@慶應スポーツ新聞会HP

【野球】岩見の2打席連続弾も虚しく、苦汁を飲まされ4位転落 法大③

5月8日(火)東京六大学春季リーグ戦 法大3回戦

特大のホームランを放った岩見

 

引き分けスタートとなった今カード、先勝を相手に許してしまった慶大にとって負けられない戦いだった。今や慶大の先発投手として欠かせない存在となった関根智輝(環1)が1回戦に続き法大打線に捕まる。攻撃陣も相手投手を前に打線がつながらない。6回7回に岩見雅紀(総4)が2打席連続の本塁打を放つも、慶大の得点はその回のみ。完全優勝しか見えていなかった慶大は、3カード目にして勝ち点を落としてしまった。

 

 

法大

慶大

法大:○長谷川、内沢、熊谷―鎌倉、中村浩

慶大:●関根、内村、佐藤、菊地、髙橋亮、髙橋佑―郡司

 

法大:中山2号2ラン(3回)

慶大:岩見4号ソロ(6回)、5号2ラン(7回)

◆慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[9]

天野康大(環4・智辯和歌山)

[8]

柳町達(商2・慶應義塾)

[7]

岩見雅紀(総4・比叡山)

[2]

郡司裕也(環2・仙台育英)

[3]

清水翔太(総4・桐蔭学園)

[4]

倉田直幸(法4・浜松西)

[5]

瀬尾翼(理4・早稲田佐賀)

[6]

照屋塁(環4・沖縄尚学)

[1]

関根智輝(環1・城東)

 

植田清太(総3・慶應義塾)

 

内村僚佑(政4・慶應義塾)

 

佐藤宏樹(環1・大館鳳鳴)

 

菊地恭志郎(政3・慶應志木)

 

河合大樹(総3・関西学院)

 

髙橋亮吾(総2・慶應湘南藤沢)

 

髙橋佑樹(環2・川越東)

 

明渡稜(政4・桐蔭)

 

法大・中山に本塁打を放たれた内村

雲ひとつ無い空に夏日となった今日。昨日味わった悔しさを晴らすべく試合は始まった。慶大の先発は、開幕戦で堂々のデビューを飾った関根。立ち上がりは上々で、初回は2つの三振を奪い三者凡退で締めた。がしかし、次の二回で法大打線が本領を発揮する。先頭から一気に3者連続でヒットを許す。この回で関根は4安打3失点でマウンドを降りることとなった。序盤から継投に入った慶大が三回にマウンドへ送ったのは内村僚佑(政4)。内村も法大打線を鎮めることはできなかった。法大主将の森にヒットで出塁を許し、打席には六代屈指のスラッガー法大・中山。甘く入った初球を打ち返され、打球はスタンドへ。この回にも4本の長短打を浴び2回連続の3失点。内村も早々とマウンドを後にし、慶大は6点のリードを許してしまう。

四回からは期待の1年生、佐藤宏樹(環1)がマウンドに。先頭に右前打を放たれると、次の打者大西千に投じた球は頭部に直撃した。地面に倒れこんだ大西千は担架で運ばれ、佐藤はわずか5球でベンチへ。球場全体が沈鬱な空気に包まれる中、慶大のエース・菊地恭志郎(政3)が継投し無死一、二塁のピンチを無失点で抑える。その後も菊地はエースの風格を感じさせる完璧なピッチングで回を進める。

4回無失点の好投、菊地

対する慶大の攻撃。これまでの8試合とは打線を組み替えて挑んだ。しかし、法大先発の長谷川を前に打線が振るわない。五回までをわずか3安打に封じ込まれる。試合が動いたのは6回。先頭の慶大の大砲、岩見が一度もボールに触れることなくフルカウントに追い込まれた6球目。インサイドに入った球をバットに当てると、追い風もあり打球はどんどんと伸びていき、レフトの頭上を越えて神宮上段へ。打った瞬間それとわかる特大ホームランを放った。ここで流れを奪いたい慶大だったが、倉田直幸がヒットを放つも追加点とはならなかった。続く7回。先頭の主将・照屋塁(環4)が死球で出塁すると、今季初の盗塁を決め一気に二塁へ。昨日も安打を放った代打の河合大樹(総3)は今日も打球を中堅手の前に落とす。無死一、三塁のチャンスで柳町達(商2)が犠牲フライで追加点を挙げると、続くバッターボックスには再び岩見。前打席と同じ流れでフルカウントに追い込まれると、6球目の打球は三塁線のファウルゾーンに落ちる。7球目を振ると再び打球は大空へ。バックスクリーン左へ推定125メートルの2ランホームランとなった。

 

七回に犠飛で追加点をあげた柳町

流れをつかみたい慶大だが、得点はここまで。菊地の好投も儚く、継投した髙橋亮吾(総2)も攻め込まれ2点を失う。最終回には6戦連続で登板している髙橋佑樹(環2)が昨日から好調の8番船曳を併殺に打ち取り法大の追加点を許さない。そんな髙橋佑のピッチングに打線は応えることができず、三者凡退に抑えられ試合終了。慶大野球部の目標とする、失点3以下得点5以上は果たせず勝ち点を落としてしまった。今日の試合で岩見は今季5本目を放ち、再び本塁打数、打点共にリーグトップとなったが素直に喜ぶことはできずに屈辱を味わった。頭一つ抜けていた慶大は、優勝可能性を分散させてしまったが、完全になくなったわけではない。次週勝ち点を落としたチームが優勝争いから離脱する。もう後がない。今週末に控える因縁の明治戦では名誉挽回の「若き血」を全員で歌いたい。

記事:千綿 加華

 

 

◆打撃成績

 

 

[9]

天野

三ゴロ

 

遊安

 

一ゴロ

 

遊飛

 

二ゴロ

[8]

柳町

右飛

 

遊ゴロ

 

二併

 

右犠飛①

 

 

[7]

岩見

空三振

 

捕邪飛

 

 

左本①

中本②

 

 

[2]

郡司

 

捕邪飛

遊直

 

 

三ゴロ

二飛

 

 

[3]

清水翔

 

四球

 

右飛

 

二ゴロ

 

一ゴロ

 

[4]

倉田

 

死球

 

投ゴロ

 

左安

 

三邪飛

 

[5]

瀬尾

 

右飛

 

四球

 

空三振

 

空三振

 

[6]

照屋

 

中安

 

空三振

 

 

死球

 

三安

[1]

関根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植田清

 

右飛

 

 

 

 

 

 

 

内村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐藤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菊地

 

 

 

 

左安

 

 

 

 

河合

 

 

 

 

 

 

中安

 

 

髙橋亮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髙橋佑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明渡

 

 

 

 

 

 

 

 

三併

 

◆投手成績

 

打者

球数

安打

三振

四死球

失点

自責

関根

10

39

 

内村

28

 

佐藤

 0/3

 

菊地

14

49

 

髙橋亮

11/3

37

 

髙橋佑

 2/3

 

 

  • 監督・選手コメント

大久保秀昭監督

(試合を振り返って)いろんな意味で後味の悪い試合ですね。チームとしてはまとまりが出始めて、良くなって、本当に諦めないでやってくれている部分は手応えを感じています。その中でもピッチャー陣は立教戦ではなんとか失点も少なく凌ぎながらやってくれたが、法政戦ではちょっと予想していたより(点を)取られてしまったかな。打つ方も好調だ、と言われているけど、4点5点を取るというのは簡単ではなくて。ただ、それをこなせていないと勝つチャンスは減っていくかな、と思います。それらを踏まえて打線を組み替えしたりして5点以上とることを目標としていたけどかみ合わなかったです。(今日は2つの盗塁がありました)うちにはめちゃめちゃ俊足な選手がいるわけではなく、その中で盗塁を決めていくのは大変なので。去年もでしたが、そういった選手があまりいないので(慶大は)繋ぎながらの野球です。(岩見選手が2打席連続の本塁打)ああいうホームランはなかなか見れないものなので、勝ちに結びついてくれたら良かったんですけど。でも、選手達は本当によくやってくれているので、あとは監督の責任なのでもっと思い切ってやってくれ、と思う限りです。(菊地選手も好投でした)勝ちに繋がらなかったのは残念です。やったりやられたりする中で2勝の勝ち点制でやっている以上、連敗はダメだと思います。よそのチームが勝ち点のつぶしあいしてる中で慶應だけチャンスだったので、それに乗っかっていければ、と周りが期待していた部分はあったと思うが、どこも力を拮抗しながらやっているので。それを勝ち切る、勝つチャンスのある試合を絶対に落とさないようにしていかないと、現状のいるメンバーで戦うのは大変です。でも、みんなの成長を感じているので悔しさをバネにしてまた成功体験をもっと増やしていきたいです。(最終回は大西健斗選手(環1)がブルペンに向かいました)ピッチャーが足りなくなったので津留﨑行かせて、最後は大西健に行かせるつもりでした。(明大の印象は)投手を中心に、細かく繋げてくるチームだと思います。(明大攻略のカギとなるのは)齊藤くんをまずしっかり打ち崩せるかにかかっていると思います。バッテリーは、5点は取られすぎなので3点以内にしっかり抑えることですね。(法大戦で見つかった課題は)守備の乱れが出てしまったところ、ピッチャーも四球を絡めた失点があったのでそういったところを減らしていかないといけないなと思います。(来週に向けて)負けられない戦いを変わらず続けていくので。球場まで来ていただいている皆さんのためにも明治戦ではいい試合を見せられるように頑張ります。

 

照屋塁(環4)

(今日の試合を振り返って)悔しいです。(昨日の負けからどんな話を)チームとして取り組んできていることは絶対間違いではないから今日も同じようにしっかり準備して、試合に臨もうという話をしました。(打撃ではチャンスでセンター前でした)とにかくアウトにならずに、しっかり後ろに繋ごうという気持ちで打席に立ちました。(アンダスローの投手への意識は)今回はたまたまヒットになったんですけど、得意とは言えないかもしれないです。(7回には今季初盗塁)サインではないです。いけると思ったので行きました。盗塁も100%いけると思ったら、積極的に行こうと思っていたので、それが得点につながってよかったです。(9回にもヒットがありました)とにかく塁に出ることだけを考えていました。(ボテボテの打球で)打った瞬間にこれはセーフになると思いました。(今日は打線がやや繋がりを欠きました)打てない時ももちろんあるので、そこはあまり心配することなく、試合は続くので次に向けて準備していければいいかなと思います。(試合を終えての話し合いは)優勝は無くなったわけではないし、チームとして取り組んできていることも悪くはないと思うので、もう少しこのカードで出た課題というのを潰しながらしっかり前を向いて明大戦に向けて取り組んでいこうという話はしました。(明大の印象は)とにかく粘り強くて、しぶといチームという印象があります。去年明大にやられてるので、とにかく今年は何が何でも明治には勝つという気持ちでやっています。(明大戦への意気込み)絶対勝ちます。

 

岩見雅紀(総4)

(試合を振り返って)負けたので残念です。(ホームランを二本打ったが)結局ホームランを打っても、負けたら意味がないと思います。究極を言えばチームが勝てるなら、僕は全部四球でも良いと思っていますので。(二本のホームランは)完璧というわけではないけど、うまくとらえることが出来ました。それまで少し相手の球に差し込まれていたので、そこを修正した結果だと思います。一本目はインコースの直球にうまく回転してバットが出せました。風もフォローになってくれましたね。二本目はスライダー気味のボールを前で払うような感じで打ちました。どっちもしっかり振り切れたと思います。(ホームラン、打点共に再びリーグトップとなったが)個人的にはうれしいですけど、勝ち点はとれてないのでやっぱりそこは残念ですね。(来週に向けて)優勝がなくなった訳ではないので、明治戦はとても重要な試合になると思います。絶対に2連勝出来るように頑張ります。

 

菊地恭志郎(政3)

(今日の投球を振り返って)今日のピッチングを昨日したかったです。(昨日から修正した点は)昨日はストライクを入れることに集中してしまい、バッターと本気で勝負できていなくて、逃げてしまっている部分がありました。今日は絶対勝負してやろうと思って、思いっきり真っ直ぐやフォークを腕振って投げました。(気持ちの切り替えの部分は)昨日は相当ショックでした。昨日の夜から明日勝たないと、と気持ちを切り替えました。(明大戦に向けて)優勝するには後がないので、2連勝2連勝で優勝できるように頑張ります。

Comments are closed.