慶應スポーツ新聞会

【野球】やられたらやり返す!相手エースとの再戦制し、勝ち点奪取! 立大③

5月7日(月)東京六大学春季リーグ戦 立大3回戦

待望の今季初本塁打が飛び出した郡司

リーグ優勝へ、陸の王者がまた一歩前進した。1勝1敗のタイで迎えた立大との3回戦。先制を許すも、4回に満塁から瀬戸西純(政2・慶應)のタイムリーで逆転に成功する。その後も、1回戦では打ちあぐねた相手エースの田中誠を攻略。5回に郡司裕也(環3・仙台育英)の本塁打で追加点を挙げると、代わった投手からも得点を重ねた。投手陣も、途中からマウンドに上がった髙橋佑樹(環3・川越東)が4回を無失点に抑えるなど好投。投打ががっちりと噛み合う勝利で、今季3つ目の勝ち点を手にし、単独首位へと躍り出た。

 

 

慶大

立大

 

慶大バッテリー:髙橋亮、髙橋佑、石井―郡司

立大バッテリー:田中誠、中川、江口、川端健―藤野

 

◆慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[4]

小原和樹(環3・盛岡三)

[7]9

河合大樹(総4・関西学院)

 

R9

橋本典之(環1・出雲)

[8]

柳町達(商3・慶應)

[2]

郡司裕也(環3・仙台育英)

[3]

嶋田翔(環2・樹徳)

[5]

内田蓮(総4・三重)

[9]

中村健人(総3・中京大中京)

 

R7

渡部遼人(環1・桐光学園)

[6]

瀬戸西純(政2・慶應)

[1]

髙橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)

 

髙橋佑樹(環3・川越東)

 

正木智也(政1・慶應)

 

石井雄也(商3・慶應志木)

 

初の3安打を記録した小原

日の暑さとは打って変わり少し肌寒い中で、勝ち点をかけた首位攻防戦第3ラウンドは始まった。慶大の先攻でプレーボール。立大の先発マウンドに上がったのは、1回戦で打ち崩すことができなかった田中誠だ。先頭の小原和樹(環3・盛岡三)がいきなりヒットで出塁するも、続く河合大樹(総4・関西学院)の打席でキャッチャーからのけん制に刺されてしまう。河合もヒットで塁に出たものの、後が続かず初回は無得点で終える。

 

対する慶大の先発は髙橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)。先頭をファーストゴロで打ち取るも、続く打者に四球で出塁を許す。その後、2死一、三塁のピンチを迎えたが、5番飯迫を変化球で空振り三振に切って取り、先制は免れた。両チームとも無得点で進み迎えた3回裏。先制したのは立大だった。9番笠井を振り逃げで塁に出すと、犠牲バントで二塁へ進塁を許す。二死までこぎつけたが、3番江藤にライト前へ運ばれて先制点を献上した。

先発で試合を作った髙橋亮

1点ビハインドとなった慶大だったが、すぐさま反撃に出る。1死から嶋田翔(環2・樹徳)がセンター前へヒットを放つと、続く内田蓮(総4・三重)と中村健人(環3・中京大中京)も出塁。満塁のチャンスで迎えた瀬戸西が5球目を弾き返すと、打球はセカンドの頭を越え、センター前へ。2人が生還し、一打で逆転に成功した。続く5回は、一発攻勢。2死から郡司が高めに浮いた球を完璧に弾き返し、バックスクリーン横へ飛び込む本塁打で追加点を奪う。前の試合まで防御率0点台だった田中誠を攻略し、点差を広げていく。

立大中川から2点適時打を放った柳町

勢いを止めない慶大は6回、立大2番手の中川をも飲み込む。中村が相手エラーで出塁すると、犠牲バントとヒットで1死一、三塁とし、小原の内野ゴロの間に1点を追加。続く河合もレフト前ヒットで2死一、二塁とし、迎えるは3番柳町達(商3・慶應)。ど真ん中に入ってきたボールをきれいにセンター方向へ飛ばすと、打球は前進守備の外野を越え、二者が生還した。

 

一方、ピッチャーは5回から髙橋佑がマウンドへ。好調を維持するサウスポーが、ヒットを打たれながらも要所をきっちりと締めるピッチングを見せ、8回までの4回を無失点に抑えた。8回に相手のミスでさらに1点を加え、6点差で迎えた最終回。登板した石井雄也(商3・慶應志木)は先頭にヒットを許したが、後続を危なげなく切って取り、ゲームセット。7-1で慶大が勝利を収めた。

 

相手エース田中誠とのリベンジマッチを、慶大打線が見事に制した。2番手以降の投手からもダメ押しの得点を奪い、終わってみれば15安打。瀬戸西の逆転タイムリーや郡司の本塁打だけでなく、小原、河合、内田が3安打を放つなど、昨年に劣らぬ打線が出来上がりつつあると言えるだろう。投手陣を見ても、昨日、今日と継投で相手に的を絞らせず、チーム防御率も7試合で1・45と安定した数字をマーク。投打共に、順調に仕上がってきている。

4回無失点で2勝目を挙げた髙橋佑

「一丸となって獲れた」(内田)勝ち点だ。「自分たちがしっかり攻め続けるという野球をこの2試合はできた」と河合主将も話すように、結果、内容とも充実したものとなっただろう。敗戦した1回戦でも9回に粘りを見せ、そこから連勝に繋がったことも間違いない。試合を重ねるごとに強まっていくチーム力。そこには個の力を上回るものが秘められている。そして、慶大が自慢とするのもそのチーム力だ。難敵を撃破した陸の王者。勢いそのままに優勝街道を突き進む。

 

(記事:重川航太朗 写真:尾崎崚登)

◆打撃成績

 

 

[4]

小原

右安

 

捕邪飛

右飛

 

遊ゴロ①

 

左安

中安

[7]9

河合

右安

 

一ゴロ

 

投ゴロ

左安

 

三犠

中安

R9

橋本典

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[8]

柳町

三ゴロ

 

一ゴロ

 

左飛

中2②

 

二ゴロ

遊ゴロ

[2]

郡司

左飛

 

 

投ゴロ

中本①

二ゴロ

 

四球

 

[3]

嶋田

 

逃三振

 

中安

左安

 

左飛

四球

 

[5]

内田

 

左安

 

右安

逃三振

 

右2

二失

 

[9]

中村

 

中飛

 

死球

 

遊失

 

 

 

R7

渡部

 

 

 

 

 

 

二ゴロ

右飛

 

[6]

瀬戸西

 

投ゴロ

 

中安②

 

投犠

四球

 

投ゴロ

[1]

髙橋亮

 

 

四球

空三振

 

 

 

 

 

髙橋佑

 

 

 

 

 

左安

逃三振

 

 

正木

 

 

 

 

 

 

 

 

三邪飛

石井

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆投手成績

 

投球回数

打者数

球数

安打

三振

四死球

失点

自責

髙橋亮

17

71

○髙橋佑

15

62

石井

20

 

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

--率直に今のお気持ちを

勝ち点を取ったというのは非常に大きいことですね。勝つか負けるかでプレッシャーのかかり方も変わるし、早慶戦の優勝争いの中で勝たなきゃいけないという気持ちでやってますので。

 

--今日の試合を振り返って

先制されてしまいましたけど、チグハグなところはありましたけど慌てずに我慢しながら、田中誠也くんを攻略しようと意思統一してくれました。気持ち良く投げさせなかったのが、勝因かなと思います。

 

--瀬戸西選手が逆転の一打を放ちましたが

すごい嬉しかったですね。いっぱい練習していますし、ずっとバットを振って、アドバイスもしっかりと実践して、黙々とやっているので嬉しかったです。

 

--今日は15安打を放ちましたが、打線の状態はいかがですか

今日は郡司がホームランを打ちましたけど、ほんとにコツコツとつないでいると思います。ホームランは少ないですけど、二塁打や三塁打が増えてきているというのは、良くやってくれているかなと思います。

 

--河合主将と内田副将が猛打賞でしたが

河合は初戦はあれだったけど昨日今日と打ってるし、内田も相手チームから安全パイだと言われて、ちょっとアドバイスを実践してくれて、結果に繋がって良かったと思います。

 

--継投で1失点だった投手陣はいかがですか

想定内、予定通りという、各々がきっちりと役割をこなしてくれて。そのタイミングはこっちが見ながらやってますけど、与えられたところで良くやっていると思います。

 

--今日は高橋佑投手が早い段階からマウンドに上がりましたが

それは相手に気持ち良くやらせない、的を絞らせない。それと、髙橋佑の状態がいいので。

 

--3つ目の勝ち点となりましたが、チーム状態はどのように見ていますか

もうちょっとできるかなという部分もあるし、下手くそな連中がよくやってくれているなという両方ですね。まだまだ成長段階なので。

 

--もう少しな部分というのは

チームプレーも含めて、打撃が淡白になるとかそういったところです。

 

--今年の明大の印象は

そこはこれからしっかり分析して、また立教戦と同じく、いい準備をして臨みたいと思います。

 

 

河合大樹(総4・関西学院)

 

――今日の試合を振り返って

僕たちが取り組んできたことがでたと思います。今日はずっと攻めて、突き放すぞと試合前のミーティングで話しており、そういう試合ができたと思います。

 

――3安打打ちましたが、バッティングの調子は

打つべきボールを打ち、打たなくていいボールをしっかり見極めているから、3安打につながったと思います。

 

――立大の田中誠投手の印象は

いつも通りコントールが良く投げてていました。しっかり自分たちが対策を練り、準備した結果、得点奪うことにつながったと思います。

 

――立大との3連戦を振り返って

初戦はミスが出てしまってずるずると負けてしまいましたが、そこから立て直して、自分たちがしっかり攻め続けるのだという野球をこの2戦ではできたと思います。

 

――3連戦での課題は

バントのミスが出てしまったり、走塁でのミスもありました。そのへんの目の見えないところを詰めていきたいと思います。

 

――明大の印象は

ピッチャーも良くて、打線もすごくいい印象があります。明大相手でも自分たちも変わらず攻め続けていきたいと思います。

 

――明大で警戒する選手は

ピッチャーだと森下投手であったり、クリーンアップを打つ選手は警戒すべきだと思います。

 

――明大戦に向けての意気込みは

優勝に向かって一点一点積み重ねられているので、次も勝ち点取れるように頑張りたいです。

 

 

内田蓮(総4・三重)

 

--今日の試合を振り返って

一番ライバルというか、勝たなくてはいけない相手である立大から勝ち点が獲れたというのは一番大きいかなと思います。

 

--田中誠投手にリベンジしました

本当に田中投手は良いピッチャーで、一回戦は完璧にやられてしまったんですけど、リベンジできる機会をもらったので、みんなで、総動員で立ち向かっていこうという気持ちでいきました。その結果、ちょっと攻略できたので、良かったです。

 

--今日は猛打賞、2本目のヒットは得点に繋がりましたが

今日の試合で打たないといけないと思っていたので、大事なところでヒットが出て良かったです。

 

--7回には二塁打も

中川投手はアンダースローのピッチャーですが、練習から同期などがアンダースローで投げてくれたり、バッティングピッチャーをやってくれたりして、そういう人の協力もあって、ああいう形で結果に出たのかなと思います。

 

--昨日は気迫のヘッドスライディングも

自分の結果も大事ですけど、やっぱりなんでもいいのでチームの勝利に貢献したいという気持ちがあるので、自然と出ました。

 

--首位同士のカードに勝ち越しました

毎カード大事なのですが、やっぱり立大戦はどうしても獲らなければいけないと思っていたので、そこをみんなで、一丸となって獲れたというのは、また明大戦がありますけど、これからに繋がるなと思います。

 

--勝ち点3、単独首位に立ちました

結果的に勝てているのは良いのですが、僕たちはずっと謙虚に、堂々と淡々と練習をやり続けるだけで、そしてそれを試合でプレーにそのまま出すだけなので、あまりやることは変えずに、ずっと継続してやっていきたいと思っています。

 

--明大戦に向けて

明大も非常に強いと思うんですけど、相手がどこであっても、僕たちの野球は変えずに、淡々と堂々とプレーして、それができれば、結果はついてくるかなと思います。

 

 

小原和樹(環3・盛岡三)

 

--今日の試合を振り返って

先制点を取られたんですけど、気持ちを切らさずにいけたというのが大きいかなと思います。

 

--田中誠投手にリベンジしました

第1回戦に4タコして悔しい思いをしたので、初回から振っていけたのは良かったかなと思います。

 

--初の猛打賞でした

前半にバントミスしてしまったのですが、それを切り替えていけたというのがその後の打席に繋がったかなと思います。

 

--3回戦にもつれこむのは今季初でした

とにかく一回戦負けて、また2つ勝たなきゃという気持ちで、3戦あるという気持ちではなくてみんなでやるという気持ちで臨めたので、昨日今日の勝利に繋がったのかなと思います。

 

--併殺打もありましたが、瀬戸西選手との二遊間の連携は

部屋も一緒なので、そういう部屋での連携がプレーに繋がっているのかなと思います。

 

--立大戦の勝ち点を獲りました

試合毎に成長していくというのが僕等のチームのカラーで、次の明大戦に向けて、今日の勝利は勝利でもう区切って、また次の明大戦に繋げていきたいなと思います。

 

--明大戦に向けて意気込みを

とにかく勝ち切ること、勝ち点を獲って優勝に繋げたいと思います。

 

 

郡司裕也(環3・仙台育英)

 

――今日の試合を振り返って

序盤から相手に流れをやらずに自分たちのペースで野球ができたと思います。

 

――5回のホームランは

本当に1発打ちたかったので、やっと1本でてほっとしました。

 

――その前に監督から声をかけられていた

あの時はピッチャーについて話していました。バッティングについては特に何も言われてなかったです。

 

――今季初の3回戦

正直終わってみて疲れたなと思うのですが、何とか勝ててよかったというのが1番です。

 

――次の明治打線について

今季本当に調子がいいバッターがそろっていて立教より苦労する可能性もあるので、十分に対策を練っていきたいと思います。

 

 

髙橋佑樹(環3・川越東)

 

――今日の試合振り返って

リードの場面で回って来て、リードを吐き出さずに8回まで投げられて良かったです。

 

――登板する際の気持ちは

思ってたより自分の出番は早かったですが、ずっと準備はしていました。2点目をとられても絶対リードの状況を崩さないで投げたいと思ってやっていました。

 

――藤野選手を抑えてガッツポーズも出ました

藤野だけは絶対抑えてやろうと思っていたので本当によかったです(笑)

 

――今季2勝目ということになりました

先発で4回1失点だった(髙橋)亮吾の方が偉いと思います。

 

――ここまで3カードを振り返って

結構うまく行き過ぎているところがあるので、ここから気を引き締めて、また1週間練習して明治戦に臨みたいなと思います。

 

――明治戦に向けて

明治をタレント揃いの重量級打線だと思うので、またしっかり自分の投球ができるように、上手くなって明治戦に臨めるように頑張っていきたいです。

Comments are closed.