慶應スポーツ新聞会

【ソッカー(男子)】<コラム>謙虚に、柔軟に、したたかに 慶大の新たな“砦”・沼崎和弥

 5月14日に行われた関東リーグ第5節。慶大は昨季の全国覇者である筑波大の猛攻を凌ぎ、今季初の無失点で試合を終えた。ビッグセーブを連発し、チームの無失点に貢献したGK上田朝都(総2・横浜F・マリノスユース)が注目される中、ディフェンス陣の体を張ったプレーも多く見られた。その中心にいたのが、沼崎和弥(商2・暁星高)だ。

 

今季はセンターバックのレギュラーを担う

 今季、法大との開幕戦(2〇1)こそ出場停止処分のために欠場したものの、以降はセンターバックのポジションでスタメン出場を続けている沼崎。2年生ながら試合に出続けている彼だが、そのサッカー人生は他の選手とは少し異なるものだった。サッカーを本格的に始めたのは中学生になった時。それまではレスリング一筋で、その実力は全国大会5連覇やオリンピックの強化指定選手に選ばれるほどのものだった。そんな中でレスリングを辞め、かねてから好きだったというサッカーを始めることに対して、周囲からはもったいないという声もあった。しかし、彼の意思は変わらずサッカーを始めることに。もともと運動神経は悪くなかったが、一般にサッカー経験者の多くが小学校低学年くらいから始める中において「一番下手からのスタート」だった。そのため、暁星中に合格したその日から必死にリフティングの練習を始めた。当然周りには経験者が多く、ましてや強豪校であるチームの中で、中学3年生まで試合に出られない日々が続いた。

 

 そんな中でも、持ち前の運動神経とレスリングで身につけた体の柔軟性、そして何より「自分が一番下だと思っている」という言葉からも分かる通り、サッカーを始めたのが遅かったがゆえの謙虚さ、吸収力で着実に実力をつける。慶大ソッカー部に入部した昨季は、1年生ながら第5節の専大戦でデビューすると、その後リーグ戦2試合に出場。出場時間は多くなかったものの、タレントぞろいだった先輩たちを間近に見て多くのことを学んだ。

 

筑波大戦では今季初の無失点を達成した

 そして、主力として迎えた今季。自身が欠場した開幕戦に慶大は勝利したものの、沼崎の復帰後は2連敗を喫してしまった。 第3節の駒大戦(1●2)後には、須田芳正監督から「自覚と責任が足りない」と叱咤された。その言葉を受けて「確かにそう思った」という沼崎。しかし同時に「こういう歳になって言ってくれる人も少ないので、貴重な言葉だと思ってそういう言葉を一つ一つ吸収しながら自分のものにしていきたい」と前向きにも捉え、気を引き締めた。その後は第4節・専大戦(2〇1)で3試合ぶりの勝利に貢献すると、筑波大戦では「自分は上手くないから泥臭くチームのためにプレーしたい」という言葉通り、気迫溢れる体を張った守備でディフェンスラインをけん引。見事、今季リーグ戦初の無失点を達成した。「もっと自分がやっていかないといけないなと思って、それはここ2試合で出せているかなと思います」という言葉からは、昨季同じく4番を背負った宮地元貴(総卒・現名古屋グランパス)を思わせる頼もしささえ感じられる。 

 

さらなる飛躍を誓う

「そろそろ点取りたいな」――。試合後にこぼした言葉は、案外本心なのかも知れない。謙虚さの陰で見せたひそかな野望。「自分がどこまで上手くなれるか楽しみ」と笑顔を見せた彼の伸びしろは、無限大だ。

 

(記事 岩見拓哉)

こちらの記事もあわせてどうぞ!!

Tagged as: , , ,

Comments are closed.