慶應スポーツ新聞会

【野球】これぞ重量打線!先発全員安打で快勝 法大①

9月26日(土)東京六大学野球秋季リーグ戦 法大1回戦 

 

4回表無死、バックスクリーンへの本塁打を放つ山本泰。これが慶大のリーグ戦700号となるメモリアルアーチとなった

4回表無死、バックスクリーンへの本塁打を放つ山本泰。これが慶大のリーグ戦700号となるメモリアルアーチとなった

立大との激闘を制し、順調な滑り出しを見せた今季。2カード目は春に苦杯をなめさせられた法大との対戦。2回に三宮舜(商4)の適時打で先制すると、3回に沓掛祥和(商3)、倉田直幸(法2)の適時打、4回には山本泰寛(環4)の本塁打で追加点を奪い5点差をつけ試合の主導権を握る。その後2点差まで詰め寄られるも、7回に代打岩見雅紀(総2)・山本瑛大(商3)の連続本塁打で4点を追加し、法大を突き放した。投げては、先発の三宮が6回3失点の好投。7回からはエースの加藤拓也(政3)が0を並べ試合をクローズ。法大との初戦をものにした。

 

慶大

14

法大

 

慶大:○三宮(1勝0敗)、加藤拓―小笠原、須藤

法大:●熊谷(1勝2敗)、青木勇、浅野、川名―森川

◆慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[6]

山本泰寛(環4・慶應義塾)

[8]

梅野魁土(環4・福岡大大濠)

[5]

横尾俊建(総4・日大三)

[9]

谷田成吾(商4・慶應義塾)

[7]

山口翔大(環3・桐光学園)

[3]

沓掛祥和(商3・慶應義塾)

 

清水翔太(総2・桐蔭学園)

[2]

小笠原知弘(環4・智辯和歌山)

 

山本諒(政4・慶應義塾)

 

須藤隆成(環3・創志学園)

[4]

倉田直幸(法2・浜松西)

 

岩見雅紀(総2・比叡山)

 

川崎晃佑(環3・智弁和歌山)

[1]

三宮舜(商4・慶應義塾)

 

山本瑛大(商3・South Torrance)

 

加藤拓也(政3・慶應義塾)

秋を感じさせる涼しい気候の中迎えた第二試合。

先発の三宮。スライダーを有効に使い8つの三振を奪った

先発の三宮。スライダーを有効に使い8つの三振を奪った

慶大の先発はこの日も三宮が務めた。法大戦で先発を務めた過去2試合は防御率0.71と抜群の安定感を誇る。対する法大の先発は、今季3度目の先発となる熊谷。先週の東大1回戦では敗戦投手となったものの、昨季3勝をあげチームの勝ち頭となった成長著しい2年生右腕。昨季の対戦では4回2失点と、まずまずの結果だった。

2回表1死一塁、レフト前に今季初安打を放つ沓掛。「気が楽になった」と4安打の固め打ち

2回表1死一塁、レフト前に今季初安打を放つ沓掛。「気が楽になった」と4安打の固め打ち

慶大の先攻で試合が始まった。初回は熊谷のコースを突く丁寧なピッチングの前に3者凡退に終わる。2回の先頭打者は、立大戦で3戦連続本塁打を放った4番谷田成吾(商4)。神宮球場のネット裏に詰めかけた多くのスカウトの眼差しが彼に集まる。しかし第一打席は空振り三振。その直後、5番山口翔大(環3)が初球をセンター前に弾き返し、チーム初安打を記録すると、続く6番沓掛がヒットでつなぐ。さらに7番小笠原知弘(環4)がデッドボールで出塁し、1死満塁の先制のチャンスを迎える。ここで打席にはリーグ戦初出場の8番倉田。「思っていたよりは緊張はしなかった」との言葉通り初球からフルスイングした。結局カウント3-1からの5球目を打ってファーストゴロとなったが、満塁の局面でスリーボールから振っていく思い切りの良さが見られた。2アウトとなったものの、9番三宮が公式戦32打席目にして自身初のタイムリーを放ち先制に成功した。

三宮はバットでも活躍。2回表二死満塁、レフトへの先制打を放った。これで2試合連続安打

三宮はバットでも活躍。2回表二死満塁、レフトへの先制打を放った。これで2試合連続安打

3回も慶大打線の勢いが止まらない。この回先頭の梅野魁土(環4)がヒットで出塁すると、続く横尾俊建(総4)がライトの頭上を超えるフェンス直撃の二塁打を放ちチャンスを演出。その後相手のバッテリーミスで2点目、沓掛のタイムリーで3点目、そして倉田のリーグ戦初安打初タイムリーで4点目。切れ目のない打線が先発熊谷に襲い掛かる。

4回には、今季ここまで思うように結果が出なかった山本泰が「打った瞬間行くな」と確信できるほどの完璧なホームランがセンターバックスクリーンど真ん中に直撃した。この一本は慶應義塾体育会野球部のリーグ通算700号となるメモリアルアーチとなった。4回までに9安打5得点と試合の主導権を握った。

慶大先発の三宮は、3回打者一巡をパーフェクトに抑える最高の立ち上がりを見せたものの、4回先頭の若林に本塁打を浴びる。5回には1死二、三塁から、森川に2点適時二塁打を打たれたものの、6回までに8つの三振を奪う快投でマウンドを降りた。

7回表二死、レフトへリーグ戦初本塁打を放つ山本瑛。これで今シーズンは2打数2安打

7回表二死、レフトへリーグ戦初本塁打を放つ山本瑛。今シーズンは代打で2打数2安打

7回に再び試合が大きく動く。法大のピッチャーは二番手青木勇。2死から沓掛がこの日4安打目となるヒットで出塁すると、続く小笠原がレフトフェンス直撃の二塁打でつなぐ。このチャンスで大久保監督は代打岩見を起用。すると1ストライクからの2球目、豪快に放った一打はレフトスタンド中段に飛び込む特大アーチ。それだけでは終わらない。続く代打山本瑛も1ストライクからの2球目をレフトスタンドに突き刺し、代打二者連続ホームラン(二者連続の代打弾は慶大史上初)。岩見・山本瑛共にリーグ戦初となるホームランで一気に勝負を決めた。

7回からはエース加藤拓也(政3)にスイッチ。威力のあるストレートで空振りを奪っていく。この日の最速は152km。危なげない投球で3回無失点、三宮・加藤拓の二人の継投で勝ち切った。

開幕カードの立大との3戦で31安打を放った打撃陣。その勢いはいまだ衰えるところを知らない。今日は先発全員安打を達成、そして岩見・山本瑛に初ホームランが生まれた。「打線の方は活発に振れてました」と大久保監督が言うように、どの選手も迷いのないスイングをしていた。また、打者有利のカウントでは積極的に振っていく姿勢が見られた。勝って兜の緒を締めよ。明日も「一戦必勝」で取りにいく、と大久保監督。秋の慶應劇場はまだ始まったばかりだ。

 

【Today’s Legend】一振りで流れを変える 岩見雅紀

7回表2死一、二塁、レフトへの3点本塁打を放つ岩見。この豪快な左手一本のフォロースルーが彼の特徴だ

7回表2死一、二塁、レフトへの3点本塁打を放つ岩見。この豪快な左手一本のフォロースルーが彼の特徴だ

待望の初ホームランが生まれた!「ちょっと崩され」たものの、スタンド中段へ持っていく無限大のパワーは計り知れない。六大学の中で最重量の116kgの巨体を持ち、そこから繰り出されるスイングは他を圧倒する。主将の横尾も岩見の打撃に一目置き、その打撃力はチームの誰もが認めるものに。今後も代打での起用が予想されるが、岩見の巨体からもう眼はそらせない。

                                                           記事: 若林 晃平

 

 

◆打撃成績

 

 

[6]

山本泰

一ゴロ

空三振

 

中本①

 

中飛

遊ゴロ

 

 

[8]

梅野

左飛

 

左安

中飛

 

二ゴロ

 

四球

 

[5]

横尾

一ゴロ

 

右2

左飛

 

中飛

 

空三振

 

[9]

谷田

 

空三振

二ゴロ

左安

 

 

中直

空三振

 

[7]

山口

 

中安

二飛

中飛

 

 

二ゴロ

右直

 

[3]

沓掛

 

左安

中安①

 

右安

 

左安

 

中飛

清水

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[2]

小笠原

 

死球

四球

 

投犠打

 

左2

 

死球

山本諒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

須藤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[4]

倉田

 

一ゴロ

右安①

 

四球

 

 

 

 

岩見

 

 

 

 

 

 

左本③

 

 

川崎晃

 

 

 

 

 

 

 

 

一ゴロ

[1]

三宮

 

左安①

二ゴロ

 

遊直

 

 

 

 

山本瑛

 

 

 

 

 

 

左本①

 

 

加藤拓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆投手成績

 

投球回数

打者数

球数

被安打

三振

四死球

失点

自責

○三宮

23

94

加藤拓

12

47

 

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

(今日の試合を振り返って)ピッチャーがリズムを作って、攻撃も先取点を取って、相手に流れはいきかけたんですけど、リードしたまま中盤以降につなげて、効果的な一発が出たので、非常にいいゲームだったと思います。(先発の三宮の投球は)ストライク先行で、立教3戦目と同じように、途中点数は取られましたけど、非常にいいピッチングだったと思います。(14安打に先発全員安打)そうなんですか。夏の後半のオープン戦から打線の方は活発に振れていましたし、それなりのスタートが切れてたので。沓掛はちょっと心配だったんですけど、今日固め打ちをしましたので。(岩見、山本瑛の代打連続ホームラン)代打で打つのは難しいのですから、当然期待は込めて出してますけど、本当に最高の結果で応えてくれて、また次につなげてほしいです。(倉田が初出場)彼も苦労して入ってきて、自分でチャンスを掴んで、結果も出したので、途中ボーンヘッド(5回、三宮の遊直で一塁飛び出し)もありましたけど、そういうところを詰めていきたいなと思います。(明日に向けて)とりあえず一つ勝っただけなので、一戦必勝で目の前の試合に全力で戦うだけです。

横尾俊建主将(総4)

(今日の試合を振り返って)本当に粘り強い野球ができてよかったです。(バッティングは好調ですが、何か要因は)本当に一打席一打席集中して入っています。でもまだまだ成長できる部分があるのでもう少し頑張りたいと思います。(控えメンバーにも結果が出ましたが)(岩見は)一番よいホームランでした。見たことない、大学生ではないような打球でした。(明日勝つためには)今日と同じように試合するだけです。

山本泰寛副将(環4)

(今日の試合を振り返って)序盤からしっかり自分たちの打撃ができました。三宮も抑えてくれたので、投打がしっかり噛み合いました。(ご自身のホームランについて)打った瞬間行くなと思いました。ウエイトをしっかりやってきた甲斐があったなと思いますし、長打やホームランを打ちたいと思っていたので嬉しかったですね。(他の選手もホームランが多く出ていますが)基礎体力だったり、ウエイトで力をつけることができたのかなと思います。トレーニングコーチについてもらってみんなしっかり取り組んできたので。チームとしてもいいところでしっかり打つことができていて調子がいいと思います。(明日に向けて)今日のことは忘れて、一戦一戦しっかり戦っていきたいと思います。

谷田成吾(商4)

(今日の試合を振り返って)打って勝てたので良かったと思います。(4回にはヒットがありました)2打席目まではあまり内容のいい打席がなかったので、3打席目は意識を変えたりしていい打席になったと思います。一本しか打てなかったので、もう一本打ちたかったなと思います。(本塁打は意識されてますか)4試合連続というのは記録だっていうのは意識はしてたんですけど、特に打席ではそういう意識はなかったです。(今季好調の理由は)夏の間にやってきたことが結果に出てきているのかなと思います。(明日の試合に向けて)連勝して勝ち点を取りたいので明日も頑張りたいと思います。

梅野魅土(環4)

(今日の試合を振り返って)序盤いい形で点とって、その後ちょっと押されたんですけどそこからまた点をとったんで、良かったんじゃないかなと思います。(安打を放った3回の打席を振り返って)狙った球ではなかったんですけど、甘かったんで、振りにいったらヒットになったって感じです。(熊谷投手をノックアウトした形となったが、チームとして対策はあったのか)狙い球を各々絞っていけという感じでした。(梅野選手はなにを狙っていたか)打席毎にちょっと変えてたんですけど、直球か変化球かの二択で、どっちかに絞ってやってました。(打線が好調だったが、要因は)うちは基本打席に立ったらみんなしっかり振っていこうって感じなんで、それがいい結果につながったんじゃないかなと思います。(梅野選手は開幕前にホームランを打ちたいと仰っていたが、打線が好調でホームランも多く飛び出すとやはり狙いたくなるのか)そうですね、はい(笑)。ちょっと(笑)。(次の試合に向けて)明日も勝って、連勝で勝ち点をとれるように頑張ります。

小笠原知弘(環4)

(今日の試合を振り返って)勝てて良かったと思います。(キャッチャー目線から今日の投手陣を見て、どのように感じましたか?)まあ、いつも通り普通といった感じでした。投手陣に特別何か言うことも、そんなに無かったので。試合自体はやることをやれば勝てる、点は4、5点はとれると思っていたので、序盤に一気に点がとれて、良かったなと思います。(追加点につながった、第4打席のフェンス直撃の二塁打は振り返って)いやー、入って欲しかったですね。なんとしても入って欲しかったのですが、なかなか厳しいものですね、フェンスというものは。(その二塁打は、高校の同級生である青木勇投手から打ちましたが、かつての同級生と対戦する気持ちは?)楽しみですよね、やっぱり。一緒にこうやって頑張れてるのも嬉しいですし。(敵として青木投手と対峙した印象は?)違うチームになると、ボールも違う見え方をするんで、やっぱ高校の時とは違うな、と感じました。(明日に向けて一言)明日も自分たちの野球をやって、終わったときに1点でも多くとって勝てるように、一生懸命頑張ります。

三宮舜(商4)

(今日の投球を振り返って)序盤良くて、こちらが先制点を取る前に失点しなくてよかったです。前半で点を取ってくれて楽になりました。中盤の失点はもったいなかったですけど、ゲーム自体は作れたのでよかったです。(中盤の失点は甘い球が続いてしまったのか)甘かったというか、弱かったという感じですかね。疲れとかそういうことではなくて、単にピンチで良いボールが投げられませんでした。(序盤3イニングはパーフェクトと、調子は良さそうに見えた)自分としてはあまりよくなかったので、3回ぐらいから多少投げ方を変えるというか、腕を思い切り振っていくことを意識して投げました。(今日最も有効に使えた球は)左打者に対してはスライダーとカーブが良かったです。右打者に対してはチェンジアップですね。変化球が今日は全体的に良かったです。(6イニングで8つと、三振の数も多かった)狙っているわけではなくて、自分の中でもそんなに(三振を)取れていたのかという感じでした。普段空振りが取れない左打者へのスライダーで空振りが奪えたので、それがこの結果につながったと思います。真っ直ぐもそこそこよかったです。(4回に)ホームラン打たれた後の3者連続三振も意識していたわけではないですが、ホームランを引きずらないようにと思って投げていました。(明日に向けて)チーム一丸となって頑張ります。

沓掛祥和(商3)

(今日の試合を振り返って)今日の試合が始まる前に小笠原さんからアドバイスを頂いたり、オフの日にチームメイトに練習を手伝ってもらったりして、僕自身が不調の中でみんなに助けられて打てた試合でした。(小笠原選手からはどのようなアドバイスを受けたか)当たり前なことなんですけど、まずボール球は振らないことや、初球から真っ直ぐを狙って打っていくことをアドバイスしてもらって、そういう意識で打席に立ちました。お陰で打つことができて感謝しています。(今日の試合での収穫は)これまでの9打席が無安打だったので、とりあえず1本出たことで楽になった結果、4安打に繋がったと思います。(先発全員が安打を記録していたが、チームの雰囲気は)チームの雰囲気は最高ですね。優勝できるんじゃないかなと思っています。(点を取られた後でもチームに勢いがあるように伺えますが)試合前に、「自分たちができる最大限のことをやろう」と横尾さんが言って下さっていたので、点を取られても打線で取り返せる余裕があったんじゃないかと思います。(打線の中軸にも安定感が増した)山口が打って出塁してくれると、「自分も続かなきゃ」という思いはやっぱりあります。山口も打って僕も打つ、他の大学にとって脅威の存在になれるような5番、6番になりたいです。(本塁打も多く出ていますが)僕も打ちたいです!最後の打席で狙おうと思っていたんですけど、調子に乗らずに逆方向を意識して打ったら詰まってしまいました。(明日に向けて一言)チームの状況もすごくいいので、とにかく明日も勝って2連勝したいです。

山口翔大(環3)

(本日の試合を振り返って)途中流れが向こうにいきそうでしたが、代打陣、岩見とあき(山本瑛)がホームラン打ってくれたんで、あきのおかげで楽になったと思います(2回に打線に火をつけるチーム初ヒット、感触は)打てるだろうなと思い打席に入っているので、やっぱり打てたみたいな。何も考えずに打席に入りました。(今季スタメンが続いていますが、収穫は)試合に慣れてきた部分があるので、打席で自分の色が出せつつあるような気がするし、ヒットにならなくても内容が良い打席も増えてきたので、試合慣れしてきたのかなと思います(明日に向けての意気込みをお願いします)最近打てていない沓掛をいじっていたのに今日抜かされたので、明日は沓掛に勝とうと思います

山本瑛大(商3)

(法大戦1戦目勝利おめでとうございます)ありがとうございます。(ヒットが続いている場面で、前のバッターではホームランも出ましたが、どんな意識で打席に入りましたか)岩見に負けていられないな、と思っていました。岩見がホームランを打って盛り上がっている中で、しんみりと打席に入るのが嫌だなという感じでした。(ホームランを打った時はどんな気持ちでしたか)完璧に行ったな、やった、と思いました。(この2週間のバッティング練習ではどんなことを意識してきましたか)代打で出たら左ピッチャーとの対戦が多いと思ったので、マシンで左ピッチャーのカーブを打つ練習をずっとしていました。その成果が出たと思います。(練習中から手ごたえは感じていましたか)はい。(明日に向けて意気込みをお願いします)前半の山場と言われているので、この勢いのままどんどん打って勝ち点を取りたいです。

岩見雅紀(総2)

(本塁打を放った打席を振り返って)はい、良かったです。(1死二、三塁という場面だったがどのようなことを意識して打席に入ったか)いつもホームランを打てたらいいなと思ってますけど、欲は出さずに強く振り抜くことだけを考えて打席に入りました。(打った瞬間に本塁打は確信したか)はい。(少し体勢を崩されていたようにも見えたが)ストレートを狙っていたのですが変化球だったので、ちょっと崩されはしたんですけど、(バットの)芯に当たってたので、「これはいくな」と思いました。(バッティングの際に重視しているポイントは)バットが体から離れないように、それだけです。(次戦に向けて)そんなに機会が多い方ではないんですけど、一球一球集中して、気持ちを途切れさせず、驕らずに頑張ります。

倉田直幸(法2)

(今日のゲームを振り返って)勝ってホッとしてます。(神宮での初出場、初ヒットだったが)打てるとは思ってなかったので、打てて嬉しかったです。(今年は、名古屋でのオール早慶戦にも出場したがナゴヤドームと神宮の違いはなんだったと思うか)リーグ戦の雰囲気は異様で、全然ナゴヤドームとは違うなと思いました。(緊張はしたか)思っていたよりは緊張はしなかったです。(今日の自身のプレーについて)そうですね、悪いプレーはしっかり直して、良いところはしっかり続けていきたいなと思います。(その悪いところはなんだったと思うか)大事な場面での送球がうまくできなかったので、そこを直していきたいです。(最後に明日の2回戦に向けて一言)明日も勝てるように自分の力を出して頑張ります。

 

Comments are closed.