慶應スポーツ新聞会

【野球】山本泰巨人5位・横尾日本ハム6位!プロ野球ドラフト会議

左:横尾、 右:山本泰

左:横尾、 右:山本泰

10月22日に行われたプロ野球ドラフト会議で、山本泰寛(環4)が読売ジャイアンツ5位、主将の横尾俊建(総4)が北海道日本ハムファイターズ6位でそれぞれ指名を受けた。指名直後に日吉キャンパス内で行われた記者会見の模様は以下の通り。

 

山本泰寛記者会見

(大久保監督からあいさつ)

大変お待たせしましたことをお詫び申し上げます。3名候補がいるのですが、思うような結果になっていないという事情がありまして。そんななか、一番最初に読売巨人軍から山本が5番目に指名されたということで非常にうれしく思っています。

(山本泰からあいさつ)

こんばんは。5巡目指名されました山本泰寛です。指名されたときはうれしかったんですけど、今は実感がわかなくて。プロ野球の世界でこれからやっていくと思うと頑張らなければいけないと思いました。

―指名を待っている間の気持ちはいかがでしたか

5巡目ということで待っている時間が長かったですけど、仲間たちが「お前は大丈夫だよ」と声をかけてくれたので待ち時間も短く感じることができました。

―巨人の印象は

僕が小さいころから見てきて、スター選手が多いすごいチームだという印象です。

―これだけは負けないというアピールポイントは

走攻守三拍子そろえたいですけど、特に力を入れていたのは守備です。球際の強さだったり、守備範囲の広さだったり、肩の強さを生かした送球だったり、そういうのを自分のアピールポイントにしたいなと思います

―巨人の内野手で話を聞いてみたい選手は

侍ジャパンに選ばれている坂本選手です。僕が幼いときからスター選手として見てきた選手ですし、同じポジションなので見習いたいなと思います。

―大久保監督はプロを経験していますが、山本選手に言葉をかけるとすれば

大久保監督: 東京出身で、慶應大学に縁のあるチームに入れてよかったなと。いろんなプレッシャーがあると思いますけどやりがいもあるので頑張れよと。プロは過程も大事だけど結果がすべてだということを肝に銘じてほしいと思います。

―山本選手はどこがプロで通用すると思いますか

大久保監督: 本人も言っていたように守りはプロのレベルに入っても十分やっていけると思いますのでまずはそこをおし出しながら、そのあとにバッティングがついてくれば。可能性としてはトリプルスリーも狙えるようなスケールの大きい選手を目指していってほしいと思います。

―入団へ気持ちは固まっているか

そうですね、プロ志望届を出したときから何位でも行くと決めていたので5位で指名されたことは本当にうれしく思います。

―誰に感謝の気持ちを伝えたいですか

やっぱり一番感謝したいのは両親です。指名された瞬間に両親に電話をしました。「よかったね」と言ってくれました。(感謝の言葉は)今はまだ伝えられていないので近々伝えたいなと思います。

―具体的な目標は

走攻守三拍子そろった選手を目指しているのでトリプルスリーを目指せたらいいですけど、まずは一軍でプレーできるように自分の持ち味を出してやっていきたいなと思います。

―横尾選手も指名を受けたが

4年間切磋琢磨してきた戦友なので、横尾が指名されたことはうれしく思いますし、プロでも活躍できる選手だと思っているのでお互い頑張っていきたいです。

―中継を見ている間、どんな会話をしていたか

待ち時間が長かったので、「これは指名されないんじゃないか」というのは2人で話していて、でも(指名されなくても)上で野球をやることは変わらないので信じて待っていました。

―先に部屋を出たときは

僕も指名されたときは頭が真っ白になってしまったので(覚えていないが)「おめでとう」という言葉はかけられました。

―坂本選手にどのようなことを聞きたいか

坂本選手は三拍子そろったすごいプレーヤーなのでそこを目標にしたいです。バッティングが僕は課題なので力強いスイングをするにはどうしたらいいとか、インコースのさばき方とかを聞けたらいいなと思います。

―自身のバッティングの特徴は

右にも左にも長打が打てて、力強いスイングをすることを心がけてやってきたので力強さはあるなと思います。

―対戦したい投手は

日本ハムで活躍している白村投手(H26商卒)は2つ上の先輩で、いろいろお世話になったのでやりたいなと思います。

 

横尾俊建記者会見

―指名を受けた感想は

小さい頃からの夢だったプロ野球という舞台に立てるということが本当に嬉しくて、今でもまだ実感が湧いていないです。

―6位指名という形だったが、その辺りについては

それはもう、志望届を出したときから何位でもいいという考えだったので、プロに入ってからが勝負だと思っています。

―日本ハムファイターズというチームの印象は

まだ分からないですが、先輩に白村さんがいらっしゃるので、入ってからは白村さんからいろいろ聞いて教わりたいと思います。

―日本ハムファイターズは中田翔選手など若い選手が多いチームですが、その中で自分がプレーするイメージはありますか

(日本ハムは)若い選手からどんどん起用しているというイメージがあるので、自分にもチャンスはあると思って少ないチャンスをものにしたいと思います。

―ご自身のこれだけは負けないというアピールポイントはありますか

バッティングは誰にも負けないと思っています。そこだけは自信があります。

―話を聞いてみたいなと思う選手はいますか

やっぱり、中田翔さんにバッティングについて聞きたいと思いますし、有原選手もいるのでいろいろ聞きたいと思います。

―バッティングについてですが、ご自身の特長は何ですか

右打者なので、最近右打者がいないというのも聞いているので、右の大砲として頑張っていきたいと思います。

―この選手には負けたくないなという選手はいますか

やっぱり(同じ日大三高出身の)明治大学の髙山くんには負けたくないです。指名の順位では負けていますが、プロに入ってからは同じスタートなので負けたくないと思います。

―対戦したい投手はいますか

本当は上原投手(明大)だったんですけど、1位で同じ球団に指名されて対戦できないので……。でも、多和田投手(西武ライオンズが1位指名)とはまだ対戦したことがないので対戦したいなという思いはあります。

ープロ野球で目標とする選手はいますか

まだプロに入ってプレーしているわけではないので何もわかりませんが、中村剛也選手や中田翔選手のような球界を代表する右打者になりたいと思います。

―大久保監督にお聞きします。横尾選手にエールの言葉を贈るとするならばどういったお言葉をかけますか

大久保監督: 自分でも言っていましたが、野球で負けないという気持ちを存分に発揮してもらいたいです。ホームランを打てる右打者というのは貴重だと思います。特に左の投手が出てきたときは「絶対に俺だ」というぐらいの気持ちで、まずは左キラーという異名をとるところから認めてもらって、そこからどんどん飛躍してほしいなと思います。

―横尾選手に質問です。高校の時もプロという夢があったと思いますが、大学に進んでプロにいくという道を選んで、この4年間を振り返っていかがですか

高校の頃からプロへ行きたいという気持ちはありましたが、しっかり4年間鍛えてからプロに入る思いで大学に入りました。その思いが今日叶って、自分のやってきたことは間違っていなかったんだなということを実感できたことが一番嬉しいです。

―辛い経験もあったと思いますが、プロへの扉が開けた今、思い出されるものはありますか

大学1、2年生の時には期待されている中で思うような結果がでなかったので、その時は本当に辛かったですし、このままではプロ野球選手になれないという思いもあって辛い時期でした。

―今の嬉しさは誰に伝えたいですか

高校時代の小倉監督に報告したいなと思います。

―それはどういった理由で?

高校3年間、野球だけではなく人間性もしっかり学んで人として成長させて頂いたことと、大学に進むことができたのも小倉監督のご指導があったからなので、そこはしっかりお礼をしたいと思います。

―北海道が本拠地となりますが、北海道の印象やファンの皆さんへメッセージはありますか

北海道は大学の夏のキャンプで行かせて頂いていましたが、冬はとても寒いのでしっかり寒さ対策をして野球に集中できるように頑張りたいと思います。

―監督にお伺いします。横尾選手の魅力を教えて下さい

大久保監督: 野球観、勝負観、このふてぶてしさ。まさにプロ向きの性格だと思います。実は(プロ志望届を提出したのが)3人いる中で一番、どうかなと心配していたので、その中で思いが一番強いというのを感じていましたし、なんとか指名して頂けるといいなと思っていましたので本当に嬉しかったです。

左:大久保監督 右:横尾

左:大久保監督 右:横尾

―横尾選手にお聞きします。先ほど、意識している選手として髙山選手の名前を挙げていましたが、どういった点で負けたくないか、どんなことを意識してプロでやっていきたいかなど、高校時代のエピソード等があれば教えて下さい。

どんなところで負けたくないかといった点では、タイプが全然違うので試合に出て活躍するというところで価値が問われると思うので、まずは試合に出たいという気持ちです。 エピソードはないですが、髙山とは高校時代から本当に仲が良かったので、これから切磋琢磨していきたいと思います。

―髙山選手の指名ではハプニングもありましたが、横尾選手はどんな風にご覧になられていましたか

ドラフト1位で指名されていたので、本人は幸せだと思うのでヤクルトさんだろうが阪神さんだろうが関係なく、羨ましいなぁという思いもありましたし、髙山本人もたぶん1位で幸せなんじゃないかなと思います。

―このあと髙山選手と顔を合わせたときにはどういったお話をされますか

たぶん、お互いに「よかったな」という話から、ここからプロ野球で一緒にやっていくので六大学でやっていったように切磋琢磨して辛い時は励まし合って頑張っていこうという風に話すと思います。

―セリーグとパリーグでリーグは異なりますが、どんなときに会えたらいいなと思いますか

理想は、オールスターや侍JAPANなどで一緒になれたらいいなと思います。

◆山本泰寛(やまもと・やすひろ)     

1993年10月10日生まれ。175cm76kg。慶應義塾高出身。環境情報学部4年。右投右打。内野手。副将。

◆横尾俊建(よこお・としたけ)   

1993年5月27日生まれ。177cm86kg。日大三高出身。総合政策学部4年。右投右打。内野手。主将。

Comments are closed.