には調整がなかなかいい感じにできていると思っているので、明日からは打っていきたいです。(谷田選手は通算で立大相手に良い成績を残している)打てるときは打てるし打てないときは打てないですし、相性というのもあると思うんですけど‥‥明日は打ちたいですね。(6回には山本泰のランニングホームランの直後にライト前ヒット)良い流れでいきたかったんですけど、二死だったのもありますし、うまく持っていけませんでしたね。ああいう場面でしっかり流れを持っていけるように、個人的には打てて良かったな、と思います。(明日に向けての抱負)ここで勝ち点を落とすわけには行かないので、まずはしっかり明日勝って、明後日勝ち点をとれるように明日頑張りたいと思います。

 

山本泰寛(環3)

(本日を振り返って)ヒット数などはあまりかわらなかったと思うのですが、チャンスでの打線のつながりがうまく噛み合わなかったなという印象です。あまり悪い感じではなかったと思うので次にいかしたいです。(ランニングホームランについて)たまたまいいところに弾いて、それがランニングホームランになってよかったなと思います。(立教の印象は)守備から野球をやっていて戦いづらかったです。その中でどう勝つかというのが明日の課題になると思います。(明日に向けて)とりあえず明日勝って次にまた試合をしたいです。

 

加藤拓也(政2)

(今日の試合を振り返って)僕が0点に抑えていれば、勝っていた試合なのでそれができなかったのが非常に残念です。(マウンド上がって調子はどうだったか)調子が悪いと感じた訳じゃなかったんですけど、球も走ってたんですが、ファールで逃げられたり普段だったら空振りとれる球も取れなかったりで、そこは粘り強く低めに投げていこうと思ったんですけど、コントロールミスでやられてしまいました。(岡部選手に3被安打、対策は)特に対策というよりは、丁寧に投げていこうということでやっていたんですけど、甘く入ったところをうまく打たれてしまいました。(次回登板へむけて)これで終わりではないので、自分ができる最大の準備をして、試合に向かっていけたらいいなと思います。

 

齋藤大輝(商2)

(今日の試合を振り返って)ヒットは出たんですけど、要所要所で澤田投手がきっちり抑えたので、打線が繋がりませんでした。(苦手の澤田投手だったが、昨シーズンと比べて今日の印象は)昨シーズンと同じくコントロールが良くて、すごくいいピッチャーだなと思いました。(第4打席のクリーンヒットは明日につながるのでは)そうですね、やっと自分のバッティングが最後の打席でできたので、これを明日につなげていきたいです。(東大戦の猛打賞から2週間経ったが打撃の調子は)東大戦とあまり変わりはないと思うので、あとは気持ちの問題だと思います。(明日以降に向けて)明日絶対に勝って、月曜日も勝って勝ち点を取りたいと思います。

 

亀井倫太朗(商1)

(今日の試合を振り返って)初登板だったので緊張したんですが、いつも通り練習試合と思って投げたら乗りきれたので良かったです。(登板と聞いて)ついに来たかという感じでした。(自分のピッチングは出来たか)もう少し腕を振っていけば良かったなと思うので次から生かしていきたいです。(手応えは)通用するんだなということは分かったのでこれからはどんどんテンポよく自分のリズムで投げていけたらなと思います。(自分の長所は)ピンチで低めにボールっていうのは自分の持ち味なのでどこが相手でもそこを徹底していきたいと思います。(次に向けて)1年生なので他の選手にはない若さ、勢いで頑張っていきます。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.