慶應スポーツ新聞会

【野球】 “雑草軍団”の戦いはここから。打撃面に課題が残り黒星発進 フレッシュリーグ立大

4月14日(日)東京六大学春季フレッシュリーグ 立大戦 @明治神宮球場

複数安打をマークした上田

新入生を迎え、まさに「フレッシュ」な顔ぶれで臨んだ今日のフレッシュリーグ初戦。昨日立大相手に快勝を収めたリーグ戦に続いて勝利したいところだったが、打撃面で実力及ばず、8ー1で悔しい敗戦となった。

 

慶大

※連盟規定により7回終了

 

大バッテリー竹津、川満、佐山−片山

慶大バッテリー●生井、松本、小林、丸谷−中澤  

 

◆慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[5]

上田寛太(商2・郡山)

[6]

宮尾将(商1・慶應)

 

H

文元洸成(環1・智辯和歌山)

[7]

山本晃大(総1・浦和学院)

D

萩尾匡也(環1・文徳)

[2]

中澤慎太郎(商2・法政二)

[3]

片岡宏斗(経2・鎌倉学園)

 

H

綿引達也(商2・慶應)

[9]

石川涼(法2・興南)

 

朝日晴人(環1・彦根東)

[4]

矢澤慶大(商2・慶應)

 

H

小川慶太(文2・浜松西)

[8]

新美貫太(政2・慶應)

P

 

生井惇己(総1・慶應)

P

 

松本遼太郎(商2・慶應志木)

P

 

小林綾(環1・松本深志)

P

 

丸谷浩太郎(総2・國學院久我山)

 

朝の7時50分。春季リーグ開幕戦から一夜明けた神宮で、早朝から若々しい掛け声が飛び交う。次世代を担う未完の大器たちの熱い戦いが始まった。
慶大の先発を任されたのは、昨年慶應義塾高校野球部のエースとして甲子園のマウンドにも上がった注目のルーキー、生井淳己(総1・慶應)。初回、立ち上がりからヒットを打たれるも、140キロ台のストレートで1年生ながら堂々たる投球を見せる。先制したい慶大はその裏、先頭の上田寛太(商2・郡山)がレフトにヒットを放ち流れを作ったものの、後続を絶たれ得点ならず。

 

すると2回、生井が早くも立大打線に捕まる。1死からその後四者連続でヒットを許し、痛恨の4失点。立大打線が一巡しようかというところで生井はマウンドを降り、代わって松本遼太郎(商2・慶應志木)が登板。何とかこの回を抑えた。その後追いつきたい慶大だったが、2回、3回、4回と三者凡退に終わり、なかなかチャンスを作れない。一方守備では松本が好投を続け、5回までを無失点に抑える。試合が動いたのは6回裏、今回のフレッシュリーグのキャプテン・新美貫太(政2・慶應)がデッドボールで出塁すると、上田がライトへツーベースヒットを放ち、無死二、三塁のチャンスを演出。ここで代打・文元洸成(環1・智辯和歌山)がレフトに十分なフライを放ち、タッチアップで三塁ランナーが生還。ついに立大から1点をもぎ取った。

松本は3回1/3を無失点に抑え込んだ

しかし追加点は挙げられないまま、3点ビハインドで最終回へ。6回からマウンドに上がっていた三番手・小林綾(環1・松本深志)は先頭から右中間へスリーベースヒットを打たれ、早くもピンチを招く。ここで四番手・丸谷浩太郎(総2・國學院久我山)に交代したが、立大打線を封じ込めず、またしてもこの回4失点。慶大は最後の攻撃で巻き返しを図るもチャンスをものにできず、悔しい敗戦に終わった。

フレッシュリーグでキャプテンを務める新美

スタメンは10人中半分が浪人経験者という慶大ならではのオーダーだった今日の試合。「雑草軍団」ともいえる根性を持つ彼らなら、今日の敗戦を力に残りの4試合を勝ち上がってくれることだろう。

記事:澤田夏美 写真:染谷優真)

 

◆打撃成績

 

 

 

[5]

上田

左安

 

遊ゴロ

  

右安

 

[6]

宮尾

投犠打

  

空三振

   
 

H9

文元

     

左犠飛①

 

[7]

山本晃

二ゴロ

  

右飛

 

空三振

 

[D]

萩尾

遊ゴロ

  

空三振

 

空三振

 

[2]

中澤

 

空三振

  

三飛

 

右飛

[3]

片岡

 

空三振

  

四球

  
 

H

綿引

      

四球

[9]

石川

 

空三振

  

逃三振

  
 

朝日

      

左安

[4]

矢澤

  

左飛

 

中飛

  
 

H

小川

      

右飛

[8]

新美

  

右飛

  

死球

捕邪飛

 

◆投手成績

 

投球回数

打者数

球数

安打

三振

四死球

失点

自責

●生井

12/3

12

52

松本

31/3

13

46

小林

10/3

16

丸谷

21

 

◆監督・選手コメント

宮田皓フレッシュリーグ監督(商4・慶應義塾)
ーー今日の試合を振り返って
やっぱり実力不足かな、という感じです。

ーー今日の初戦に向けてどういう準備をしてきましたか
実践的な練習を春のキャンプからずっと積んできました。

ーー今日の試合の全体的な手応えとしてはいかがでしたか
もう少し打てるチームを作らないといけないな、という印象です。

ーー次回までの課題は
もっとしっかりと振り込んで、つないでいけるような打線を作れればいいかなと思います。

ーー次戦への意気込みをお願いします
まだ始まったばかりなので、あと4試合勝って優勝できるように頑張ります。

新美貫太(政2・慶應)
ーー今日の試合を振り返って
立大の選手はスイングも強くて、いいピッチャーがいるということは前々から知っていたのですが、その中でも慶應の良さであるチーム力を活かして勝とうということを2ヶ月間練習してきました。でも今日はそれ以上の技術の差を立大に見せつけられました。

ーーチームを率いてみての感想は
キャプテンという名目ですが、そんなにどうこうというのは考えていなくて、自分のやれることをしっかりやれば良いと思っていますし、僕だけじゃなくて他の選手もチームを引っ張ってくれているので、特に意識することもなく自分のできることをやろうと思ってやってます。

ーーどんな準備をしてきましたか
打って勝てるチームではないので、抑えて抑えてチャンスで一本という勝負どころを理解して攻めていこうとしていたのですが、今日は7回裏の無死二、三塁になってから1点で終わってしまい、その裏に4点取られてしまったので、勝負どころで一本が出なかったというのが残念でした。

ーー今後に向けて
次の東大戦が2週間後にあって、それが終わったら早慶戦まで1ヶ月近く空くので、まだまだ成長できるところがあると思っています。ここから4連勝して優勝の望みを残して頑張っていきたいです。

上田寛太(商2・郡山)
ーー今日の試合を振り返って
チームとしてフレッシュはメインでやっているわけではないですが、勝つことに重きを置いていたので負けたことが本当に悔しいです。

ーーご自身は1番打者として出場されましたが意識されたことは
前日から1番と言われていたので、初回に絶対にヒットで出るっていうイメージで昨日から準備をしていました。

ーーマルチ安打の活躍でした
フレッシュはメインじゃないのに4年生の学生スタッフの方が僕たちのために練習をサポートしてくださって、そのおかげで僕たちはプレーできているので、期待に応えられたのはよかったです。

ーーフレッシュリーグに対してはどのような心構えで臨まれていますか
フレッシュで活躍してどうっていうのはあまりないと思うんですけど、その中で試合に出られる選手になってそのうちAに上がる投手が相手の中にもいると思うので、その相手から打って自分もリーグ戦に出て活躍してやるぞっていう気持ちでいます。

ーー今後の目標は
結局自分がヒット打っても得点できなかったりということがあったので、得点できる打撃をしてチームに勝ちをもたらしたいです。あと4試合あるのでそのことを意識していきたいです。

ーー次の試合に向けて
綺麗に打つ、綺麗に守る、綺麗に投げるとかそういうのはいらないと思うので、絶対に勝つという気持ちであと2週間全員でしっかり準備していこうと思っています。

Comments are closed.